> > 書類がとどく心配は不要!プロミスで郵送なしの申込方法はこれ

書類がとどく心配は不要!プロミスで郵送なしの申込方法はこれ

カードローンを申し込み、審査に通過すると消費者金融から融資をしてもらう事になりますが、この時に貸借契約が結ばれる事になります。

あまり意識する事はないかもしれないのですが、これは大切な書類になります。その為、どこでも必ず発送されるものです。

大切とはいえ、家族に内緒で借り入れを考えている場合、家族にカードローンの申し込みがばれてしまうかどうか。

この書類郵送が結構ネックになってしまったりします。

プロミスでも書類郵送は当然行われているのですが、できればこの書類を郵送で受け取らずに済む申込方法があればいいと思っている人は多いでしょう。

プロミスでは、郵送で書類を受け取らずに借り入れまでできる申込方法があります。

カードローンを申し込みすると郵送でカードと書類が届きます

銀行にしろ消費者金融にしろ、カードローンを申し込む時、どうやって申し込みをするか悩んでしまう程度には申し込み方法が多様です。

ネットを使ったり電話だったり、自動機などいろいろあります。

方法はどの場合でも、申し込み後は必ず審査を行います。その結果は、メール、電話または郵送で回答が来ます。(こちらもご参考に→プロミスの審査基準はこちら

審査が通ったら契約を交わす事になるのですが、やはり申込方法がどうであれ、最後に契約書類と一緒にカードローン用のカードが発行されます。

カードローン申し込みの流れ

申し込み
(パソコン、スマートフォン、携帯、電話、自動契約機、郵送、店舗)

審査
(結果連絡は、メールや電話、郵送、自動契約機や店舗はその場)

契約

契約書・カード発行
(郵送、自動契約機、店舗)

方法はいろいろあるのですが、おおまかな流れはどこも一緒です。

こうやって見ると、自動契約機や店舗など、自分が直接赴いている場合は、早ければ(審査の状況などで出直しする場合も有)その場でカード発行されます。

自分が出向かないネットや電話での申し込みの場合、契約書類やカードは郵送で送られてくる事になります。

これはどの会社でも銀行でも基本的に同じです。

契約書類はいらない!と思うかもしれないが…

実際に契約書類や会員規約が送られてきても、すみからすみまできちんと熟読する人はほとんどいないでしょう。

ざっと流し読みか、軽く目を通すだけ、という人がほとんどではないでしょうか。

中には、読まずにそのまま捨ててしまう人もいるかもしれません。しかし、これは本当は危険な事なのです。

契約書は消費者金融や銀行と自分の重要な取り決めが書かれれています。一つ一つが細かく、読むのがとても面倒で誰でも嫌になるような代物です。

とはいえ、お互いに交わした約束事の内容が入っている為、出来れば一通り目を通すのが筋で、目を通さなければ、後でトラブルになった際に自分が困ります。

例えば、問題が起きた際、「そんな事は聞いていない。」と訴えても契約書に記載されていれば、それは基本的には通らない話になるのです。

ただ、インターネットの普及という現実により状況は変わって来ており、紙面という形で契約が行われる事が減りつつあります。

しかし、カードローンなどお金が発生する場面では契約書はなくてはならない書類の1つになります。

実際に契約書には何が書かれているのか

カードローンに申し込み審査に通った場合、契約を交わす事になるのですが、では、契約書にはどんな事が記載されれいるのでしょうか。

  • 契約番号
  • 借入限度額
  • 契約日
  • 借主情報
  • 借入利率
  • 遅延利率
  • 支払期日
  • 最終支払日
  • 返済回数
  • 支払方法
  • 支払方式
  • 信用情報機関への登録について

などがあります。この他にもまだ細かい内容も記載されます。

実際に借入や返済時にこの書類が手元にいるわけではありません。

しかし、限度額だったり返済日などはしっかり頭に入れておく必要はあるでしょう。

特に口座振替での返済の場合、残高スライド方式だと返済額が変わる事があります。口座に入っている金額がギリギリの場合は特に要注意です。

プロミスの場合も契約書とカードが郵送で届くのか?

いろいろな消費者金融や銀行では、書類やカードは郵送で届くとしました。では、プロミスの場合はどうなのでしょうか?
(⇒プロミスから郵便物が届くのはどんな時?

