> > プロミスの審査は甘い?事故情報ありでも審査に通るためのまとめ

プロミスの審査は甘い?事故情報ありでも審査に通るためのまとめ

どんな時にでも、そして誰にでも、予定外の支出は状況に構うことなくやって来ます。

ゆとりのある状況なら問題ないのかもしれないけど、そんなことが人生にあるとは思えないという人がほとんどではないでしょうか。

家電や自動車なんかを現金払いで購入する人なんてあまりいないでしょう。ローンは私達の生活に浸透しているツールなのです。

結果として、様々な事情が絡んでしまい、ローン支払いを延滞してしまい、あるいは支払不能に陥ってしまったという人もいるはず。

今回のレビューではそんな状況にあっても、希望を持つことができるプロミスの利用をご案内できることを目指します。

金融事故の経験は新規キャッシングを難しくします

金融事故といっても、それには本人の責任が言い逃れできないものから、本当に不幸な偶発的なものまでと、多くの種類があります。

不注意だから本人に責任がまったくないとは言えないのですが、支払いの延滞は利用者の不注意から起こるものだと言えるでしょう。

なので、支払いの延滞の扱いは程度の問題として扱われ、数回の延滞までは大丈夫などとまことしやかに語られることも事実です。

しかし、たった一度の支払い延滞であれ、個人信用情報に記録されてしまうこともあるわけで、安心できたものではありません。

新規にカードローンを申し込むと、そのような個人信用情報を参照して審査をすることになります。すると延滞情報が露見します。

延滞情報を判断するのは、申し込んだ先の金融業者であり、利用状況の事故として、ブラックとして判断するかは業者次第なのです。

いわゆるブラックとは個人信用情報に記録されている、望ましくない利用履歴の束を指している言葉です。

支払いの延滞情報も程度と場合によってブラックな申込みとして判断される材料になるのですが、確定的ではないと言えます。

支払い延滞とは扱いが異なる債務整理のまとめ

債務整理としてくくられる法的手続きにはいくつか種類がありますが、共通しているのはどの方法も個人信用情報に記録されること。

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 個人破産

これらは何度かの支払い延滞に比べると、程度が幾分重いと判断されることが一般的だと思われます。

任意整理

個別に負債の金利などを調停する任意整理の場合は、すべてのローンに対して処理されるのではない分だけ軽い判断がされます。

債務者としてもすべての返済を拒否することにはならないので、返済に対する意思があるものとして扱われるように思えます。

民事再生

強制的な債権を放棄もあって、裁判所で返済の減額を公的に認めてもらう民事再生になると少し事情が変わってきます。

つまり裁判所が決定するので、債権者であるローン提供業者としては強制的に債権を部分放棄しなければならなくなるのです。

ですから、任意整理と比べると少しブラックな程度が濃くなったように思えますね。

自己破産

負債の全額を免除してもらう自己破産ともなると、もう真っ黒といった感じになって来るかもしれません。

自己破産手続きを取ると保有している不動産などの放棄を含めて社会的な処罰に相当する不利益も被ることになります。

所有している自宅を処分したとなると、それだけでも社会的な信用度に大きく影響してくることがわかると思うのです。

さらに自己破産の実績は官報に公告されることになっており、金融業者にとどまらず、すべてに人の知られるところとなります。

ですから、金融業界を縦断して情報が把握されていることを覚悟しなければならないでしょう。

このため、自己破産手続きを経験していると、新規キャッシングの申込みはほぼ金融業者の判断のみに委ねられるのです。

申込みブラックって何?

知らなければ、意外とハマってしまう、立て続けにローン申込みしたことによる「申込みブラック」という状態があります。

ローンに申し込むと、審査に通る通らないを問わず、申込み履歴が個人信用情報として機関に登録されることになっています。

この情報は半年から一年程度の一定期間、申込み情報の記録として参照することができる状態になっています。

すると他の業者でローンを申し込んでいる状況が、申し込んで否決になっている等が、審査の判断材料になってしまうのです。

申込みブラックになっていると、それ以降の審査を待つことなく否決されてしまうことが通常であり、ブラック情報が積み上がります。

キャッシングできる?金融業者が抱える葛藤とは

金融業者はキャッシングを提供することが事業内容ですから、多少の問題があってもキャッシングを提供することが必要なのです。

ですから個人信用情報などを参照しても、内容をどのように判断するかは業者次第ということができます。業者の態度としては…、

  • 一括して過去の事故はNGな業者
  • 情状を勘案して判断する業者
  • 現在の状況を独自に判断する業者

【要注意】キャッシング利用、最悪のシナリオ

人は高きから安きへと流れると言います。倫理の話ではなく、利用する金融業者でも同様の傾向が見られるのです。

キャッシング・ローンを有利さで並べてみると、有利な銀行ローンから中堅・中小の消費者金融ローンとなるはずです。

中堅・中小の消費者金融で利用しているローンに問題が生じたからといって、銀行ローンに申し込もうとは考えないのです。

そうするとさらに審査が緩いローン業者を求める事になり、条件は度外視することになっていってしまいます。(こちらもご参考に→プロミスの審査を徹底解明!

このような考え方で安きに流されるキャッシング・ローンを利用していくとき、最悪のシナリオに要注意なのです。

銀行カードローン・キャッシングローン

銀行が提供しているローンは低金利で大型の融資枠が自慢です。

確かに昔とは随分と違って親しみやすくはなってきたと言えますが、それでもまだまだ敷居が高いということが本当のところのようです。

あれこれと提出が必要な書類が追加されたり、結局、年収が問題であったりと思うような融資枠が認めらないことも。

また、結果として金利の設定も期待はずれなどということも少なくないと言われます。

大手消費者金融カードローン・キャッシングローン

言わずと知れた有名な消費者金融業者。

消費者金融業界を最初から牽引してきた業者で、ますます創意工夫したカードローンなどの金融商品を開発し続けているのです。

これらの大手の業者ではカードローンが今や提供している商品の主流になっていますが、提供している商品はそれにとどまりません。

個別のローンに対応したフリーローンタイプの金融商品や先端のサービスであるまとめローンなどまで豊富な選択肢が特徴です。

大手の消費者金融業者は資金調達力も十分であると一般的に考えられますからキャッシングを利用する時の安心感も十分です。

カードローンに申し込んでキャッシングカードを用意しておくと、必要な時に間髪入れずキャッシングできるので大変便利です。

またキャッシングカードを用意しているだけであれば、それで何かのコストが発生するということもないのでお得なのです。

それだけに大手の消費者金融のカードローンから利用を始める人は大変多いと言えるでしょう。

中堅・中小の消費者金融キャッシングローン

親しみやすい対応が安心の消費者金融業者は、テレビなどで有名な大手の業者ばかりでは決してありません。

日本全国の各都道府県に営業活動を展開している中堅・中小とされる消費者金融業者の中には侮れない優良業者も数多くあります。

このクラスの消費者金融業者が提供しているローン商品は、キャッシングローン・フリーローンと呼ばれるタイプが主流です。

これはカードローンのように利用限度額と金利を設定したカードを使用せず、キャッシング毎に契約して融資を受けます。

ですから、キャッシング申込み時の現状審査を中心に、店頭での対面審査なりますので、審査に通り易くなると言われています。

審査に通りやすいということは、店頭に出向くという不便を補うだけのメリットがあるということになるでしょう。

このようにキャッシングの度毎に申し込むスタイルはむしろ伝統的であるとも、正当なものであるとも言えます。

必要になるたびに申込みをしてサービスを提供されるので、ローンが限定的になりキャッシングローンの利用を制御しやすいのです。

一方、対面審査での人物評価を中心とした審査は返済能力を超えたキャッシング提供の原因の一つともなっていることも事実です。

一般に金融利用経歴に問題がある人達に対して積極的なキャッシングローンの提供をしてくれる業者もこのクラスなのです。

ヤミ金融に手を出すと一巻の終わり!?

