> > 詳しく教えます!プロミスの一時増枠と増額の全て

詳しく教えます!プロミスの一時増枠と増額の全て

カードローンの世界には聞き慣れない用語が沢山あります。最近、見かけたカードローンに関する質問の中に、プロミスで、一時増額出来ませんかという質問がありました。結論はプロミスは一時増額のサービスはありませんが利用限度額の増額は出来ます。

でも、一時増額って一体なんでしょうか?それらの疑問にお答えするとぞ同時に、この際ですからプロミスの申し込み方法と増額についても詳しく解説いたします。

一時増額はクレジットカード

プロミスで増額は可能ですが一時増額というサービスはありません。では、なぜそういう言葉があるのでしょうか?それはクレジットカードを発行してる信販会社が提供しているサービスの中に一時増額と言うサービスがあるからです。

その為カードローンでも一時増額が出来るのだろうかと思われるお客様がいるのです。一時増額はレジットカードのサービスの中にある臨時増額の事です。カードローンとクレジットカードは似ている所はありますがシステムが違います。

クレジットカードは主にショッピングの代引き払いがメインででキャッシングは付加サービスです。またクレジット枠には総量規制は適用されませんがキャッシング枠には適用されます。というふうにカードローンとは違ったシステムがいくつもあります。

たとえばクレジットカードは親の同意書があれば18歳未満の方でも申し込めるカードがありますが、カードローンは例え親権者の同意があっても20歳以上でないと申込む事は出来ません。というわけでプロミスもそうですがカードローンには一時増額はありません。

プロミスの申込から契約まで

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)は三井住友銀行グループ傘下の消費者金融会社です。総量規制の対象ですから年収の3分の1以上の借入れは出来ません。でも逆に考えれば借り過ぎてしまうという事がありません。

カードローンの仕様

金利 利用限度額 融資
4.5%~17.8% 500万円 即日融資

プロミスの特長

●WEB契約でインターネットで申込から融資まで完了する事も可能です。
●最短で即日融資が可能です。
●万が一の時のサポートが充実しています。
●初めてご利用される方は30日間無利息サービスをご利用になれます。

プロミスの申込

●申し込みの条件

・20歳~60歳までで安定した収入のある方

・安定した収入のある方なら主婦や学生でも申し込めます。

●必要書類(次のうちのどれか一つ)

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

●本人確認書類に記載された自宅の住所と現住所が異なる場合

・国税又は地方税の領収書・請求書、又は納税証明書
・社会保険料の領主書又は請求書
・公共料金の領収書又は請求書
・住民票の写し又は住民票の記載事項証明書

●収入証明書類(以下の条件に該当する方のみ必要になります。)

・希望借入額が50万円を超えるお客様
・希望借入額+他社との借入額の合計が100万円を超える場合
・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書(直近二カ月+1年分の賞与明細書)

※賞与のない場合は賞与明細書は必要ありません。
※外国籍の方の場合は「在留カード」又は「特別永住者証明書」

プロミスの審査~契約

●WEB契約の場合

パソコン・携帯電話・スマートフォン

1.□契約内容をインターネットで確認

2.お客様の口座へ振込融資

3.契約書類とカードを郵送

●来店契約(自動契約機)の場合

店舗に直接行って契約する。

1.必要書類を持参して自動契約機か、お客様窓口に行く。

2.契約書類の作成後にキャッシング

●郵送での契約の場合

携帯電話・電話で申込む

1.契約書・カードを郵送で受け取る。

※この時点では、カードは使えません。

2.契約書に必要事項を記入後、必要書類を添えて返送する。

3.プロミスが必要書類を受領後、キャッシング可能です。

※プロミスからの連絡があるまで、カードがあってもご利用になれません。

プロミスの借入と返済

プロミスの借り入れ方法と返済方法をご紹介します。

●インターネット・携帯・スマートフォンでのキャッシング

曜日 受付時間 振込時間
月~金 00:00~09:00 当日の09:30頃
月~金 09:00~14:50 受付から10秒
月~金 14:50~24:00 翌営業日の09:30頃
土日・祝日 00:00~24:00 翌営業日の09:30頃

●三井住友銀行・ジャパンネット銀行でのキャッシング

曜日 受付時間 振込時間
全て共通 00:00~24:00 受付完了から10秒

●プロミスコールでのキャッシング

全国どこからでも電話でキャッシング可能です。

0120-24-0365

●ATMでのキャッシング

     店頭窓口 ATM 提携ATM
平日 10:00~18:00 07:00~24:00 場所により違います。
土曜 休み 07:00~24:00 場所により違います。
日曜・祝日 休み 07:00~24:00 場所により違います。

●プロミスATMでのキャッシング

全国のATMでキャッシング可能です。

〇インターネットでのご返済

インターネット・携帯・スマートフォンから24時間返済が可能です。土日でも金融機関の営業時間外でも処理が行えますので追加融資も可能です。

・三井住友銀行
・三菱東京UFJ銀行
・ジャパンネット銀行
・みずほ銀行
・楽天銀行

〇口座振替でのご返済

銀行口座からの自動引き落としによりご返済が出来ます。(手数料無料)

〇店頭窓口・プロミスATM・提携ATMでのご返済

随時ご返済出来ます。

〇コンビニでのご返済

以下のコンビニATMから24時間ご返済可能です。

・ローソンATM
・ミニストップ
・ファミリーマート

〇銀行振り込みでのご返済

最寄りの銀行からプロミスの口座への振り込みでご返済出来ます。

プロミスでの利用限度額の増額

最初にカードローンの契約をした時の利用限度額は審査によって決まります。その利用限度額を変更する為には、一定の条件を満たす事が必要で利用し始めて直ぐに増額する事は出来ません。その場合、最低でも以下の条件が必要です。

増額の為の条件

●取引期間が半年以上必要
大事なのは返済実績です。返済遅延することなく良好な取引実績を積んでいれば大丈夫です。

●新たな借入をしていない。
プロミス以外のカードローンの契約を新たにしていない事

●登録情報に変わりがない。
住所や勤務先などの登録情報の変更があった場合は変更手続きをしておかなければいけません。

※増額の為の必要条件を満たしていれば総量規制の範囲内での増額が可能になります。
(⇒プロミスの増額情報はこちら

増額の申し込み方法

インターネットから会員サービスを利用して限度額の増額の申し込みをする事が出来ます。

申し込みの為に必要なもの

次の場合は収入証明書類が必要になります。

・希望限度額が50万円を超える場合
・他社の借入金と希望限度額の合計金額が50万円を超える場合

●収入証明書類(次の内のいずれか一つが必要です。)

・源泉徴収票・確定申告書・給与明細書(直近二カ月+1年分の賞与明細書)

申し込みの流れ

1.会員サービスにログイン
(カード番号・暗証番号を入力する。)
2.希望限度額変更申し込みボタンをクリックする。
(会員サービスの、各種お申込みメニューから限度額申し込みを選択))
3.希望限度額・警棒連絡先・電話番号を入力する。
4.申し込み完了
(プロミスから電話が掛かって来て必要な手続き方法の説明があります。)
申し込み後に増額の為の審査があります。審査の結果によっては増額が出来ない場合もあります。

【参考ページはこちら】
プロミスの増額はコールセンターのみ?

新着記事
TOPICS