> > 年収の3分の1以上は絶対無理?プロミスの限度額の疑問に迫る!

年収の3分の1以上は絶対無理?プロミスの限度額の疑問に迫る!

融資というのは希望すれば希望しただけ借りられるものではなく、いくつかの制限を踏まえた上での利用となっています。

その制限の一つが総量規制と呼ばれるもので、この制限は融資限度額に対しての制限を設けています。

融資というのは欲しい金額をきちんと用意してもらえるかどうかでその便利さへの意見が変わるため、この制限は非常に重要です。

消費者金融大手のプロミスにもこの制限が課せられているのか、その限度額の疑問についてお答えして参ります。

総量規制って何?融資の限度額に大きな影響がある要素について

まず最初に、融資の総量規制の基礎知識について学んでおきましょう。知らずに融資を利用すると思わぬミスがあります。

総量規制とは、貸金業法に存在する融資への制限です。この制限が発生する融資を利用する場合、最大でも融資限度額は年収の三分の一までとなります。

分かりやすく言えば、年収が300万の人は融資限度額が100万までになる…という事ですね。こう見ると難しくはありません。

実際の所、年収の三分の一までしか融資が受けられないという事実さえ知っていれば、総量規制への理解は大まかに終わっていると言えます。

ただ、この総量規制については例外事項などもいくつか存在しており、例外を知らないばかりに融資でミスが生じます。

総量規制に対して、どんな疑問が主に頭に浮かびますか?ある程度融資に知識がある場合、このような疑問な主となります。

  • 総量規制の対象となる融資はどんなの?
  • 総量規制の例外って何?
  • 総量規制に到達するとどうなるの?
  • 総量規制までなら確実に貸してくれるの?

これらの疑問については今回はっきりさせていきますので、次項で紹介するプロミスを例として見ていきましょう。

プロミスは総量規制の対象?規制される金融業者のタイプとは

プロミスというのは昔から存在している、大手消費者金融のうちの一社です。すでに宣伝などでご存知の方も多いでしょう。

プロミスは昔は消費者金融の名前でしたが、今は融資のブランド名になっており、正式な会社名はSMBCコンシューマーファイナンスとなります。

このSMBCコンシューマーファイナンスも三井フィナンシャルグループの一員であり、三井住友銀行とは少なからず関係があります。(こちらもご参考に→三井住友とプロミス、借りるならどっち?

銀行と関係するという事で消費者金融なのか銀行なのか混同する人がいますが、プロミスは消費者金融のカテゴリに収まります。

そして消費者金融は総量規制が存在する貸金業法に則って運営されており、プロミスは消費者金融…これで一つの答えが出ました。

プロミスは貸金業者に該当し、総量規制内での融資が基本となっています。

貸金業法を守らないといけないのは他にもクレジットカードなどを扱う信販会社があり、意外にも多くの金融業者に総量規制が発生します。

ここで具体的な制限を知る為にも、プロミスの最もポピュラーなカードローンの条件について確認しましょう。

サービス名 限度額 金利 用途
フリーキャッシング 最大500万円 4.5~17.8% 生計費に限る

プロミスで最大限まで借りるとしたら500万円ですが、総量規制がある為そこまで借りるには1500万円もの年収が必要です。

1500万円もの年収を稼ぐ人は非常に少数派となっており、プロミスのカードローンでは限度額100万もあれば良い方と言えます。

何事にも例外あり!総量規制の例外はどんなケース?

例外は何事にもありますが、この総量規制という制度に関しても最初に書いたように、例外が存在しております。

この例外を利用する事でよりたくさんの融資を受けたりする事も可能になりますから、総量規制外となる融資について学んでおきましょう。

  • 銀行からの借入全般
  • 顧客が一方的に有利となる融資

総量規制の例外について分かりやすいのは、銀行からの融資です。銀行のカードローンだけでなく、様々な融資がそうなっています。

銀行というのはそもそも、貸金業法ではなく銀行法という銀行独自の法律に従って運営が為されています。

総量規制が適用されている融資は貸金業法で運営されているものであり、銀行には貸金業法は適用されていない事は覚えておきましょう。

そして顧客が一方的に有利となる融資についてですが、この表現だといまいちどんな融資がそうなのかは分かりませんね。

この融資について該当しているのは、借り換えやおまとめと言われる融資の系統についてなのです。

☆借り換え
今借りている融資よりも安い金利の借入先からお金を借りて、今まで借りていた融資を完済後新しい借入先に返済していく事。

☆おまとめローン
複数の金融業者からの融資を低金利な借入先から借りたお金で完済後、まとめた分を新しく借りた一カ所に返済していく事。

借り換え=おまとめである事も多いですが、違いを挙げるとすると以上のようになります。

プロミスにも総量規制外の融資あり?どの融資なのか確認!