これまで紹介してきた金融業者は正規の金融業者でした。正規の業者はそれぞれ法律によって規制されて、利用者が保護されます。

銀行ローンは銀行法によって、そして消費者金融業者は大手であれ中堅・中小であれ、貸金業法によって規制を受けています。

消費者金融業者はそもそもが、各都道府県知事または内閣総理大臣による登録を受けることが義務付けられている登録事業なのです。

この登録を受けずに営業する一連の未登録金融業者を、一般にはヤミ金融と呼んでいます。彼らは未登録の非合法な業者なのです。

ヤミ金融は様々な甘言を弄して営業を繰り広げています。正規の消費者金融よりもはるかに低く提示してメールしてきます。

審査をせずに融資すると誘惑します。提示している条件は願ったり叶ったりのメールを送り付けてくるのです。

しかし、非合法であり法律的な規制を無視している彼らが、広告通りの融資を実行することはない、と考えるべきです。

申込者の提示条件に難癖をつけて、誘導することは彼らの常套手段です。あるいは恫喝めいた応接も常用するとも言われます。

彼らの口車に乗ってしまうと、気づいた時には、計算出来ないような高利が設定されていたり、脅迫的な契約を強要されます。

さらにはそもそも資金に余裕がないヤミ金融では融資そのものの提供を受けることができなかったりするものなのです。

その結果、社会生活は勿論、家庭の崩壊まで行き着くことになるでしょう。

誰にでも可能性がある危険なコース

キャッシング・ローンの利用者はこれらの銀行ローン?消費者金融ローンのコースを滑り落ちるように進むリスクを持っています。

前述のどこからローン利用者になるかは別として、利用のあり方は決して逆方向へ遡ることがありません。

いつも次の段階のクラスへと進み、前に戻ることはないと言えます。
有用なサービスなのですから、意識的な利用が大切です。

そんな人たちが頼りにしているプロミは審査に甘いのか?

ブラックな事故情報があるとまず大手は無理というのが常識。なのですが、一概にプロミスも同様だと決めつけることがでません。

どこもダメだったけどダメもとで申込みで10万円可決

必要になってからあちこちを回って申込みをしたけど、過去の利用履歴が問題なのか、審査に可決してもらえなかったそうです。

キャッシング申込みの際、過去の利用履歴に問題があることなどが発覚するとローン審査に可決してもらうことは難しいのです。

それでも諦めず、ダメ元でプロミスに申込みをしたところ、10万円のキャッシングローンを可決してもらったということです。

これはプロミスがその他の大手業者とは明らかに異なる審査基準を持っていることを示します。

任意整理、クレジットカード延滞でも3万円可決

クレジットカードの利用履歴とキャッシングローンの利用とは別物、と考えている人は少なくありませんが、これは要注意です。

日本にある個人信用情報期間は一部でしっかりと連携しており、相互で利用状況を統合して管理していると思われます。

分割販売の扱いもある消費者金融業者の場合、複数の信用情報機関に登録していることも少なくありません。

クレジットカードの利用履歴に良からぬ記録を持つ人は、キャッシングローンの申込み審査で良い評価を受けることはありません。

もちろんプロミスの審査がそれらを見逃しているということではありません。プロミスも複数の個人情報機関に加盟しています。

それでも少額のキャッシングローンを提供しようというのはプロミスの積極的姿勢の表れだと考えるべきでしょう。

勿論、少額のキャッシングだからといってどこでも審査に可決できるわけでもありません。少額でも審査が厳しいこともあります。

プロミスは十分な資金調達力とキャッシング提供に対する積極性とが両立した貴重な、大手の消費者金融業者だということになります。

携帯電話の滞納があり、ダメもとで頼んだら即日融資!

