> > プロミス以外も要チェック?大手消費者金融はどれくらいあるの?

プロミス以外も要チェック?大手消費者金融はどれくらいあるの?

人気の消費者金融と聞かれて、プロミスの名前を思い浮かべる人は多いでしょう。宣伝も活発で利用者以外にも知名度は高いですね。

人気の消費者金融というのは基本的にどこも大手と呼ばれる規模の大きさで、使いやすさに関しても文句はありません。

プロミスはもちろん大手ですが、大手の消費者金融というのはプロミス以外にも一定数存在しており、そちらを使う人も多いですね。

プロミス以外の大手消費者金融は、何が違うのでしょうか?消費者金融選びのバリエーションの為にも調べてみましょう。

プロミスってどんな所?まずはチェックしたいその条件

プロミスは、消費者金融の名前というよりは融資サービスの名称となっています。提供している会社はSMBCコンシューマーファイナンスです。

ただ、プロミスという名前で宣伝をしている事もあって、プロミス=業者の名前と認識している人も多く、それで大きな問題があるとも言えません。
(⇒人気のプロミスなら安心・安全・心配いらず

プロミスと一言で言っても借入方法は様々であり、以下の四種類存在しています。

サービス名 限度額 金利 特徴
フリーキャッシング 最大500万円 6.3%~17.8% スタンダードなカードローン
おまとめローン 最大300万円 6.3%~17.8% おまとめ専用で総量規制対象外
自営者カードローン 最大300万円 6.3%~17.8% 事業費と生計費に利用可能
目的ローン 最大300万円 6.3%~16.5% 特定の目的のみで使える借り切りローン

プロミスにおいてメインはフリーキャッシングでのカードローンですが、その他の融資に関しても満遍なく揃っています。

融資の数が少ないと選択肢が無くなりますし、多すぎると顧客が迷いやすくなりますが、プロミスは過不足無い融資の数、そして必要な条件毎に使い分けられる質も備えています。

消費者金融の説明において、真っ先に名前が挙がる事も多いだけはありますね。

消費者金融なのにお手頃!プロミスは低金利が魅力の一つです

プロミスは評判の良さから初心者に優しく、融資の使い分けが出来る上級者にも満足のラインナップですが、目立つ部分と言えばやはり金利です。

消費者金融の融資では通常上限金利まで設定している事が多いですが、プロミスは18%に設定した融資が一つもありません。

融資の上限金利というのは限界値が設定されており、10万円以上の融資では18%が最大値となっています。

しかし、プロミスでは最大でも17.8%という、金利が高い消費者金融の中でも非常に珍しい数値に設定してあります。

0.2%しか変わらないなら意味無いのでは?と思われがちですが、返済が長期化するとその間ずっと利息が発生するので、意外と差が出てきます。

また、目的ローンなら最大でも16.5%と、カードローンで無くても良いならかなりお得な金利で借りられます。

融資において金利は、最も注目すべき点だと多くの人が答えていますので、それで言えばプロミスは消費者金融の最有力候補になりやすいですね。

  • プロミスの融資プランは使い分けが楽
  • 金利も消費者金融なら最もお得である事が多い

プロミス以外にも大手が存在?人気もある三つの業者とは

プロミスのステータスだけを見れば「とても優秀だからここから借りよう!」と即決したくなるかもしれません。

ですが、プロミスに並ぶほどの人気、そして規模を備える大手消費者金融は、実はプロミス以外にも三社は存在します。

  • アイフル
  • アコム
  • モビット

この三社が、日本でも大きな規模を持ち、さらにほぼ全国区域にて融資を提供している消費者金融なのです。

どれもテレビCMやネットでの広告など、見かける機会が多い業者で全て知っているという人もいらっしゃいます。

大手消費者金融の共通点としては、どこも高い安全性、消費者金融としては平均的に使いやすい条件とサービスを提供している事です。最悪、どこを選んでも失敗とはなりにくいのです。

とはいえ違いがあるからこそ選ぶ価値もあるという事なので、それについては各金融業者毎に詳しく見ていきたいと思います。

銀行?消費者金融?分かりにくい金融業者の正体とは

ここまでで今回紹介するべき大手の消費者金融の名前を挙げてきましたが、人によっては「あの消費者金融は?」と疑問に思っているかもしれません。

その金融業者とは、レイクです。レイクと言えば確かに一昔前の超有名な消費者金融で、今もその名前を聞く事はあります。

ただ、多くの消費者金融は銀行の傘下に入ったり吸収合併されたりして、その在り方が大きく変わっています。

レイクというのは消費者金融の中でも大きな変貌を遂げており、今では銀行のカードローンサービス名になっています。

プロミスも一度は三井住友銀行の傘下に入り、今でも三井フィナンシャルグループとしてかなり銀行とは深い関係があります。

ただし、プロミスは今現在も消費者金融としての独自の立場を保っており、完全に吸収されたとも言えるレイクとは大きく異なります。

どちらが正しいとも言いませんが、プロミスは消費者金融、レイクは銀行となると、そのルールは大きく異なり、プロミスとその他大手消費者金融よりも大きな隔たりがあります。

他の消費者金融も銀行と関わっている所が多いですが、レイクほどでは無く、皆消費者金融のカテゴリのままというのを先に覚えておきましょう。

まさに純消費者金融!アイフルは今でも消費者金融らしい業者

まず、アイフルについてご説明いたします。アイフルの特徴を最初に言っておくとしたら、アイフルは今でも純粋な消費者金融である事です。

消費者金融は貸金業法改正後に、大きくその勢力を衰退させました。サラ金と呼ばれていた時代は高金利でどこも儲かっていたのです。

項目 改正前 改正後
金利 最大29.2% 最大20%
限度額 特に制限無し 最高でも年収の三分の一まで

他にも変わった事はたくさんありますが、融資において重要な二項目だけでもこれだけ変化があったのです。

さらに違法行為を厳しく取り締まった結果、今では小さな消費者金融に関しては激減しました。

そして大手消費者金融も大幅な減益となり、銀行との協力体制にしないとほとんどが経営が出来ないと判断したのです。

そんな中、アイフルは銀行の傘下に入るわけでも、吸収されたわけでもない純粋な消費者金融となりました。

これがどれだけ特異な点かと言うと、大手で銀行のグループではないのはアイフルだけ、という事からよく分かると思います。

アイフルの商品は豊富!借入プランの詳細はこちら

アイフルは消費者金融の中でもかなりの独自路線に加え、そのフットワークを活かした豊富な商品の提供が魅力です。

商品名 限度額 金利 特徴
キャッシングローン 最大500万円 4.5%~18.0% スタンダードなカードローン
かりかえMAX 最大500万円 12.0%~17.5% 借り換え専用で総量規制対象外
おまとめMAX 最大500万円 12.0%~15.0% おまとめ専用で総量規制対象外
事業サポートプラン(無担保) 最大300万円 12.775%~18.000% 無担保で事業用途に使える
事業サポートプラン(不動産担保) 最大1億円 6.0%~12.0% 不動産の担保が必要
わんポチッと 最大10万円 18% 書類レスにて審査可能
ファーストプレミアム・カードローン 最大500万円 4.5%~9.5% 一定以上の年収が必要

※レディースアイフルは女性が通常のキャッシングローンが申し込みやすくなるだけなので割愛

アイフルの融資はこのように、消費者金融ながらも個人から法人、カードローンから不動産担保ローンまでかなり幅広いです。

通常この商品数と貸出額なら銀行くらいしかありませんが、これもアイフルが銀行とは組まない独特な立ち位置を保てる所以でしょうね。

カードローンならファーストプレミアムが魅力ですが、厳しい審査の事も考えると、一番スタンダードなのはやはりキャッシングローンとなるでしょう。

クレジットカードも完備!アコムは多機能カードが魅力です

次はアコムを見ていきましょう。アコムは三菱東京UFJフィナンシャルグループの消費者金融で、三菱東京UFJ銀行とももちろん関係しています。

アコムの特徴と言えば、やはりクレジットカードを備えている事でしょう。クレジットカードは単体では、融資が受けられるわけではありません。

アコムの魅力はここにあり、キャッシング機能付きのクレジットカードでは無く、カードローンのフル機能が備わったクレジットカードを扱っているのです。

カードローンとキャッシングって違うの?という方は、下記を参照して下さい。

☆キャッシング
主にクレジットカードに付帯している融資機能の事。クレジットカードの補助機能であり、限度額や金利の性能が控えめ。

☆カードローン
主に融資機能のみを提供している、借入特化のカード。単一機能である事が多いが、金利も限度額も非常に優れている。

つまり、アコムのカードにはクレジットカードとしても、そしてカードローンとしても優れた機能を一枚に詰め込んでいるのが特徴なのです。

実際に、どんなカードがあるのかをチェックしてみると良いでしょう。

融資も買い物もお手の物!アコムのカードは幅広い

クレジットカード一体型が目立つアコムですが、普通のカードローンもあるので、融資だけを使いたい人でも問題ありません。

商品名 限度額 金利 特徴
キャッシング専用アコムカード 最高500万円 4.7%~18.0% 融資専用カード
ACマスターカード(カードローン付き) 最高300万円(ショッピング枠) 10.0%~14.6% カードローン枠も含めた限度額は最高500万円
ビジネスサポートカードローン 最高300万円 12.0%~18.0% 個人事業主向け
借り換えローン 最大300万円 7.7%~18.0% 借り換え専用で総量規制対象外

