> > 借りすぎなければ怖くない!プロミスのキャッシングを徹底検証

借りすぎなければ怖くない!プロミスのキャッシングを徹底検証

人生って何があるかわからない。

借入に縁なんかあるはずないって思っていたのに、どうしてもお金を借りなくちゃピンチな状態に…。

金融会社から借入するにも、何だか不安だという人もまだまだいるでしょう。

借り過ぎなければ、基本的に借入は怖くないから大丈夫!

「有名なとこなら大丈夫かなぁ…プロミスとか?」

なるほど、プロミスですね。

プロミスといえば、三井住友銀行グループの消費者金融。

確かに大手だし、利用者も多い人気の消費者金融ですね。

わかりました!これからプロミスのキャッシングについて徹底的に検証していきましょう。

まずはチェック!プロミスの申込条件

新しいことをする時には、何よりもまずは事前調査が大事です。

ましてやこれからお金を借りようと思っているのですから、これは重要です。

意外!?プロミスの申込条件は厳しくない

プロミスでは、以下の内容に該当する人を申込対象者として利用者を募っています。

  • 満20歳から満69歳の国内居住者
  • 原則として安定した収入のある者

国内居住者でも外国籍の人は永住権を持っている人に限られます。

また、毎月安定しているのなら、パートやアルバイトのような低収入の人でも申込することができます。

もちろん、借入額は少額となりますけどね。

覚えておこう!申込条件を知っておく重要性

借入をする場合、申込条件に該当しない人が迂闊に申込をしてしまうと大変なことになります。

「え?お金が借りられないだけじゃないの?」

確かにお金は借りられません。

しかしそれ以上に怖いのは、個人信用情報に審査に通らなかった記録が残ること。

特に該当しない人の申込の場合はマイナス情報として残される可能性が大。

こうなると一般的にいう“ブラック”扱いになってしまい、プロミスだけでなく、他社に申込しても借入できなくなる可能性まで出てきます。

他にない?プロミス以外に利用しているキャッシング

申込する前にもうひとつ気をつけたいのが、他社での借入がある人。

たとえ申込条件に該当していても、他社の利用がある人は要注意。

その理由を今から説明しましょう。

借入返済の重複は返済トラブルのもと!

プロミスだけでは借り過ぎでなくても、他社での借入と合わせると自身の返済能力をオーバーすることも。

複数の金融会社から借入をすると、返済が多重化するだけではすみません。

複数社からの借入は利息も多重化するため、自身が思っている以上に返済に苦しむ可能性があります。

返済事故を防ぐため、どこの金融会社も審査の時点で他社からの借入がないかを必ずチェックします。

総量規制という規則、知ってる?

実は消費者金融には“賃金業法”という法律に則って運営する義務があります。

まあ、簡単にいうと国が認めた正規の金融会社以外はお金の貸付を行えないんですね。

この総量規制というのはわかりやすくいうと、こんな内容の規則。

貸付した金額が、すべての金融会社からの借入の合計金額が年収の3分の1以上になってはいけない。

もしもこの規則に反して貸付を行った場合、この金融会社は罰則を受けることになります。

それに、年収の3分の1以上の貸付を行うことは金融会社の立場としてもリスクを大きくしてしまうだけですからね。

さらに申込する側の立場からいえば、年収の3分の1以上の金額で申込することはできないということになります。

もしも年収の3分の1以上の希望額で申込をしてしまった場合、審査に落とされます。

これは金銭トラブル=借り過ぎ・返済事故を疑われることにも繋がります。

その結果として個人信用情報にマイナス情報として記録が残ることになります。

もしプロミスでこの状態で審査に落ちると、他社に申込んだとしてもこの記録により審査に通ることができなくなるのです。

他社からの利用額はきちんと把握しよう!

これからプロミスで申込を使用としている人で、他社で利用がある場合、現在利用がある・なしに関わらず借入額をきちんと把握しましょう。

年収の3分の1以内に収まっている希望額なのかをチェックする意味もありますが、もうひとつ理由があります。

申込時に申告する義務があるからです。

上限500万円まで!プロミスは幅広い融資額設定

プロミスの融資限度額の設定は、消費者金融の中では高額設定の500万円!

あくまで年収の3分の1が貸付上限となりますから、すべての人が500万円借入できる分けじゃないですけれど。

次はプロミスの貸付条件についてお話します。

貸付条件を知っておくのは自分のため

申込条件と借入限度額だけをみて契約する人も多いのですが…やめておきましょう。

この貸付条件を把握していない人ほど、つい借り過ぎてしまって返済に困ってしまう人です。

プロミスではこのような内容で貸付を行っています。

貸付条件 内容
融資可能額 1万円より、上限500万円まで
利率(実質年率) 4.5%~17.8%

利率はいわゆる金利。

この金利を理解しないで借入をすると返済額に驚くことになります。

生活に影響を及ぼす可能性だってないわけじゃないんです。

ここできちんと理解しておかなくていけないことがひとつ。

お金を借りたら返す時には利息も発生する!

当たり前のことですが、これって多くの人がうっかり忘れがちなんです。

でなきゃ、返済で首が回らなくなって「こんなハズじゃなかったのに!」なんてことにもなるわけないんです。

欲張りは禁物!アナタの借入金額設定、大丈夫?

申込する前にもう一度きちんと考えたいのが借入金額の設定。

それは本当に必要な分の借入希望額ですか?

重要!利息も考えた金額設定

パーセンテージだけでみていると、利息がどのくらいつくかなんて想像がつきません。

少し前にも述べたように、借りたら利息をつけて返さなくてはいけないのが借入。

「利率が下がるから高めに借りておいてもいいか」

というのは、正直考えが甘いですよ。

あれば使いたくなるのがお金。

特に借入したお金は自分のものではない!と強く意識していなければつい使い込んでしまいます。

借入額の設定は必要最低限!

もう何よりこれが鉄則です。

生活費+返済=マイナスにならないか

利息も加えて返済額となります。

分割払いで返済する人は生活費と返済金の合計が毎月手元にある平均額からマイナスにならないかを認識しておかないといけません。

支払えない月は利息だけ払えば、返済事故にはなりません。

しかしその分、返済期間が延びて利息を払う回数を増やしてしまうだけです。

毎月しっかり返していける金額で借入することはとても大事なことなんです。

契約する前に知っておく!借り過ぎないためのコツ

「プロミスでもやっぱり借入は怖いかも…」

いえいえ、そんなことはありません。

事前にちょっとしたことを知っておくだけで、身の丈にあった利用の仕方を知ることは十分可能です。

決して難しいことではありません。

シミュレーション機能を活用しよう!

プロミスの公式サイトでは以下のことができるようになっています。

公式サイトの機能 内容
お借入診断 3項目を入力するだけで借入可能かどうかを簡単診断
所要時間:3秒青色
返済シミュレーション 返済額・返済回数などの試算ができる
さまざまなパターンを自身でチェックできる

簡易的な基準にはなりますが、これだけでも借入に対する目処を立てるには十分です。

必要事項を入力するだけでなのでとても簡単!

ぜひ活用しましょう。

困ったときは窓口への相談!

公式サイトの診断機能はあくまでも簡易的なものです。

審査ではより細かい査定が入るので、必ずしも診断通りとはいきません。

特に他社での借入があったり気になることがある場合には、申込前に窓口へ相談することをお勧めします。

これは本契約時にもいえることで、審査結果の内容で少しでも不明な点は契約する前に確認すること。

事前に解消しておかないと利用時に不安になったり、思っていたことと違った状況になってしまう可能性だってあります。

お客様相談窓口は申込者・顧客に安心して利用してもらうために設置されています。

どんな些細なことでも遠慮せずに相談して解決しましょう。

審査に通ってさあ契約!でもその前に…

借り過ぎないための最終チェックはここです。

審査結果が出て提示された、借入についての内容です。

あなたはまずどこを見ますか?

借入額も大事!返済の金額no

審査に通った後は、ホッとした安心感でついつい気が緩みがち。

しかし安心するのはまだ早い!

ここが最終ポイント。

  • 金利のチェック
  • 最終的な返済額のチェック

金利がいくらついているかで、毎月の返済額が決まります。

さらに気をつけたいのが、総返済額。

完済時に合計でどれだけの利息を支払うことになるのかを知っておきましょう。

毎月の返済額だと大した金額の利息ではないかもしれません。

しかし、これを合計した金額をみると自分が思っている以上に利息を支払っていることも珍しくありません。

ですから、毎月の返済額や完済までに支払う利息の合計額はしっかりチェックしましょう。

その上で、提示された金額が本当に適宜な借入なのかをもう一度確認をしてから契約手続きに移りましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS