> > プロミスでなぜか借り入れができない!審査のなぜ?を教えます!

プロミスでなぜか借り入れができない!審査のなぜ?を教えます!

自分はキャッシングの審査に通らない、と思い込んでいる方は意外に多いのではないでしょうか。

「一度ならず、何度やっても通らない」とか「数社受けたけど1社も通らない」という経験をしている人も多いようです。

しかし、そこには審査の「落とし穴」があるという事に気付いていないが故の失敗が有るって知っていましたか?

ちょっとした知識を得るだけでキャッシングの審査に通る事ができるんです。もう一度キャッシング審査に挑戦をしてみましょう。

キャッシング大手のプロミスの審査に受かるにはどうしたら良いのか?という事を踏まえ、キャッシング審査攻略法を教えていきます。

審査に何度も落ちるのはそれなりの理由が有ります

キャッシングの審査に何回やっても通りません、という人は重要な事に気付いていません。

もしかしたら同じような過ちを何度も犯してしまっているかもしれないという事です。

もし同じ原因で審査に通っていなければ何度やっても通るはずがありません。

冒頭で審査の「落とし穴」という書き方をしましたが、例えばこんな落とし穴が有るという事をご存知でしょうか?

一度審査を受けて落ちた場合、一定期間(一般に3ヶ月間と言われる)他社で審査を受けても落ちる確率はかなり高い。

その事一つにしても言える事ですが、知っていれば避けられる事を知らない人は何度も同じ過ちをしてしまうのです。

審査を受けた情報は一定期間保管される

ではなぜ、一度審査に落ちたら、一定期間他でも審査に落ちてしまうのでしょうか?

それは簡単に言うと、審査を受けた情報は一定期間、金融情報機関に保管されるからなのです。

そしてキャッシング会社は審査をする際には必ず、この金融情報機関に審査対象者の情報確認を取ります。

その際、他社で審査を受けている人をキャッシング会社は避ける、という事実があるからなのです。

一度審査を受けてしまったら、一定期間(3ヶ月くらい)空けないと受かる確率は非常に低いのです。

在職歴は超重要ポイントです

何度も落ちる理由はそれだけでは有りません。審査において在職歴というのが非常に重要なポイントになっています。

一般的には現在の会社に入って半年未満の在籍しかなければキャッシング審査でも厳しいと言われています。

特に転職したてで審査を受けるのはNGとも言われているんですよ。

しかし、お金に困っている時って転職したて、なんて時が多くないですか?

自分でも気づかないうちに、自分を審査で不利な状況に追い込んでいしまっている場合も多いのです。

困っている時に欲しいのがキャッシングカード、ではあるんですが、困った時に契約しようとしてもできない可能性あるんです。

でもそういった知識があるだけで審査に通る可能性は増やせるんですよ。

審査の内容を知り傾向と対策を考える

前項で説明したような事が審査にはたくさん有ります。そういう事を一つ一つ並べていったらきりが有りません。

ですが、「審査の仕組み」を知る事により、どうしたら審査に通りやすいか、或いは通りにくかの傾向を知る事はできます。

ですから大変かもしれませんが、審査の仕組みを知る事が一番審査に通る近道なのです。

審査項目の内容

では審査項目にはどんなことがあるのでしょうか?審査項目とそのポイントを上げていきましょう。

  • 身元確認:身分証明・住所確認
  • 職業:勤め先・勤め先での雇用形態
  • 在職歴:現職での在職歴
  • 収入:年収
  • 他社借入:借入有無と金額

ざっと項目をあげましたが、審査は大きく二つの項目に分類されます。それは「身分の確認」と「返済能力の確認」です。

身分の確認は、身分証明書・住所の確認で行われますが、身元が不確かなものにお金を貸す人は有りませんので、これは契約の最低条件ですね。

実際の多くの人が契約できるかできないかで分かれるのは二つ目の「返済能力の確認」です。

返済能力の有無が審査の要

返済能力とはなんでしょうか?文字通りですが、契約して貸付する金額を実際に契約者が返済できるか、という事ですね。

もちろん誰でも借りる時には、必ず返済できる、と考えているでしょう。

しかし実際にキャッシングが数あるローン商品の中でも一番完済率が低いと言われています。

ですからキャッシング会社としてもこの返済能力が有るか無いかの見極めが審査の最重要項目になってくるのです。

そういう長年キャッシング業界で培われたノウハウと膨大なデータから審査基準はできあがっていると言って良いでしょう。

収入の長期安定性がポイント

では返済能力の有無の判断はどういうところがポイントになるのでしょうか?

始めに言ってしまうと、それはいかに収入が長期安定して得られるかという事でしょう。

ではその基準に照らして、審査項目を見ていきましょう。

職業:勤め先と雇用形態、について言えば、大手企業の正社員・国家公務員などの評価が一番高くなるでしょう。

逆にアルバイト・パート社員・零細企業などの自営業者は不安定という評価となり、その分低くなります。

収入に関しては飽く迄、貸付金額の目安

自営業・実業家の人など儲けている人が多いというイメージなので、評価が高いのでは?と考える方も多いでしょう。

実際、個人資産などで上位にランクインするのは実業家の人ばかりです。

しかし自営業・個人事業主は、ギャンブル性の要素が高く、不安定な面も有り、一番評価が低くなるといっても良いのです。
(⇒個人事業主はプロミスの審査に通れる?

