> > どちらが良い?三井住友銀行カードローンとプロミスの違い

どちらが良い?三井住友銀行カードローンとプロミスの違い

銀行カードローンの中でも、トップクラスの人気を誇る三井住友銀行カードローン。

また、消費者金融会社の中でも人気が高いのは、三井住友グループのプロミスが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

三井住友銀行カードローンとプロミス。どちらが良いの?と迷っているあなたへ。

両者の違いと、メリット・デメリットについて、わかりやすくまとめました。あなたにとってどちらが良いのか考えるための参考にしてみてくださいね。

三井住友銀行カードローンとプロミスは何が違うのか

そもそも、三井住友銀行カードローンとプロミスは、何が違うのでしょうか。
(⇒三井住友とプロミスのカードローンはいっしょ?

両方とも、同じ三井住友グループだから一緒なんじゃないの?と思うかもしれませんが、実はこのふたつのカードローンはまったく別物なんです。

カードローンは大きくわけて2種類ある

カードローンとひとくちに言っても、その種類は様々あります。

大きく分けて、カードローンには2種類あります。銀行のカードローンと、消費者金融会社のカードローンです。

銀行のカードローンは、都市銀行や地方銀行が出している商品であるカードローンです。

一般的に、どの銀行もカードローン商品を扱っていますから、銀行のカードローンにも多くの種類があります。

とはいえ、その数も、消費者金融会社のカードローンには負けます。

消費者金融会社のカードローンは、大企業のみならず、地域密着型の中小のカードローンも合わせると、非常に多くあるのです。

また、細かく言えば、消費者金融会社の中でも、「銀行系」とそうではないものがあります。それについてはまたあとで解説します。

三井住友銀行カードローンは「銀行」のカードローン

三井住友銀行カードローンは、銀行のカードローンです。さらに、銀行のカードローンの中でも、大手なので、大変人気があります。

銀行のカードローンの中で人気なのは、やはり、安心感の強い大手の都市銀行カードローンです。

三井住友銀行カードローンを含む、都市銀行のカードローンには、「みずほ銀行カードローン」「バンクイック」などがあります。

一方、ネット銀行や地方銀行のカードローンは、そもそもその地域に住んでいる人しか借りられないルールがあるカードローンもあるくらいですから、その地域ごとに人気のカードローン会社が分かれています。

もちろん、ネット銀行や地方銀行も、サービスが充実していますが、

三井住友銀行カードローンのような都市銀行のカードローンに比べると、限度額や即日融資の面では劣っていますので、まずもって人気なのは大手都市銀行カードローンです。

プロミスは「銀行系」消費者金融会社

次に、プロミスです。

プロミスは、消費者金融会社のカードローンです。

でも、プロミスは「三井住友銀行」とセットで宣伝しているので、「あれ?銀行のカードローンなんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

プロミスは、銀行のカードローンではなく、消費者金融会社のカードローンです。

ただ、三井住友の傘下の消費者金融会社なので、「三井住友銀行グループ」と宣伝しているのです。

プロミスのように、銀行の傘下に入っている消費者金融会社のカードローンのことを、「銀行系カードローン」と言ったりします。

「銀行」と冠がついているので、銀行のカードローンかと思われがちですが、実質は消費者金融会社です。

銀行系カードローンと消費者金融カードローンの違い

プロミスのような銀行系カードローンと、一般的な消費者金融会社のカードローンは、何か違いがあるのでしょうか。

ひとつは、知名度です。銀行系カードローンだと、消費者金融会社よりも知名度が高くなります。

また、銀行の名前がついているので、イメージアップできて安心感も増し、人気も出ます。

もうひとつは、借り入れや返済時の便利さが変わってくるということです。

銀行系カードローンだと、その銀行のATMが手数料ナシで使えるというサービスがあるところがほとんどです。

ATMでの手数料はばかになりませんから、手数料無料のサービスがあるのはうれしいですね。

銀行系カードローンであるプロミスでは、プロミス専用のATMの他、借り入れや返済の時に、三井住友銀行のATMが利用できます。

金利は?即日融資は?サービスの違い

三井住友銀行カードローンとプロミスの大まかな違いを見てまいりました。それでは、金利やサービスなど、具体的な違いを見てまいりましょう。

気になる金利。プロミスと三井住友銀行はどっちが低い?

金利は、お金を借りた時にカードローン会社に支払うお礼のようなお金です。金利を、借りた金額にプラスして返済するのがふつうです。

サービス料のようなものなのですから、同じお金を借りるのならば、金利は、出来る限り安く済ませたいものですよね。

三井住友銀行カードローンの金利と、プロミスの金利を比較しました。また、最大限度額も同時に比較しました。

カードローン名 金利 最大限度額
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 800万円
プロミス 4.5~17.8% 500万円

三井住友銀行カードローンの方が金利が低いのは、銀行のカードローンだからです。消費者金融会社よりも銀行のカードローンの方が、4パーセント~ほど金利が低いのです。

プロミスも、銀行系のカードローンではありますが、消費者金融会社と同様に、金利は高めです。

ただ、金利が高め分、プロミスはサービスが充実しています。

プロミスには無利息期間があるというのが、最大のサービスです。

プロミスでは、初めての方限定で、30日間の無利息期間があります。三井住友銀行カードローンにはありません。

無利息ということは、無料でお金を借りられるということですから、金利は0パーセント!いくら低金利カードローンだとしても、これには勝てませんよね。

長期的に借り入れするのであれば、金利の面では、三井住友銀行カードローンの方がお得ですが、30日以内の短期の借り入れであれば、プロミスの方がお得といえます。

また、最大限度額も、三井住友銀行カードローンの方が、プロミスよりも多いですね。

ただ、最大限度額に違いがあるとはいっても、一般的な職業の方では、10万円~50万円程度が平均的な限度額ですので、最大限度額を比較するのはあまり意味がないかもしれません。

三井住友だけではなく、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行など、銀行の方が、消費者金融会社に比べると、限度額は高くなっています。

たとえば、みずほ銀行カードローンは、銀行の中でも最大の1000万円という限度額です。

プロミスは、消費者金融会社の中では、限度額は高い方です。大手である証明ともいえます。

スピード重視ならばプロミスが有利!

お金が必要な時って、いつも突然ではありませんか?すぐにお金が必要な時に、即日融資してもらえるのはうれしいですよね。

即日融資してもらいやすいのは、銀行よりも消費者金融会社です。

銀行だと、カードローンの申し込みから、カードの発行まで、長くて2~3週間もかかってしまうところもあるくらいです。

そこが、消費者金融会社であれば、スピードの良さをウリにしているという面もありますから、最短30分でカード発行というのも一般的なのです。

とはいうものの、最近では、大手都市銀行のカードローンは即日融資をしてもらえることが当たり前になってきています。

三井住友銀行カードローンもそのひとつ。なんと、銀行なのに、最短30分でカード発行可能ということなのです。

これなら、プロミスにも負けないですよね。プロミスも、最短30分でカード発行という宣伝をしています。同じくらいスピーディーなのです。

それでも、プロミスの方が、スピードの面で若干有利といえます。それは、「お試し審査(仮審査)」ができるからです。

本当に急いでいる時に、落ちるとわかっているカードローンに申し込みするのは避けたいですよね。

そんな時、インターネット上で気軽にできる仮審査が役に立ちます。

インターネット上で、必要項目を記入して、送信するだけで、パソコンの画面上にパッと結果が出るのが仮審査です。

その必要項目も、希望金額や年収などの3~4個くらいの項目で済みますし、最短1分審査で、超・スピーディーですよね。

名前や連絡先などの個人情報を登録することはありませんので気軽に行うことができます。急いでいる時に、手軽で便利です。

その仮審査は、残念ながら、三井住友銀行カードローンにはありません。一方、プロミスにはそのサービスがあります。

その点で、プロミスの方が、急いでいる時に、少しでもスピーディーに結果を手に入れることができるといえます。

ただ、仮審査での結果は、あくまで目安であり、実際に申し込みしてみての本審査での結果と、必ずしも一致しないことに注意しておきましょう。

手数料は三井住友銀行カードローンの方がお得

カードローンで即日融資してもらうときに便利なのは、ATMですよね。

そのATMを利用する時の手数料は、三井住友銀行カードローンとプロミスでは、三井住友銀行カードローンの方がお得です。
(⇒プロミスはコンビニで借入が便利!

三井住友銀行カードローンも、プロミスも、提携しているATMは多いです。以下、提携しているATMのまとめです。

カードローン名 銀行の提携ATM コンビニの提携ATM
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行・ゆうちょ・各都市銀行 イーネット・ローソン・セブン銀行
プロミス 三井住友銀行 イーネット・ローソン・セブン銀行

イーネットは、ファミリーマートやミニストップなど有名コンビニエンスストアで借り入れできる機関です。

三井住友銀行とプロミスでは、銀行カードローンなど少々の差はあっても、たいていのコンビニでは借り入れができます。

このように、提携ATMは両者ともたくさんあるので、急な借り入れの時に安心ですよね。

しかし、手数料の面では、圧倒的に三井住友銀行カードローンの方がお得です。三井住友銀行カードローンは、コンビニでのATM利用の手数料が基本的に無料だからです。
カードローン名 提携ATM 手数料
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行・ゆうちょ 無料
イーネット・ローソン・セブン銀行 無料
各都市銀行ATM 有料(金融機関によって異なる)

三井住友銀行は、コンビニでも無料なのがうれしいです。対して、プロミスでは、手数料がかかります。以下の表を参照してください。

カードローン名 提携ATM 手数料
プロミス 三井住友銀行 無料
イーネット・ローソン・セブン銀行 有料(108円~216円)
各都市銀行ATM 有料(金融機関によって異なる)

コンビニでの借り入れは、プロミスだと手数料がかかります。

この手数料は、他の消費者金融会社と比べても同じです。プロミスだから手数料がかかってしまう、というわけではありません。

むしろ、プロミスは、三井住友銀行のATMが手数料無料で使えるという分、他の消費者金融会社よりもお得といえるので、プロミスのメリットのひとつとして、覚えておくと良いでしょう。

審査に自信がない時はどちらが良いの?審査の違い

いくらサービスが充実していても、契約できないのであれば、意味がありませんよね。

カードローンには審査があります。「審査」と聞くと、ちょっとイヤだな・・・と思う方の方が多いのではないでしょうか。

その不安を解消しましょう!三井住友銀行カードローンとプロミスでは、審査にどのような違いがあるのでしょうか。

プロミスと三井住友銀行カードローンの審査方法

プロミスと三井住友銀行カードローンに申し込みするのは、両方とも、大変カンタンです。

プロミスも三井住友銀行カードローンも、インターネット上からパパっと申し込みできるので、忙しいあなたにも最適ですね。

両者とも、インターネットで24時間365日申し込みオッケーです。また、インターネット上で申し込みから契約まですべて完了するところも同じです。

忙しい時は、店頭や郵便局に出かけるのも大変ですから、ネット上で完結するのは大変便利ですよね!

また、最短30分ほどで即日融資をしてもらえるところも、三井住友銀行カードローンとプロミスの共通点です。

このように、申し込みや審査について、便利なところはほとんど共通していますが、多少条件が異なるところもあります。

申し込みできる条件や方法について、三井住友銀行カードローンとプロミスが異なるところを表にまとめました。

カードローン名 申し込み条件 内容
三井住友銀行カードローン 申し込みできる年齢 20歳~65歳
プロミス 申し込みできる年齢 20歳~69歳
カードローン名 申し込み条件 内容
三井住友銀行カードローン 収入証明書提出が必要な希望金額 300万円
プロミス 収入証明書提出が必要な希望金額 50万円