おまとめローンは顧客を助ける為の救済措置ともいえ、金融業者側よりも顧客にとって利点が多いから、総量規制から見逃されるのですね。

では、プロミスにはそうした総量規制外の融資があるのかと言うと、一つだけあります。

それは『貸金業法に基づくおまとめローン』が該当しています。

サービス名 限度額 金利 用途
貸金業法に基づくおまとめローン 最大300万円 6.3~17.8% 他の貸金業者からの借入金返済に限る

この融資方法は前述の通り、おまとめローンであり顧客側へのメリットが大きい事から、消費者金融でありながら総量規制の対象にはなりません。

おまとめローンというのは複数の借入を受けて困っている人向けであり、フリーキャッシングに比べて頼る機会は少ないです。

そもそも頼らないに越した事は無い融資なのですが、ついつい欲望に負けて借入を増やしてしまう可能性は、多くの人であり得ない事ではありません。

プロミスのおまとめローンは総量規制の対象にならず、それでいて大きく返済総額を減らせる可能性がある魅力的なプランの一つです。

おまとめローンに頼らない立ち回りを身につけると共に、困った時はこうした救済措置があるという事を忘れないで下さい。

総量規制に達するとどうなるの?借り過ぎの結末について

総量規制に対する考えというのは人それぞれなのですが、多くの人は『そもそもそこまでお金を借入れる事は無い』と答えるでしょう。

例えば社会人の平均的とも言える年収の300万もあれば、プロミスから100万は最大で借入れる事ができます。

100万円という金額を多いと見るか少ないと見るかもそれぞれですが、はっきり言えばかなり多い金額であり、ここまでお金を借りる事は滅多にありません。

しかし、総量規制いっぱいまでお金を借りる機会が無いと断言するのも無理なので、総量規制いっぱいまで使ったらどうなるか?については知っておくべきでしょう。

ただ、その答えはかなりシンプルです。

総量規制が発生するまで借入を受けた場合、基本的には融資がその時点で使えなくなります。少なくとも、消費者金融からはこれ以上借りる事ができません。

そもそもプロミスでカードローンを作る場合、総量規制の枠内で限度額が決まるはずですから、限度額を残して総量規制に到達する事はないでしょう。

しかし、他の借入も併用していると、こうした事態に陥る事が稀にあるとされていますが、その場合も同じく限度額を残したまま停止するでしょう。

総量規制内の融資では、その規制いっぱいで借りるのでは無く、出来るだけ少しでも良いから余力を残すようにして融資を受ける事が好ましいですね。

返済すれば大丈夫?総量規制からの融資枠復活はあるのか

総量規制に到達後、そこで融資の利用がストップされると「もしかして解約されたかも…」と不安になりますよね。

総量規制にてストップした限度額が復活するかどうかについては、きちんと復活する事ができます。

プロミスでも同じですが、カードローンにて総量規制まで借りた後は、返済さえしていけば再び融資枠というのは復帰します。

例えば総量規制にて100万までしか借りられない時に100万まで借りて、次の月に5万返済すれば5万の枠が復帰します。

この辺のルールに関してはカードローンに関してとほぼ同じなので、安心して使っていく事が出来るでしょう。

しかし、使い方によってはそのまま利用が凍結したままになる事がありますので、注意しましょう。

  • いっぱいまで借りた上に返済を怠った
  • 返済に集中する為一時的に利用停止をお願いした

後者に関しては自分で行った事なので良いかもしれませんが、前者に関しては完璧に自分のミスと言えます。

消費者金融からすると、規制まで借りた人には「お金に困っているから返してくれるかどうか不安」と少なからず考えています。

ゆえに、そうした状況ではいつも以上に返済に遅れる事は許されませんから、慎重に返済計画を練りましょう。

銀行ならまだ借りられる?総量規制後の融資の可否

別の消費者金融でお金を総量規制いっぱいまで借りていて、その後にまだ足りないからとプロミスに申し込むと、審査には確実に落ちます。

ですが、ここで気になるのが銀行の存在です。銀行は説明した通り、総量規制のルール外にいる金融業者です。

そうなると疑問は総量規制の対象である消費者金融が対象外である銀行の借入と混在するのかどうかについて集約していくでしょう。

これに関しましては、実は可能となっています。分かりやすい例にて説明していきましょう。

☆年収300万の人が消費者金融から100万借りているのにプロミスに申し込んだ。

プロミスの審査にはまず通過しません。

☆年収300万の人が消費者金融から100万借りている中で銀行に申し込んだ。

審査に通れば借入可能です。

総量規制を超えてさらに消費者金融からの借入を増やす事は出来なくとも、銀行からの借入を増やす事は可能です。

正直言ってすでに大金を借りているのでおすすめはできませんが、怪我の治療費などで必要だというのなら、頼る価値はあるでしょう。

法律的にはOKでも実際に借りる事は難しい融資の事情とは?

総量規制到達後も銀行ならまだ融資を受けられる可能性が残っている…これは法律なので疑いようがありませんが、現実は甘くはありません。

融資を受ける為にはまず審査が必要であり、銀行のカードローンでは多くの場合、消費者金融が保証会社に設定されている事がポイントです。

保証会社というのは、もしもの事があった場合に保証人の代わりとして仕事をする会社の事です。保証会社が設定されている融資では、保証会社が審査をしています。

例えばプロミスと関係が深い三井住友銀行の場合、保証会社ではプロミスが担当しているという事になります。

保証会社と保証人の違いについては以下の通りです。

☆保証人とは
主に返済能力がある知人や家族に頼む。保証料などは取られないものの、返済出来ないと保証人に迷惑がかかるので家族内であっても成立しない事も。

☆保証会社とは
主に系列の消費者金融や信販会社が担当する。銀行の代わりに審査を行い、貸せる場合はそれを銀行に伝えて融資が成立。保証料は返済時の利息にすでに含まれているケースが多い。

消費者金融が審査を担当するという事は、消費者金融の利用状況も手に取るように把握されますから、すでに総量規制まで到達している事も筒抜けです。

プロミスの例で言えば、プロミスからすでに借りているのに三井住友銀行に申し込むと、すぐにすでに借入があるとバレてしまうというわけですね。

こうした事情から、消費者金融で限界まで借りているのに、銀行がさらに貸してくれるというのは簡単ではないのです。

総量規制は目安?上限まで借りられると思い込まないように!

総量規制の仕組み、そしてその現実についてご説明して参りましたが、いかがでしたか?

プロミスも含めた消費者金融では、総量規制いっぱいまで借りられるといより、そこまで借りられる可能性があるという事がご理解いただけたと思います。

さらに、年収が突出していたとしても、それ以外の条件があまり好ましく無い場合、より総量規制まで借りる事は難しいです。

  • 仕事は安定した立場なのか?
  • 一体どれくらいの年月勤続したのか?
  • 今までブラックリストに登録された事は無いか?

総量規制に加えて、こうした要素全てを見て決定されるのが融資限度額となっています。

自営業で年収が2000万円くらいあったとしても、プロミスでは仕事が安定していないという理由で500万円まで借りられない事もあるという事実がそれを物語っていますね。

そもそも融資審査に通るかどうかまずは分からないという事もあれば、総量規制いっぱいまでの限度額を希望するのもお勧めできません。

総量規制はあくまでも目安程度に、まずは自分が本当に必要な金額はいくらかを計算し、その額で申し込みをしましょう。

何らかの理由があって総量規制以上借りたいのなら、プロミスでは無く銀行の利用も視野に入れないといけません。

【参考ページはこちら】
プロミスでお金を借りたい方必見!

新着記事
TOPICS