※買い物専用のクレジットカードもありますが、融資には使えないので割愛

アコムと言えばクレジットカード+カードローンですが、こうして見ると通常のカードローン、そしてその他の目的のローンも優秀です。

「アコムを使うならクレジットカード以外は微妙…」なんていう心配はありませんので、アコムを使う場合でも、自分の目的に相応しいローンをチョイスしましょう。

IT系消費者金融の先駆者!?モビットはWebに強い業者です

そして最後にモビットをご紹介します。モビットは三井住友銀行系の消費者金融であり、IT系消費者金融大手として有名です。

実はこのモビット、大手金融業者の中では比較的歴史が浅く、それなのに他の大手に負けない存在感を持っている業者です。

それもそのはずで、モビットはインターネットから融資申し込みが完結する、Web完結申し込みの先駆者なのです。

モビットがインターネットからの融資を本格的に導入した事が、今の大手各社がWeb申し込みに対応するきっかけになったとも言えますね。

モビットは融資商品こそ少ないものの、その一つがITに特化しているおかげで、他社に食われない独自の強みを持つ事に成功しているのです。

Web完結申し込みでは以下のような流れです。

インターネット上から申し込み

必要書類を撮影したデータで送付

結果が出ると最終手続き

手続き終了後、振込で融資が受けられる

店舗に行く必要も無ければ、書類を郵送する必要すらありません。インターネット時代に完全特化したのがモビットなのです。

商品は一つのみ?それでも便利なモビットのカードローン

モビットの融資方法は、Web完結でカードレスになるという事を含めても、モビットカードローン一つだけです。

カードローンしか無いなら微妙では?とお思いかもしれませんが、そんな事はありません。

商品名 限度額 金利 特徴
モビットカードローン 最大500万円 4.8%~18.0% Web完結で申し込むとカードレスに

モビットのカードローンは、カードローンとしても消費者金融として平均的でありますね。

そうなるとやっぱり微妙…と言いたいところですが『Web完結でカードレス』というのが実は魅力になっています。

「カードがある融資の方が便利なのにカード無しってどうなの?」そういう意見は最もですが、モビット自体がIT特化の融資である事が幸いしています。

というのも、普通にカードが欲しいならプロミスみたいな低金利やアコムみたいな多機能カードの方が受けは良いです。

しかし、モビットに申し込む人の大半がネット環境を持ち、尚且つ様々なネット上のサービスを多用している人です。

そうなると、カードを持ってATMに言って引き出して…というより、ネット上から口座を指定して振り込んで…というスタイルの方が楽です。

こうした振込スタイルだと、引き落としに間に合わせたりする時にも便利なので、モビットを使う人とネット経由のサービスを使う人とが合致しているのがポイントと言えましょう。

スタンダードなカードローンを比較!あなたはどこがお好み?

では、最後に各社の最もスタンダードな借入方法と、冒頭に説明したプロミスを比較してみましょう。

業者名 限度額 金利 他社と比較したおすすめポイント
プロミス 最大500万円 6.3%~17.8% 低金利
アイフル 最大500万円 4.5%~18.0% カードローン以外も豊富な選択肢
アコム 最大500万円 4.7%~18.0% クレジットとカードローンのハイブリッド
モビット 最大500万円 4.8%~18.0% Webのみで完結&カードレス化

こうして並べると興味深いのは、どのカードローンも条件的には大差ないものの、その業者の特徴を見ると全く別のサービスを用意している事ですね。

今回メインのプロミスは低金利とはいえ、他の尖った金融業者と比較すると幾分地味に感じなくもないですね。

ただ、プロミスの低金利という要素は、他社の特徴と違って融資を受ける人全てに恩恵があるという点が非常に大きいです。

そういう意味で言えば、プロミスは万人向けでバランスが良い金融業者という事で、プロミスをまずは検討して、自分の欲しい要素を考えるのも良いでしょう。

これを読んだあなたが、自分にとって最も適した金融業者が使える事をお祈りいたします。

【参考ページはこちら】
プロミスと他社カードローンを比較!

新着記事
TOPICS