> > プロミスで転職調査される?借りられなくなることはあるのか!?

プロミスで転職調査される?借りられなくなることはあるのか!?

プロミスは、誰もが気軽に利用出来るキャシングとして人気がありますね。インターネットで申し込めば当日にも借り入れが出来るというスピーディーさです。

しかし申し込み時には審査があり、実際は誰でも借りられるというわけではありません。幾つかの条件はクリアしていなければ、プロミスの利用は出来ないのです。

では、審査において職業というのは関係するのでしょうか?申し込み時には通った職業でも、利用中に転職した場合、再調査はされるのでしょうか?

ここでは、プロミスを利用中に転職した場合、借りられなくなることはあるのかといった疑問について、お答えしていきたいと思います。

プロミスの審査ではどこを見る?職業は関係あるのか!

ではまず、プロミスの審査ではどんなところを見ているのかをお教えしましょう。次の表をご覧ください。

審査項目 審査基準
本人確認
  • 申し込み内容と本人確認書の内容に相違はないか
  • 本人に間違いがないか
安定した収入の確認
  • 在籍確認が取れるか
  • 返済能力はあるか
他社からの借入状況の確認
  • 他社から多額の借り入れがないか
  • 複数の借り入れがないか
過去の返済履歴の確認
  • 過去に返済遅滞の履歴はないか
  • 過去に返済不能の履歴はないか

表の内容をさらに詳しくご説明致しましょう。

【本人確認は必須!】
プロミスの審査ではまず本人確認書類の提出により、申し込み内容との相違がないかどうかを確認します。

そして間違った申告や虚偽の申告が無いか、また申し込みしたのが本人に間違いが無いかといった、本人確認を行うのです。

お金を貸すのに相手の身元がしっかりしていることは必須条件ですから、これは大切な確認ですね。

【申し込み条件をクリアしているか】
そして次に、安定した収入があるかどうかの確認を行います。安定した収入はプロミスの唯一の申し込み条件といって良いものですから、この審査は重要です。

これは、申し込み時に申告された勤務先で実際に働いているかどうか、在籍確認の電話をすることによって確かめます。

在籍確認によって、安定した収入があるかどうかを確認するのです。相手がキチンと返済出来るかどうかの大切な確認ですね。

【返済能力に問題はないか】

そして最後に、その人の返済能力の確認をします。これは信用情報機関への照会によって、過去から現在に至るまでの借り入れ・返済状況を全て調査するのです。

現在他社からも多額の借り入れがあったり、また複数の借り入れを抱えている場合は、場合によっては審査に通りません。

また、過去に返済遅滞や返済不能の履歴があった場合は、プロミスだけでなく、どの金融機関の審査にも通りません。

相手がキチンと返済してくれるかどうか、返済能力をしっかりチェックするのですね。

職種は関係ある?審査において職業の位置付けとは!?

こうして審査内容が分かったところで、問題の職業について触れてみましょう。

審査では在籍確認を行い、勤務先を確認しますが、勤務先の規模や業種、またその人の肩書きや職種にはほとんど関係ありません。

プロミスではアルバイトやパートでも利用が可能ですから、安定した収入があればオッケーなのです。ですから、職業には特に審査基準を設けていません。

職業というよりは、どちらかというと勤続年数の方に重きを置かれるかもしれません。

例えば一流企業に入社したばかりであるよりは、中小企業に長年勤務している人の方が評価が高いといって良いでしょう。

職業の内容や勤務先そのものよりも、安定性が重要だということですね。

転職したら?プロミスにはどうやって知らせるの?

では、申し込み時に審査に通り、プロミスを利用している人が転職した場合はどうでしょう?

その本題に入る前に、まず転職した場合にはどうしたら良いのか、プロミスへの連絡の仕方をお教えしましょう。

プロミスを利用中に勤務先が変わった場合は、次のいずれかの方法でプロミスに連絡をしてください。

  • 会員サービス
  • プロミスコール(専用フリーダイヤル)
  • 自動契約機
  • お客さまサービスプラザ(店頭窓口)
  • 変更はがき

もっとも簡単なのは会員サービスでの変更手続きです。インターネットでいつでもどこでも出来るので便利ですね。

また会員専用のフリーダイヤルでもオッケーですし、プロミスATMなどに設置されている変更はがきでも大丈夫です。

そして足を運ぶ手間はありますが、店頭窓口や自動契約機でも変更が出来ます。

こうして簡単に変更の連絡が出来ることで、まず少し安心されたのではないでしょうか。

ではいよいよ、こうした転職の連絡をした場合、利用条件はどうなるのか、また借り入れはそのまま出来るのかといった心配点についてご説明致しましょう。

転職すると調査される?プロミスでは再審査があるのか

一番気になるのは、転職によってプロミスの利用が出来なくなるのではないかという点だと思います。

申し込み時には審査に通ったものの、職業という大きな条件が変われば、調査されて利用停止にならないか心配なのは当然ですよね。

それでは転職した場合、まずプロミスが本当に調査するのかどうかについて考えてみましょう。

個人情報を調査!再審査されると考えられる場合

利用中に大きな個人情報が変われば、多かれ少なかれプロミスでは再審査を行います。しかしそれは本当に大きな変化があった場合です。

例えば「マイホームを購入した」とか、「結婚した」とか、「退職した」とか、「上限年齢に達した」とかといった変化ですね。

それには「転職した」ということも入る場合がありますが、勤務先や職種によほど問題が無い限りは再審査というほどの調査はしないでしょう。

再審査したとしても、申し込み時に行ったような在籍確認がある程度だと思ってください。

プロミスでは、キチンと返済をしてある程度の利用を続けていれば、信頼関係が出来るため、申し込み時ほどの厳しい再審査はめったにしないものなのです。

もちろん、利用状況に問題があった場合は話が別です。逆に個人情報に変化は無くても、限度額の減額や利用停止といった処置も考えられるでしょう。

しかし単に転職しただけでは、大きな調査や、それに伴う利用への影響はまずないと思って良いでしょう。

心配!転職でプロミスから借りられなくなる?

このように、転職という大きな変化があったとしても、今まで問題なく利用を続けていたのであれば、それによってプロミスから借りられなくなるということはまずありません。

ですから、もし勤務先が変わったら、速やかにキチンとプロミスへ連絡してください。

逆に心配だからと連絡をしないでいると、信頼を失くし、借り入れにも影響が出てしまうかもしれません。

プロミスでの利用において、最も大切なのは信頼関係です。信頼ある利用が出来ていれば、めったなことで急に借りられなくなることはないので安心してください。

ただし、転職によって収入が大幅に減り、返済が困難になるような場合は別ですね。そうした時には早めにプロミスコールに連絡し、その旨を相談してください。

つまり、転職による利用への変化を心配するよりは、正直に連絡せずに信頼を失ったり、返済出来なくなるといった自体を心配するべきなのです。

【参考ページはこちら】
プロミスを利用できる職業とは?

新着記事
TOPICS