> > プロミスから三井住友銀行、個人情報はどこまで提供されてるの?

プロミスから三井住友銀行、個人情報はどこまで提供されてるの?

お金が足りなくなったらみなさん、どうしますか?

こんな時、気軽に借りる事が出来る消費者金融などを利用してみたいと思うでしょう。
審査さえ通れば簡単に借り入れすることが出来ますし、非常に有難いですよね。

例えば有名なプロミス、ここと契約したいと思う人も多いと思いますが、ただ最近になってプロミスと三井住友銀行が業務提携していると聞いたことがある人も多いはず。

ならば仮に、プロミスに借り入れして…そして三井住友銀行のカードローンにも申し込みたいと思っている場合、個人情報はどこまで提供されてるんでしょうか?

もしかしたら同じグループ会社で二件は借りられない?そんな疑問についてまとめてみました。

情報バレバレ?プロミスと三井住友銀行の情報共有って本当?

プロミスと三井住友銀行は同じ三井住友系のグループではあるのですが、個体のものなんです。

三井住友銀行はあくまでも「三井住友銀行」であり、プロミスは「三井住友銀行のSMBCコンシューマーファイナンス」からの融資という事になります。

ちょっとややこしいのですが、同じグループでありながら、別会社ということになるんです。

したがってプロミスで借りているからといって三井住友銀行のカードローンに申し込むことは出来ないとうことはありません。
(⇒三井住友カードの利用者はプロミスで借りられない?

あくまでもおのおのの審査となるんで、その辺りは心配いりません。
ただし、お金を借りる時は必ずどの金融会社も「信用情報」を参考にします。

そうなると同じ系列の会社でお金を借りていることは当然バレますし、その時点で「情報は共有する事」になります。

情報共有で困る事ってあるもの?

さて、プロミスに申し込んで仮に審査に受かったとします。
そしてまた数カ月後に今度、三井住友銀行のカードローンに申し込んだとしましょう。

その時にプロミスの方で一度でも延滞等の記録があったら、カードローンの方の審査は当然、落とされる結果になってしまいます。

同じ系列なのにプロミスは利用出来て、カードローンは利用できないという結果になってしまうわけです。

ただし、これは他の消費者金融や他銀行のカードローンにかけあっても同じことです。
情報は共有されてしまいますので、審査が緩くない金融会社に申し込みをすると一度でも滞納がある人は落とされてしまう可能性が高いことをおぼえておいてくださいね。

つまり、他社でももうちょっとだけ借り入れを希望するのならば、常に延滞は無く、クリーンな状態を持続させておくことが大切だということになります。

プロミスと三井住友銀行、もしかして…家族の情報も共有!?

プロミスで借り入れがあり、そして家族もたまたま金策に困りプロミスに借り入れをしたいと思ったり、三井住友銀行のカードローンを借りたいと思った場合、自分の情報が家族にバレちゃったりするのでしょうか。

この辺りも結構怖いですよね。家族に内緒にしているつもりが、家族の借り入れ希望の申し込みによって自分が借りているのがバレてしまうなんて事を考えるとなかなか借り入れに踏み出せません。

住所が一緒で電話番号が一緒で、それだけでも十分に家族の情報は取り出せるはずですし、三井住友銀行のカードローンに申し込もうとプロミスに申し込もうとすべてわかってしまうんじゃないかと不安になります。

「あ~…あなたの娘さんがうちの系列のプロミスに借り入れしてるんで無理ですね」とか「もうしわけありませんが、同じ家族の方が三井住友銀行のカードローンを利用していますので今回ご融資は難しいです」

プロミスと三井住友銀行が情報を共有し、尚且つ、それが家族にバレちゃう!
本当にそんなことがありえるんでしょうか。

安心して!あくまで申し込んできた本人のみの審査が基本!

仮に家族の人が三井住友銀行ないし、プロミスに申し込んだとして、すでに他の家族が申し込んでいる事実はたとえ両会社が情報を共有していたとしても、明かさない事が鉄則です。

つまり言い換えたら、家族間でお互い内緒で借り入れが可能ということなんです。

銀行も消費者金融も情報を共有できても、審査自体は全くの別物。
あくまでも「申し込んだその人自身の審査」になるので、仮にすでに申し込みをして利用している家族が延滞したとしても、自分の審査には関係ありません。

自分に収入があり、他社の借り入れも無く、金銭的にも安定した日々を送っているとみなされたら融資は当然ありえます。

つまり情報提供はプロミス、三井住友銀行共、借り入れの時だけ?

上記の話をまとめたら、つまりはプロミスも三井住友銀行のカードローンも情報を提供するとしたら、借り入れの時の信用情報開示の時ってことになります。

これも正確には提供じゃなくて、お互いにその人の情報を共有できますよってことです。

もちろん、他の金融会社も情報共有することが出来ます。

因みに信用情報会社にその人の履歴をお願いするとこれだけのことがわかります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 郵便番号住所
  • 電話番号
  • 申し込まれた会社が照会した日時
  • 申し込まれた会社の名前
  • 支払い予定回数

ここまでしっかりとわかってしまうんですよね。ここで審査に落とすのか落とさないのかは金融会社によって正直、まちまち。
他の会社で極端な借り入れが無かったら融資をする会社もたくさんあります。

信用情報が下手に汚れると結局、損!

結局、個人の情報が共有出来るということがわかったら、とても審査の甘いと言われる金融会社を見付けて申し込む方が一発で通りやすいということにつながります。

申し込んだ履歴、借り入れ金額などもすべて露見しますので、借り入れ件数や金額が多いとどんな会社でも審査は厳しくなるのは目に見えています。

特にプロミスや三井住友銀行という大きく有名な金融会社に申し込むということになると審査に落とされてしまう可能性も無きにしもあらずです。
(⇒プロミスの審査に通るためのチェックポイント

落とされてしまったら自分の信用情報にその旨が追加されてしまうので、他社に申し込んだ時にその情報を共有され、結局は自分が損してしまうことになります。

従って出来るだけ一回の申し込みで審査に通過出来るように、予め自分の属性にあった金融会社に申し込んだ方が良いかもしれません。

プロミスや三井住友銀行のように大きな会社に申し込みをすると安心もしますし、不安やストレスも無いでしょうけれども、審査に通らず自分の信用情報に傷が付くことになると後々、どんな金融会社に申し込んでも審査に通らない可能性が高くなってしまいますのでその辺りは慎重に行く方が無難といえます。

結局バレちゃう、わざわざの情報提供は無くても情報開示で一発!

結論!プロミスから三井住友銀行に情報提供は無くても、結局はお互いのローンにお世話になる時に信用情報開示で一発でバレるということです。

他の会社を引き合いに出すと、東京三菱UFJ銀行のカードローンもバンクック(これは銀行系消費者金融ではないですが)も、別の商品で、情報は共有するということです。

そしてバンクイックに申し込んだ事実はプロミスや三井住友銀行にも情報共有されちゃうわけです。

いずれにしても「逃げ場は無い」ということになります。
ただ、上記にも書きましたが、信用情報会社を通して情報は見ることが出来ても、その情報を元に家族にバラしたり第三者に教えたりすることは一切ありませんので、そのあたりはご安心ください。

社会人になったらいつ何時お金を借りなければならないような事態に陥るかもしれません。
そんな時、審査されても胸を晴れるような、情報を共有されても大丈夫なような生活を送る必要があります。

お金が必要になったのに、審査に断られることが続くような状況では困ります。
やっぱり借りたい時にすぐにでも融資可能な状態にしておくことがとても大切な事だと思います。

【参考ページはこちら】
プロミスは利用者からの評判はどうなの?

新着記事
TOPICS