> > 在確は必須!?プロミス増額時の審査方法をご紹介

在確は必須!?プロミス増額時の審査方法をご紹介

プロミス増額時、希望すれば即対応!っていう事にしてくれれば良いのですが、そう簡単にはいきません。

増額するためには審査を受ける必要があるわけです。カードローンの審査と言えば在確ですが、新規申し込み時に終わっていれば不要なんじゃ?とも思いますよね。

プロミス増額時にどのような審査が行われるのか、在確は必須なのか、ご紹介しましょう。

増額審査でも在確はある!

在確はプロミスなどのカードローンを申し込んだ際、審査の過程で基本的に行われるものです。

当然、プロミスでも新規申し込み時には在確があり、勤務先への電話確認が行われます。

新規申し込み時に行われている在確ですから、増額審査時に行う必要が無いと考える人もいるかもしれません。

しかし、プロミスの増額審査で在確は行われるものなのです。

プロミスを利用している期間がどのくらいかは個々人によるものですが、全ての人が増額申し込み時に新規申し込み時と同じ勤務先とは限りませんよね。

今の勤務先がどこなのか、申告している勤務先に偽りがないのか、確認が行われるわけですね。(こちらもご参考に→プロミスは勤続年数の確認もある?

プロミスは増額審査でも在確があり
勤務先が申告と合致しているかどうかチェックされる

実際の勤務先が申告と異なれば増額審査に通らない場合もあります。変更時は速やかにプロミスに連絡するようにしましょう。

勤務先は会員サービスで変更可能

カードローン会社への連絡、必要だと思っても面倒に感じてしまったり苦手意識があったりしてなかなか出来ないという人も多いかと思います。

プロミスでは勤務先など登録情報の変更を会員サービス内で行う事が可能となっているのです。

勤務先の変更でわざわざ電話しなきゃいけないとなると、プロミス側の対応時間も考えなければいけません。

また、対応時間が平日の日中となれば仕事の都合もありますし、そう簡単には電話出来ないかもしれませんよね。

会員サービスはログインできるネット環境があればどこでも、いつでも利用可能です。

登録情報変更の他にも

  • 振り込みキャッシング
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 返済日お知らせメールサービスの設定

このように様々な用途で利用することが可能です。会員サービスの内容も是非チェックしておきましょう。

在確は収入の安定チェックが目的

在確がなぜ行われるのか、それは勤務先の確認目的だけではありません。
(⇒プロミスの在籍確認を通過させるコツ

在確によって安定した収入を得ているかどうかの判断を行っているのです。

勤務先が分かると、次のことが分かります。

  • 勤務先の規模
  • 勤務先の業界状況
  • 年齢、勤続年数による収入の目安

勤務先の規模が大きく、業界が安定している、伸びているようであれば収入は安定していると考えることが出来ます。

一方で、業界が不安定であれば今後の収入が減少する可能性が考えられ、極端に言えば倒産・リストラの可能性も考えられます。

収入の安定は勤務先が安定していなければ成立しません。ですから、勤務先をプロミスが把握しておくことは必要なのです。

また、勤務先が新規申し込み時と変わっていれば勤続年数が短いことが考えられます。

やはり勤続年数が長い方が収入は安定していると考えられますので、勤続年数チェックの意味合いもあるのです。

勤務先が変わる、転職するということが分かっていれば、今の勤務先にいるうちに増額をしておくという方法もあります。

勤続年数が長い方が審査では有利です。転職後すぐの増額申し込みでは審査に通らない可能性もあります。

増額の申し込みをするタイミングはしっかり考えるようにしましょう。

増額審査方法は新規申し込み時と同じ

新規申し込み時の審査と増額申し込み時の審査、目的はいずれも返済能力をチェックするというものですから、大きな違いはありません。

増額審査の方法は新規申し込み時と同様だと考えておけば良いでしょう。

  • 個人信用情報のチェック
  • 在確
  • 利用実績のチェック

これらの審査をパスすれば、増額が可能となるのです。ただし、新規申し込み時と異なるのは利用実績のチェックがあるという点です。

プロミスを利用してから増額の申し込みをすることになりますから、プロミスの利用実績が残っていますよね。

この利用実績に問題があれば審査に通ることは出来ません。

  • 返済に遅れがない
  • 一定期間以上の利用実績がある
  • その他利用に問題がない

現時点で返済の遅れがあれば、増額後の返済も滞る可能性が出てきますから審査では不利です。

また、プロミスを利用して数か月と利用実績が短ければ、利用と返済をきちんと行う事が出来る人物であるか見極める材料が少ないということになります。

利用実績は少なくとも1年以上あることが望ましいですし、その1年もたまにしか利用しないという事ではなく定期的に利用して返済に問題がないこと示したいですね。

全く利用していないのに増額しろと言われても、利用実績が見えないと信用の判断が出来ないのです。

そして、当然個人信用情報のチェックも行われます。プロミス以外の借り入れ利用がどの程度あるのか、延滞等起こしていないかをチェックします。

増額後が総量規制を超えないかどうかもチェックしなければいけません。プロミスの限度額を合算しても総量規制を超えないことが重要なのです。

その他、連絡がつかない、申告内容に虚偽があるなど問題があれば審査に通ることは出来ません。

増額時の審査方法は新規申し込み時と同様だが
プロミスの利用実績状況も審査対象となる
一定期間以上問題の無い利用実績が審査クリアには必要

増額時の審査で少しでも有利になるよう、利用実績はしっかりと作っておきたいですね。

プロミス以外の借り入れ、クレジットカード利用も審査対象になるということを忘れず、遅延等の問題を起こさないようにしておきましょう。

増額申し込みは会員サービスから24時間OK

プロミスの増額申し込みはプロミスの会員サービスにログインすることで行う事ができます。

会員ページは基本的に24時間いつでもログイン可能ですから、増額を申し込みたいと思ったら

ただし、毎週月曜の0~7時がメンテナンス、元日が終日サービス停止となる点には注意しておきましょう。

提出が必要になる書類を確認!

増額申し込みをしたとき、提出しなければいけない書類があります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 直近2か月の給与明細書と1年分の賞与明細書
    但し、賞与がない場合は直近2か月の給与明細書のみ

ただし、これらの書類提出は増額申し込みをした人全てが行わなければいけないものではありません。

  • 希望限度額が50万円を超える
  • 希望限度額と他社利用残高の合計金額が100万円を超える

このいずれかの条件に合致する人のみ、書類の提出が必要になるのです。

増額申し込みがスムーズに進められるよう、書類の提出が必要になる人はあらかじめ準備しておきたいですね。

【参考ページはこちら】
プロミスの限度額を変更したい方におすすめ

新着記事
TOPICS