総量規制に注意!大口契約したいのならば三井住友銀行

もしあなたが50万円以上の大口の借り入れをしたいのであれば、プロミスよりも三井住友銀行カードローンの方が向いているといえるでしょう。

なぜなら、「総量規制」というルールがあるからです。

総量規制は、あなたの年収の3分の1以上は、借り入れしてはならないという法律です。

ですので、もしあなたの年収が300万円だとすると、何社から借り入れしようとも、合計して100万円までの借り入れまでしかしてはならないのですね。

しかし、それだと、住宅ローンなどの大きな借り入れは、年収が何千万円もあるような方でないとできなくなってしまいますよね。

ですので、「総量規制の対象外」として、枠がもうけられています。対象外であれば、年収の3分の1を超えても借り入れできることになっています。

銀行での借り入れは、総量規制対象外なのです。ですので、大きな金額を借り入れしたい時は、三井住友銀行カードローンで借り入れする方が安心です。

一方、プロミスでは、消費者金融会社ですので、総量規制の対象です。あなた自身の年収と、希望借り入れ金額のバランスを考えて申し込みすることが重要です。

審査に自信のないあなたはプロミスに挑戦しよう

カードローンの審査に通りやすいのは、安定した収入のある方です。
かつ、他の会社に借り入れがない場合は、よりいっそう借り入れしやすくなります。

中でも、都市銀行カードローンの審査は、カードローンの中でも基準が厳しいといわれています。

ですので、会社員や公務員など、安定した収入のある方は、あなたの希望に合うのであれば、三井住友銀行カードローンに申し込みするのも良いでしょう。

一方、アルバイトやパートの方や、契約社員など、収入が少なかったり、月によって不安定な方は、プロミスの方が安心といえます。

消費者金融会社の方が、審査基準が銀行よりも甘いと言われているので、審査に通る可能性が高くなるからです。

ただ、消費者金融会社の中でも、サービスが充実している上に、銀行系の消費者金融会社であるプロミスは、全国にいくつもある中小の消費者金融会社に比べると、審査は厳しいです。

ブラック扱いになっているかも・・・と不安なあなたは、プロミスであれば絶対に審査に通るというわけではないので、注意しておきましょう。

どちらが良いのか迷った場合は同時申し込みもオッケー

さて、ここまで、三井住友銀行カードローンとプロミスの違いを見てきました。

あなたは、あなたにとってどちらが良いか、イメージがつきましたか?

まだ迷うあなたは、同時申し込みしてみるのもよいかもしれません。

カードローンは同時申し込みしても大丈夫

「えっ?別々のカードローンに同時申し込みしてもいいの?」と、意外に思う方もいるかもしれません。

カードローンやクレジットカードに同時申し込みしてはならないという法律はありませんので、気になるカードローンがあれば同時に申し込みしても大丈夫です。

しかし、限度はあります。法律があるというわけではありませんが、申し込みして、同時にすべての会社の審査に落ちてしまった場合、あなたは突然「申し込みブラック」になってしまう恐れがあるのです。

審査に落ちたという情報が、あなたの信用情報機関に載れば載るほど、その情報を見たカードローン会社が、あなたのことを怪しんでしまいます。

怪しまれれば、今後も、ローンの審査に落ち続けてしまうでしょう。

ですので、カードローンは、多くて2~3社に同時に申し込みするのが限度です。

また、たとえ2社であったとしても、同時に審査に落ちてしまえば、それなりのリスクはありますので、覚悟して申し込みするべきです。

プロミスと三井住友銀行カードローンは同じ審査会社

三井住友銀行カードローンとプロミスには同時に申し込みしても良いわけですが、同時に申し込みするには、この組合せはあまり良くないのかもしれません。

というのも、三井住友銀行カードローンとプロミスは、審査する機関が同じだからです。

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行が、プロミスはプロミスが審査していると思われがちですが、実際は、保証会社が審査しています。

両者とも、同じ三井住友銀行グループですから、保証会社が一緒なのです。

ですので、同時申し込みしても、同じ機関で審査されるので、あまり意味がありませんよね。

とはいうものの、三井住友銀行カードローンとプロミスでは、審査基準が多少違うので、どちらかには通ってどちらには落ちるというのもありえます。

でも、同時申し込みにはリスクもありますし、できれば、あなたに合った方を選んで、申し込みできると良いですね。

【参考ページはこちら】
プロミスと三井住友銀行の違いとメリット

新着記事
TOPICS