申し込み方法でどのように違うのか確認したいと思います。

申し込み方法 契約方法 郵送の有無
パソコン
携帯
スマートフォン
Web契約
来店(店頭窓口・自動契約機)契約
郵送契約
契約書類とカードを郵送
店舗でカードと契約書を受け取り
郵送でのやりとり
電 話 来店契約
郵送契約
店舗でカードと契約書を受け取り
郵送でのやりとり
自動契約機 その場で契約 無(その場でカード発行・書類受取)
SNBCローン契約機 その場で契約 無(その場でカード発行・書類受取)
店頭窓口
(お客様サービスプラザ)
その場で契約 無(その場でカード発行・書類受取)
郵 送 郵送契約 最初から最後まで郵送やりとり

こうやって見ると、1つの申込方法でも、契約の仕方はいくつかあり、またそれに伴い郵送の有無もあったりなかったり、変わってくるのがわかります。

申込方法は違っても最終的に契約の際の方法は最初に言っていたように、プロミスでも同じと言う事です。

要は、契約方法によっては、郵送で書類やカードが届いてしまうのです。

ただ、どの契約方法にするかは、申し込みの段階で選ぶ事ができます。

プロミスでの契約で郵送なしにするにはどうすればいい?

プロミスの場合、申込方法~審査結果までとは別に、契約方法を選ぶことができます。

Web契約 審査結果が出た後、契約をインターネットで行います。
内容はネット画面で確認出来ます。
最終的にカードや契約書類は郵送にて送られてきます。
来店契約 審査結果が出た後、必要書類を持って自動契約機か店頭窓口まで出向きます。
書類やカードはその場で受け取る事ができます。
郵送契約 審査結果が出た後、カードや契約書類が先に郵送で届きます。
書類に記入をし、郵送で提出します。
カードが使えるのは、書類がプロミスに届いてからです。

申込方法の段階で、自動契約機や店頭窓口まで出向いた場合は、この中の来店契約と同じ状態になります。

注意しなくてはいけないのは、最初から自動契約機などに出向いた場合です。状況によってはすぐに審査結果が出ません。

ある程度の時間待たされる、または再度出向く可能性もあるという事です。

とはいえ、来店契約の場合は、自分が出向かないといけないという手間はありますが、郵便物でのやりとりがまったくありません。

これは家族に内緒、特に郵便物で家族にばれる可能性が高い家庭には向いていると言えるでしょう。

最初の申し込みはインターネットや電話を使った方法で、審査結果が出た後の契約時では来店契約にすると待ち時間が少なくてすむでしょう。

この方法が多少の手間はありますが、待ち時間も少なくて、家族にもばれない最良の方法ではないでしょうか。

書類の保管にも気を点けた方がいい

実際に契約をしたら、郵送以外だろうが郵送だろうが、契約書などの書類が手元に届きます。大切な書類になるので保管しなければいけません。

ただ、これも下手な場所に保管すると家族に見つかってしまう可能性があるので、内緒の人は注意しなければいけません。

だからと言って、大切な書類を破棄してしまうのは、いざという時に困ってしまうといけないので、処分しない方がいいでしょう。

最初の契約以外でも郵送される書類はいくつかあります

実際に契約できたとして、申し込み時以降、何も送られてこないかと言えば、そうとも限らず、他にも郵送されてくるものがあります。

  • 提携ATM利用時の明細書
  • 振込キャッシングの明細書
  • 延滞した際の催促状

契約書のような重大な印象はないでしょうが、これらが送られてくる事があります。

ただし、明細書に関しては会員サービスで登録をしておくと、電子交付サービスとしてWeb上での書面扱いとされます。

これこそ、最初に言っていた紙面での契約の減少になると言えるでしょう。Web書面にすれば、郵送で明細書が送られてくる事はありません。

また、延滞を起こした場合、まずは電話にて連絡が入る事になります。これで、連絡がとれないと催促状が送られてきます。

そうなる前に対応が必要です。できればプロミスから連絡が入る前に自分から返済についての相談をするのが一番いいのではないでしょうか。

それよりも、会員サービスでは返済日を知らせるメールを送ってくれるサービスもあります。

登録は必要ですが、忘れやすい人には便利なサービスです。これを利用して返済遅れのないようにするのがいいでしょう。

これらを整理してみるとわかると思いますが、契約後に関しては、会員サービスを利用する事で郵便物に対応することができます。

解約時も必要書類が送られてきます

解約時も連絡を入れると書類が送られてきます。記載して送付しなければいけないので、これもまた郵便物として注意が必要になります。

これはまず避けられないものです。もちろん郵送時でわからないよう配慮はあります。(どの郵便物でもわからないように配慮はされています。)

ただ慰めにしかなりませんが、解約なので申し込み時よりも家族にばれてもなんとかなる場合が多いようです。まずは、完済する事を優先しましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスでお金を借りたい方必見!

新着記事
TOPICS