> > 家族にバレたくない!プロミスから郵便物が届くのはどんな時?

家族にバレたくない!プロミスから郵便物が届くのはどんな時?

家族にバレずにお金を借りたい人は多くいます。しかし、大抵の消費者金融はカードの発行などで郵送を利用する事がほとんどです。

大手消費者金融のプロミスも同じで、申し込みや契約の方法はいくつかあるのですが、気をつけないと郵送でカードが発送されてしまう可能性があります。

それ以外にも郵便物が届く可能性があります。

プロミスを利用するに当たり、どの点に注意して申し込みをすればいいのか、また申し込み後での郵送もどんなものがあるのか。

これらを注意点もあわせて考えてみたいと思います。

家族に内緒でお金を借りたい人は多くいます

どうしてもお金の入り用があった時、家族にも頼みづらい場合があります。

もちろん、遠慮なく家族にお金を借りられる人もいるかもしれませんが、そういう人ばかりではないのです。

大抵家族を頼れない人は、消費者金融や銀行のカードローンに申し込みます。

しかも、カードローンに申し込みをした事を家族に内緒にするに人がほとんどです。

事情がそれぞれあるでしょうが、家族に内緒の場合、その家族はそもそも借金を作る事をとても嫌っている事がほとんどです。

本人もだからこそ、心配を掛けられないという思いがあるのでしょう。なんとかして家族にバレないようにお金を借りようとします。

ただ、初めてお金を借りる場合、要領を得ることができずに家族にバレる要因を作ってしまう事があります。

家族に借金がバレる理由で多いのが電話と郵便物

申し込み先により多少の違いはありますが、銀行にしろ消費者金融にしろ、カードローンの申し込みの方法は基本的に同じです。

その中で、家族にバレやすい方法はやはりどこも似たようなものです。

  • 電話がかかってきた
  • 郵送があって気づかれた

申し込み者からのアプローチではなく会社側からの連絡がその理由のほとんどになります。

それ以外でも、カード、通帳、パソコン画面など、自身の身の回りの管理の油断から気づかれる事もあるかもしれません。

どちらにしても、ちょっとした気の緩みからくるものでしょうが、 やはり一番気をつけなければいけないのは、電話と郵送でしょう。

電話は、連絡先を携帯にしておけば、まだ多少なりともバレにくいのですが、郵送は、発行されるカードが自宅へ送られてくるのが基本なので、特に配慮しなくてはいけない点かもしれません。

郵送でまず気をつけなければいけないのは最初の申込の時

電話と郵送。この2つが家族にバレやすい要因というのはわかったと思います。

電話はとりあえず先に言ったように連絡先を携帯にするといいでしょう。

問題は、郵送になります。一人暮らしならばまず何も心配はないでしょう。

しかし、家族が家にいる場合は、郵送はかなりリスクの高い連絡手段になります。

特に最初の申込方法の段階で手続きを間違えると、郵送にするつもりがなかったとしても郵送で手続きがなされてしまうかもしれません。

プロミスでの申し込み時の流れと方法

カードローンを申し込むには、まずその手順を知る必要があります。

申し込み⇒審査⇒審査の回答⇒契約⇒借り入れ

ざっと簡単に書くとこのような流れになります。

また最初の申し込みですが、プロミスの場合、方法がいくつかあります。

インターネットを利用した申し込み パソコン
スマートフォン
携帯
出向いてその場で 自動契約機
三井住友銀行ローン契約機
店頭窓口(お客様サービスプラザ)
相談しながら 電話(プロミスコール)
誰にも知られずに 郵送

これらの中から急ぎかどうかや手間、疑問点をどうするかなどで申込方法が変わってくると思います。

ただ、誰でも回りの人に借金の申し込みを知られたくないものです。

とはいえ、わからないまま申し込みしたくないから、相談しながら決めたいという人もいるでしょう。自分にあっている方法を考えましょう。

申し込みの段階で考えなければいけないのですが、審査の後の手順を選ぶ事ができます。

審査の後の契約は3つ方法があるが…

申し込みをし、審査の回答も来て通ったら(審査に通らなかったら話はここで終わりになりますが)、今度は正式に契約の手続きを行う必要があります。

プロミスでは、審査後の契約手続きも3つの方法から選ぶことができます。
(⇒プロミスの便利なサービスをご紹介!

Web契約

契約内容をインターネット上で確認。
振込希望の場合は、平日の14:00までに契約内容を確認したら当日中の振込が可能。
ただし、カードと契約書は郵送で自宅に届きます。

来店契約

必要書類を持参し、自動契約機、店頭窓口などに来店します。
その場で契約書類を作成し、カードも発行されます。
カードが発行されれば、すぐに利用することができます。

郵送契約

一旦契約書類とカードが自宅に郵送されます。
必要箇所に記入したら提出書類と一緒に返送します。
プロミスが書類を受け取ってから、カードが利用可能となります。

この3つの方法を比べてみると、郵送契約は、まず家族にバレたくない人には向いていない事が一目瞭然です。

また、Web契約も言葉だけを見ると一見よさそうに見えますが、カードが発行される際は郵送が使われる事がわかります。となるとリスクが生じます。

こうやって比べて見ると、自ずとどの方法が家族にバレにくいのはわかってきます。

一番リスクが少ないのはネットで申し込み、契約機で契約する事

最初の申込から契約の手続き、契約書類・カードの発行までを考えた時、郵送を避ける、一番家族にバレにくい方法がこれでわかります。

最初の申し込みはインターネットを使ったパソコンやスマートフォンを利用、契約時は来店契約をすると家族にバレずに手続きを行う事ができます。

当然、契約書類やカードも郵送で来る心配はなくなります。

だったら最初から自動契約機や、店舗へ出向く方法が安心ではないか、という声も出てくるでしょう。もちろん、それでも構いません。

ただ、パソコンなどで先に申し込みをしておくと審査結果が出るまでの間の時間を無駄に過ごす事がありません。

というのは、場合によっては契約機や店舗でも出向いた時間帯や込み具合、書類の不足などで、再度で直しの可能性があるのです。

再度出向くよりは、契約前までを家で作業できる形にして、最後の部分を出向く方が、多少なりとも時間のロスややり直しの心配が不要になります。

一番家族にバレにくく便利な方法として、ネットでの申し込みを行い、契約は自動契約機で行う事をおすすめします。

最初の申し込み時に契約方法を設定できるので、間違えない様に内容を確認しながら設定をしましょう。

他にも郵便物が届く場合はどんな時か

最初に申し込み、契約の際に郵送で書類等が発送される以外にも郵便物が届く場合があります。

プロミスで書類が届く場合とは

  • 提携ATMを利用した時
  • 振込キャッシングをした時
  • 顧客の方から連絡方法として書類送付を希望した時
  • 延滞になってしまい連絡が取れない時

この中で顧客の方から希望した場合は、本人が承知の上という前提が出てきますから気にしなくていいでしょう。

注意しなくてはいけないのはATMや振込キャッシングを利用した際の明細書です。

提携ATMでは、その場で明細が発行されない機械もあります。特にコンビニは注意が必要です。

明細書がその場で発行されない時は郵送で送られてきます。

また、返済を忘れてしまうとプロミスから連絡が入ります。この時も、場合によっては郵送で連絡が入る事があります。

送り側も郵便物は配慮して送ってくれる

契約時では郵送なしにしたとしても、別の機会に郵便物が来る可能性があると言いました。

しかし、プロミス側もただ無神経に郵便物を送ってくる事はありません。きとんと顧客に配慮してくれます。

どういうことかと言うと、「プロミス」の名は封筒には記載されません。たいてい「事務センター」と記載されているようです。

勝手に中身を見るような家族でなければ、基本的には家族にはばれないはずなのです。

問題は家族だからと本人の了承なしで封筒を開封してしまうような人が家族にいる場合です。

外はごまかしていても中身はカードローンに関する記載があるので、すぐにわかってしまうでしょう。

延滞を起こしても郵便物は届きます

ATMや振込キャッシング以外でも延滞を起こすと郵送での催促が来る可能性があります。

ただ、最初は電話連絡が来るパターンが一般的です。

問題は電話に出ない場合です。これが意外に多いのです。

自宅への電話ならば兎も角、携帯ならば完全に自分宛の電話だと分かるし、すぐに出られなくても着信履歴が残るるのでわかりそうなのですが、そうは事が素直に進みません。

携帯への電話で記憶にない電話番号だと、電話に出ない人が結構多いのです。

プロミス側からすれば、登録している電話番号だからと掛けているにもかかわらずです。

友人知人以外の電話番号を登録している人は意外に少ないようです。またそんな人に限って、返済の事をすっかり忘れていたりします。

そうして電話に出ないまま日にちが経てば、いよいよプロミス側は別対応を取る事になります。結果、郵送という方法で返済の催促が来るのです。

郵便物が届かない様にするために気を点ける事は

申し込みに関しては、郵送なしの方法がありました。では、それ以外の場合はどう対応すればいいのか。

  • 会員サービスでWeb明細にする
  • 返済日お知らせメールを送ってもらう
  • 返済の遅延をしない

明細書が送られる心配のある方は、インターネットで会員登録をします。

プロミスではインターネット上で様々な会員サービスを展開しています。

この会員サービスでは、利用明細をネット上で見る事ができるのです。

書面受取方法の設定を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」にすればいいのです。

そうすれば、郵送で明細が送られてくる心配はありません。

またこちらも設定は必要ですが、返済日を忘れてしまいがちな人には、メールで返済日のお知らせを受け取る事ができます。

サービスを利用する利用しないに関わらず、借りたお金を返すのは当たり前の事です。

うっかりしてすぐに気付いて対応するならばまだいいのですが、それが続く様な延滞は郵便物をどうこう言う以前の問題になってきます。

この会員サービスを利用すれば、明細にしても遅延にしても、郵送に繋がるような事態にはならないでしょう。

カードローンを上手に利用して、きちんと返済して気持ち良く完済するのが自分の信頼アップにも繋がります。

会員サービスを利用するとポイントがつきます

プロミスでは、Web明細にしたり遅延しない様にメール配信をしてもらうなどの会員サービスを利用するとポイントがつくようになっています。

その会員サービスに登録するだけでも最初にポイントがつくなど、会員サービスの利用を促しています。

このポイントですが、よくあるショッピングだと買い物の割引に使えたりプレゼントをもらえたりするのですが、プロミスの場合は少し違います。

  • プロミスでのポイントサービス
  • 提携ATM手数料無料サービス
  • 無利息サービス

プロミスの場合、提携ATMを利用した場合、手数料がかかる事があります。

コンビニなどがそれにあたりますが、手数料の掛かる所と掛からない所があるので確認した方がいいでしょう。

取引金額(借入時・返済時ともに)
1万円以下 108円
1万円超  216円
※プロミスATM及び三井住友銀行ATMでは、手数料は無料です。

肝心のポイント利用しての手数料無料サービスですが、40ポイントで申込日から翌月の末日までの一定期間、手数料が無料になります。

タイミングを見計らって申し込みするといいかと思います。

無利息サービスは、一定期間無利息でキャッシングが利用できるサービスです。

ポイント 250 400 700
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間

無利息適用開始に関しての注意事項や条件などがありますが、返済時の目途がたちそうな時は、このサービスを利用するのもありなのではないでしょうか。

郵便物に対しての注意はもちろんですが、せっかくあるサービスです。

このようなメリットを活用するのも上手な利用方法ではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
プロミス郵送無しの申込み方法

新着記事
TOPICS