> > 結果連絡まで2時間は長い!?プロミスの審査時間を徹底比較!

結果連絡まで2時間は長い!?プロミスの審査時間を徹底比較!

カードローンを利用したい!そんなときどこを利用するか、やはり知名度があって安心できるところでと考えていけば、大手であるプロミスが候補に挙がってくる事でしょう。

しかし、いくら安心できるカードローンでも急いでいるときに審査で時間がかかってしまったら意味がありません。

プロミスの審査時間は他社と比べて早い?遅い?実際どのくらいかかるの?プロミスと他社との審査時間、徹底比較します!

プロミスの審査時間は最短30分!

カードローンは審査に通らなければ利用することが出来ません。審査に時間がかかってしまえばそれだけ利用するまでの時間が長引いてしまうわけです。
(⇒プロミスの審査基準とは?

出来るだけ早く審査を終えたい!そこで、プロミスの審査時間はどのくらいになっているのかというと、実は最短30分で結果連絡となっています。

申し込み、審査、契約手続きをスムーズに行う事が出来れば、プロミスは申し込みをしたその日から利用することも十分可能なカードローンなのです。

しかし、最短30分ということだけで必ず30分で審査結果連絡があるわけではないということを認識しておく必要があります。

プロミスの口コミをチェックしてみると、2時間程度で審査結果の連絡が来た人も多いようです。この2時間という時間、長いと感じるかどうかは個人によるでしょう。

申し込み、審査回答後には契約手続きとカード発行の手順が待っています。もし、カードローンを当日からしたいと思えば審査時間も考慮する必要があるわけです。

もし、審査結果連絡まで2時間かかるということになれば、営業時間中に契約手続きを終了するためには遅くとも15時ぐらいまでには申し込みたいですね。

2時間後で17時、そこから無人契約機でカード受け取り、契約手続きをすれば当日中の利用も不可能ではないわけです。

プロミスの審査時間は最短30分
しかし状況によって2時間程度かかることもある
余裕を持って申し込もう

審査が終われば無人契約機で契約手続き、カード受け取りが可能です。カードを受け取ることができればすぐに利用出来ます。

無人契約機の場所、営業時間をチェックしておくのも忘れないようにしたいですね。

プロミスの審査は個人信用情報が重要

プロミスの審査がどのような流れで行われているのか、どのような項目がチェックされているのかを紹介しましょう。

  • 年収・勤務先・勤続年数
  • 債務状況
  • 家族構成・持ち家or借家

これらの項目をチェックして審査に通ることが出来るかどうかが決まるわけですね。

審査に必要な情報は申し込み時の申告でも確認できますが、自己申告では偽っている可能性もゼロではありません。当然、プロミスによる確認が行われます。

これらの情報を確認するために用いられるのが個人信用情報なのです。個人信用情報には審査で必要な情報が登録されていますので、虚偽の記載で申し込んでもバレてしまうわけですね。

個人信用情報をチェックして、問題がない、お金を貸しても返済が出来ると判断されれば審査に通るわけです。

他社審査時間をチェック!

プロミスは最短30分で審査結果連絡が来るとなっていますが、他社の審査時間はどのくらいになっているのでしょうか。

カードローン会社 審査時間 備考
アコム 最短30分 ネット、電話で申し込みで
無人契約機や店舗での
契約手続き時間短縮が可能
アイフル 最短30分
(本人への電話確認後審査)
インターネット申し込み後
フリーダイヤルへの電話で優先的に審査
モビット 10秒簡易審査 パソコン、携帯・スマホ、電話、
ローン申し込み機利用時

大手カードローン会社はどこも審査回答時間を最短30分としていることが分かります。

そして、インターネットや携帯・スマホでの申し込みがスピーディーな審査が行われるために重要となっていますね。

しかし、プロミスと同様に最短で30分ということだけで、混み具合や申し込み時間によって30分以上の時間がかかる場合もあります。

大手カードローンも審査が最短30分となっている
ただし、申し込み時間や状況によって30分以上かかる
最短30分回答はインターネットなど申し込み方法が限られる

申し込み方法によって審査回答時間が変わってきます。24時間申し込みが出来るインターネットでの申し込みは審査回答もスピーディーですよ。

プロミスの審査は甘い!?

プロミスが審査回答まで最短30分、口コミでも2時間前後であることは紹介しましたが、審査がいくら早く済んでも落ちてしまっては意味がありません。

プロミスの審査は甘いのかどうか気になりませんか?結論から言えば、プロミスの審査は特に厳しいものではありません

カードローンの審査が最も厳しいのは銀行、次に信販会社、そして大手消費者金融、中小消費者金融という順になっています。

低金利で高額な利用が出来るカードローンほど審査が厳しくなる傾向にあります。消費者金融であるプロミスは比較的審査が甘く、他社利用があっても利用できる可能性があるのです。

ただし、審査が比較的甘くてもブラックであれば審査に通るのは難しくなります。審査が甘いというのは、どんな状態でも審査に通るという事ではないのです。

返済能力があるということが、審査に通るために必要であることに変わりないのです。

プロミスはパート、アルバイト、学生でも利用OK!

プロミスは安定した収入さえあれば、雇用形態は問われません。パートやアルバイト、学生でも利用することが可能となっています。
(⇒プロミスを利用できる職業とは?

プロミスの申し込み条件は以下の通りです。

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定した収入がある

基本的にこの2つの条件さえ満たせばプロミスを申し込むことが出来ます。年収制限も勤続年数の制限もありません。

しかし、制限がないからといっても年収が低く不安定、勤続年数が短いとなれば不安要素となるのも事実です。

どういう雇用形態であれば、安定した収入が見込めること、これがプロミスを利用するために必要なのです。

学生でも利用可能とありますが、これはあくまでもアルバイトをしていて安定した収入がなければいけません。

安定した収入の基準は勤続年数が1年以上!?

安定した収入、その基準は特に明確なものがあるわけではありません。しかし、満たしておきたい条件はあります。

  • 勤続年数1年以上
  • 月々の収入変動が少ない
  • 一定額以上の年収がある

1年という勤続年数があれば、その勤務先でこれからも働いて収入を得ることが出来るという判断が出来る、という考えがあります。

数か月の勤続年数の場合、辞めてしまう、クビになってしまうという可能性を考えるため審査に通りづらいのです。

出来れば、1年以上の勤続年数を作ってからプロミスを申し込むようにしたいですね。

また、プロミスは総量規制が影響するため一定額以上の年収も必要です。年収30万円であれば最高10万円の限度額設定が可能となります。

ただし、10万円は設定可能な最高金額であって新規利用時はこの金額よりも低くなるのが普通です。

ある程度年収がなければカードローンを利用したとしても僅かな限度額設定にせざるを得ません。

年収が少なければ設定できる限度額がない場合もあるわけですから、一定額以上の年収が必要になってくるわけですね。

安定した収入があるかどうか、自身の状況をしっかり把握しておきましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスでお金を借りたい方におすすめ

新着記事
TOPICS