> > プロミスの借入額はいくらから?千円から引きだせるのは本当?

プロミスの借入額はいくらから?千円から引きだせるのは本当?

一般的に消費者金融からお金を借りる際、小額から借り入れする事はなかなかできない現状があります。

もちろん沢山借り入れできる方が良い方も多いでしょうか、必要分だけ借りたいという方も見えます。

必要以上に借りて、つい使ってしまったという人もいるでしょう。

プロミスは、千円単位で借り入れが出来る事で顧客に喜ばれています。

ただし、小額だとATMの利用によっては手数料の負担が大きくなるデメリットはあります。

余裕を持ってお金を借りた場合、弊害が出る人もいます

消費者金融からお金を借りる場合、金額の基準は万の単位で表記がされています。借入限度額を見ても万単位での表記です。

もちろん最初から、限度額そのまま全額を一気に借りる人も借りる事もまずありません。

とはいえ、実際には小額でいいのに…と思いながらも、または、気が大きくなってついつい多めにお金を借りてしまう人は結構多いものです。

確かに多少なりとも手元にあるお金に余裕があった方がいざという時助かります。

その為、一度に必要額よりも多めに借りる人もいます。

しかし油断は禁物で、 多めに借りた余裕からか、その分、余分な買い物をしたりつい食事に出かけたりと、自分のお金と勘違いして使ってしまう人もいます。

そういう傾向の人には、限度額内ならまたお金を借りる事ができるからと新たな借り入れをして、どんどん借金を増やしてしまう事が多い様に見受けられます。

確かに手元に多少なりとも余裕のある金額を持っていると、いざという時助かります。

逆に自分の事を知っていて、あまり多めにお金を持っていると使ってしまうからと借入額を最小限にしたいと考える人も実際にいます。

そんな人が借り入れを考える場合、大体において千円単位でお金を借りたいと考えているようです。

千円単位で借り入れが出来るのかどうか

小額でいいから借りたいと思う人も実際に多くいるのですが、では1,000円から借り入れができるかどうか。

これは銀行や消費者金融で違いはあります。借入上限もそれぞれで違いますが、下限の場合も基本的に同じように借り入れ先で違います。

ただ、ここで確認したいのは、借入額の限度額が1,000円ということはまずあり得ないと言う事です。それでは会社側から融資の意味がありません。

誰もが千円単位で借り入れしたというのは、万単位の借入限度額内のうち、その都度千円単位での借り入れ(お金を引き出す、出金の意味で)できるかどうかという事です。

プロミスのフリーローンはどうなっているのか

プロミスは大手消費者金融として有名ですが、実際にどこまで借り入れができるのか、どれくらいの利率になっているのでしょうか。

まずはプロミスが扱っているカードローン「フリーキャッシング」の基本情報で確認してみます。

借入限度額 500万円まで
契約額 お客指定の契約額(極度額)の範囲内で、プロミスが決定した金額
借入利率 4.5%~17.8%(実質年率)
遅延利率 20.0%(実質年率)
借入方法 口座振込
店頭窓口
プロミスATM
提携ATM
返済方法 インターネット
口座振替
店頭窓口
プロミスATM
提携ATM

他の消費者金融と同じなのですが、借入限度額は500万円とかなり大きな額になっています。

多額の金額が必要な人にはプロミスは向いているでしょう。

では、さほど多額のお金を必要としていない人はプロミスではどうなのでしょうか。

もちろん小額に対しての条件はないのであまり気にしなくてもいいでしょう。

申し込みの段階でその旨を伝えれば問題ありません。借入限度額をそれに合せて設定してもらえるでしょう。

プロミスで実際に借りる時は千円単位でもいい

借入限度額は千円単位となっていなくても、実際に借りる時に小額にすれば問題はありません。利息も借りた分しかつきません。

問題はその千円単位での借り入れが、実際にできるかどうか。

キャッシュカードで銀行からお金を引き出す事を考えると出来て当然と思うでしょう。しかし、できない場合があるのです。

他社や他行では万単位でしか借り入れができない所が多くあります。

特にクレジットカードでキャッシングする場合、千円単位での借り入れができない場合がほとんどです。

しかし、プロミスの場合、千円単位での借入も可能なのです。

これは、ちょっとだけ足りないから、という方にはとても重宝する借入額になります。

もちろん大は小を兼ねるで万円単位で借り入れて困ると言う事はあまりないでしょう。余裕を持って借りた方が助かる場合もあります。

しかし、利息を考えるとなるべく借入額は少ない方がいいと考える人は多くいます。

借入額が大きければ利息も多くなるので、当然でしょう。

そうやって考えた時、プロミスは千円単位から借り入れができるので使い勝手がいいといえるでしょう。

プロミスでも1,000円からの借り入れができない場合がある

基本的には、小額からの借り入れができると言ったプロミスですが、そうとも限らない場合があります。

それは、ATMの機種によるものです。プロミスの場合、多くの銀行やコンビニ(コンビニ対応ATM)と提携しています。

多種多様にある提携先ですが、中には千円単位での取り扱いができない機種もあるということです。

こればかりはプロミスでもどうしようもありません。プロミス側というよりも提携先の会社や店舗での問題になります。

ATMを利用しようと思った時は、先に小額でも対応できるATM機かどうかを見ておくといいでしょう。

気づかない人もいるが実はATMでは手数料がかかっています

実際にお金を借りる場合、方法としては商品概要にあるように借入方法はいくつかあります。

とはいえ、大抵の場合は手軽さからコンビニや近所の銀行からATMを使って借り入れする人が多いと考えれらます。

そのATMの利用ですが、気をつけなければいけない事は、小額対応できない機種という点の他にも多々あります。

実は手数料です。これは忘れがちですが、回数を重ねると意外に大きな額になります。

提携ATM手数料(税込)

取引額 借入時 返済時
1万円以下 108円 108円
1万円超 216円 216円

※プロミスATM及び三井住友銀行ATMでは、手数料無料(0円)です。

他にも以下のコンビニの場合、取り扱う機械によっては返済の手数料が掛かりません。(借入はできません。)

  • ローソン・ミニストップのLoppi
  • ファミリーマートのFamiポート

このLoppi、Famiポートですが、コンビニ店内を見ればわかると思いますが、機械が並んで置いてある事が多いと思います。

LoppiやFamiポートですが、ATM機とは違ってメディア端末となるので間違えない様にしましょう。

手数料負担は全てがその場での負担ではありません

一般的な感覚(キャッシュサービスなど)だと、手数料の負担はその場で一緒に支払う(引落されたり、借金に含まれたり)イメージがあるかもしれませんが、実は違っています。

借入時の手数料と返済時の手数料のタイミングは違うので、頭に入れておくといいでしょう。知らないと後でびっくりします。

  • 借入時(ATMだと出金扱い)…次回返済時にて清算
  • 返済時(ATMだと入金扱い)…返済時に一緒に清算

提携ATMとは、プロミス以外の銀行やコンビニのATMを意味しています。

逆に提携ATM以外となっている場合の『以外』とは、プロミスATM、インターネット、お客様サービスプラザ(店頭窓口)になります。

プロミスの提携ATMはどんな所があるのか

実際にプロミスの提携ATMには具体的にどのような所があるのでしょうか。

もちろん、これら提携銀行やコンビニのATM機なら操作が可能です。

ただし、借り入れ(キャッシング)と返済で対応の有無の違う所があります。

提携銀行ATM

・キャッシングと返済可能

三井住友銀行(三井住友銀行のATM利用は0円です。)
セブン銀行
東京スター銀行
福岡銀行
三菱東京UFJ銀行
イオン銀行 第三銀行
熊本銀行
西日本シティ銀行
横浜銀行

・キャッシングのみ

親和銀行
広島銀行
八十二銀行

提携クレジット会社

・キャッシングと返済可能

クレディセゾン

提携コンビニATM

・キャッシングと返済可能

ローソンATM
セブン銀行
イーネット
(ファミリーマート
 ミニストップ
 スリーエフ
 コミュニティストア
 デイリーヤマザキ
 生活彩家
 セーブオン
 ポプラ
 セイコーマート)

※イーネットとはコンビニにATMを設置している会社です。提携している銀行や信金等の入金・出金・振込etc.がイーネットのATM機で行う事ができます。

いろいろなコンビニにイーネット社のATM機が設置されていますが、設置されていないコンビニもあるので間違えない様にしましょう。

コンビニでは店舗によって対応に差があります

実は、コンビニならばどこでも一緒と思っている人も多いかもしれませんが、そうではありません。

チェーンの系列によっても違いますし、店舗自体でも違うATMを設置している場合もあります。

基本的にはどこのコンビニでも対応できると言えますが、細かく言えばコンビニでの対応内容の差は、そのコンビニに設置されているATMによります。

自分の近所がどのようなATMを設置しているのか、一度確認するといいでしょう。

また、提携している銀行も同様で、銀行により変わってきます。

しかし、プロミスの場合、よほど地方の小さな銀行でなければ大抵は提携しているので問題なくATMの利用をする事ができます。

時間帯によっても対応できない場合がある

提携ATMでも銀行などの場合は、時間帯が限られている事を把握しておきましょう。

コンビニは一般的な認識として24時間営業という印象があります。それがコンビニの特徴でもあります。

しかし、地方の方は特に24時間対応していない店舗も中にはある可能性もあります。

そうなるといつでもプロミスから借り入れ(返済)できるとは限りません。

これも、先の1,000円対応の話ではないですが、プロミス側としてもどうしようもない事です。自身で、対象コンビニの確認をしておきましょう。

もちろん、提携銀行も同様でそれぞれの銀行によるところがりますが、それこそコンビニ以上に時間が限られているので気をつける必要があります。

また、コンビニ以外の対応先としてあるプロミスの店頭窓口も時間帯は同様に限られています。

時間帯はこちらになります。(一部対応していない場合有)

  店頭窓口
(お客様サービスプラザ)
プロミスATM
平 日 10:00~18:00 7:00~24:00
土曜日 休 み 7:00~24:00
日曜日・祝日 休 み 7:00~24:00

   

口座振込で「瞬フリ」にした方が便利で手数料も0円!

ATMではなく、口座振込の形でお金を借りた場合、これこそ手数料は掛かりません。(店頭窓口もですが)

そんな中「瞬フリ」(振込キャッシング)を利用すると便利です。もちろん手数料はかかりません。

もちろん振り込みの申し込みは24時間対応ですし、もっと小額設定でも対応してもらえると好評のクチコミもありました。

ただし、振込される銀行によっては、実際に金額が手元に届くまでに多少の差は出てしまうようです。

その中で三井住友銀行、ジャパンネット銀行は、すぐに対応してもらえます。

三井住友銀行・ジャパンネット銀行の振込の場合
銀行口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合、24時間対応で受付完了より10秒程度で振込がされます。

※下記時間帯はサービス停止されます。

三井住友銀行 毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00
元旦
ジャパンネット銀行 毎週月曜日0:00~7:00
元旦

上記2行以外の通常の振込の場合

受付時間 振込実施時間
月~金曜日0:00~9:00 当日9::30ごろ
※ただし月曜日0:00~7:00は停止
月~金曜日9:00~14:50 受付完了から10秒程度
月~金曜日14:50~24:00 翌営業日9:30ごろ
土日祝日0:00~24:00 翌営業日9:30ごろ

「瞬フリ」は、会員サービスの登録がまず必要です。ログインして振込先も登録します。

この会員サービス「瞬フリ」に登録すると、サービス画面から振込の手続きができるようになります。

金額も手続きも上手にプロミスの特徴を上手に活用しましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスは急な出費にも対応できる?

新着記事
TOPICS