> > 限度額は引き上げ可能!?プロミスでもっと借りたい!

限度額は引き上げ可能!?プロミスでもっと借りたい!

カードローンなどにおける融資の限度額は、最初の申し込みで行われる審査の上決定がされています。

カードを使った融資においては概ね限度額内であればいつでも自由に借りたり返したりが出来るので、限度額以上の利便性を感じるでしょう。

しかし、この設定された限度額が、人によっては納得のいかない数値である事もしばしばあります。

この限度額というのは、後から変えられるのでしょうか?プロミスという人気消費者金融を例に見ていきます。

プロミスの限度額ってどう?借入方法毎にチェックしよう

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスが提供する融資のブランド名であり、三井住友フィナンシャルグループの傘下の消費者金融です。

かつてはプロミスという名前が消費者金融の名前そのものでしたが、あくまでも今はブランド名となっている事を覚えておきましょう。

そんなプロミスですが、融資方法というのは一つだけではなく、四つほど存在しています。

そして、その方法によって今回気にするべき限度額が異なっていますので、借入方法毎にチェックをしておきましょう。

サービス名 限度額
フリーキャッシング 最大500万円
貸金業法に基づくおまとめローン 最大300万円
自営者カードローン 最大300万円
目的ローン 最大300万円

限度額だけで言えば、プロミスにおいて最も使いやすいと言われているフリーキャッシングが一番優れていますね。

また、後述しますがフリーキャッシングは今回説明する限度額、及びその増額について説明するのにもうってつけなので、覚えておいて下さいね。

限界までの融資は不可能?プロミスで最大限度額が使えない理由

プロミスの各融資限度額を見てもらえれば分かるように、実際にその限度額まで借りる事が出来れば、非常に頼りになる数値です。

フリーキャッシングで言えば500万ものお金が用意でき、それだけあれば新車が買えて色々なオプションも付ける事ができますね。

ただし、それはあくまで『最大限まで借りられた』場合です。実際に500万を借りられる人はいますが、それは本当に一握りです。

プロミスの各借入方法において、最初から最大限度額まで借りられるケースというのは、ほぼ無いと思う方が良いでしょう。

穿った見方をするなら「ただ単に宣伝になるから大きな限度額を書いているだけ」と思うかもしれませんが、それは違います。

融資を受けるなら、主に審査で以下の要素が大事になります。

  • 年収
  • 職業
  • 信頼実績

年収と職業に関しては人によってはクリアできますが、問題は一番したの信頼実績についてでしょう。

この信頼実績というのは『プロミスと顧客の間にどれだけの信頼があるか』という事であり、融資における実績と言えば返済です。

返済実績というのは実際にお金を借りて返さないと身に付かない以上、最初の申し込みで最大まで借りるのは現実的では無いのです。

他の金融業者にて多大な実績があれば多少信頼もありますが、やはり直にプロミスを使うのが一番の信頼です。

最初は少なくても大丈夫!プロミスの限度額は後から増やせます

プロミスで審査を受けて限度額が決まった人の中には「これだけしか借りられないなら解約しよう…」と早々に考えてしまう人も居ます。

しかし、それはあまりにも早すぎる決断ですし、むしろたくさんの限度額が欲しいのなら、最初が感じです。

プロミスでの借入限度額というのは、借入方法によっては後から増額する事が十分可能となっています。

最初に設定された限度額は確かに大事ですが、一生そのままではありません。プロミスでは、以下の方法なら後から増額交渉ができます。

  • フリーキャッシング
  • 自営者カードローン

カードを使ってお金を借りる場合、最初に限度額が設定されるのは説明した通りです。

そもそも限度額が固定されていない融資で増額をするというのは、なかなかイメージができないように実際別の方法となります。

カードローンだからこそ後からの増額という選択肢が用意されている、これをまずは認識しておいて下さい。

では、カードローン以外の方法だとどうなるのでしょうか?

カードローン以外は増額不可能?借り方で違う融資額の仕組み

カードローン以外の融資方法としては、大きく分けると大体以下の通りです。

サービス名 内容
フリーローン カードが発行されない用途自由な融資
目的別ローン 住宅購入や借り換えなど特定の目的遂行時のみに使える融資

目的別ローンに関しては住宅ローンや車ローンなど有名どころは多数ありますが、今回は細かい内容については割愛します。

そして、プロミスではカードローンではない方法も二つありますね。

  • 貸金業法に基づくおまとめローン
  • 目的ローン

これらの借入方法だと、融資を受ける際に毎回こちらの希望額に応じて審査を行い、その上で限度額を決定します。

例えばカードローンなら30万希望でも50万になる事が相談によってはあり得ますが、目的ローンなら50万欲しいならそれ以上の融資は無駄なのでありません。

要は使い切りの融資方法ともいえ、カードローンのような柔軟さは無い分金利などで優遇される事はあります。

使い切りの融資でもっと借りたいとなると、増額ではなく『追加融資』という判断になりますから、別途相談と審査が毎回必要となります。

カードローンとは一長一短の関係ですね。

プロミスの増額手続きは簡単?もっと借りる為の手順

融資の増額については、受動的なケースというのは若干少ないと言えます。つまり、相手から増やしてもらえるというのは稀です。

プロミスの増額においても能動的に動かないと増えない事がほとんどで、プロミスに対して増額希望の意思を伝える事が第一です。

この増額の意思表示に際して、何かの書類記入が必須というわけではありません。以下の方法で連絡するだけでも進められます。

  • 公式サイトの会員サービスから
  • プロミスコールに電話

このどちらか、好きな方を使えば問題ありません。どちらが良いのかのお勧めについても、その人の状況によります。

例えば、出かけ先でなかなか落ち着いて時間が取れないなら、スマートフォンなどからでも実行できる会員サービスの方が良いでしょう。

しかし、増額前に聞きたい事があるなどの希望があれば、電話口からの方が話を聞きつつ再考したりもできます。

それと、先に述べたように、増額というのは受動的であっても成功する事はあります。

金融業者としては実績がある人には大金を借りてもらう方が利益に繋がります。なので、返済をきっちりしていると相手から増額のお誘いが来る事もあります。

プロミスも優良顧客に対してこうした事を行っているとの報告もありますので、急がない人は待ち続けるのも良いでしょう。

増額でも審査があるの?お願いするだけでは増えない背景について

増額を行う為の連絡については、さほどハードルを感じない程度には楽チンと言っても良いでしょう。

ですが、プロミスにて増額するのなら、お願いするだけでは無く審査にも通過しないと増やす事は不可能となっています。

増額における審査は融資を受ける為の初回審査の基準と似通っていますが、落ち着いて考えると増額審査の方がシビアなのが分かります。

その理由は簡単で、融資というのは希望額が増えるほど難しくなっていきますよね?

増額というのは、初回審査に比べて多めの金額を貸し付けないといけないので、初回よりも審査のハードルが上がるのは当然です。

返済をきちんとしているのは元より年収なども大事ですが、どちらかと言うと『融資におけるマイナス要因』が無い事が大事かもしれません。

  • 一度でも返済に遅れた
  • 他の金融業者からも借入がある
  • 理不尽なクレームを付けた事がある

特に、返済遅れに関しては増額が出来なかった人の多くが該当している事もあり、融資においては致命的なミスであるのが分かります。

それと、他の金融業者からの借入についても、プロミスは把握する事ができます。出来るだけプロミス一本の借入にすべきです。

まさかの結末!?増額審査で逆に減額される可能性

プロミスの増額審査に落ちた場合、限度額は現状の維持のままである事が多いですが、それだけでは無い事もあります。

融資の増額審査を受けたばかりに、逆に限度額が下がってしまった…そういう報告も無い訳ではありません。

何故融資の増額を希望したのに減額されるのか…これは、ひとえに増額の希望でも審査があるからという他ありません。

融資審査はポジティブな情報だけではなく、ネガティブな情報もきちんと見ています。

☆融資審査で好ましい情報
・定期的に借入を利用している
・一度も返済には遅れた事が無い
・繰り上げ返済なども積極的
・他の会社からは一切借入が無い

☆融資審査で好ましく無い情報
・カードを持つだけで全く融資を使わない
・返済に遅れた事がある
・返済以外にも問題行為がある
・あまりにも多くの融資希望額を設定している

