> > プロミスでの増額は一時的?借入額はどのように増やせるのか

プロミスでの増額は一時的?借入額はどのように増やせるのか

融資を受けている場合、「もうちょっと多めに借りられたら…」と思うケースはしばしば存在しています。

幸い、そうしたニーズに応えるべく、金融機関の各社は増額というサービスを提供しており、プロミスもそのうちの一社です。

しかし、この増額には一時的であるものが多く存在しており、一時的となるとその利用タイミングはシビアと言えます。

プロミスでは増額が一時的なのか、それについて知っておきましょう。その上で増額での立ち回りを考えます。

プロミスの限度額はどうなってるの?増額前に知っておきたい事

プロミスも融資を提供しており、当然限度額について決まり事があります。

プロミスの融資方法は4種類となり、借り入れ方法によって限度額が異なります。増額はその限界内で行われているのです。

プロミスの融資方法、及び借り入れ限度額については以下の通りです。

フリーキャッシング 最大500万円
おまとめローン 最大300万円
自営者カードローン 最大300万円
目的ローン 最大300万円

限度額についてはこのように決められており、当然その最大額を超えて増やすという事はできません。

また、増額という概念については『契約中の限度額を変更する』という事でもありますから、原則として使い切りの融資で増額はあまり考えません。

となると、限度額の増額については、カードローンが対象となります。カードローンはフリーキャッシングと自営者カードローンの二種類です。

今回は、そのうち最も使いやすいフリーキャッシングを使うものとして話を進めていきます。

増額はどうやるの?プロミスでもっとたくさん借りる為の手続き

カードローンの基本的な使い方については、以下の通りです。

カードローンでは契約の際に限度額が決定され、その枠内なら自由に借りる事ができます。100万の限度額で50万借りたとしたら、残りの50万は連絡など不要で借り入れできます。

実はカードローンなどでも後から増額が出来ないものが稀に存在しますが、プロミスではきちんと手順を踏めばカードローンの増額が可能です。

プロミスの増額を行うには、増額したいという事を伝えないといけません。伝える為の方法は以下の二つです。(こちらもご参考に→プロミスの増額申請はコールセンターのみ?

  • プロミスのホームページの会員サービスから
  • プロミスコールへの電話から

インターネットへの接続が用意な日本においては、会員サービスからの増額が空いた時間で気軽に実行できて便利ですね。

しかし、増額するかどうかの相談も踏まえて検討したいのなら、電話から話を聞きながら行う方が良いとも言えます。

一つ言っておくとしたら、どちらの方法から増額を希望しても、それが審査の結果に関わる事はありません。

ご自分の今現在の状況から、より都合が良い方にて申し込みをしてみましょう。

融資の増額は二種類?通常の増額と一時的な増額について

多くの融資においては、限度額の恒久的な増額に加えて、一時的な増額も用意しています。恒久的な増額が通常の増額ですね。

増額形式による違いは以下の通りです。

☆通常増額
カードローンの限度額を恒久的に増額する事で、増額が決定した時から新たな限度額内ならいつでも、返済期間が許すまで借り入れる事が可能になります。

☆一時的な増額
カードローンの限度額を一時的に増額する事で、特定期間内のみ限度額を超えた融資を受けられる。期間が終了すると限度額は元通りになる。

また、会社によっては増額においてもどちらをプッシュするか違っており、一時的な増額以外をあまり詳しく説明しない事があります。

そういう会社の場合、増額は金融機関側が実績などを鑑みて、認めた相手に対して連絡を行ってから通常の増額をする場合が多いです。

増額には基本的に審査があり、どちらの増額にしても審査通過が必ず求められる事になります。

プロミスの増額はどのような形式になっているのでしょうか?

プロミスはどちらもしてくれる?増額の対応を確認

プロミスの増額について公式サイトなどの資料を確認すると、通常の増額…つまりな恒久的な増額しか説明はされていないように見えます。
(⇒プロミスから増額の理由を聞かれる?

しかし、一時的な増額については説明が省かれているケースが多く、プロミスは通常の増額に加えて一時的なものも備えていると言われています。

つまり、普通に増額に申し込めば恒久的な増額が、一時的に増額したいのですが…と相談すれば一時的な増額にしてもらえる事もあります。

この対応についてはプロミスだけではなく、その他の金融業者でも似ている場合が多かったりします。

しかしながら、カードローンの増額というのは、通常一時的なものよりも恒久的な方がメリットは多そうですよね?

だというのに、何故金融機関各社は一時的な増額というのを扱っているというのでしょうか?

