> > プロミスの借入は信用が大切!ブラック情報について気を付ける事

プロミスの借入は信用が大切!ブラック情報について気を付ける事

プロミスで借入する時の審査基準で属性と共に大きな比重を占めるのが本人の個人信用情報です。信用情報とは、金融事故などマイナス履歴がないかを確認する為の信用情報機関での照会事項の事です。このマイナス履歴があると信用が著しく無いとされ、審査にもかなり影響されるのです。

金融事故が審査に与える影響

金融事故って何?そう思われる人もいるでしょう。金融事故とは文字通り金融関係での事故の事です。金融関係の事故とはどういうものを言うのでしょうか。一般的にクレジットカードやカードローンなどでの返済の大幅な滞納不履行などを言い、その情報が信用情報機関へ登録されたものの事を言います。どのような内容があり、どれだけの期間登録履歴が残るのかを下記にまとめます。

  • 全国銀行個人信用情報センター
事故内容 履歴の消滅
延滞  5年
代位弁済  5年
任意整理  5年
自己破産  10年
  • CIC
事故内容 履歴の消滅
延滞  5年
任意整理  5年
自己破産  7年
  • JICC(日本信用情報機構)
事故内容 履歴の消滅
延滞  1年
強制解約  5年
任意整理  5年
自己破産  5年

個人信用情報機関は上記のように3機関あり情報を共有しています。その中で支払延滞などについての情報が履歴として残ってしまったものをブラックリスト…事故情報と言います。この情報を照会する事の出来る金融機関は与信の際、この登録履歴があった人には融資は行いません。詳しく事故情報についてお話ししましょう。

金融事故には大きく分けて、延滞、代位弁済、債務整理、自己破産、強制解約、があります。そしてその情報は一旦履歴として登録されると5年から長いもので10年残ってしまい、借入したいと思ってもその期間はすべての金融機関での借入はストップされます。審査も否決される事となります。

  • 延滞

返済期日までに返済が行われなかった場合、1日遅れただけでも遅延なのですが、事故扱いとして履歴登録されるのは3か月以上の延滞を言います。遅れても返済を済ませた場合は延滞金は無くなりますが、履歴そのものは上記のように一定期間消えません。

  • 代位弁済

債務者ではなく保証会社より一括返済を受けた形で、保証会社へ債務が移る事です。延滞が長期間になった場合に生じる金融事故ですが、住宅ローンのように保証会社を付ける場合にのみ発生するものです。

  • 債務整理、自己破産

任意整理や法的整理で債務整理を行う事、延滞の状態や債務整理の状況が履歴登録されます。

  • 強制解約

延滞や債務整理によってカード会社が強制的に契約を解約する事、内容が事故情報として登録されます。

金融事故を起こさない為に

このように様々な金融事故と呼ばれるものがありますが、上記表にあるように、一旦履歴登録されてしまうと、長いものは7年、10年と履歴消滅までにかかってしまいます。

プロミスだけでなくカードローンに申込もうと思っても、金融事故の情報があったのでは、どの金融機関での審査も否決されてしまうでしょう。それ程信用情報と言うのは重要視されるのです。

あまり知られていないようですが、携帯電話代金の未納や通販で買い物をした時の支払が遅れてしまった、などと言う場合も信用情報に履歴が登録されるので気を付けて下さい。こんな事くらい大丈夫だろうと考えないで、支払は早めに行うように努力して下さい。

携帯電話代金の中には携帯使用料に加えて端末本体の分割料金がカード支払となって含まれているのです。3か月以上滞納すると金融事故として登録されます。通販での振込用紙をついうっかり忘れていて、1800円の支払いが3か月滞納となってしまい金融事故登録となった、など気を付けていれば防げる事ですね。

任意整理や自己破産に至っては、無計画に借入を重ねた事によって返済が出来なくなると言う、まさに典型的な借り過ぎによる金融事故です。こうなる前に借入には充分な計画と無理のない返済計画が必要なのです。特に多重での借入が制限されている総量規制の為に借入が出来なくなり任意整理を行ったり自己破産に追い込まれる人が多いようですね。

金融事故の履歴は長く残ります。プロミスへの申込みもこの履歴があるとまず審査には通りません。日頃から自分の信用は自分自身で積み重ねて行くものだと言う事を忘れず、借入と言うものと向き合わなくてはいけないのではないでしょうか。あまりに簡単に借入できてしまうカードローンにはその簡単さゆえ使い過ぎてしまう、と言う落とし穴があります。

