> > そこが知りたい!プロミスは在籍確認なしで契約できるの?

そこが知りたい!プロミスは在籍確認なしで契約できるの?

キャッシング契約をする時、こんな事が気になっている人はいませんか?会社や家に連絡が有ったりするのだろうか、と。

本音を言うとキャッシング契約する事をあまり家族や会社に知られたくない、という人は結構いるみたいですね。

今時、キャッシングカード自体珍しい物でも無いですが、親の世代ではあまり快く思わない人もいるでしょうし、会社に知られていい事など一つも有りません。

実際、契約する際に連絡はあるのでしょうか?そんな疑問も含め今さら聞けないキャッシングの基礎知識をお教えします。

大手キャッシング会社のプロミスを例に取って、実際の契約までの運びを学んでいきましょう。

在籍確認によって会社にばれる事は有りません

結論が早く知りたい方に、まず会社や家への連絡が有るのか?という事についてお話をしていきましょう。

結論から言いますと、会社へは「在籍確認」という形で電話連絡が入ります。

えっ、じゃあ会社にはばれちゃうんだ、とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、まず会社にばれる事は有りません。

その理由は在籍確認の方法を知れば納得して頂けると思います。

在籍確認は個人名で掛ってきます

例えばプロミスの場合はどうでしょう、「在籍確認」はあるのでしょうか?

基本プロミスでも在籍確認は有ります。では在籍確認がどうのようにかかってくるのでしょう。

これは実際に在籍確認を受けた多くの経験談で実証されている事ですが、会社に掛ってくる際は個人名で掛ってきます。

つまり、「プロミスの鈴木(仮)と申しますが~さんいますか?」というのでは無く、「鈴木と申しますが~さんいますか?」というようにかかってくるのです。

個人名で掛って来れば、会社の方でも、友人か知り合い、或いは仲の良いお客さんと思うでしょう。

これはもちろんキャッシング会社が契約者に対しての配慮として行っているのです。

また個人情報を保護するという義務もキャッシング会社には有る為、そういう目的も有っての事です。

キャッシング会社側としては在籍を確認できればそれで良いので、例えばその電話で契約者が出なくても、在籍の確認ができればそれで用は済む訳です。

このようにキャッシング契約している事自体を他人に漏れないように万全の配慮をキャッシング会社側はしているんですよ。

家族にばれる事は無いの?

でも同居してる家族とかにばれてしまう可能性は高いのでは?と思いになる方もいるでしょう。

キャッシングをしているのが家族にばれた、という例は案外多いようですが、実はほとんどが本人の過失によるものです。

例えば、明細書をポケットに入れたまま洗濯籠に入れた、とかキャッシングカードを不用意に置いてしまった、などがその例ですね。

家族とはいえ他人ですので、契約している事実が不用意にわかってしまう事はキャッシング会社はしません。

例えば、明細や契約書なども原則希望が無ければ自宅へ郵送するような事も無く、店舗にて発行されるのです。

手続きや契約も店舗内で全て終わらす事も可能なのです。

キャッシングの基礎知識を身に付け、上手に活用しましょう

キャッシング初心者の方は、まずキャッシングとは何か?或いはどんな特徴を持ったものか、という事を良く知る事が大切です。

なぜならキャッシング自体その利便性がこれだけ一般に普及している理由なのですが、リスク・デメリットという部分もあるからです。

またそれを充分理解しなければ損をしたり、自分を窮地に追い込む原因ともなりうるからです。

キャッシングを上手に使う事は、まずキャッシングを良く知る、という事から始めなければいけません。

キャッシングとは金融ローン商品

まずキャッシングとは金融ローン商品の一つという事です。住宅ローンやカーローンなどと一緒ですね。

でもキャッシングには他とは違う大きな特徴が有り、そこがキャッシングローンを一番多く契約者を獲得しているローンの所以です。

ではそのキャッシング特徴を挙げていきましょう。

  • 無担保・無保証人で契約が可能
  • 契約期間内であれば借入上限金額まで再借入ができる
  • 使用目的がフリー

まずは無担保・無保証人で契約が可能という事が大きな特徴ですね。

銀行では考えられなかった条件

現在では多くの銀行でもキャッシングローンを扱っているのですが、一時期までは銀行がキャッシングをする事は考えられない事でした。

銀行でローンを組めない人が消費者金融で借りる事がキャッシングローンだった時代があったんですね。

特に、無担保・無保証人でローンを組むこと自体が銀行では有りえない事だったのです。

とはいえ、銀行でキャッシング以外に無担保・無保証人で組めるローンはほとんど有りません。

つまり、この事自体がキャッシングの大きなメリットと言えるのです。

キャッシングカードから派生した再借入システム

実は「限度額」「再借入」という概念は有る時期までの消費者金融には有りませんでした。

単純に金額いくらの貸付契約があるのみだったのです。

しかしATMとキャッシングカードという画期的なシステムが導入されてから消費者金融は一変しました。

単純な決まった金額の借入から、決まった金額までならカード一つでいつでも現金を引き出せるようになったのです。

キャッシング一気に一般的に普及されたのはこのシステムの導入が有ったからと言って過言はないでしょう。

そこから限度額まで何度でも再借入できるというシステムも生まれたのです。

キャッシングのデメリット

キャッシングのデメリットはやはり金利の高さという所につきるでしょう。

そのデメリットを超えるメリットが有る為にこれだけ普及している訳ですが、それでデメリットが無くなる訳では有りません。

キャッシングの平均金利は年利で5%~18%というのが相場です。

これは他のローン商品の金利が高くても10%以下で収まっている事を考えると飛びぬけて高いと言わざるを得ません。

メリット・デメリットを良く把握して活用する事が大切なのです。

プロミスの基礎情報を知ろう

では例として出してきたプロミスについての少し勉強をしましょう。契約先の会社を知るという事も重要な事の一つです。

特にキャッシングの場合はキャッシングを扱う銀行や会社の違いで特徴が変わってきます。

プロミスはメガバンクのグループ

プロミスは三井住友銀行系の消費者金融会社のキャッシングブランド名です。

プロミスを扱っている会社はSMBCコンシューマファイナンス㈱という名前で、プロミス自体はキャッシングブランドの名前なのです。

銀行系で消費者金融会社?というと一般の方は何が何だかよくわからない、という人もいるのでしょう。

キャッシングを扱っている会社には何種類かパターンが有ります。

  • 銀行が扱っているキャッシング
  • 独立系の消費者金融会社が扱っているキャッシング
  • 銀行グループの消費者金融会社が扱っているキャッシング

基本的にキャッシングを扱えるのは、法的に消費者金融会社と銀行の二つだけです。

しかし現在では消費者金融会社には独立系と銀行グループ系に分かれています。

銀行でもキャッシングを扱って、そのグループ会社の消費者金融会社でもキャッシングを扱っているなんて何か変な話ですよね。

でもそこは特徴が有り棲み分けができているので共存できるんですね。

銀行系と消費者金融系の違い

その特徴を大きく分けると銀行系と消費者金融系に分ける事ができます。

ではその特徴に違いとはどこにあるのでしょうか?その特徴は以下のように言えると思います。

  • 銀行系:金利は低いが審査が厳しい
  • 消費者金融系:金利は高いが審査は通りやすい

どちらのメリットを取るかは契約者次第ですが、双方の特徴を良く見極めた上で選択をすべきでしょう。

プロミスは消費者金融会社ですので、消費者金融系の特徴を持っています。ではそのプロミスの基本スペックを見ていきましょう。

プロミスのキャッシングスペック

プロミスの中にも数種キャッシングローンが有るようですが、まずは基本スペックを見ていきましょう。

項目 内容
金利 4.5%~17.8%
借入上限金額 500万円
対象年齢 20歳~65歳

まず金利が4.5%~17.8%ですね。これは他社と比較してどうなのでしょう。

例えば、キャッシングの大手のアコム・アイフルを見ても上限金利は18%です。

これに比べて17.8%は0.2%低く金利的にはメリットが有る事がわかります。

また借入上限500万円は他社と同様ですが、プロミスの特徴の一つに三井住友銀行というメガバンクのグループ会社という事が有ります。

つまり強大な資本力が有るという事ですね。やはり資本力があると積極的な融資ができますので審査の通りやすさに繋がってくるのです。

サービス面が充実

また銀行系と比較して消費者金融系はサービス面が充実しているという事が言えます。

例えばプロミスでは、現在「30日間無利息で貸付」してくれるサービスをしています。

キャッシングで一番気になるのはその利息ですが、30日間とはいえ無利息で借入できるのは非常にありがたいですよね。

申込みから審査まで流れを学ぼう

ではキャッシング初心者の為に、キャッシング契約の基本的な流れを説明していきましょう。

キャッシングの基本流れは、①申込み(仮審査)⇒②本審査⇒③契約という3段階に分かれます。

では一つづつ順を追って説明していきましょう。

①申込み(仮審査)

まずは申込みです。プロミスでは3つの受け方をしていますが、基本多くのキャッシング会社では同じようなケースが多いようですね。

  • 電話での受付
  • WEB上での受付
  • 店舗での受付

電話・或いはWEB上で申し込む時には仮審査を受ける事ができます。

仮審査は簡易審査の為、必ずしも仮審査でOK=契約という事では有りませんが、確率的には有る程度高いと考えてよいでしょう。

この時に大凡の借りたい金額を決めておきましょう。

中には初めから融資が難しいケースも有ります。本審査となると書類をいろいろ用意したりと手続きに手間と時間が必要です。

お互いにその手間と時間を省くという意味合いがあるのです。

プロミスの場合では電話でもネットでも大体30分くらい有れば結果を出してもらえるようです。

店舗の受付の場合はいきなり本審査に入る事ができますが、必要書類の持ち込みが必要なので電話を入れておいた方が良いですね。

②本審査

次は本審査になります。この場合必要書類が一般的には出てきます。

審査に必要な書類とは身分証明書と収入証明書です。具体的な例を上げますと

  • 身分証明書:運転免許証・パスポートなど
  • 収入証明書:給与明細・源泉徴収書など

になります。会社や銀行によって異なりますので、これはホームページで確認するか、電話で確認する事が必要ですね。

直接店舗に行く時間が無いような方は郵送でのやり取りも可能です。

逆に短い時間で契約したいという方は必要書類を持って店舗に行けばその日に契約できるところも多いようですよ。

ちなみにプロミスも即日契約が可能とうたっていますね。

審査には時間が掛る場合も有ります。また審査を受けるにはまず申込書の提出が必要ですので、店舗或いはネットから手に入れる必要が有ります。

審査が通れば次はいよいよ契約です。

③契約

次はいよいよ契約ですが、この時に重要な取り決めをしますので、良く考えて契約の詳細を決めましょう。

決める事は主に返済期間と返済約定日、毎月の返済金額です。

一番大事な事は長期持続して決めた金額を返済できるかという事です。

一度決めたら簡単に変える事はできませんので良く考え計画的な返済をする事が重要です。

返済シュミレーションなどプロミスではしてくれるようですが、生活設計も含めた計画的な返済計画を立てましょう

当然毎月の返済金額によって返済期間が変わってきます。

切替しますが重要な事は、長期持続して決めた金額が返済できるか、という事なので、その点を良く考え計画的なキャッシングを行いましょう。

契約詳細が決まれば基本、すぐにカードの発行がされ、ATMから取引ができるようになりますよ。

【参考ページはこちら】
プロミスキャッシングのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS