> > 源泉徴収とは何?プロミスの申込時に必要なものアレコレ

源泉徴収とは何?プロミスの申込時に必要なものアレコレ

初めて借入を考えた時に一番最初に調べるのインターネットという人がほとんどではないでしょうか。

そこで借入についていろいろ調べてみたら、提出書類として源泉徴収票っていう言葉が出てきた。

…これって何なの?いつ必要なの?

「プロミスを利用したいんだけど、プロミスでもこの源泉徴収っていうのは必要なの?」

わかりました!

これからプロミスでの借入や源泉徴収票などの書類が必要なケースについてお話していきましょう。

借入前に知っておこう!プロミスってこんなトコ

借入はお金に関わる重要な問題です。

借入をするからには、利用先の情報や借入条件をちゃんと知っておく必要があります。

そういうわけで、まずはプロミスについてお話ししましょう。

え!?プロミスって会社名じゃないの?

そうなんです、プロミスというのは実は会社名ではありません。

会社の正式名称はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社。

プロミスというのは、まあいわゆる商品名ってやつです。

大々的にTVや街頭で宣伝していることからもわかるよううに、大手消費者金融のひとつです。

「それだけで大手ってことになるの?」

宣伝力があるということは、それだけ大きな企業というの確かです。

それ以外にも、プロミスには他大手消費者金融に違わず、もうひとつ大手と呼ばれる理由があります。

その理由が大手銀行グループであるということ。

大手消費者金融と呼ばれる消費者金融は、一部を除いてどこも銀行の傘下に入っているのです。

ちなみにプロミスは、あの三井住友銀行のグループの消費者金融として運営しているのです。

大手消費者金融と中堅消費者金融…違いって何?

一番は何よりも皆さんが気にする「安心感」ではないでしょうか。

社会的地位が確立されている銀行がバックについているというのは、やはり大きな強みといえるでしょう。

また、中堅に比べると審査基準はやや厳しいものの、金利が低めに設けられているのが嬉しいところ。

そういったことから、「借入する時にはまず大手」という意見が多数出ているんですね。

そんな大手の中でも、プロミスは利用条件や提供しているサービス内容で多くの利用者が集まっています。

教えて欲しい!私、プロミスを利用することできますか?

プロミスがどういった消費者金融かわかりましたね。

今度は利用できる人の条件について理解していきましょう。

面倒だと思ったあなた!

申込できる人の条件は非常に大切な知識となります。

わかりやすく説明しますから、きちんと覚えておいて下さいね!

こんな人がプロミスに申込できる

大手というといろいろ条件が厳しそうな感じもしますが、以外とそうでもありません。

  • 満20歳以上、69歳まで
  • 利用者本人に安定した収入がある
  • 主婦や学生でも申込可

最低限、これだけの条件を満たしていれば申込することが可能です。

主婦や学生でも申込可能なのは、パートやアルバイトなどで安定して収入を得ている人の場合。(こちらもご参考に→プロミスを利用できる職業とは?

低収入でも安定してさえいればいいんです!

借入は少額となりますが、低収入でも借入できるのであれば文句なしでいいでしょう?

利用限度額500万円!実際にはいくらまで借入できる?

やっぱり気になるのは借入額。

大手消費者金融はわりと借入限度額は大きく設けられています。

そして利用限度額はどうやって決められるの?

さて、プロミスの場合はどうなっているのでしょうか。

プロミス利用限度額は幅広設定!

まずは気になる借入限度額。

上限500万円

生活に関わる借入ならば500万円も借入できれば十分でしょう。

それ以上の利用となると、それこそ住宅ローンとかそんな大きな買い物の時くらいでしょう?

大手消費者金融の場合、融資の限度額設定が300万円か500万円の設定。

銀行系カードローンの場合も500万円が上限額となっています。

金利の設定も要チェック!

プロミスの金利設定はこのようになっています。

借入利率 備考
4.5%~17.8% 実質年率
※審査により決定

極端に低いわけではありませんが、最低借入利率は低め。

上限も18.0%のところがあるなかでの17.8%ですから、悪い条件ではありません。

たった0.2%と思うかもしれませんが、お金の0.2%は大きいですよ!

買い物するときの消費税で考えてもらったらわかるでしょう。

いざ申込!事前に揃えておきたい必要書類はコレ

プロミスについて知ったところで、さあ申込!

でもちょっと待って下さい。

スムーズに申込から契約まで済ませたいのなら、準備しておく書類を知っておくのが得策ですよ。

基本的な書類は本人確認書類。

それ以外にも条件によっては収入証明書類の提出も求められます。

これらの書類について詳しく話をしていきましょう。

申込に絶対必要!本人確認書類

本人確認書類は申込時に必須となるものです。

これがないことには申込どころの話ではありませんから、きちんと用意しておきましょう。

本人確認書類 備考
運転免許証
健康保険証
パスポート
いずれか1点で可
※運転免許証が優先

外国籍の人は以下のものも用意する必要があります。

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

外国籍の人の場合には、いずれかの資格を持っている人が対象です。

また、法令で有効とみなされる期間内のみ外国人登録証明書も対象書類となります。

本人確認書類で気をつけなくてはいけないこと

用意したから大丈夫!ではありません。

引っ越したなどで住所変更があった場合には以下のような書類も必要になります。

対象書類 備考
国税または地方税の領収書 請求書、納税証明書でも可
社会保険料の領収書 請求書でも可
公共料金の領収書 電力会社、水道局、ガス会社NHK発行のもの
請求書でも可
住民票の写し 住民票の記載事項証明書でも可
発行されてから6ヶ月以内のものが証明書類としての対象となりますので、日付には気をつけて用意しましょう。

こんな人は収入証明書類を用意しよう

必須提出書類ではありませんが、以下の条件にあてはまる人は必ず必要になりますのであらかじめ用意しておきましょう。

  • プロミスでの利用希望額が高額
  • 借入希望額と他社借入額の合計が高額

この場合に対象となるのが源泉徴収票を含めた以下の書類です。

対象書類 備考
源泉徴収票 最新のもの
確定申告書 最新のもの
給与明細書 直近2ヶ月+1年分の賞与明細書

賞与がない場合には給与明細書2ヶ月分のみで大丈夫です。

高額利用希望時に必要になる!源泉徴収票

さあ、気になるのが源泉徴収を含めた収入証明書類。

源泉徴収票は提出必須の書類ではありません。

源泉徴収はどんなもので、借入の時にはどんな時に必要なのかをお話ししましょう。

そもそも源泉徴収って何?

まずは簡単に気になる源泉徴収の話をしましょう。

源泉徴収は、給与や報酬などの支払者がその支払時に所定の所得税を差し引いて徴収して国に納付する制度です。

基本的には個人が対象となります。

この詳細を記載して年に1度渡されるのが、源泉徴収票です。

たまーに、これをなんとくなく見て捨てちゃったり、紛失したりする人がいますが…大切なものです。

源泉徴収票は借入だけではなく、転職する場合にも必要になる重要なものです。

最低でも次年の源泉徴収票を受け取るまでは大事に保管しましょう。

職場で再発行をお願いすることはできますが…面倒なので担当の人に怒られる可能性大です。

気をつけましょう。

高額借入希望時に必要!源泉徴収票

先でも少し触れましたが、源泉徴収票は収入証明書類として提出できる書類です。

少額の借入希望の場合には不要なのですが、高額の借入希望の場合にはどこの金融会社でも提出を求められます。

高額融資とされる基準は各金融会社で異なりますが、プロミスの場合にはこうなっています。

  • 借入希望額が50万円以上
  • 借入希望額と他社の借入額の合計が100万円以上

高額融資は貸付側にとってはリスクが上がるものです。

そのため、勤務先情報や借入希望者の収入を確認して、返済能力を確かめる必要があるのです。

この借入希望額50万円以上からという点ではプロミスは厳しい基準といっていいでしょう。

他社は80万円とか100万円くらいが高額設定になっているところがほとんどですから。

また、他社での借入との合計で100万円以上の人が提出となっているのは総量規制の問題があるからです。

総量規制とは、国によって定められた規則で賃金業法の中にあります。

借入希望の個人に対して、年収の3分の1以上の融資を行ってはいけないというものです。

これは各社ごとではなく、借入しているすべての会社からの合計額でのことになります。

そのため、他社からの借入との合計額が100万円以上になる場合には収入証明の提出が求められることになるのです。

それ以外にも、借入する時の状況によっては収入証明書類の提出を求められます。

他の書類の提出が求められる稀なケースもあります。

借入の際には提出を求められた書類は速やかに提出しましょう。

ヘタに渋ったりしてウダウダしていると、審査に影響しますよ。

【参考ページはこちら】
初めての人でも利用しやすいプロミスのキャッシング

新着記事
TOPICS