> > プロミスから増額の電話が掛かっても必ず増額出来るとは限らない

プロミスから増額の電話が掛かっても必ず増額出来るとは限らない

突然にプロミスから自宅に電話があり、増額を勧められる事があります。もう長くカードローンを利用していて利用状況も良好だと判断された場合にDMや電話での増額提案 があるのはプロミスに限らずどのカードローン会社でも行われている事です。そもそも増額ってどれくらいなのでしょう。簡単に出来るのならしても良いかな、電話があるとそう考えますよね。

提案されても簡単に増額出来ない

まず増額と言う事についてお話ししましょう。初めてプロミスに申込みをすると審査があり、契約可能額が提示されますよね。この契約可能額はプロミス側によって決定されるものです。特に顧客側からの希望が無い限り、この契約可能額が利用可能額となります。

6か月以上返済期日の遅れ無く信用を積み、プロミスにとって優良顧客と見なされた時、限度額を増額しませんかと言う提案がプロミス側からなされる事があります。これは電話の時もあるし、DMで送付される時もあります。それではと増額をお願いしようとした場合、そのまま増額となるのではなく再度厳しい審査が行われるのです。

本人の利用状況に何の問題もないからと言って、属性などが以前と同じかどうかは分からないですよね。例えば勤務先を辞めてしまっているかも分からないし、他社での借入があるかも分かりません。そんな訳でもう一度審査をした上での増額となるのです。増額についての流れをお話ししましょう。

増額審査で大切なのはこんな事

増額審査で一番重要視されるのはプロミスにおける利用状況です。増額提案されたと言う事なら優良顧客と見なされている為、問題はないと思いますが、間違いなく返済期日までに返済しているか、これは他社に於いても遅延や延滞がないかと言う事を併せて審査する事になります。

少し前の消費者金融では、とにかく顧客や融資額を増やす事を目指していた時期が確かにありました。その為何か月か信用実績を積むとすぐに限度額の引き上げに応じるような所がありました。多少のリスクを抱える事を承知で、その為に金利も少し高めの設定となっていました。それも貸金業法の改正にともなって変わって行ったのです。

利息制限法の改正により、それまでは刑事罰対象の出資法の上限利息が消費者金融の金利上限になっていたものが利息制限法の上限金利と出資法の上限金利が統一された為、実質金利の引き下げと言う事になったのです。これではリスクを抱える訳にいきません。
(⇒プロミスの金利は引き下げられる?

消費者金融会社は揃って顧客品質の向上を目ざすようになりました。プロミスも例外ではありません。その為、審査は当然厳しくなります。これは増額に関しても同じ事です。必ず回収できると言う事を前提にしなくてはいけませんから。とは言っても融資金額も増やしていかなくてはいけないのも事実なので、優良顧客には増額してしっかりと借りて欲しいと言うのが本音ですね。

そこでこの顧客なら大丈夫と言う人には積極的に増額提案しているのです。審査内容は申し込み当初の基準とほとんど同じですが、返済について遅延が無い事はもちろん、借入の方も返済してまたすぐに借入していると言うのはあまり良くありません。増額を考えているのなら返済のみを行い、余裕のある月には追加返済もするとより良いです。

申込みから増額されるまでの流れ

プロミスで増額を申込むには会員サービスログインして、メニューから限度額変更を選んで下さい。希望の限度額と希望する連絡先を入力、連絡先にプロミスから電話があり必要な手続きの仕方を説明します。他に電話、自動契約機、店頭窓口、郵送で手続きが出来ます。

限度額増額の時に忘れてはいけないのが総量規制の事です。プロミスも増額時50万円を超える限度額を希望した場合は収入証明書の提出が必要となります。総量規制と言うのは貸金業法で定められた規制で、年収の3分の1以上の貸付はしてはいけないと定められた法律です。当然プロミスにしても年収の3分の1以上となる増額は不可となるのです。

総量規制は他社の限度額も併せて3分の1以内と言う規制なので、他社で50万円の限度額があり、プロミスで70万円に増額を希望した場合は年収が360万円以上なければ規制により貸付不可となる為、増額も出来ません。クレジットカードのキャッシング枠も規制の対象となるのでその限度額も合計に含めなくてはいけません。これは注意が必要ですね。

ここで総量規制について少し詳しくお話ししておきます。総量規制とは2010年に全面施行された貸金業法の中のひとつで、すべての合計貸付が年収の3分の1を超えてはいけないと定められた法律です。多重債務の為の自殺者が多く出た為、多重債務に陥る人を無くす為に施行されたものです。

総量規制施行時にすでに年収の3分の1を超える融資をうけている人も多く、一方的な融資打ち切りや限度額の見直しにより窮地に追い込まれたのもまた事実です。そして消費者金融もまた融資金額の減少や顧客の減少により経営不振に陥った所も多くありました。貸金業者は50万円以上、他社との合計貸付が100万円を超える顧客には収入証明書確認を義務付けられました。

もちろん総量規制にも対象外や例外、除外と言った措置はあります。貸金業法は貸金業者への法律なので銀行のカードローンなどは対象外となりますし、住宅ローンやマイカーローンなどは規制を受けません。例外の中には顧客に一方的有利となる借換えと言うものも含まれているので複数社でのものをまとめる場合にはその旨相談してみるのも良いでしょう。

総量規制もクリアし、プロミスでの利用状況も良好、他社での借入についても信用情報にマイナス履歴が無ければ初めて増額されると言う流れになります。決して増額案内があったからと言って即増額されると言う事では無い のです。当然通常の審査と同様に在籍確認もあるので、勤務先を変わった場合などは速やかに変更の手続きを取って下さい。

年齢別平均年収と限度額について

限度額はどのくらい増額出来るのか、増額を申込む時にどのくらいの金額提示をすれば良いのかと迷いますよね。あくまでも借金である事を自覚して、返済出来る範囲での増額でなくてはいけません。もちろん希望金額がそのまま増額される訳ではありませんが、充分な計画を立てた上で申込むようにして下さい。

まず年収の3分の1以内の限度額と言う事をふまえて、実際に平均的な年収がどの位なのかを見て見ましょう。年代別に挙げてみますね。

年代 平均年収
20代 349万円
30代 458万円
40代 598万円
50代 756万円

あくまでも平均の年収ですが、30代を例に取ると平均年収458万円、3分の1とすると約150万円。プロミスで30万円、他社消費者金融で30万円、クレジットカードが2社でキャッシングがそれぞれ30万円の限度枠を持っているとすると、合計120万円。プロミスでの増額は30万円が目いっぱいとなります。

このように限度額を増額する場合も希望通りに増額出来るかどうかは年収にも左右されるのです。年収の事だけでなく増額するのにはそれだけの必要性があるかどうかをしっかり見極める事も大切ですね。必要な金額以上に限度枠を広げない事も大事ではないでしょうか。

本当に今必要な金額を計画的に借入し、計画的に返済する。しっかりと信用を積み重ねて行く事が大切ですね。それがどうしても増額が必要になった時にスムーズに増額出来る為の大きな条件となるのです。

プロミスから増額を提案する電話がかかってきたと言う事は、あなたが優良顧客であるとプロミス側で認めてくれていると言う事です。信用は毎月の積み重ねです。一度の遅延でも信用は失墜します。今すぐ増額するにしても、何年後かに増額するにしてもその信用を維持できるように心がけて下さいね。

【参考ページはこちら】
プロミスから増額申請電話がかかってくる?

新着記事
TOPICS