> > 貸したお金を返してほしい!元彼にプロミスで借りさせることは出来る?

貸したお金を返してほしい!元彼にプロミスで借りさせることは出来る?

キャッシングをする時は、必ず本人が情報を入力、または記入しなければなりません。

いくらインターネットで簡単に申し込めるからといっても、本人でなければ申し込めないのです。

例えば誰かに代わりに申し込んでもらうとか、誰かに成りすまして申し込むことは出来ません。あくまでも本人の意思で、本人自身が申し込まねば違法となります。

では、他人に貸したお金を返してもらえない場合、その人にプロミスで借りさせて返してもらうことは出来るのでしょうか?

信頼性の高いプロミスなら安心して借りてもらえますね。

しかし、果たしてそんなことが出来るのかどうか、元彼に貸したお金を返して欲しい場合を例にとって、ご説明していきましょう。

借りたお金は返すのが当然!キチンと返済請求を!

お金を借りるには、今やキャッシングをするのが当然の世の中ですが、キャッシングをすれば当然利息がかかります。

利息無しでお金を借りようと思ったら、親族や友人、恋人などに借りる他ありませんね。

身近な人から借りるのは、確かに最も簡単で、しかもお金をかけず借りる方法ですが、実際には人間関係に深く影響してしまう、最も難しい方法でもあるのです。

親しい人間だからといって甘えてはいけません。返済はキャッシングした場合と同様、しっかりと期日までに返さねばいけませんね。

また、親しい相手には、お金を返してとは、はっきりと言いにくいものです。特に相手が彼氏や彼女であればなおさらでしょう。

しかしそこはしっかりと請求し、キチンと返してもらうべきなのです。

では、お金を貸した彼と別れてしまい、別れた後もまだお金を返してもらえないといった場合はどうしたら良いでしょうか。

こうした場合であれば、相手にお金を借りてもらってでも、しっかりと返してもらうべきでしょう。

キャッシングは本人確認が重要!プロミスは本人が申し込んで!

しかし、そんな元彼に借りさせるにしても、信頼出来るキャッシングが良いですね。そこで、信頼性の高いプロミスに借りてもらって、返してもらえば良いのです。

ではここで、プロミスで借りてもらうために重要となる知識を知っておきましょう。

キャッシングの審査では身元が重要!本人確認書類を用意して

誰もがご存知のように、キャッシングを申し込むと審査を受けることになります。

プロミスは誰もが気軽に利用出来るカードローンですが、とはいえ誰でも借りられるわけではなく、審査によって貸しても大丈夫な相手かどうかを判断しているのです。

そしてこの審査において最も重要なのが身元の確認です。お金を貸す相手ですから、身元がしっかりしていなければいけませんね。

そこで審査では、申し込み内容と本人確認書の内容に相違は無いかどうかを、しっかりと確認します。

もちろん嘘の内容が無いかもチェックし、信頼出来る相手かどうかを判断するのです。

本人じゃなきゃ申込めない!審査では本人かどうかしっかり確認

そして、その本人確認においてもうひとつ、申し込んだのが本人に間違いないかどうかも確認されます。

プロミスでは申し込みは本人に限られていますから、他人がその人を装って申し込んでいないかということも審査されるのです。

本人確認書類を提出する時点で本人であることは証明されますが、さらに在籍確認や審査結果の連絡を行うことで、2重にチェックしているのです。

ですからプロミスでは、本人の意思で申し込んでもらうことは出来ますが、本人では無い人が勝手に代わりに申し込むことは出来ません。

もし元彼にプロミスで借りてもらいたい場合は、本人が納得して、自分で申し込まねばならないでしょう。

プロミスの申し込み条件は?アルバイトでも借りられるか

ではここで、その申し込んだ本人が審査に通って、ちゃんと借りることが出来るのかどうかを考えてみましょう。(こちらもご参考に→プロミスの審査基準とは?

まずプロミスの申し込み条件を知り、ちゃんと申し込み条件に当てはまるかどうかを確認しなければなりませんね。

プロミスの申し込み条件は次の表のようになります。

申し込み条件 審査基準
年齢制限 20歳以上、69歳以下
安定した収入 本人に安定した収入があること
(主婦・学生の方でもパート・アルバイトによる安定した収入があれば申し込み可能)

プロミスの申し込み条件としては、「年齢制限」と「安定した収入があること」の2つになります。

年齢は20歳以上であること、そして本人がアルバイトでも良いので安定した収入を得ていれば、プロミスに申し込むことが出来るのです。

ですから、借りさせたい元彼がこの条件に当てはまっていれば、その彼にプロミスに申し込んでもらうことが出来るでしょう。

元彼からお金を返して欲しい!プロミスで借りさせられる?

しかし、いくら20歳以上でアルバイトや会社員として働いていたとしても、プロミスの審査に通らない場合もあります。

では、申し込み条件を満たしていても、審査に通らない場合というのをお教えしましょう。

それは主に次のような場合が考えられます。

  • 申し込み内容に相違や虚偽がある
  • 他社からも借り入れがある
  • 過去に返済遅滞などの履歴がある

まず申し込み内容に間違いがある場合は、身元の確認がしっかり出来ないので審査に通りません。

また、また嘘の申告をしているような場合は、信頼出来ないと判断され、これもまた審査には通らないでしょう。

これらは本人確認が出来ない場合ですね。そして実は、他にも審査において重要なポイントがあるのです。

それは返済能力です。貸したお金はしっかり返してもらわねばなりませんから、相手の返済能力はしっかり審査され、判断されるのです。

そこで審査では信用情報機関への照会が行われ、現在の他社からの借り入れ状況や、過去の返済履歴などを調べるのです。

そして他社からの多額の借り入れや、また複数の借り入れがある場合は、審査に通らないこともあるでしょう。

また、過去に返済遅滞や返済不能といった履歴がある場合は、完全に審査に通りません。

この場合はプロミスだけでなく、どの金融機関からも履歴が残っている5年間は借り入れが出来ないのです。

ですから、もし元彼がプロミスの申し込み条件を満たしていたとしても、申し込み内容に嘘や不備があったり、また現在借り入れがあったりすれば、審査に通らないかもしれません。

そして過去にキャシングして返済遅滞などの履歴があれば、完全にプロミスでの借り入れは無理でしょう。

だいたいが彼女に借りるという時点で、もしかしたらキャッシング審査に落ちたのかもしれません。

申し込んでもらう時には、その辺もちゃんと本人に確認してみると良いですね。

プロミスで借りて返してもらうには?気をつけたい大切なこと!

そしてくれぐれも気をつけて欲しいのは、彼が申し込んでくれないからといって、勝手に申し込んだり、また嫌がるのに無理に申し込ませるといった行為です。

これは立派な犯罪となりますし、プロミスにおいても契約違反となります。

元彼にプロミスで借りさせるのなら、あくまでも本人が納得したうえで申し込んでもらいましょう。そして貸したお金はしっかりと返してもらうべきです。

もちろん彼には計画的に無理のないよう、返済計画を立ててもらい、プロミスでキチンと返済してもらってください。

借りたお金を返すというのは、人として当たり前のことであり、返済を請求するのは当然です。

元彼女だからという甘えもあるでしょうから、プロミスで借りて返してもらい、しっかりとプロミスに返済していってもらいましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS