> > プロミスでの借り入れは入居審査に影響!?把握しておくべき知識

プロミスでの借り入れは入居審査に影響!?把握しておくべき知識

仕事上やプライベート、いろいろな理由で引っ越しをしなければならない事があります。
そんな時に気になるのは入居審査ですよね。

マンション等は部屋を借りたいと思うときに必ず入居審査があります。
その審査に落ちてしまうと当然、気に入っていた部屋を借りることはできなくなってしまいます。

それならば、入居審査の基準とは一体どんなものなのでしょうか。
仮に自分がプロミスなどの消費者金融に借り入れがある時など、その借り入れは入居審査に影響するのでしょうか。

その辺りを調べてありますので是非、一読してくださいね。

プロミスに借り入れがあるのに…入居審査に影響が出ちゃうの?!

人間はどうしてもお金がピンチになると誰かにお金を借りることが多くあると思います。

しかし借りるアテが無い時はやはり消費者金融など気軽に借り入れすることが出来る金融会社にキャッシングやカードローンの申し込みをする人が多いのではないでしょうか。

しかし引っ越しなどを考えている時に消費者金融に借り入れがあることがネックになり、入居審査に落ちてしまったなんて話を聞いたことはありませんか?

実は…結構関係があったりすることもあるんです。
ただ、プロミス自体で借り入れをしている事が問題になるわけではありません。

プロミス自体は大きな会社でしっかりとした消費者金融ですので、こちらでお金を借り入れしていてきちんと返済しているのならばなんら問題は無いんです。
(⇒プロミスでお金を借りている方必見!

つまり、消費者金融にお金を借りているから入居審査に落ちるということはありませんのでその辺りに関しては誤解の無いように理解してくださいね・

入居審査に影響の出やすい借り方ってあるの!?

上記にプロミス自体に借り入れをすることは特に入居審査には影響はないという話をしました。
それならば影響がある場合というのは一体どんな借り方をしている場合なのでしょうか。

一番、ネックになるのは、借り入れ件数が多い場合で、これに該当する人は入居審査に通らない可能性が高くなるんです。

あちらこちらに借り入れを繰り返しているとそんな経済状態ではまず貸主も家賃滞納を考えますので審査に通す訳にはいかないようです。

ただし、これに関しては正直、家主の考え方一つという場合もあり、さほど、入居審査に対して重きを置いていない場合、すんなり入居出来たり刷る場合もあるんです。

ただ、保証会社が付いている物件に関しては、やはり審査が厳しく、消費者金融等の借り入れ件数が多いとなかなか部屋を貸してくれないのが現状なんです。

本当?銀行系カードローンを借りている人の方が受かりやすい?

インターネットの掲示板でこんな書き込みを見つけました。
消費者金融で借り入れをしているよりも、銀行系カードローンで借り入れをしている人のほうが入居審査に通りやすいという内容でした。

消費者金融で借りているというとどうしても普通の銀行系カードローンの審査に受からなかったから借りているといったイメージがあるようですが、プロミスなど大手の消費者金融はしっかりとしていますし、大手になればなるほど、しっかりと審査をしている可能性だって高くなるんです。
(⇒プロミスの審査基準とは?

プロミスで借りているのも銀行系カードローンを借りているのも、借金であることは変わりありません。

銀行系カードローンを借りている方が審査に通りやすいという話があるのならば、それはたまたま申し込んだ人が借金があっても、入居審査に通す事が出来るべき人であっただけの話です。

たった一件の銀行系カードローンを借りている人が滞納を繰り返していたりするとその人の信用はガタ落ちのはず。

消費者金融に借りていても滞納無く、しっかりと返済を繰り返しているのならば後者の方が入居審査が通りやすくなったりするものです。

保証会社がその人の信用情報を調べる!?

入居審査の要は「保証会社」と言っても過言ではありません。
つまり、家賃をしっかりと払えるのかどうかの能力査定をするために、マンション等には保証会社が付いている場合が結構多いんです。

保証会社は借りたいと希望するその本人の過去から現在にかけての債務情報を調べます。
ここでその保証会社が基準とする一定の基準から外れていると入居審査に落ちてしまうという事になるわけです。

そうすると当然、そのマンションは借りられないわけですから、もっと審査が緩いマンションを探すなどするしか借りる方法はありません。

最近では「すぐに入居出来ます」とか「人柄重視」などと言う謳い文句の物件も多く見られます。
大家さんの信用貸しなどもこのケースになりますし、探せばいろいろと見つかる可能性も高いです。

ただ、保証会社に色々と閲覧されて困る人は保証会社付きの物件の入居は難しいかもしれないと思っていた方が無難です。

支払い能力に難あり!こう見做されると難しい!?

プロミスに借り入れしていてもそれが直接問題になるわけでない話をしましたが、つまりはその人に支払い能力がきちんと備わっているのかどうかが大家の立場から見れば大事になるわけです。

プロミスを始め、消費者金融に借り入れがあったとしても、その人にそれなりの年収があり、他の借金を含めてきちんと家賃が支払えるのであれば、なんら問題は無い場合も多いです。

ただ、年収があるのならばどうして消費者金融で借り入れがあるんだろうという話にも繋がってきますので、きちんと仕事をして、年収もそれなりにあり、尚且つ消費者金融から数件借り入れしなければならない事情のあった人は、これはもう入居審査にイチかバチかかけてみるしかありません。

いずれにせよ「支払い能力に難あり」と判断されてしまうと、入居は難しくなるわけです。

入居審査に通りたいのならば件数を減らすべし!

働いていてそれなりに年収もあり、借金などの支払いもきちんとしているのにもかかわらず、入居審査に落ちるのであれば、とりあえず、一社でも借り入れ件数を減らすことを目標にしてみましょう。

返済に滞りが無くても、賃貸の保証会社の中には「借り入れ件数も大いに視野にいれる」所も多く、ネットなどの情報を見てみると、3件程度の借り入れでアウト!というケースも多いという話を見かけます。

借り入れ件数が多いとそれだけ毎月に支払う回数も金額も多くなるので、結局これも「支払い能力」と見做されるということになります。

どうしても物件を探さなければならないのならば、出来るだけ保証会社の審査に通るように、借り入れ件数を減らしておくのがベストかもしれません。

チェックしてみて!入居審査に通る人はこんな人!

上記でいろいろと述べましたが、こんな人が入居審査に通りやすいという概要をまとめてみました。
是非、参考にしてみてください。

  • 消費者金融など件数が多くない
  • 借金の総合計が多くない
  • 過去に延滞などの事実がない
  • 所得証明書等、提出すべき書類を揃えられる
  • 働いている
  • その他、大家等が認める条件が揃っている

一番下については、身なり、近隣トラブルを起こしにくい等、その人から醸し出す雰囲気によって左右されるのでこのあたりもチェックが必要となります。

大家さんにとって家賃をきちんと支払ってくれるのどうかというのはとても重要なことであり、言い換えればこれに引っかからなければ問題無く借りられるわけです。

概ね、上記の様な条件を満たしているのならばまず問題なく賃貸契約出来ると思って良いと思います。

どれか一つでも当てはまらない部分があるのであれば、あとは不動屋産さんに正直に話して、相談してみるのも一つの方法だと思います。

支払い能力もその人の人柄も、そしてその人の信用もとても大事。
これから賃貸契約を考えている人は今一度自分の状況を見直してみてからじっくりと検討するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS