> > 源泉徴収票などの書類は要る?プロミスに増額希望する時のコツ!

源泉徴収票などの書類は要る?プロミスに増額希望する時のコツ!

思ってもみない時に必要になるのが、お金。そんなにたくさんのお金、急に用意できないよ~!なんて、思ったことはありませんか?

まさかの事故や、急な物入りの時に、カードローンに余裕がなかったら、せっかくカードローンを利用している意味がありませんよね。

急な出費のために、プロミスでは、増額希望を出すことができます。増額希望をできるかぎりスムーズに出すには、どんな準備が必要なのでしょうか。

ここでは、プロミスに増額希望を出す時に必要な書類や手続きをわかりやすく解説します。

あなたは大丈夫かチェック!プロミスに増額希望を出せる人って?

まずは、そもそも、プロミスに増額希望を出すことができるかどうか、チェックしてみましょう。

増額希望を出すことができるのは、当然ながら、プロミスの審査に通って、現在プロミスを利用できている人だけですね。

その中で、全員が全員、プロミスに増額希望を出して通るかというと、そうではありません。

プロミスをある程度の期間利用し続けることが重要

まず、プロミスに増額希望を出すことができるのは、ある程度プロミスを利用している人です。

たとえば、プロミスに申し込み・契約して、1週間しか経っていないのに、増額希望を出しても、希望は通りません。

増額には審査があり、その審査に通るためには、プロミスを利用してある程度の月日が経っていないとならないからです。

最初の申し込み時の審査で、あなたの収入や立場に合った限度額が決められたのに、それからたったの数週間で、急に限度額がアップするわけもありませんよね。

増額できる時は、あなたが、プロミスに「良いお客様」として認められた時です。あなたにお金をたくさん貸せば、金利で儲かることができる、と、プロミスが思った時に、あなたの限度額を増額するのです。

ですので、増額希望を出してもオッケーなのは、プロミスにとって信用度が高い人です。

信用度を上げるには、プロミスで、延滞などの事故を起こさずに、きっちり利用し続けることが大事です。

多くの場合、半年くらい利用し続ければ、増額できるといわれています。

収入が上がった時はチャンス!

次に、増額できるチャンスは、収入が上がった時です。

契約時の審査では、あなたの収入に見合った金額で限度額を設定しています。あなたの収入に合った金額ではないと、借りすぎた場合に、返済できなくなることがあるかもしれないからですね。

ですので、収入がアップすれば、それとともに、借りられる金額も上がってしかるべきなのです。

プロミスでは、定期的な年収のチェックはありませんから、あなたが黙っていたら、あなたの収入が上がったことや転職したことなどは伝わりません。

ですので、「収入が上がったので、増額してください」と、きっちりプロミスに伝えましょう。

ただ、その時のあなたの借入額やプロミス利用期間によって、必ず増額できるとは限らないことを覚えておきましょうね。

注意!転職してすぐは増額できない可能性が高い

注意です!あなたの収入が上がったとしても、増額希望を出せない時があるのを覚えておきましょう。

それは、転職したばかりの時です。転職して、収入アップした!と喜んで、プロミスに増額希望を出したところ、あれれ?収入アップしたのに、増額できなかった!なんてことがあるのです。

それは、あなたが転職して間もないからです。

転職したばかりだと、あなたがその職業で定期的に収入アップする「見込みあり」の状態なわけです。

プロミスを始めとしたカードローンでは、何よりも、安定した収入が大事です。たとえ不動産を持っていたとしても、定期的な収入がなければ、カードローン審査で落ちてしまうでしょう。

お金は使えば使うだけ減るものですから、入ってくる収入がなければ、カードローンに金利を含んだ返済をすることができません。

ですので、転職してすぐでは、今後長期間にわたって安定した収入が得られるかまだわからないと判断されて、増額できない場合があるのです。

転職して最低3カ月~半年くらいは経ってから増額希望を出すと、増額できる可能性がアップすると言われています。

プロミスに増額希望はどうやって出せばいいの?

増額希望を出す自信がついたら、いざ、チャレンジしてみましょう!プロミスに増額希望を出すには、どうしたらいいのでしょうか。
(⇒プロミスの増額審査に通りやすいタイミング

かんたん増額!プロミスの専用ダイヤルに電話しよう

プロミスで増額希望を出すには、専用ダイヤルに電話するだけでオッケー。わずらわしい書類をたくさん書いたり、フォームに入力したりする必要はないんですね。

これなら、思ったよりかんたんに増額希望を出すことができそうですね。

プロミスの増額希望専用ダイヤルは、9時から21時までフリーダイヤルで受け付けしています。

インターネットの会員ページで増額申請もオッケー

最近では、電話だけではなく、インターネットで増額申請もできるようになっています。

プロミスの会員ページにログインして、増額申請をすればオッケーです。増額申請は「限度額変更申し込み」からできます。

プロミスの増額には審査がある

重要なことを覚えておきましょう!増額希望を出したからといって、必ずしもプロミスに増額してもらえるとは限りません。

電話やインターネットで増額希望を出したら、急に増額してもらえると思っているあなたは要注意です。

増額希望を出してから審査があるので、審査のために必要なものはぜひ用意しておきましょう。

また、この増額審査は、最初にプロミスに申し込みした時の契約時の審査とは少々違います。

信用度を問う審査であることは変わりがないのですが、一度契約した人なので、そこまで細かな審査はしないといわれています。

しかし、審査の実際の中身は、企業秘密ですし、会社の都合によっても変動することですので、正直なところ、審査を受けてみないとわからないものなのです。

これでオッケー!増額希望を出す時に必要な書類一覧

「どうしてもお金が必要だ!」そんな時は、とにかく、まず申し込みしてみましょう。プロミスに増額希望を出す準備をしましょう。

増額希望時に書類提出が必要になる人

申し込み時に必要なものは、出来る限りスムーズに用意しておきたいですね。増額希望時に必要なものはあるのでしょうか。

増額希望をするお客様全員に、用意する書類が必要なわけではありません。書類が必要な方は、以下の条件を満たす方です。

  • 希望する限度額が50万円を超える
  • プロミス以外での借り入れと、プロミスでの限度額を合わせて100万円を超える

50万円以上の大口の契約には、書類が必要なのですね。また、プロミスだけではなく、他社からも借り入れがある方は要注意です。

プロミスでは10万円くらいしか借りていなかったとしても、他社に合計90万円以上借り入れがあれば、書類提出が必要です。

源泉徴収票などの必要書類一覧

増額希望の場合、プロミスに提出が必要な書類は、以下です。

以下すべての書類が必要なわけではなく、以下の中から一点だけで良いのでご安心くださいね。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(最新2ヶ月+1年分の賞与明細書)

「ボーナスなんてないよ!」と不安に思うあなた。ご心配なく。賞与明細書がない場合でも可能だということです。

とにかく、あなたの最新の収入がわかる書類があれば大丈夫、というわけですね。

源泉徴収票?確定申告書?何がベストなの?

源泉徴収票とか確定申告書とか言っても、いったいどういうものなのかよくわからない、という方もいるかもしれませんね。

プロミスの増額のためには、私には収入がばっちりあるため、今以上に借りてもしっかり返せますよ、というふうに伝える必要があります。

ですので、あなたの収入を証明する書類があれば大丈夫です。

その収入証明書の代表が、源泉徴収票です。会社勤めの方は、毎年一回、年末調整の時に源泉徴収票をもらうはずです。

それを提出すれば、一年の収入がわかりますので、プロミスにとっても審査がしやすく、ベストといえます。

しかし、ここ最近の給与明細書があれば、それでもかまいませんので、用意しやすいもので大丈夫でしょう。

自営業の方の収入証明書の代表は、確定申告書ですね。源泉徴収票がない場合は、最新の確定申告書を用意すれば大丈夫です。

また、アルバイトやパートの方でも、プロミスは申し込みできます。源泉徴収票がない場合、最新の給与明細書でも大丈夫です。

しかし、収入証明書が必要なほどの限度額の増額は、一般的に、アルバイトやパートの方には向かないかもしれませんね。

アルバイトやパートだと、社員や公務員に比べると収入が低いので、限度額を50万円以上に増額するのは、珍しいことと言えるからです。

プロミスよりもかんたんに増額できるカードローンはあるのか

以上で見た通り、プロミスでは、50万円以上の限度額を増額希望する時には、源泉徴収票などの書類が必要です。

もしかして、「たったの50万円で?!」と思った方もいるのではないでしょうか。

確かに、源泉徴収票などを用意するのは、急いでいるときには若干面倒くさく感じるかもしれませんね。

プロミスよりもかんたんに増額希望を出せるカードローンはあるのでしょうか。

消費者金融会社の場合はほぼ横並び!

プロミスを始めとする消費者金融会社では、ほとんどのカードローン会社で、「50万円以上」で収入証明書が必要です。

また、他社の借り入れと合わせて、100万円というラインも同じです。

ですので、消費者金融会社で増額希望を出す時は、必要書類に関していえば、どれも同じだと思っておきましょう。

銀行の場合は100万円以上でも証明書は要らない

一方、銀行の場合は、限度額が100万円~200万円程度の間までは、源泉徴収票を始めとする収入証明書が不要です。

消費者金融会社に対して、ずいぶん高額までオッケーなのですね。

その理由は、銀行であれば、「総量規制」がないからです。

総量規制とは、消費者の借り過ぎを防ぐため、年収の3分の一以上は借りてはならないというルールです。

消費者金融会社のカードローンやクレジットカードのキャッシングでは、総量規制の対象なので、一定以上の借り入れをする場合には、

「年収の3分の一を超えていませんよ」という証明をしなければ借りられないのです。

そういう点でいえば、プロミスよりも、銀行の方が増額希望をかんたんに出すことができるといえます。

源泉徴収票がなくても希望を出せるのは、急いでいる時にうれしいですよね。

しかし、銀行の審査は、増額の時でも契約の時でも、消費者金融会社に比べると厳しいといえます。

借りる金額が高ければ、なおのこと、かんたんに貸すというわけにもいかないので、審査は厳しくなることが予想されます。

ですので、増額しやすいのは、総合的に見ると、銀行カードローンよりも、プロミスかもしれませんね。

増額希望という観点でお話してはきましたが、カードローンというものは、総合的に判断することが大事です。

増額のしやすさのみならず、金利やサービスなど、様々なものを比較して、ご自分で納得してカードローンを選ぶようにしましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスの追加融資は簡単にできる?

新着記事
TOPICS