> > プロミスの特徴を押えて活用する、賢い利用法とは?

プロミスの特徴を押えて活用する、賢い利用法とは?

初めて消費者金融でキャッシングしようと思う人、あるいは今回はプロミスでキャッシングと決めている人と思いは様々です。

それでもみんなに共通している思いは、プロミスはキャッシングに応じてくれるだろうか、何かコツはないのかという不安でしょう。

プロミスは長い歴史をもった大手の消費者金融業者の一つです。それだけに消費者金融の安心ブランドともいうことができます。

口コミサイトでも評価は最上位に安定して君臨しているといえそうです。そんなプロミスだからこそ賢く利用したいものなのです。(こちらもご参考に→プロミスでお金を借りたい方におすすめ

何かプロミスの特徴はあるのでしょうか。その特徴から、どのような利用が賢い方法ということになるのか、探っていきましょう。

いまさら聞けない!消費者金融利用の常識・基礎知識

消費者金融を利用する時、知っておくべきことに何かあるでしょうか。まず消費者金融のキャッシングの特徴を押えておきましょう。

銀行に比べて金利が高い

一般に消費者金融が提供しているキャッシングローンは銀行のローンよりも金利が高くなっているものです。

だから、何も考えないで利用すると単に不利なキャッシングローンを利用してしまったということにもなりかねません。

高い金利に対する対策が必要です。金利は利息を計算する時に用いられる数値の一つに過ぎないからです。

利息は、利用元金、金利、そして利用期間から計算されます。ですから単純に金利だけで損得を考えることはできないのです。

金利が高いのであれば、利用金額と利用期間とを抑えることで支払利息は節約することが可能です。

これは申込みと手続きが銀行より簡単なものになっているからこそ活かされる消費者金融キャッシングのメリットになります。

消費者金融でのキャッシングローンの利用が不利であるということは早計な判断でした。

フリーローン

フリーローンは、個別にキャッシングを申込み利用する方法です。消費者金融でのキャッシングにおいて、本来の方式でしょう。

消費者金融でのキャッシング利用の基本はフリーローンと共通する部分が多く、シンプルなので参考になります。

有名大手ではなくても優良な消費者金融業者、つまりは中堅・中小の金融業者は日本全国の至るところに見つけることができます。

彼らが提供しているキャッシングはフリーローンになっていることが多いようです。フリーローンの賢い利用方法は…。

最小の必要額で申し込む

フリーローンはその時に必要になった金額のキャッシングを申し込むことで成立します。

20万円必要になった時に20万円のキャッシングを申し込むのです。そして20万円分の信用が審査されることになります。

結果、審査に通れば20万円のキャッシングがその場で提供されるか、場合によっては振込みで実行されるはずです。

この時、必要な20万円と先を見越したお金、例えば5万円を一緒に申込んでキャッシングしようと考えることはご法度です。

必要な金額と予備の金額とをキャッシング利用すると支払う利息には予備の金額分、不要なキャッシングの分も払うことになります。

なのでフリーローンは余分なキャッシングをせず、今現在必要な金額を利用するということが大原則になります。

追加キャッシングをしない

キャッシング・ローンの利用は一回ごとの完結として考えましょう。ローンが完結するというのは、完済をもって完結になります。

現在ローンの残債がある時のキャッシングは追加といってもほとんどの場合は新規ローンの申込みであって、別の契約になります。

そうすると結果的に、小型のローンを複数抱える事になってしまいます。小規模とはいえ複数ローンには気をつける点があるのです。

利息制限法では10万円を超えるローンの金利は18%ですが、6万円のローンを個別に契約するとそれぞれに最高20%の金利です。

つまり12万円のローンなら、18%で済むものを、20%の金利で利用していることになりかねません。

これでは合法的に利息制限を超えたキャッシングを利用している事になってしまっています。これは賢いとは言えないですよね。

ですから少なくとも、キャッシングは毎回完済してから次の必要なキャッシングをするように心がけましょう。

また、このように連続するローン利用で、たとえフリーローンでも個人的信用を蓄積することが可能になります。