増額は普通の増額以外は検討した事も無い…そういう人でも、一度は一時的な増額のメリットとデメリットを知っておきましょう。

一時的な増額という選択肢が用意されているのは、無意味にあるわけでは無いのです。

一時的な増額に隠れたメリットを分かりやすく解説!

さて、なかなかぱっと見では想像もできない一時的な増額についてですが、メリットを挙げるとしたら下記の二点が該当します。

  • 増額審査が簡単になる
  • 使い過ぎが予め防止できる

増額にも審査があり、基準については大体最初の融資審査と共通しています。ただ、より大金を借りるので最初よりもある程度シビアです。

しかし、一時的な増額の場合、恒久的な増額よりかは簡単になっているというのが、最初のメリットです。

理由に関しては簡単で、金融業者にとっては通常の増額に比べてリスクが低いからですね。

大金を貸し付けるというのは、返済してもらえないリスクを金融業者が背負う事になりますから、高額融資ほど審査は厳しいです。

しかし、一時的なら何度も大金を借りるわけでもありませんので、ある程度の返済実績さえあれば、一時的ならすんなり認めてもらえ安いです。

さらに、限度額が多いほど使い過ぎが起きやすくなるのですが、一時的な増額なら必要な時に大金が借りられても、その時だけです。

増額が実現でして借り入れれば、限度額というのは元通りです。使い過ぎ防止の為にわざと低い限度額にしていたという人も安心ですね。

総じて、一時的な増額というのは自分にも相手にもリスクが低く簡単であるという事です。

これがメリットに感じるのなら、一時的でも何ら問題はありません。仮に一時的であっても、また必要な時には別途手続きは出来ます。

もちろんデメリットもある?一時的な増額は何が問題なのか

一時的な増額には一考の余地ありというのは、メリットが生じている事からすでに理解は出来たと思います。

しかし、一時的な増額には当然デメリットもありますから、そちらについても確認はしておきましょう。

  • 増額期間が終われば元に戻る
  • 元の枠からはみ出た分は返済しか出来ない

一時的という事は、当然終わりが訪れるという事であり、一時的な増額についてはこれが最大のデメリットです。

「そう言えばこの前増額したからまだ借りられるぞ!」なんて勘違いしてATMに向かったら借りられなかった…そんな事もあり得ます。

一時的に増額をするのなら、本当にその必要な用途にお金を借りたら以降は通常通りであると肝に銘じましょう。

さらに、増額した分まで限度額を使い切ったら、その増額分は何度も使えるわけではありませんから、返済のみの一方通行です。

こちらも「増額しているから完済せずともまだ借りられるぞ!」と慢心していると思わず足元をすくわれるので注意して下さい。

一時的な増額のデメリットは、本当に一時的で想定した用途以外の対応は出来ないという点です。

当たり前の事ですが、使えるお金が増えると人間はどうしても気が大きくなってしまい、当たり前の事を見逃しやすくなるのです。

迷ったら通常の増額の方が無難に役立つ理由を知ろう!

一時的な増額については、ここまででしっかりと理解してもらえたと思います。

それなら通常の増額のメリットについてはどうなっているのか、知りたくはありませんか?