こうした情報を見比べ、その上でプラスマイナスが生じる事があれば、増えるだけではなく契約の見直しと称して、限度額が下がる事もあります。

プロミスでの増額審査は、増額審査とうよりも限度額見直し審査であると思った方が良いでしょう。

増額のタイミングは慎重に!申し込みで焦ってはいけない理由

そもそも、融資審査には審査落ちという概念があり、この状態になると融資を受ける事すらできないのは当然です。

同様に、プロミスの増額審査で減額どころか、利用自体を停止されてしまうという可能性もあり得ます。

これは金融業者や担当にもよりますが「増額審査を受けた場合、減額や利用停止の可能性もありますがよろしいですか?」と教えてくれます。

この事からも分かるように、増額審査の結果というのは、審査が始まる前では担当者であっても結果は確約できません。

融資審査の基準自体が決して公表されないように、増額の基準についても公表はされないという点に注意しておくべきでしょう。

尚、一つはっきりしている事として『増額は半年置きにしか申請出来ない』という事実があります。これは金融業者も教えてくれます。

何故半年なのかというと、信用情報機関に融資への申し込みが記録されていて、半年は残るから…と言われています。

信用情報機関には種類があり、それぞれで担当する金融業者のタイプが異なります。

JICC…主に消費者金融が加盟
CIC…主にクレジットカード系が加盟
KSC…主に銀行が加盟

プロミスなら一番上のJICCとなりますが、そこに申し込みの情報が残っているうちは審査に通らない可能性が高いというわけですね。

増額は簡単?難しい?プロミスでもっと借りる為の過程とは

それでは、プロミスの増額に関してのまとめをしていきましょう。

サイト若しくは電話から増額を申請

基準に従って審査が行われる

審査結果に応じて増減及び利用停止の判断が行われる

今まで多くの人は「増額を希望すれば増えるかそのままかでしょ?」と思っていたと考えられますから、最後の結果に関しては意外性がありますね。

ただ、増額においては以外かもしれませんが、融資の審査と考えると、減額されたり利用が停止されたりするのも当然だと納得できるでしょう。

リスクがあると考えると増額に腰が引けてしまうかもしれませんが、プロミスにおいては最大で500万円も借りる事ができます。

この限度額を入手するのは決して簡単な事ではありませんが、ここまで借りられるようになると金利も激減しますので、狙う価値はあります。

特に「カードローンはいざという時の備えとして持っておきたい」と考えている場合、限度額が大きく、そして金利が低いほどその用途に向いています。

焦る必要はありませんので、折りをみて限度額を増やしていく事を考えてみて下さいね。

プロミスの増額で注意すべき一つの事実とは?

では、最後にプロミスの増額について大きく関係している、総量規制についてご説明します。

総量規制とは、年収によって個人向けの貸し付けの最大限度額が制限される決まり事です。

正確な数値で言えば、年収の三分の一までです。

総量規制による融資限度額の規制例

☆今現在借入無しで年収300万の人
プロミスから借りられる金額は最大100万円

☆すでに別の消費者金融から150万借りている年収600万の人
プロミスから借りられる金額は最大50万円

☆すでに別の銀行から50万借りている年収240万の人
プロミスから借りられる金額は最大80万円

このようになっています。

例えば別の消費者金融から借入があればプロミスの限度額に影響しますが、別の借入が銀行からの場合は規制の対象にはなりません。

さらに、プロミスから借りる場合でもおまとめローンの場合、総量規制の対象にはならないという特例も存在しています。

融資の借り過ぎ防止の為に決められた事なので、しっかりと注意して融資を受けるようにしましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスの利用限度額は増額できる?

新着記事
TOPICS