短期完済を目指す

短期完済を目指す理由は、なによりも総支払利息の節約です。利息は期間費用であって期間が長くなればそれだけで増えてしまいます。

返済期間が長くなってしまうと、その間に追加キャッシングの機会が出てくる可能性が高まります。これをなんとか避けたいのです。

前述したようにフリーローンでは追加キャッシングは難しい状況を招く危険があります。できるだけシンプルに使いたいものです。

業者の立地を選ぶ

フリーローンの利用では意外と見落としがちなポイントです。

フリーローンの利用は地元の中堅・中小の消費者金融業者を前提にしており、返済するための方法に配慮しておく必要があります。

返済方法が銀行振込になると、銀行振込の手数料を負担しなければなりません。郵送であれば、当然通信費が必要になります。

これら手数料の負担も利息と同じく手元から出て行く金銭ですからキャッシングの利用コストとして考えられます。

賢い利用とはつまり、キャッシングに必要なコストを抑えることができる利用を意味するのではないでしょうか。

例えば多少金利が低くても遠方にある業者を利用してしまうと、返済支払いにかかるコストがかさんでしまうこともありえます。

ですから、業者が自分にとって便利な場所にあるということは極めて重要なポイントなのです。

カードローン

カードローンは少しでも生活の状況が良い時に申し込むことがコツになっています。

銀行では過去数年にわたって安定した収入が確保できていることが求められます。あくまで実績ベースでの評価が銀行の基本なのです。

それに対して消費者金融の利用では現時点での収入状況を元に年収を推定することが主流になっています。銀行とは違いますね。

その推定は楽天的なモノとは言えませんが、それでも過去数年の実績を問題にされるよりは、圧倒的に利用しやすい結果になります。

ですから、少しでも状況が良い時にカードローンに申し込んでおくことが利用する際のコツの一つになります。

言い換えると、転職しようと退社してからカードローンに申し込んだのでは消費者金融業者でも審査に通すことができなくなります。

しかし、退社する前であればカードローンに申し込むことができるのです。そして退社、転職をすれば連絡だけで事が済みます。

これらの利用のコツはプロミスの利用においても同じように共通して言えることだと思われます。

プロミスはだれでもOK?審査の特徴はどこにあるのか

過去に事故経験があるなど、利用状況が良くない人でもプロミスではカードローン審査に通るのはどういうことでしょうか?
(⇒プロミスの審査は甘い?

プロミスの特徴は口コミによく表れています。一言でまとめれば、柔軟な審査と積極的なキャッシングということになりそうです。

任意整理の経験があってもプロミスなら!

決して標準的であるとは言いがたいことなのですが、任意整理の経験があってもプロミスならなんとかなるかもしれません。

実際に任意整理の経験があってもローン審査に可決したと証言するコメントが口コミに見られるのです。

任意整理とは債務整理の一種であり、調停などを用いて金利の支払い、返済期間の見直し…を行うことになります。

通常この手続を経験すると金融事故扱いとなり、新規のローンの申し込みは難しいことになると言われています。

債務整理の経験があっても審査に通る?

債務整理とは、任意整理や民事再生または自己破産などの法律的手続きによって負債を帳消しにすることを意味します。

官報などで個人情報を公告する等の社会的制裁が含まれる場合もあり、大きな影響は個人信用情報に事故情報が記録されることです。

個人信用情報に事故情報が掲載されるとキャッシングの審査に可決することが極めて難しいということになります。

この理由として、金融業者は申し込みに応じて個人信用情報で利用状況を確認して審査することが法的に定められているからです。

通常この事故情報の記録は5年、あるいは10年間保存されることになっており、その後の人生設計に多く影響することでしょう。

たとえそのような状況に陥っていても火急の必要でキャッシングしなければどうしようもないということはあり得るのです。

場合によっては、審査が比較的緩いと言われている中堅・中小の消費者金融でも相手にしてくれないということも考えられます。

そうなると途方にくれるしかなくなります。ですからできればそのような事態に陥ることは避けたいのです。

プロミスだけ!

中堅・中小の消費者金融を含め他社で申込んでもダメだった、という人がプロミスで可決してもらったというコメントは多くあります。

これは一体どういうことでしょうか。プロミスは個人信用情報を無視してキャッシングに応じてくれる消費者金融業者なのでしょうか。

まず記録されている個人信用情報の状況が不適当であるとはいってもその程度は様々に考えられます。

過去に事故があっても現在の状況が悪くなければ、対面審査を中心に行う消費者金融業者ではローンに応じてくれる場合もあります。

しかし、中堅・中小の消費者金融業者で審査に落ちるのであれば、それはかなり程度が良くない信用状況、現状であると推定できます。

コメントの中には中堅・中小でもブラック対応の消費者金融業者で否決されたという人に対する可決情報が掲載されているのです。


このことはプロミスでは一般的な有名大手で実施される、画一的な信用審査では終わらないということではないでしょうか。

個人信用を再形成する機会を与えようとする意図が感じられる結論をプロミスは独自に出しているのではないでしょうか。

正社員じゃないけれど…

消費者金融業者ではパート・アルバイトであっても、つまりは正社員でなくてもキャッシングに応じてくれることになっています。
(⇒プロミスを利用できる職業とは

それは建前ではないはずです。それでも身分保証や安定に問題がある収入状況に対する評価はシビアであることが普通でしょう。

アルバイトがプロミスを利用することに関して、コメントが挙がっていました。アルバイトであることを説明する意味は何でしょう。

それは他業者から相手にされなかったということ以外にはあまり考えることができません。アルバイトを囲む状況は厳しいのです。

職業的な安定度を一般的な尺度で評価しないという姿勢は、プロミス以外ではあまり見ることがないのです。

プロミスが職業的安定度を評価するとき、最初からリスクを折込み済みで結論を下しているようです。

そしてその後、利用者との個別な信用状態を重要視しているようなのです。そのことを裏付けるようなコメントも出ていました。

対応が親切だというプロミス

以上のコメントに共通して証言されている点にプロミスの対応が大変親切であったということを忘れるわけにいかないでしょう。

プロミスは機械的な手続きのみによるキャッシングではなく、人間の手を介した審査でのキャッシングを行っているようです。


このことは長い営業経歴に裏打ちされた強力なサポートがあると理解して良いと思うのです。プロミスならではのメリットでしょう。

プロミスの利用で注意するべきことは何かある?