一時的な増額から時限性のデメリットを取り除いたのがメリットとなりますが、ある程度詳しく見てみましょう。

  • 特に問題が無い限りいつまでもより多くの融資が受けられる
  • 低金利になる事で少ない負担で融資が受けられる

やはり一時的な増額に比べて、恒久的な増額というのはいつでもより大きな融資を受けられるという事で、安心度合いが違います。

例えば一人暮らしなら20万くらいの限度額で事足りても、結婚すれば家族サービスや出産などで全然足りない事もあります。

自分のライフステージを逐一分析しながら増額しておくと、生涯役立つ融資が受けられるでしょう。

さらに、増額を行う事でより低金利な融資になるというのは、人によっては借りられる額が増えるよりも有り難いですね。

金利が低いとそれだけ余分に返す額が減っていくおかげで、早めに増額するほど将来に渡っての融資負担が軽減されます。

増額をするという事は、カードローンの使い勝手を総合的に向上させる上で欠かせない事なのです。

少ないけど存在する?増額のデメリットについて認識しておこう

このように通常の増額をしておけば、一時的な増額のデメリットを抑える事ができるし総合的な使い勝手でも大きく上回ります。

ですが、融資のメリットデメリットは表裏一体です。通常の増額にとてデメリットがある事を学んでおくべきでしょう。

  • 増額審査がシビアになる
  • 使い過ぎが起きやすくなる

ほとんど一時的な増額のメリットの逆ではありますが、増額審査が厳しくなるというのが若干面倒に感じるかもしれません。

長期的に大金を貸し付けるなら、同じく長期的な返済能力を求められます。収入だけでなく、仕事が安定しているかなどがより注意深く見られるのです。

この審査に通れないと半年程度は増額もお預けのような形になりますので、本当に借りられないと困るような状況でもどうにもならなくなります。

さらに、限度額が増えた事でついついあれこれ使ってしまい、借りすぎてしまって後から後悔…というケースはどうしても起こり得ます。

自制心によってどうとでもなると言えるのですが、大金というのは人の心をあっさりと変えていきます。

「大金が手元にあると自信が無いから増額は止めよう…」実はこうした考えも大事なのです。

どちらもOK!プロミスの増額はあなたのスタイルに合わせます

これで通常の増額と一時的な増額のメリットデメリットを紹介していきましたが、いかがでしょうか?

金融機関によっては自分が希望したい方の増額を出来ずに後から困る…なんて事がありますが、プロミスではそれがありません。

プロミスは、基本的にどちらの増額でも気軽に相談できる消費者金融であり、不便に感じる事はほとんどありません。

☆一時的な増額を希望する声
・「使い過ぎが怖いから、欲しい時は任意で増やしたい」
・「紛失した時に限度額が大きいと怖いから保険として」
・「実はメインで使っている融資が別にあるから」

☆通常の増額を希望する声
・「やっぱりいつでも使えるお金は多い方が良いから」
・「結婚してから子供の為の急な出費が増えたから」
・「限度額はさておき低金利にしたかったから」

このように、融資を使う理由が千差万別なら、増額についてもどちらが必要になるか分からないのは当然の事なのです。

そのどちらにも対応するという柔軟な姿勢こそ、プロミスが大手の理由の一つと言えるでしょう。

無論、増額しなくとも最小限の限度額でもカードローンは役立ちますので、増額しないという選択肢も残されています。

敢えてお勧めするならどっち?増額をまだ決めかねている方へ

ここまで増額に関する判断材料を用意しておけば、多くの方は自分はどちらにすべきか決められているでしょう。

でも、それでも先々まで考えたりすると、決めかねてしまう事もあります。お金の事なので、悩む人が多いのは当然です。

そんな中で敢えてどちらにすべきかと言えば、長くプロミスのカードローンを使いたいなら通常の増額をすべきでしょう。

理由は至ってシンプルで、限度額が多い方が対応できる状況が多い上に、金利まで安くなって総合的な使い勝手が良くなるからです。

たくさんお金を借りないという人でも、低金利なカードローンを持っておけば、いざという時にお金を借りる為のハードルが下がります。

大金がいつでも用意できるというのも、もちろん大きな魅力です。デメリットもあるのですが、ここまで言い切れるのにも理由があります。

先ほども軽く述べましたが、使い過ぎと言ったありがちなミスについては、自分の意志次第でなんとでもなるからです。

  • 大金が借りられるようになったのでついパーッと使った
  • ギャンブルでムキになって借金までしてのめり込んだ
  • 優先度が低いのに高価な物を買ってしまった

こうした理由が主な無駄遣いですが、共通しているのは『意識すればすべて回避出来る』という事実なのです。

いざとなったらこんな事も!プロミスでは減額も実行できます

最初は無駄遣いなんてしないと思っていたけど、増額したらつい使ってしまう事になった…便利な増額後にこうして後悔される方も居ます。

実はそういった場合に、プロミスでは増額ならぬ『減額』も希望する事ができます。大手なら概ね対応は期待ができます。

減額というのは名前の通り、カードローンにて自由に引き出せる金額を下げるという行為を意味しております。

減額なんて意味あるの?と思われがちですが、先ほど挙げた無駄遣いを経験した事があるなら、必要性も感じられるでしょう。

減額については原則として、審査はありません。金融業者によってリスクは無いに等しいのですから、これは当然ですよね。

だから減額したいのならその日にすぐに実行できるのですが、一つだけ注意したい事もあります。

カードローンの減額をすると、再度限度額を引き上げたい場合に審査が必要となってしまいます。

「昔は普通に借りれたのに、その金額に戻すだけでも審査があるの?」と理不尽に感じるかもしれませんが、大金を借りるというのはそういう事です。

減額は融資利用が頻繁じゃない方、もしくは金遣いが荒い方でもない限りリスクは大きいものとは言えません。

それでも減額を希望するのなら、ちゃんと今後のライフプランを吟味した上で実行をして下さいね。

【参考ページはこちら】
プロミスでお金を借りる方必見!

新着記事
TOPICS