> > プロミスで借りるなら保証人は必要?借金にありがちな不安を確認

プロミスで借りるなら保証人は必要?借金にありがちな不安を確認

借金…この単語について、良いイメージをお持ちの方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

恐らく多くの人が借金=良い事では無いと判断されると思いますが、現代では個人向けの融資というのは非常に良く使われています。

特にプロミスの融資は人気ですが、やはり借金という事で「保証人とか必要なの?」と不安になる人が居ます。
(⇒プロミスの評判はどんな感じ?

保証人も借金に並び忌諱されている事ですが、こうした不安について今回ははっきりさせていきましょう。

保証人って何?融資に必要とされる仕組みを理解する

保証人というのはある程度融資について知っていると知識もあると思いますが、今回は初めて融資を受ける人の為にも噛み砕いて説明します。

まず簡単に説明するとしたら、保証人というのは、お金を借りた本来の返済するべき人が返せない時に、代わりに返済する人の事ですね。

例えばお金を誰かに貸すとして、その返済するという人が一人と二人の場合、どちらが安心できますか?

こう考えると非常に簡単で、一人よりも二人の返済する人が居る方が、片方が返せなくとももう片方から取り立てができて、所謂保険的な存在となります。

無論、保証人になったとしても、本来返済するべき人が真面目にお金を返せるのなら、保証人になった方は特にするべき事はありません。

実際、保証人が必要な融資であっても、保証人が迷惑を被ったケースよりも何も無かったというケースの方が多いでしょう。

しかしながら、全ての人が返済を無事に終えられるわけでもないのは事実です。

金融業者はお金を返してもらえないと、別の顧客に貸し付ける事ができませんから、リスクに対しては常に備える必要があるのです。

保証人にも種類がある?保証人と連帯保証人の違いとは

保証人の仕組みについて知る上で大切なのは、保証人というのは通常の保証人に加えて、連帯保証人の二種類存在しているという事実です。

保証人ならどちらでも変わらない…そう軽く考えていると、この保証人を悪用した詐欺に遭う可能性が非常に高くなります。

簡単に違いについて説明します。

☆保証人

保証人になった場合、本来の債務者が返済出来ない場合は返済の義務を負いますが、本来の債務者に返済の余力(差し押さえ出来る給与や財産)がある場合、まずはそちらから優先して取り立てるように主張が出来ます。

☆連帯保証人

連帯保証人になった場合、本来の債務者とほぼ同等の返済義務を負う事になります。債務者が返せないなら問答無用で、連帯保証人になった人が返済をしなくてはなりません。

この事実から見ても分かるように、連帯保証人の方がより負担が大きく、連帯保証人になるという事は一緒に自分も返していく覚悟が必要です。

信頼出来る人であっても、連帯保証人になるのは控えるべきというのはこうした事実があるからなのですね。

それに比べると保証人は幾分負担は少ないですが、最悪の場合はもちろんあり得ます。

連帯保証人の方が責任は重いですが、保証人でも返済をしなくてはならない事もあり得ます。それを踏まえて、保証人になるのは簡単に決断すべきでは無いのです。

プロミスには保証人が必要?消費者金融の融資の仕組みとは

では、今回メインでチェックしていく、消費者金融大手のプロミスについて説明いたしましょう。(こちらもご参考に→初心者でも利用しやすいプロミスキャッシング

プロミスの融資は用途自由で使いやすいカードローンがメインではありますが、様々な借り入れ方法があります。

  • フリーキャッシング(カードローン)
  • 貸金業法に基づくおまとめローン
  • 自営者カードローン
  • 目的ローン

自分自身の必要用途において選んで使う事が可能ですが、この中に一つでも保証人が必要な融資があれば、それは確認しておくべきですね。

しかし、プロミスでの借り入れでは、全ての方法にて保証人が不要となっています。

フリーキャッシングで気軽に借りるお金でも、自営業者向けの融資を受ける場合であっても、保証人不要で簡単に借りられるというわけです。

そもそも、プロミスだけに及ばずほとんどの消費者金融では保証人不要となっていますので、よほど特殊な融資じゃない限りは気にしなくて良かったりします。

消費者金融の多くは手軽に使える融資の提供を重要視していますから、覚えておいて損はありません。

それと同じくして、クレジットカードを提供する信販会社でもカードローンなどなら保証人不要ですが、銀行の場合はどうなのでしょうか?

銀行の保証人がプロミス?銀行融資の仕組みが違う点

銀行というと、消費者金融と比較すると大金を貸し付ける為に厳しい審査をしている、そんなイメージが強いと思います。

それは決して間違いではありませんが、銀行とていつまでも保証人必須の厳しい融資をしているわけではありません。

銀行のカードローンなどでは、プロミスなどの消費者金融が保証人のようになっているのはご存知でしたか?

消費者金融が保証人?と聞くと何が何やらといった気分になりますが、その仕組みについては非常に合理的だったりします。

銀行のカードローンでは、消費者金融が『保証会社』になっているケースが多いです。保証会社は保証料を取る代わりに、保証人としての働きをしてくれる立場の事です。

プロミスは保証会社としてはSMBCコンシューマーファイナンスという正式名称をとって営業しています。

SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社の融資としては、三井住友銀行のカードローンなどがあります。

この関係を簡単に説明すると『債務者が返済出来ない場合、三井住友銀行にSMBCコンシューマーファイナンスが損害の補填を行う』という感じです。

保証人が必要だけど、保証会社がその役目を果たす事で素早いフットワークを実現しているというわけですね。

保証人に頼っては駄目!返済出来ないリスクは様々

一般的な良識があればまず考えないと思いますが、「保証人が返済してくれるなら自分は返さなくて良いのでは?」という無責任な発想をする人が居ます。

保証人詐欺の思考は大体こんな感じですが、これは正しい判断とはほど遠い考えです。

保証人が債務者の代わりに返済を行った場合、保証人は債務者に対して後から支払った分の請求が出来ます。

これは求償権と呼ばれる権利で、きちんと法律で認められています。保証人は保証人であり、本来の債務者との違いがここにあります。

つまるところ、債務者は保証人が支払ってくれた場合でも、借金が帳消しになるわけではありません。

さらに返済が出来なかったという事実は信用情報機関に記録されてしまい、債務者はそれ以降の融資を受ける事も難しくなります。

お金、そしてそれを借りる融資という行為は、非常に重い責任が伴います。保証人が払ってくれても、責任転嫁出来るわけでは無いのです。

お金を借りる上で保証人が必要とされた場合であっても、あくまで支払うのは自分であるという事実から目を逸らさないで下さい。

保証人不要でも必要に?融資の例外に注意しよう

そんな重い立場である保証人ですが、現代では多くの場合で不要となっているというのは、これまでの説明通りです。

プロミスなどの消費者金融は金利を高めにする事でリスクの補填をしているし、銀行は消費者金融を保証会社にする事で保証人不要としています。

しかし、稀に保証人不要の融資でも保証人を用意しなくてはならない場合もあります。

どんな事にも例外がありますが、融資においてもそれは変わりません。何故、保証人不要なのに保証人が必要になるのでしょうか?

保証人が必要となる例外ついては、住宅ローンや車ローンにおいて比較的多いケースと言えます。

これらの高額ローンは、購入する物が担保になりますので、最近は保証人不要のローンが増えてきています。

ただし、それでも返済能力が高く無いと貸せませんから、本来なら保証人不要でも保証人が居る事でようやく貸せると判断されたら、必要となるのです。

☆保証人不要なのに必要となるケース

・債務者の収入がそれなりにあるが不安定な仕事の場合
・すでに債務者に借金が存在している場合
・保証人に持病などがあり返済が困難になる可能性がある場合

こうした場合には、保証人が必要になる可能性がある事を留意して融資に申し込むようにすべきでしょう。

保証人は誰でも良いわけじゃない?保証人に必要とされる事

保証人に好き好んでなるという人はほとんどいませんが、やはり信用出来る身内など家族のためならならないといけない事もあります。

そんな時に、『保証人になりたいけどなれなかった』という事態になる事があります。これは何故でしょうか?

実は、保証人になる為にも審査があるのです。保証人はとりあえず名前を書けばなれるほど甘くはないのです。

その理由は簡単で、保証人は最悪代わりに返済をしなくてはならない人ですので、当然返済が出来る能力が必要です。

単純に考えて、債務者になれるくらいの安定がある事が望ましい、とされています。

どんな融資かによってこの保証人になる為の難しさが変わりますが、やはり仕事をしていて働き盛りの人が好ましいです。

もっと簡単に言えば、普通に自分が融資審査を受けても審査に通過するくらいの人なら大丈夫と言えます。

保証人に必要とされる条件は、その融資のルールに則って決められます。それを踏まえた上で保証人の審査に挑みましょう。

具体的にはどんな感じ?保証人になる為の審査の詳細

ここまでの説明で保証人になるにはどうするか、自身も融資を使った事がある人ならすでにご理解しているでしょう。

でも、今まで融資を使った事が無い場合、保証人を頼まれても自分がなれるかは分からないと思います。

そこで保証人になれる基準で大事な事ですが、以下の通りです。

  • 職業
  • 年収
  • 今までの融資利用実績

こうした審査基準というのは、プロミスからお金を借りる為の条件と非常に似通っています。

まずは安定した仕事なら最も有利となり、公務員や大企業の正社員なら簡単に融資審査に通る事が可能でしょう。

次に一番大事と思われやすい年収ですが、こちらは安定していれば、金額というのは凄く重要とも言い切れません。

そして何より、今までの融資利用において、ブラックリストと呼ばれる状態になってないかなどがかなり大事です。

今まで融資を使った事が無い人なら心配する事は無いですが、今まで何かのローンを組んだりした事があって、延滞した事があるなら気をつけましょう。

保証人と言ってもその立場というのは大きな差がありますから、厳しいかどうかは金融業者次第という事ですね。

カードローンなら気にならない?プロミスは保証人の心配は無し

今回の総括をしてみましょう。

  • プロミスの融資は全て保証人不要
  • 他の金融業者でもカードローンなら保証人はほぼ不要
  • 保証人は主に二種類あり
  • 保証人になるにも審査が必要

以上のようになりますね。

やはりここで重要なのが、プロミスや他の金融業者でも、カードローンなら保証人不要となる事ですね。

カードローンというのは、用途自由でいつでもお金を借りられるようにする、使い道が多い分利用者も多いローンです。

そうした希望者も多い分素早く審査をしなくてはならない融資において、保証人が必須となるとその利点を活かしきれないと言えます。

そうした事実に金利の設定や保証会社の設置により、私たちに対応してくれる金融業者たちの努力は素晴らしいですね。

全ての融資で保証人が不要になるというのは難しいかもしれませんが、利用ケースが多いカードローンで保証人不要というのは、大きな意味合いがあります。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS