> > プロミスで突然借り入れできなくなった理由とは!

プロミスで突然借り入れできなくなった理由とは!

カードローンはお金を借りる際、限度額内ならば何度でもお金が借りられる便利な点があります。

プロミスも例に漏れず、決まった額内で借りたり返したりできるのですが、ある日突然お金が借りられなくなる事があります。

本人からすれば理由もわからず、いきなり出来なくなる事があるのです。これは一体どうしてでしょうか。

実は本人は気づいていないだけで、プロミス側は考えて融資を止めるのです。突然借り入れできなくなる理由を探ってみたいと思います。

カードローンは限度額内なら何度でもお金を借りる事ができる

お金をプロミスから借りると決めたら申し込みをしますが、その際にまず審査があり、それから借入額が決まります。

人によって限度額は違います。誰でも消費者金融を利用した事がある人は知っている事ですが、初めての方にはそれがよくわからない場合があります。

例えば「限度額500万円まで」と広告等にあるのは、誰でもその金額までお金が借りられるではなく、会社として1個人に貸す限度の額が500万円になるのです。
(⇒プロミスの限度額は引き上げ可能?

初めて申し込みをしたら、まずは30万円だった、50万円まで借りられた。と言うのは、その人の限度額が30万円、50万円まで借りられると言う事です。

そして限度額が30万円だったとして、例えば実際に必要な金額は10万円で済んだとします。

その後、順調に返済しても完済する前にまた急にお金が必要になった場合、未返済額が5万円だっとしたら30万円-5万円の残り、25万円までお金が借りられるのです。

その後も返済を続けていたとしても、上限の30万円以内だったら何度でも繰り返しお金を借りる事ができる。これは、消費者金融どこでも同じです。

限度額と極度額の違いは何か?

お金を借りる際、限度額という枠があるのはわかったのですが、たまに極度額という言葉が目に入り、その違いがわからなくなって混乱する人も中にはいます。

限度額は、一般的に「借入限度額」「利用限度額」と表記することもあるのですが、要は実際に借り入れできる(利用できる)金額で、上記にあるように、限度額内でしたら何度でも借り入れができます。

極度額は、一般的に「借入極度額」「契約限度額」ともいい、契約上での上限の金額になります。通常は極度額内に限度額が設定されています。

その上で、限度額が顧客の利用状況等によって変動する、または融資停止になることがあります。

プロミスでも、予告なしに融資が止まる可能性がある事は謳っています。

ちなみにもっと極度額を増やしたい場合は、新たに契約し直す必要が出てきます。

突然借り入れができなくなる事がある!?

実際に融資を申し込んで審査に通り、限度額内で上手に借り入れや返済をしていったとします。

プロミスの場合、特に初めての方には、Eメール登録とWeb明細利用で30日間無利息というサービスがあります。

これは期間限定ではあるのですが、かなり魅力で上手に活用するとかなりのメリットがあります。

そうやってお金を借りるという行為にも慣れ、何度でも借りたり返したりを繰り返していき、自分でも上手に利用していると思っていたとします。

しかしある日突然、お金が下ろせなくなる場合があります。限度額内だったとしても利用可能の枠が0になってしまうのです。

本当にいきなりなので、パニックになってしまう人もいるでしょう。

限度額内だからまだ大丈夫と思っていても、プロミスがいうように急に融資が止まってしまう事があるのです。

しかも予告なしで、ある日突然ATMでお金を下ろそうとして出来なくなります。

本人からすれば、予告もなしにお金が借りれなくなって、とても困った事になります。場合によっては怒りの電話をする人もいるでしょう。

しかし、借りる側の言い分とは反対に、貸す側にも言い分があります。お金が下ろせなくなるのには理由があるのです。

30日間無料サービスとはどんなもの?

ちなみにプロミスを初めて申し込むのならば、このサービスは知っておくといいでしょう。

対 象 プロミスを初めて利用する人でEメールアドレスを登録し、
Web明細を利用する人
内 容 カードローン無利息
期 間 初回出金の翌日から30日間

※期間中の返済は元金に充当される

プロミスを初めて利用する人には、魅力的なサービスではないでしょうか。

初めての契約の時にEメールアドレスを登録し、なおかつ書面受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択する必要があります。

一見手続きが手間に感じるかもしれないですが、明細をネットで確認する事そのものは今後の手間としても楽になるものです。

30日間無利息期間中ならば追加融資や完済後の再度の融資でも適用されるとなっており、上手く利用するとかなり負担がなく借り入れをする事ができます。

今後の為にカードを作るというのではなく、借り入れ予定がある場合は、これを利用しない手はありません。

突然借り入れができない理由に心当たりがある場合

借り入れ後に実際に融資が止まった場合、自分に心当たりのある人もあれば、まったく思い当たる節もない人もいるでしょう。

思い当たる節がない人は、一度自分の借金の状況を冷静に見つめ直す必要があるのではないでしょうか。

借り入れができなくなる主な理由

・借入が限度額内いっぱいになってしまった時
・返済が滞ってしまった時

単純に借入額が限度額いっぱいになっている事に気付かない人も中にはいます。

冷静に見れば分かる事ですが、借りられない事にパニックになって見落としている場合もあります。

一度、きちんと自分で借入額を確認するといいでしょう。

返済が出来ずに延滞になってしまうと、間違いなく新たな借り入れができなくなります。

ちょっとうっかり忘れていてすぐに返済をした、事情があってプロミスに連絡をし返済の目途がたっているなどの場合はまた話は変わってきますが、延滞はまず利用が止まります。

この場合、大抵の人は利用が止まった理由についてはわかるはずです。

ただ、中には口座引き落としで口座にお金があると思っていたら足りなかったなど、返済しているつもりで実は返済をしていなかった、なんて事もあり得ます。

プロミスからの催促の電話にも不審電話と勘違いしてでなければ、いよいよです。本人に悪気はなくとも、会社側からすれば困ってしまいます。

自分では気づかないような停止の理由は何があるのか?

単純にお金が返済できなかったなど、自分ですぐに気付く様な理由の場合は、まだ対処のしようがあるでしょう。

もちろん延滞など、返済するお金が無ければ対処のしようがありませんが…。それでも、また自分なりに納得はできるでしょう。

問題は、融資が止まった理由がわからない場合です。

自分では気づかないような融資停止の理由

・総量規制に引っ掛かった時
・他社での借り入れが増えた時
・返済が滞りそうな不審な点がある時

総量規制ですが、これは他社での借り入れとある意味繋がっています。

というのは、プロミス1社だけなら、そもそも限度額が総量規制の額を超えることはありません。総量規制は他社も含めての金額になります。

他社への借り入れがある場合、他社と合わせて総量規制に引っ掛かるかどうかが問題になります。

それを知らないまま他社での借り入れをした、または増額した場合、総量規制に引っ掛かって新たな借り入れができなくなる可能性もあるのです。

総量規制に引っ掛からなくとも、金額や返済状況を見て、これ以上借入額が増えたら返済ができなくなるのでは?と不安要素がある場合も、融資が止まります。

借金のプロである消費者金融の人間がそう判断すると言う事は、客観的に見てかなり返済に無理をしている可能性があるのです。

自分では返せると思っていても、実際には最終的に返済ができなくなった。

そう言った会社側の判断が正しいと言えるような事例はいくらでもあります。

特に、実際に他社とプロミスでお金の出入りが交互にされている場合は、もはや危険と判断されるでしょう。

信用情報機関で得られる情報で、そこはある程度、プロミス側で推測できます。

もちろん、他社だけでなくプロミスだけでも返済に不安が見られる場合も融資が止まる事はあり得ます。

延滞まではいかなくとも、毎回遅れが見えるような場合は危険と判断される事もあります。

細かい状況は違えど、一言で言えば、返済ができない、またはできそうにないという状況になってきていると判断されたらすぐさま新たな借り入れが止まってしまう事になるでしょう。

借り入れ停止にならないように気を点ける点はどんな事があるか

回りのクチコミを見ると、どうやらプロミスはわりと融資停止の判断が早いように感じます。

ある日突然、(本人からすれば)わけもなくお金が借りられなくなったら、人によってはパニックになったり怒り狂う可能性だってあります。

ただ本来ならば、きちんと借り入れしたお金はきちんと返すのが筋です。

プロミスに対してただ怒りをぶつけるのではなく、冷静にその理由を見極めて、自分なりにどうしたらいいのか考える必要があるでしょう。

それ以前に、先に停止にならないよう普段から注意しておく事の方が自分も楽ですし負担もないでしょう。

ではどのような事に気をつければいいのでしょうか。

  • 都度借り入れの状況や借り入れ可能枠をチェックするように心がける
  • 限度額いっぱいでの借り入れ、返済の繰り返しは行わない様にする
  • 自分の総量規制も把握しておく
  • 他社での借り入れをなるべく行わないようにする
  • 他社借入がすでにある場合は、さらにお金を借りないように気をつける

プロミスでは、完全に延滞とまではいかなくとも、ちょっと「返済が危ないな。」と言うレベルの人でも借り入れの停止にする事があります。

この場合は、特に自分でも利用が止まってしまった理由がわからないはずです。

ですので、ある程度は推測の域を出ない状況ですが、一般的な利用停止の理由を知り、自分の状況を把握しておくと突然困った事にならずにすむでしょう。

【参考ページはこちら】
プロミスの年率は他社と比べてお得?

新着記事
TOPICS