また収入が高ければ契約の可能性が高くなるという訳ではありません。

収入はあくまで貸付金額のバロメーターとなるもので、契約の可能性とはそれほど関係有りません。

やはり現在の収入が長期保証されているか、というところが一番のポイントになるのです。

自分の適正金額を知ろう

審査に通る為に、もう一つ欠かせず重要な事は、自分の契約できる適正金額を知るという事です。

収入が目安になるという話をしましたが、どのくらいの金額が適正と言えるのでしょうか?

一つの規準としては、年収の1/3が借入限度額の上限という事を覚えておいてください。

これには法規制も有り、事実キャッシング会社はそれ以上の金額を法的に貸付する事ができないのです。

これはあくまで上限金額の話ですので、その金額であれば通るという話しでは有りません。

むしろその金額を上限として、個人条件などでマイナス条件があればどんどん低くなると考えるべきです。

そこを基準にすれば有る程度の範囲としての適正金額は見えてくると思います。

ただ必要以上の金額を借りないという事もキャッシングにおける重要な心掛けの一つですね。

プロミスは消費者金融系なので審査は通りやすい

では実際に審査を通すにはどうしたら良いかという事を具体的に話していきましょう。

プロミスを例に出していますので、プロミスで審査を通すにはどうすればよいかを考えていきます。

まずプロミスはどういった会社なのでしょうか?そこから学んでいきましょう。

プロミスはキャッシングのブランド名

プロミスは、三井住友銀行グループの消費者金融会社SMBCコンシューマーファイナンス㈱のキャッシングブランドです。
(⇒三井住友とプロミスのキャッシングの関係

まずキャッシングブランドという事ですが、会社名とはまた別、というぐらいに捉えておけばよいでしょう。

それより消費者金融会社である、という事が一つのポイントであり、審査基準に関わりが有るという事の方に気を向けた方がよいでしょう。

キャッシングは大きく、銀行系と消費者金融系に分かれるのですが、それによって特徴が異なるのです。

  • 金利は低いけど審査が厳しい銀行系
  • 審査は通りやすいけど金利は高い消費者金融系

特徴で分けると、そのような分け方ができるようですね。

つまり審査という事に限って言えば、消費者金融系の会社の方が審査は通しやすいと言えるのです。

プロミスの基本スペック

ではプロミスの基本スペックを見ていきましょう。

項目 内容
金利 4.5%~17.8%
上限金額 500万円
対象年齢 20歳~65歳

金利が4.5%~17.8%となっていますが、銀行系に比べるとやはり高いようですね。

しかし同じ消費者金融系と比較してみたらどうでしょう。

アコム・アイフルなどは金利上限が18%なので、そこと比較すると少し低めの設定と言えそうですね。

その他の項目を見てみますと、上限金額が500万円と有ります。

この金額はほとんどの大手キャッシング会社と横並びのようです。

しかしキャッシング会社を見る時に重要な事は資本力という事は一つ念頭においておきましょう。

なぜなら資本力が大きい会社ほど融資が積極的に行えるという事実があるからです。

もちろんタイミングにもよりますが、審査の通りやすさに通じるものがあると思います。

審査に通る為のまとめ

ここまでいろいろと説明していきましたが、では実際に審査に通る為にどうしたらよいかをまとめてみましょう。

  • 1社の審査を申し込んだ後では他社の審査は厳しくなる
  • 審査を申し込むのは転職前にする事
  • 職業(身分)・在職歴は審査の評価に大きく影響する
  • 他社借入は審査の評価を低くする
  • キャッシング会社により審査基準は異なるので会社の特徴を捉える事が重要
  • 自分が借りれる上限金額を見極める事

という事ですね。これがコツとなるわけですが、でもコツがわかったところで「見極め」というのはなかなか難しい事ですよね。

見極めには、やはり情報を得る事が重要です。では最後に情報をどうしたら上手く得る事が出来るかという話をしましょう。

ネットの口コミサイトで情報は得よう

一番現実的で、有効な情報の集め方はネットの口コミサイトで情報を得る事です。

一見簡単そうな話ですが、これがやってみるとなかなか難しいという事がわかると思います。

なぜなら情報自体がものすごくたくさん有りすぎて自分が欲しい情報になかなかたどり着かないからです。

またリアルなようで、嘘っぽい情報も溢れているという事もネットのデメリットでもあります。

そこから本当に有効な情報を集める事は手間暇のかかる事ですよね。

でもやっぱり一番有効な情報を集めようと思ったら有る程度手間暇がかかる事は承知しておかなくてはいけません。

口コミサイトでいかに自分と同じ条件での経験談を集める事ができるか、が一番審査を通す可能性を高める方法なのです。

ここでは手間暇を惜しまずに頑張ってみましょう。

適正金額を知り計画的なキャッシングをしよう

これで審査を通すコツは一通り話をしてきましたが、大事な事は計画的なキャッシングをするという事を是非忘れないでください。

キャッシング自体、非常に便利なコンテンツです。

人生には良い時と悪い時が有り、悪い時でも一人で乗り越えないといけない場合もあるでしょう。

そういった時に乗り切るコンテンツとしてキャッシング自体は使い勝手が良くメリットも大きい商品と言えます。

しかしその利便性に味をしめてしまうとつい限度を超えて使ってしまう危険性もあるのです。

限度額というのは、そのバランスを取る為に有るものだという事も重要な事の一つです。

あくまで生活をよりよくするものとして使う為に計画的なキャッシングに心掛けてください。

【参考ページはこちら】
プロミスの増額審査に通る裏技はある?

新着記事
TOPICS