> > 通りましたの報告続出!プロミスの増額審査に通過するコツまとめ

通りましたの報告続出!プロミスの増額審査に通過するコツまとめ

プロミスでもそうですが、カードローンでは後から増額を行う事ができますので、よりたくさんのお金を借りるチャンスは誰にもあります。

ただし、そのチャンスを活かすには増額の審査に通過しなくてはならず、その審査に通らなかったという方も居ます。

その審査についてですが、審査に落ちた人も居れば、当然コツをつかんで審査に通過したという人もいらっしゃいます。

プロミスの増額であっても通過するコツはあるのかどうか、増額を検討しているなら是非とも確認しておきましょう。

プロミスの最大融資額は?知っておきたいその金額

まず最初に、プロミスの融資限度額についてチェックしておきましょう。プロミスの借入方法は以下の四種類です。

サービス名 限度額
フリーキャッシング 最大500万円
おまとめローン 最大300万円
自営者カードローン 最大300万円
目的ローン 最大300万円

この四つの方法はそれぞれ適している場面が違い、限度額の大小だけで使い勝手が決まるわけではありません。

ただ、借入方法などを考えないとしたら、プロミスからの借入では、最大で500万円も借りる事が可能になっています。

500万円借りる為の方法としては一番上のフリーキャッシング(カードローン)となり、この方法は用途自由なので実際一番便利とも言えます。

限度額も多い上に使い勝手が良いなんて最高!…と諸手を上げて賛美したい所ですが、なかなかそう言ってもいられません。

どんな融資方法であったとしても、最初からその金融業者が定めた最高限度額で借入を使うのは非常に難しいのです。何故なら、その分審査が厳しくなるからです。

この辺の事情についてもっと詳しく見ていきましょう。

総量規制にも注意!プロミスで500万借りるのが難しい理由

例えば、あなたに対して「1万円貸して!」と言う人と「10万貸して!」という人が現れたら、どう思いますか?

二人とも同じくらい大切な人であったとしても、融資に際しての金銭的、そして心理的障害が少ないのは1万円の方ですよね?

プロミスとてこれは同じで、最初から500万を希望するというのなら、相応以上の返済能力が求められます。

しかも、プロミスのフリーキャッシングは総量規制の対象となりますので、収入によって貸し付け限度額が制限されます。

総量規制は融資において有名な決まり事ですが、詳細については以下の通りです。

総量規制とは、貸金業法にて定められた融資額の制限です。総量規制が適用されたら、最大でも年収の三分の一までしか金融業者は貸し付けができないのです。

この法律を踏まえてプロミスから500万円借りるとしたら、何と年収が1500万円は最低でも必要となります。

実際にそれくらい稼いでいる人からするとたいした事は無いなんて思うかもしれませんが、一般庶民がそこまで稼ぐのは難しいです。

そもそも、そこまで収入がある人でわざわざカードローンを使う人というのも少なく、500万円融資可能なカードを所持する人は圧倒的少数派です。

以上を踏まえて、500万円を目指すかどうかはさておき、少しでも限度額を増やしたい人向けの知識を説明していきます。

増額審査の基準を知ろう!大金を借りる為にまず必要な事

融資限度額を増やすというのなら、審査を受けないといけないのは先に少し説明しました。(こちらもご参考に→プロミスの増額はアプリで簡単にできる?

審査というのは、通るだけなら審査とは言いませんから、もちろんこの審査に落ちてしまう事だってあります。

こうした当たり前の決まりを聞くと、勘が良い方なら一つ気付いた事があるかもしれませんね。

プロミスの増額審査の基準については、基本としては初回融資審査とほぼ同じです。

そう、初回の融資審査だって通るか落ちるかヒヤヒヤしながら受けた人も多いように、増額とて通るか落ちるか、そしてその基準についても同じです。

その基本的な基準についてさっと記載します。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数

これら以外にも固定電話の有無や住居の形態がありますが、表に記載した基準に比べると優先度としては低くなります。

ただ、これらに加えて、増額審査では一つのポイントがかなり重要視されています。

それは『実際にお金を借りているか、その返済は遅れていないか』という事です。

これを返済実績とも言いますが、やはりプロミスとしても自社を使ったという実績が無いと、増額の判断はしかねます。

他の金融業者の利用履歴も参照するとは思いますが、他にちゃんと返済しても自社でも同じとはそうそう判断はできません。

審査基準の詳細は不明?それでも増額のコツってあるの?