前述の通り、ブラックという状況にはいろいろあるのですが、意外なのは携帯電話の支払い延滞がブラックになる要因ということ。

携帯電話は公共料金だと思っている人が多いのですが、携帯本体をローン支払いにすることが多いのが現状になっています。

したがって、携帯電話料金の支払いを延滞するとローンの支払延滞として記録されてしまうことになるのです。

つまり携帯電話の支払いはローン利用だということに注意しなければなりません。

かなりブラックに近い状態だったが即日5万円可決

ブラックリスト入りそのものでなくても、そのような状況を一般的には金融業者は敬遠します。

度重なる延滞記録などがそれに相当しますが、一般的には3ヶ月の延滞でブラックリストに近い状態になるとも言われています。

このような覚えがあるのであれば新規のキャッシング申込みは、どんな消費者金融業者といえども、絶望的な状況になります。

それでもプロミスで、少額とはいえ即日可決してもらえたということは、大手のキャッシングとしては奇跡に近いかもしれません。

申込みブラックだったけど10万円可決

短期間にあちらこちらで消費者金融にローンの申込みをすると申込みブラックという状態に陥ります。

いつどこの金融業者にキャッシングの申込みをしたかという状況が個人信用情報として記録されているのです。

原則的に1件のキャッシングローンに申込みをした後、1週間から10日間前後は日数を空けて申込みすることが常識です。

一旦申込みブラックになってしまうと、内容審査などに進む前に申込みは否決されてしまうことになります。

これでは利用経歴以前の問題になってしまいます。しかも初めて利用しようという人でも嵌ってしまう危険があるので注意ですね。

任意整理中、他社借入2件、借入金額20万円。5万円可決

任意整理は債務整理の手続きの一つ。利用ローンの一部、または全部に事故情報がつくことになり、ブラックリストの仲間入りです。

このようにブラックになっている人は中堅・中小でも難しく、まして大手の消費者金融業者でキャッシングできるとは思えません。

しかし、プロミスがブラック(相当)の申込みに対して少額とはいえキャッシングを実行した例はこれに留まらないのでした。

債務整理中、10万円可決。3月後、融資枠30万円増額

債務整理の手続きをすると信用情報は事故記録として処理します。これはいわゆるブラックリスト入りを意味します。

つまり有名大手ではまず申込みしてもローン審査に可決されることがない状況の一つとして広く知られているのです。

それでもプロミスが可決してキャッシングに応じていることは、プロミス独自であり、すごいことだと言えるでしょう。

そして数カ月後に増額に応じてくれたということは、プロミスの審査の方向性と利用パターンを暗示していると考えられます。

プロミスのパターンは少額融資その後の増額

プロミスが過去の利用履歴の不都合を理由にしてキャッシング・ローンの申込みを否決しない可能性が示されました。

共通しているのは、申込み当初は、これは多くても10万円という非常に少額のローンに対して可決しているということでしょう。

事故情報ありでも審査に通るためのポイント

金融に関して事故情報があるということは、キャッシング利用の初心者ではないでしょう。ここで初心に立ち返る必要があります。

正直に状況を相談する

就業、収入の状況、キャッシング・ローンの利用状況など含めて現状を偽りなく正確に申告することは大原則です。

仮に偽の情報を申告してローン審査に通っても、その後に判明するとキャッシングカードの使用を停止されてしまうだけです。

そうなるとアテにしていたにもかかわらず、土壇場で回避不可能な状況に追い込まれてしまうことになるでしょう。

さらに申込み時の申告内容に瑕疵があった場合、一括返済を要求されても文句は言えないことを知っておく必要があります。

これまで見てきた通り、考えられる限り最悪な状況でも、プロミスが積極的な審査結果を出してくれる可能性は理解できます。

カッコをつけたローンの申込みに一利もないということをくれぐれも弁えておきましょう。

少額のローン

消費者金融のキャッシング・ローンの利用は少額であることが原則です。これは時代が変わっても変わることがない原則です。

では一体、どれくらいの金額かと言えば、とりあえず10万円以下のキャッシングローンだと考えておけばよいでしょう。

利息上限法では金利の設定にいくつかの段階を想定しており、その段階は10万円、100万円になっています。

この段階区切りで判断すれば、少額のキャッシングというのは10万円以下であるという考え方が推定できるのです。

そしてもう一つの関係法律である貸金業法では50万円未満と50万円以上に区切りが設けられています。

50万円以上の利用に対して慎重審査を義務付けていることから、この数字も一つの区切りとなるでしょう。

これらのことからキャッシングの利用には10万円、50万円、そして100万円という区切りが想定できるのです。

10万円以下の少額利用、そして50万円が消費者金融業者からのキャッシングの利用上限と言えます。そして100万円以上…。

100万円は複数の金融業者からのキャッシング利用合計の上限だと考えられます。この場合も慎重審査の対象になります。

短期間での返済

キャッシングローンを利用して、キャッシングしただけでは利用履歴として不十分です。キャッシングは返済と一連のものなのです。

キャッシングの利用履歴は完済することをもって初めて優良な利用履歴として機能します。滞納で劣化することの逆なのです。

延滞なしで完済することはキャッシング利用において最もポイントが高い評価を受けて信用を高めることができるのです。

それだから完済までの延滞支払いはなんとしても避けたいものなのです。ならばこそ短期完済を目指すようにしましょう。

短期での完済のためには、毎月の最低返済金額が5000円であれば、できるだけ1万円とか返済能力一杯で返済を頑張りましょう。

返済予定の金額以上に返済をすることを繰り上げ返済といいますが、繰り上げ返済には支払利息を圧縮する効果があります。

キャッシング利用直後の繰り上げ返済では、より大きな支払利息の圧縮効果が認められます。

繰り上げ返済を繰り返して、完済までの期間を圧縮する効果も働いて、キャッシングの利用コストを大幅に削減できるのです。

プロミスの利用で、繰り上げ返済の効果を勘案した返済計画を活用してさらに上質なキャッシングライフをお楽しみください。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS