> > 即日融資も可能なビジネスローン!プロミス自営者カードローン

即日融資も可能なビジネスローン!プロミス自営者カードローン

自営業・個人経営の人たちの悩みのひとつ。

“借入が難しい”

借入審査に通ることが難しく、借入できた場合でも思った程借りられないという現状。

これは自営業・個人経営は収入の安定性の面で審査で厳しく評価されるためです。

でも自営業・個人経営だからこそ借入が必要な時だってあります。

でもちょっと待って下さい。

そんな人たちに強い味方がいます。

それがあのプロミス!

「え、プロミスって個人向けの融資の消費者金融じゃないの?」

確かにそう思っている人、多いかも。

ここでは自営業・個人経営者のために、プロミスの自営業者カードローンについて紹介しちゃいます!

だから安心!プロミスは大手消費者金融キャッシング

自営業者や個人経営者には厳しいのが金融業界です。

そんな中で自営業者や個人経営者に対しての融資を率先しいるプロミス。

「でもこれってどうして?」

本当に安心して借入していいのかどうか…気になりますよね。

え、そうだったんだ!プロミスの会社は大手銀行グループ

TVのCMや街頭広告で目にする機会も多く、多くの人に知れ渡っているプロミス。

利用する・しないに関わらず、知らない人がいないと思えるくらいに有名です。

そんなプロミスは大手銀行グループのキャッシングです。

大手銀行のグループ会社じゃないのって?

プロミスっていうのはキャッシングの名称。

プロミスを提供している会社の名前はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社といいます。(こちらもご参考に→三井住友の利用者はプロミスで借りられない?

プロミスっていう名前はブランド名とか商品名だと思ってくれればいいでしょう。

このSMBCコンシューマーファイナンスが傘下に入っているのは大手銀行・三井住友銀行。

全国区で知れ渡ってる大手銀行ですから、名前くらい聞いたことはあるでしょう。

相手は大手銀行グループですから、これなら安心して利用できるでしょう。

気になる申込条件!自営者カードローンは厳しいの?

なかなか銀行では個人事業主に対しての融資はしてもらえない。

っていうことは、銀行グループの消費者金融は借入ができても審査は厳しいんじゃないの!?

出も消費者金融の良さは、多くの人が利用しやすいとこ。

実際のトコ、この自営者カードローンはどうなってるんでしょう?

ここが嬉しい!3つのポイント

プロミスの自営者カードローンには、嬉しい3つのポイントがあります。

  • スピード審査!
  • プライベート資金としての利用も可能!
  • 利用限度額内なら出し入れ自由!

個人事業向けの融資にも関わらず、ほぼフリーローン状態。

何より嬉しいのが、スピード審査という点。

審査がとても厳しいものであれば、スピード審査はありえません。

また、個人事業主の場合だと個人的な借入自体もなかなか審査に通りにくいもの。

自営者カードローンはプライベートでも利用できるので、個人事業主にとってはこんな嬉しいことはありません。

希望すれば当日中の利用もできる!

スピード審査もスピード審査。

契約完了後、希望すればその日からすぐにでも利用することが可能です。

一般的に事業向けの借入の場合は、まず審査で短くても数日はかかるもの。

特に個人事業主に対しての審査は厳しく、1?2週間返事がこないことも。

ただ、申込時間帯によっては翌営業日対応になってしまいますから、早めの時間帯での申込がお勧めです。

どうなっているかチェック!気になる商品内容

個人事業主でも借入できるからと、内容も知らずに申し込むわけにはいきません。

内容をきちんと把握することはとても重要です。

自営業・個人経営をしているのであればなおさらのこと!

では自営者カードローンの商品内容をチェックしてみましょう。

これが自営者カードローンだ!

プロミスの自営業・個人経営者向けのカードローンは以下のようになっています。

条件項目 内容
融資額 上限300万円
金利適用方式 単一金利
利率
(実質年率)
6.3%~17.8%
遅延利率
(実質年率)
20.0%
返済期間
(回数)
最終借入後、原則として最長6年9ヶ月
(1~80回)
資金使途 事業費および生計費に限る
返済期日 5日、15日、25日、末日より選択可能
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行指定に限る。それ以外の金融機関を利用の場合は5日指定

一般向けのキャッシングよりも金利設定は高めで、借入限度額も300万円と下がります。

それでも自営者カードローンは自営者に対してできるだけ融資可能にするために設けた商品。

他で借入審査を受けるよりは借入できる可能性は高いのです。

ここもチェック!申込対象の条件

申込対象者は以下の通りです。

年齢 他、必須条件
20歳以上、65歳以下 自営者に限る

特に小難しい条件はありません。

申込を決めたら!さあ必要書類を揃えよう

商品内容もわかって理解しました。

内容もわかった上で納得できたなら、後は申込の準備です。

申し込む時になって慌てないように、事前に調べておいて用意しておく方が得策。

少しでも早く借りたいという人はぜひ、事前に揃えておきましょう。

事前用意がお勧め!申込時の必要書類

以下のものが必要となります。

必要書類 内容
本人確認書類
(必須)
運転免許証
健康保険証
パスポートのいずれか
※運転免許証がある場合は運転免許証が優先
駐在証明書類
(外国籍の人)
在留カード
特別永住者証明書
外国人登録証明書(法令にて有効とみなされる期間内のみ)のいずれか
収入証明書類
(必須)
確定申告書
証明年度が前年分のもの
※提出日が1月1日から3月31日の場合は証明年度が前々年分のもので可
青色申告決算書または収支内訳書のいずれか
事業実態を疎明する書類
(必須)
1.営業許可証(有効期限内のもの)
2.受注書/発注書/納品書/請求書/領収書/報酬明細に類する書類(発行日:直近1年以内)
上記のいずれか

どれかが欠けてしまうと申込に手間取りますから、わからないことがあれば事前に問い合わせましょう。

50万円以内の借入希望なら可能!インターネット申込

基本的に自営者カードローンの申込はインターネットからはできません。

しかし例外として、50万円以内の借入希望の人に限りインターネット経由の申込が可能です。

また、申込時の条件や他社からの借入状況によっては収入証明書類の提出が不要になることもあります。

  • パソコン
  • スマートフォン
  • 携帯電話

いずれからでもインターネット経由の申込は可能です。

しかも24時間受付可能なので、日中時間がなかなか作れないという人で少額借入を希望の人にはお勧めです。

ここで気をつけてもらいたいのが、24時間対応について。

24時間態勢で対応しているのは申込の受付のみです。

営業時間外での申込の審査は翌営業日に持ち越されます。

急ぎの場合には時間を作ってでも自動契約機かお客様サービスプラザ(店頭窓口)へ行きましょう。

意外と簡単!申込方法と契約までの流れ

内容も理解し書類も揃えました。

いざ申込手続き!

【申込方法】

  • 自動契約機
  • プロミスコール(電話)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • 郵送

上記の中からご自身で選ぶことができます。

早ければ即日回答・即日融資!

提出書類さえ揃っていれば、あとは結果を待つだけです。

特に問題がなければ、当日中には審査結果の連絡が入ります。

電話かメールで連絡が入ります。

審査の結果が出たら、借入可能な金額と利息をきちんと確認しましょう。

最終的な利息の総返済額も把握しておく必要があります。

さあ契約です!

納得できたら本契約です。

契約は電話やメールではできません。

契約手続きを完了させるためには、最寄りの自動契約機かお客様サービスプラザ(店頭窓口)に足を運ぶ必要があります。

契約手続きが完了すれば利用開始です。

当日融資希望の時は審査回答を貰った時にでも伝えておくとスムーズです。

【参考ページはこちら】
プロミスのキャッシングを利用したい方におすすめ

新着記事
TOPICS