> > 過去ブラック不安!プロミス申込時、信用情報はチェックされる?

過去ブラック不安!プロミス申込時、信用情報はチェックされる?

過去に、ブラックリストに載ってしまった。なんていう方は、お金を借りる場合、どこで借りたらよいのか、わからなくなってしまう方も多いでしょう。

過去にブラックになった方は、プロミスからお金を借りるのは難しいのでしょうか。

プロミスでお金を借りるためには、信用情報はチェックされるのでしょうか?

お金を借りたいけど、申し込んで良いのかわからない。という方の悩みが解決するQ&A特集です。

プロミス申し込み時に信用情報はチェックされるの?

消費者金融や銀行系のカードローンなどからお金を借りる際には、必ず審査を受ける必要があります。(こちらもご参考に→プロミスの審査基準を教えて!

闇金などからお金を借りる時には、審査は無い場合もありますが、闇金でお金を借りると、恐ろしい利息を請求されたりと、後々困る事になるので注意が必要です。

プロミスは、きちんと法律を遵守して営業してる消費者金融のため、審査が必須です。

また、審査の際には信用情報機関に情報を必ず参照されることになります。

過去に、ブラックになったことがある方などの場合は、信用情報機関に情報を参照されることで、すべての情報がプロミスに知られるという事になります。

審査を行う理由は、

  • お金を貸す相手がどんな人であるか
  • 今まで金融事故などを起こしたことがないか
  • 他社からはいくら位借りてるのか

これらの情報を参照することで、貸しても大丈夫な人かどうかを判断するためです。

自己申告と、信用情報期間で参照する情報に相違がなければ問題ありませんが、相違がある場合は借りられなくなってしまう場合もありますので注意すべきです。

他社から借り入れがある方などは、きちんといくら借りてるのか、などを申告しなければなりません。

お金を貸して、返済して貰わなければ貸す側としたら困ってしまいますね。

利息だけでなく、きちんと元本を最後まで返済できる見込みのある人に、プロミスなどの消費者金融はお金を貸すという事になります。

信用情報機関ってそもそも何?

信用情報機関とは、その人その人の金融に関する情報がすべて登録されている機関という事になります。

種類は

  • CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター
  • JICC

の三つに分かれています。

信販系や消費者金融系の情報が登録されるのはCICという事になります。

三つの中で、情報が共有されたりもするため、消費者金融で借りるために情報を参照する時に、銀行系の借金もわかったりすることになります。

信用情報機関の情報は、自分でも参照することが出来ます。

クレジットカードがあれば、インターネットから参照することが出来、約千円程で自分の信用情報がどうなってるのかを参照することが可能です。

金額は信用機関によって異なってきますし、窓口か、インターネットからかによっても異なってきますが、千円程度でしょう。

もしかしてブラックになってる?と思ったら、一度信用情報機関に情報を参照してみると良いでしょう。

ブラックになるとプロミスからお金を借りるのは難しいの?

それでは、ブラックになってしまうと、プロミスからお金を借りるのは難しいのでしょうか。

正直言って、ブラックの方がプロミスからお金を借りるのは難しいという事になります。

プロミスは、審査は甘目ですが、ブラックの方となるとやはりちょっと難しいと言わざるを得ません。

ブラックの事を隠してプロミスに申し込みをしても、信用情報機関に参照されることで、すぐにわかってしまいます。

ブラックリストってどうなってるの?

ブラックリストとは、よく言われることですがブラックリストというリストが存在してる訳ではありません。

個人の信用情報機関に登録されてる情報に、金融事故を起こしたという履歴が書きこまれることをブラックリストに載ったと表現します。

一度ブラックリストに載ってしまうと、数年間はそのままなので、その間は借りるのがどうしても難しくなってきます。

ブラックリストに載るのは

  • 自己破産をした時
  • 任意整理をした時
  • 返済の遅延を繰り返してる時

などがブラックリストに載る要件という事になります。

自己破産や任意整理、もしくは返済の日までに返済をしないで遅延ばかりしてる方などは、ブラックリストに載ってしまうという事になります。

借りたお金を返済してない人と言うのは、他の所から借りるのが難しくなるように、要注意という事でブラックリストという事になっている訳です。

ブラックになった後の対処法とは

一度ブラックリストに載ってしまったら、消えるまでどうしょうもありません。

一生ブラックと言う訳ではありませんので、きちんと誠意を持って返済をしていくことが一番の対処法という事になります。

基本的に5年から8年程でブラックリストの情報は消されることになりますので、それまでのしんぼうです。

それまでの間は、やはりお金を借りるのが難しくなってはきますが、きちんと返済を続けることで信用を取り戻すことも出来ます。

やってしまったことは仕方ありません。

後は未来に向けて、自分の出来ることをしていくことです。

遅延してる返済がある方は、返済をきちんと続けることで、借りることが出来る場合も出てくるでしょう。

ブラックの人がプロミスからお金を借りる方法とは

一度ブラックになったら、もうプロミスからお金を一生借りることが出来ないという訳ではありません。

ブラックの方でも、お金を借りることは可能です。

消費者金融などのブラックリストに載ってしまった場合、5年程経過すれば、ブラックの情報は解除されることになります。

年数に関しては、何をしてブラックになったかによっても異なってきますし、どこの信用情報機関に情報が登録されたかによっても異なってきます。

最長に長かったとしても、10年を超えるという事はないはずです。

ある程度の年月が経てば、ブラック情報も消えてプロミスからお金を借りることが出来るようにもなります。

ブラックの間にも、きちんと遅延なく返済を続けているという事が条件になってきますが、返済計画に沿ってきちんと返済だけは行うことがすべてです。

もう絶対にプロミスからお金を借りられない人とは

非常に残念なことに、もう絶対にプロミスからお金を借りられない人というのも存在しています。

プロミスからの借金を返済しなかった人というのがそれに当たります。

プロミスからの借金で、自己破産や任意整理を行った人、もしくは、プロミスからの借金を遅延し続けた人などがそれにあたります。

信用情報機関の情報は、年数が経過すれば消されることになりますが、プロミスで借りてた人の過去のブラック情報というのは保存されることになります。

そのため、プロミスで何か金融事故を起こしてしまった方と言うのは、残念ながら、もうプロミスでは借りられないという事になります。

まだプロミスからお金を借りたこと無い人というのは、ブラックになったことが過去にあったとしても、プロミスから借りられる可能性は充分にある事になります。

まとめると、

  • プロミスからの借金で自己破産や任意整理をした人
  • プロミスからの借金を返済せずに遅延してきた人

これらの人々は、プロミスからお金を借りることは今後難しいという事になるでしょう。

プロミスからお金を借りるためにするべき事とは

過去にブラックになったとしても、プロミスからお金を借りるためにするべき事とは、年数が経過するのを待つという事がまず第一です。

それまでの間、きちんと返済を続けるというのも非常に重要な事になってきます。

借りたものは、きちんと期限内に決められた金額を返済し続けることで、過去にブラックになってしまったとしても、信用を取り戻すことも可能です。

ブラックになった後、5年程経過したら一度信用情報機関にブラックが解除されてるかどうか、情報を参照してみるのも良いでしょう。

上手に借金と付き合うことで、より一層良い人生を送ることが出来ます。

そのためには、借りたい時にお金を借りられないと意味がありませんね?

そうならないように、返済だけはきちんと行うような癖を付けていくと良いでしょう。

【参考ページはこちら】
プロミスにブラック情報を伝えるべき?

新着記事
TOPICS