借入れると言う事が当たり前になってはいけないのです。あくまでも借入は借金です。借金気質となってしまうと無くなったらまた借りれば良いと借りる事を何とも思わなくなってしまうのです。そうなってしまうとなかなか軌道修正出来難くなります。借りた物は必ず期日内に返す。これが最低限守らなくてはいけないルールです。

1日くらい遅れても良いだろう。こんな小さな金額少々遅れたって問題ないだろう。携帯電話の使用料金またまた延滞しちゃった。そんな気持ちが金融事故を引き起こし、自分自身の信用を失墜してしまう事になるのです。そうならない為にしっかりとお金を借りると言う現実と向かい合う必要がありますね。

信用実績を積む為に必要な事

個人信用情報で確認出来るのは金融事故などのマイナス履歴だけではありません。個人信用情報には支払情報と属性情報があるのです。プロミスのカードローンに申込みするとプロミスは個人信用情報を照会し本人の情報のチェックをします。申込書に記載された状況と信用情報が相違していないか、他社との取引がないかなど確認し総合的な判断をします。

属性情報では年齢、勤務先、勤務形態、年収など本人に関する個人情報が確認出来るのです。プロミスでも申込みの前に個人情報に関する同意事項に同意してから申込むようになっており。同意事項には個人信用情報への登録を行う旨と信用情報を与信判断の目的で利用すると明記されています。

属性に関しても嘘の申告はしないようにして下さい。勤務形態や年収など、解らないだろうとパートなのに正規社員と記入したり年収を多めに申告する事はやめましょう。つい嘘の申告をしてしまった事で信用の無い人と決められる事にもなりかねません。
(⇒プロミスでは勤続年収の確認もされる?

こんな事くらい大丈夫だろうと簡単に思ってやってしまった事が信用失墜のもととなり、反対にコツコツと返済期日より早めに返済する、月々の返済に加えて余裕のある時には多めに返済する。借入は計画的に返済の都度むやみに借入を繰り返さない、などを心掛ける事により信用度は上がって行くのです。

金融機関は顧客のここを見る

申込みを受けた金融機関はまず申込本人についての情報をチェックします。

個人信用情報照会でのチェック

申込み書(インターネットなら入力項目)の内容のチェックから審査が始まります。審査が何故必要なのかは言うまでもありませんが、金融機関が望む事は貸したお金をきちんと回収出来ると言う事なのです。この顧客は100%回収の見込みがあるかどうかを見極める事が審査の大きな目的なのです。

申込み内容のチェックに加えて個人信用情報の照会をし、顧客の信用情報をチェックします。申込内容と相違がないかも併せてチェックするので、ここで嘘の申告をしていてもすべて分ってしまうので注意が必要です。様々なチェックを終え、最終的にこの人に融資は可能かどうか可能であるなら限度額はいくらにするかを決定するのです。

申込書の内容について

  • 申込者の生年月日、勤務先、年収、勤務形態などの確認
  • 申込書に記載の申告内容に相違がないか、偽りの申告をしていないか

個人信用情報について

  • 他社での借入状況、延滞など、公共料金などの延滞の有無
  • 債務整理などの金融事故はないか
  • 同時期に他社への申込を多重にしていないか

以上のような項目をチェックして融資可能かどうかを判断します。融資可能であれば融資可能額はいくらかなど、具体的な事を決定します。

融資不可となる情報はこれ!

下記のような情報があった場合、金融機関では回収不能になる可能性が高いとし、融資不可と判断されるでしょう。

  • 過去にローンなどの返済で延滞をした事がある
  • すでに他社4件以上で借入があり限度枠が合計100万円を超えている
  • 1か月の内に3社以上へ同様の申込をしている

もちろん金融事故の履歴については言うまでもありませんね。このように審査をする為には個人信用情報は重要な役目を果たします。すでに前の項目でお話しした通り現在日本には3つの信用情報機関があり、登録された情報は共有されているのです。

当然プロミスへの申込も個人信用情報機関へ個人情報として登録されるのです。登録されるものは必ずしもマイナス履歴となるばものばかりではありません。返済期日をしっかりと守り優良顧客となる事で、信用情報にはプラスの判断情報となる事もあるのです。

自分の信用情報に関しても直接本人からの開示請求で確認する事が出来ます。何も問題は無いと思っていてもいざ申込しようかと考えた時、過去に問題はなかったか不安になる事もありますよね。情報を開示請求して確認する事で安心して申込できますね。インターネットでも開示出来るので活用して下さい。

決して金融事故などでマイナスの情報が登録される事のないように、くれぐれも計画的な借入れ、無理のない返済で信用実績をしっかりと積んで下さいね。

【参考ページはこちら】
プロミスを利用する前にQ&Aをチェック!

新着記事
TOPICS