増額の審査でも大切な基本的要素について記載した直後でこういうのも何ですが、融資の審査基準の詳細については不明です。

「それじゃあ先に説明した年収と職業が関係するかも分からないの?」と疑問に思うかもしれませんが、それも違います。

増額の審査で見ている部分は分かったとしても、具体的にどれくらいの状態が好ましいかまでは断言はできない、という事です。

少し分かりやすく図で説明しましょう。

☆増額審査で私たちでも分かる部分
増額の審査では実績と年収が大事だ。

☆増額審査で業者しか分からない詳細
増額の審査では○回分の実績、○○○万の年収で合格する。

返済実績が大事だからと1回だけ返済した状態では、仮に業者側が5回くらいの実績は欲しいと思っていれば、増額は成立しかねます。

そもそもこうした回数を実際に設定しているのか、もしかしたら他の要素の方が大事なのか…考えればキリがありません。

さらに言うなら、プロミスにはプロミスの、他の業者には他の業者なりの増額基準がありますので、仮に一社だけ分かっても他の業者で通用するかは別です。

そうなると増額のコツについても理解するのは不可能…と言いたいですが、コツはきちんと実在しています。

増額ではやっぱり実績が一番大事?実際の体験から分かる事実

ではプロミスにも通用する増額のコツについてですが、これに関しては再三述べているように、返済の実績が一番大事です。

返済の実績を積むには、お金を実際に借りて完済するまでが非常に大事です。途中で延滞でも起こしてしまえば、実績どころかマイナスになります。

単純に考えれば定期的に、たくさん借りてそれを一度も遅れずに返す事ですが、満額を無理して借りる必要というのはありません。

後、可能であれば繰り上げ返済を織り交ぜていくと、尚の事評価というのは高くなります。

カードローンは毎月の引き落としによる返済だけでなく、随時返済もできますので、極端に言えば一括で返せるなら一括返済が良いでしょう。

返済は早い方が私たちにとっては金利負担が減り、金融業者からすると計画的な人だと理解してもらえます。

実際、残額一括返済をしていると、相手から増額のお誘いが来た…という実例すらありますので、狙えるなら狙うのが吉ですね。

では、実績を積む上で大事な事をまとめ、次に行きましょう。

  • やっぱり増額では返済実績が一番大事
  • 定期的に、そして遅れずに返済をする事
  • 可能なら繰り上げ返済をする事でより効果アップ

増額出来ない基準も知ろう!何故増やせないのかは明白?

プロミスで増額しやすい基準もあれば、同時に増額が出来ないとされる基準も存在しています。

単純に考えれば成功する基準の真逆という事になりますが、それでは説明になりませんから、特に増額が厳しくなる状態についてはっきりさせましょう。

  • カードを作っても一切使用していない
  • 返済に遅れていると絶望的

当たり前の話になりますが、プロミスが審査に通してカードを発行しても、無理に使う必要というのはありません。

それがカードローンの魅力でもあるのですが、増額を目指すのに一切の取引が無いというのは、プロミスとしては増額する意味が見出せません。

増額はいわば、お得意様へのサービスです。一度も利用していない人はさすがにお得意様とは言えませんので、利用が無いなら増額は厳しいです。

また、一度でも返済に遅れてしまったという人の場合、プロミスからの信頼というのは極めて低くなります。

「一回くらい、一日くらいどうって事ない…」といい加減に考えていると、一人残らず返済の有無を確認しているプロミスの信頼を損ねます。

どうしても遅れる場合は先にこちらから連絡、どれくらい遅れて何日後に返せるかはっきり言えば、心象としてはマシになります。

ただし、それと遅れたというペナルティは別なので、増額したいなら、一回の遅れも出さない事を前提に考えて下さい。

実績以外はどうなの?増額のコツはまだあります!

増額する=今までの実績というくらい大事なので実績については、かなり細かく説明させていただきました。

そうなると実績以外はさほど重要じゃない?と思われがちですが、実績だけが良くてもプロミスの増額に成功するとは言えません。

例えば、最初に説明した総量規制にすでに引っかかっている場合、いくら実績が良くても、プロミスとしてはそれ以上は法令に引っかかるので増やせません。

ここで大事になるのは『変更点を伝える事』です。これを行わなかった場合、最初に申し込んだ条件のまま審査をしてしまいます。

増額前に伝えたい変更点としては、以下の要素となります。

  • 年収の増減
  • 仕事の変更

総量規制にすでに引っかかっているという場合、年収が増えたと伝えない限りはそれ以上借りる事はまず不可能です。

尚、年収が増えたのなら、その年収の数値を証明出来る書類が必要になりますので、以下の書類を用意して送りましょう。

  • 給与明細(賞与明細もあれば良い)
  • 確定申告書
  • 源泉徴収票

どれか一つあれば、プロミス以外でも確実に年収の変更が伝わるでしょう。

変更点を伝えるとどうなる?内容で変わる増額審査結果

さて、変更点を伝えたとして、どんな場合でも増額審査が有利になるというわけではありません。

例えば転職した場合、有利不利というのは転職先によってかなり違ってきます。

☆3年間勤めた民間企業から公務員へ
→安定した立場に転職した事で有利に

☆10年勤めた中小企業から同規模の中小企業へ
→勤続年数がリセットされてしまい不利に

仕事が変わった場合、勤め先が安定した職業なら有利になりますが、勤続年数が0になるのは疑いようもないマイナスです。

つまり転職した場合勤続年数では必ずマイナスとなりますので、安定した職業以外に転職したのならしばらくは増額申請も控えるべきでしょう。

しかし、上記のように公務員、あるいは日本有数の大企業に正規雇用されれば、その見方としては大きく変わります。

仕事の安定感と勤続年数、このバランスを見つつ、転職後の増額というのはタイミングを検討すべきなのです。

尚、年収が増えたという報告に関しては、今現在の仕事内容に関わらずプラスの報告であり、安定して昇給する仕事なら年に一回報告してみましょう。

報告の内容によっては、プロミスから増額しませんか?と聞かれる可能性もあり得ます。

結局増額するにはどうするの?審査に通る為の総括

プロミスの増額審査というのもなかなか慣れるまでは複雑で、説明に関しても多少難しく感じたかもしれません。

なので、今回の記事の総括を分かりやすく記載しますので、おさらいとしてお役立て下さい。

  • プロミスでは最大500万円まで増額できる
  • 増額には審査があるのでそこまで借りるのは簡単では無い
  • 増額審査で一番大事なのは返済実績である
  • 返済実績以外の基本的な融資審査基準も見られる
  • コツを抑える事で総量規制内で増額可能

こうして一連の流れで見てみると、頭の中でも整理がしやすいですね。

結局の所、増額するには実績を積みながら、総量規制内で無理なくお願いしていく…この一点に尽きると言えます。

中には最初の申し込みから欲張って最大限度額で希望して審査落ちしたり、増額について最初から諦めている人も居ます。

でも、今回説明したコツというのは、プロミスを無難に利用していれば誰でも自然と増やせる可能性があります。

プロミスでの増額は焦らず、一生でも使える限度額にする為に長く付き合う気持ちで、ゆっくりと育ててみてはいかがでしょうか?

限度額は増えるだけじゃない!?減額される可能性にも注意を

最後に、限度額を増やす上で注意してもらいたい『減額』の存在について説明します。

「融資限度額って減る事があるの?」と不思議に思うかもしれませんが、実際のケースとしても存在しています。

  • 返済に遅れる(特に常習犯)
  • 収入と総量規制による見直し
  • 増額審査での見直し

返済に遅れた場合ですが、これはむしろ減額で済んだらマシな方で、悪質だと判断されたら利用停止になる事もあります。

また、収入が減ったのを報告すると、総量規制の問題から限度額の限界が下がるので、それで下げられる事があります。

ただ、こうした事情で素直に報告した場合、減額こそされても利用停止にはなりにくいので、年収が下がっても報告はしましょう。

そして最後に増額審査での見直しについてです。「なんで増額希望で減らされるの?」と不思議に思いますよね?

増額審査を受ける際、注意書きや電話口で伝えられる事があるのですが、減額されたり利用停止になる事があるのは教えてもらえます。

その理由は簡単で『増額審査では融資審査基準を全て見直す』からと言えましょう。

昔見た時の審査基準と増額審査の時の基準では変化している事もありますから、その観点での見直しとして減額はあり得る話です。

とはいえ、増額を希望する人は今までの実績がある人が多いので、実績さえあるなら減額はされにくい事をお伝えしておきます。

プロミスでもこれは共通していますので、減額は回避し、そして増額だけをし続けられるように是非頑張って下さいね。

【参考ページはこちら】
プロミスの増額申請はコールセンターのみ?

新着記事
TOPICS