プロミスにかぎらずキャッシング利用では当然とされていることばかりです。しかし、プロミスだからこそこれらは守りたいもの。

  • 正直な利用
  • 届出を怠らない
  • 支払遅延をしない
  • 総量規制を意識する

正直な利用が大原則

プロミスが審査をする意味は、どこからプロミスとの個的な関係をスタートするかを評価していると考えられます。

プロミスが利用者それぞれの過去の利用事故などの経歴をあまり問題にしないのはこのような考え方のためでしょう。

ですから、年収や就労形態などで不誠実な申告をしてしまうと、その後の信用関係が築けなくなってしまうのは当然です。

プロミスにかぎらず、不実の申告が明らかになった場合最悪、一括返済請求ということになりかねないので注意が必要です。

届出義務を怠らない

例えば会社が変わった、引っ越しした、あるいは電話番号が変わった、そしてまた収入の状況が変化した場合、届け出が必要です。

できるだけ早く、プロミスに連絡を入れなければなりません。この変更届によってカードが無効にはならないので安心しましょう。

これらの場合、プロミスからの連絡手段がなくなったり、あるいは連絡することが困難な状況になることが考えられるからです。

支払遅延をしない

延滞や支払遅延をしないことは、最低限のお約束です。約定日の支払いに遅れると信用を大きく損なうことになります。

プロミス側の手続きなどに負担が発生することにもなります。ですから支払遅延をしないために細心の注意を払いましょう。

それでも、どうしても問題が生じたのであれば、事前に連絡して相談することで問題の悪化を避けることができるはずです。


以上の注意を守らないと最悪の事態としては、即時一括返済を請求されたりします。そうでなくても突然カードが停止されます。

他社利用合計と総量規制に要注意

貸金業法による総量規制は年収の3分の1にキャッシングの上限を定めています。これを超えてキャッシングは利用できません。

他社の利用残高とプロミスでの利用金額とを合計して総量規制に迫ると、プロミスは審査可決に極めて慎重になるようです。

対策としては、いつも自分の年収から計算して総量規制による制限を意識して利用する必要があります。

結論!プロミスの特徴を押さえた賢い利用法とは

それでは、プロミスのおすすめの利用法・賢い利用法とはどういうことになるでしょうか。

少額の利用限度額で申し込む

少額の利用限度額での申込であれば、審査に対する負担が軽減されます。審査で時間を取られるのは決して賢い選択ではありません。

利用可能金額が審査によって申込額より大きくなった場合は、プロミス側から利用可能額が提示されるようなのです。

設定された利用限度額がたとえ少額であっても、プロミスの利用で目指すべき最初のゴールは増額です。

プロミスは個別信用状況を大切にしますので、利用開始時の利用限度額は少ないほど便利に目標達成に利用できるということ。

利用希望金額をどれくらいで申し込みするかは大きな問題になります。

本来、例えば年収が150万円以上あれば50万円を利用希望しても年収の3分の1以下という制限に問題は生じないはずです。

しかし、実際はこの金額で申込んでしまうと、貸金業法上で定められている慎重審査の対象になってしまうのです。

慎重審査の対象になれば、消費者金融業者を利用するメリットは一気に喪失してしまうことになります。

収入証明書類などの煩雑な書類提出、慎重な社内審査が必要となりますので、即日発行は難しくなるでしょう。

即日キャッシング・簡単な審査ということが消費者金融でのキャッシング利用の最大のメリットであったこと帳消しでしょう。

  • 他社を含めて利用金額の合計が年収の3分の1を超えないこと
  • プロミスでの利用希望額が50万円以下であること
  • 他社利用との利用希望額の合計が100万円以下であること

信用情報の状態にかかわりなく、少額で利用限度額を申し込むことは重要です。口コミにおいても少額での可決が大半です。

少額利用にする

カードローンでは、フリーローンとは異なり、契約した利用限度額内であれば、何度でもキャッシング利用することができます。

契約がキャッシング単位ではなく、カード単位になっているのがカードローンなのです。これはとても便利ではあるのですが…。

カードローンではキャッシング利用額を利用残高と呼びます。利用限度額から利用残高を引き算したものが利用可能額になります。

ですから、利用限度額が10万円であれば2万円のキャッシングをすれば利用可能額は8万円になります。

利用残高2万円の内の1万円を一旦返済すれば、利用可能額は9万円に戻ります。また9万円までいつでも利用可能になります。


しかし、利用残高があるといって、利用限度額までキャッシング利用することはなんとしても避けるようにしたいものです。

利用残高が少ないことが返済の負担軽減につながることだからです。利用残高が利息計算の元金になってきます。

2万円のキャッシングを利用したら、追加キャッシングをせずに2万円を完済することが望ましいのです。

絶えず利用限度額に利用可能金額を戻すように心がけることは大切です。いざという場合のキャッシングが担保されるからです。

キャッシングローン利用の完済は個人信用に大きなポイントがつきます。このポイントが将来的に信用を大きく支えるのです。

同じ10万円のキャッシングを利用するのであれば、できるだけ小さく分けて完済のポイントを稼ぐようにするほうが有利なのでした。

短期完済を目指す

少額利用を強く勧めるのは完済によるポイントを理由として説明したのですが、それ以外に、短期完済が可能になるからです。

個人信用を考えてみましょう。24万円を一回キャッシングして1年で返済したとすれば、1年で完済は1回ということですね。

しかし、2万円の利用を12回繰り返すことができれば、利用と完済の回数は12回になります。何度繰り返しているかは重要です。


同一の利用期間で考えても、短期完済を繰り返した利用の方が圧倒的に個人信用のポイントは向上することになるのです。

この個人信用のポイントが増額の際の評価に大きく影響を及ぼすことは想像に難くありません。


プロミスを利用する際の目標は増額にあると言ってよいでしょう。最初から高額のローンが無理でも増枠で可能だからです。

他社借入を整理する

ローンは小規模であるほど金利が高くなる傾向にあります。逆に言えば、規模が大きくなれば金利は低く抑えられます。

このことを利用したローンがいわゆる、まとめローンなのです。複数のローンを一つにまとめて、他を完済するという使い方をします。

しかし、まとめローンを改めて利用するとそれだけで、利用残高が総量規制額に迫ってしまい、それ以降のキャッシングが難しくなってしまうという副作用があります。

そうするとキャッシングの利用可能額がゼロといった不自由を被ることにもなりかねません。これは困ったものです。

まとめローンを利用申し込みする前に、プロミスのローンを利用してできるだけまとめるという作業は有効に機能すると考えられます。

プロミスでの利用残高は増えることになりますが、その分で他社のローンを完済するとやはり完済実績ポイントが加算されるのです。

この完済ポイントもプロミスでの増枠評価の際に有利な信用情報として働くことが期待できるのです。

このようにして計画的に蓄積した個人信用のポイントは、増枠審査の際に極めて有利に働くといえます。

これらのポイントは社会一般的な評価ポイントではなく、プロミスに対して積み上げられたポイントになるからです。

増枠審査の他にも、積み上げられた個人信用のポイントはさらなるメリットを供与してくれます。それは金利面での優遇措置です。

利用に裏付けられた個人信用のポイントは設定金利を引き下げる、ということになるのです。

【参考ページはこちら】
プロミスカードと三井住友カードの関係とは?

新着記事
TOPICS