> > 審査は甘い方が有難い!?プロミスを利用したい人の為のノウハウ

審査は甘い方が有難い!?プロミスを利用したい人の為のノウハウ

お金を借りたいと思った時、やっぱり一番心配なのは審査なのではないでしょうか。

審査に落ちてしまったらまずお金を借り入れすることは出来ませんし、最大の難関と言えるでしょう。

そして初めてお金を借りたりと思っている人はやっぱり名前の知れた大きい金融会社に申し込みたいと思うはずです。

特にプロミスのような有名な会社に借り入れすることを希望する人も多いと思います。

それではプロミスの審査はどんな感じなのでしょうか。審査は甘い方なのでしょうか?

その辺りを調べていますのでこれからプロミスで借りたいと思う人は是非、参考にしてみてくださいね。

審査は甘い方が絶対有難い!プロミスの審査は甘い!?

大手の金融会社のプロミス、審査は一体どんな感じなのか心配な人も多いはずです。

やはり大手で借りる事が出来ると使い勝手は間違いなく良いですし、生活に密着させた利用の仕方を希望するのならば、やはり大手で借り入れした方が間違いないことは確かです。

プロミスの審査は金融会社の中で見たら甘い方になるのでしょうか。
消費者金融はいろいろあるのですが、大手のプロミスとなるとやはり審査は若干、厳し目となることは間違いないでしょう。

どうしても有名な金融会社となると、全国区になりますし、審査基準は厳しいということで世間では通っているようです。

ただし、審査が厳し目といっても、やはり申し込んだ人の属性によって結果は変わってきますの実際の所は申し込んでみないとわからないといったところが真実です。

消費者金融も審査は様々!?

消費者金融は全国にとてもたくさんあります。
プロミスを始め、大手からあまり有名じゃない会社までたくさんあり、正直、自分の属性によって、借りやすい所、借りにくい所が存在します。

得てして、属性が良い人は大手の会社も無名の会社も文句無く審査に通る可能性があるのですが、自分の属性に自信が無い人はあまり有名でない金融会社に申し込む方が借りやすいのは目に見えています。

消費者金融と一括りに言っても、会社によっては審査状況は様々であるというのが現実です。

従って審査が甘いと言われていた会社に申し込んでも案外、審査に落とされてしまう可能性もありますし、またその逆も十分、あるんです。

どうして審査に落とされたのか聞いても教えてくれない事がほとんどですので、仮に審査に通るのかどうかの可能性をちょっとでも知りたいのであれば、自分で信用情報会社に自分の今現在の信用状態を開示してもらって確かめてから申し込むのも一つの方法です。

しかしながらここで注意点が一つ。
信用情報が綺麗であっても、審査に落とされてしまう人もいます。金融会社によっては、あまりにも過去に借り入れが無い人に関しては却って警戒する事もあり、その辺りが難しい所だと言えます。

成人して大人になれば、お金を借りる事があって当たり前という感覚を持つ会社もあり、それが全く無い事によって「この人の信用状況がわからない」と判断されてしまい、審査に落とされてしまう事もあるわけです。

つまり、過去、金融会社に借り入れがあり、尚且つ、さほど件数も多くなく、そして延滞もない「ほどほどの人」を審査に通す傾向が若干強い場合もあります。

プロミスの審査に落ちた!もう他の大手もやっぱり無理よね?

大手の金融会社の判断基準は比較的似ていて、借り入れ件数が二件から三件以上で借り入れ不可能と判断されることが多くあります。

もちろん、その人の年収や属性などによっても審査結果は変わってくるのですが、プロミスを始め、大手の審査基準は比較的似ているのが現状のようです。

ただし、大手といってもやはり若干の基準の違いはありますので似ていても、実際のところは審査にかけてみないとわからないでしょう。

「絶対に落とされる」とか「絶対に借りられる」なんて保証はどの会社にもありません。

お金を大手で借りたいと思ったら、申し込んで審査にかけて審査結果を待たないと審査に通るのかどうかなんて模索していてもわからないんですよね。

出来るだけ申し込む前に傾向と対策をひねり出したい所なんですが、個人個人によって属性は違ってきますので、結局は申し込んだ金融会社に判断を委ねるしかありません。

同じような属性であるのにも関わらず、Aさんは審査に通って借り入れが出来たのに、Bさんは審査に落とされるなんてことはザラにあります。

プロミスの審査に落とされてから心配…無名会社なら審査は甘い?

プロミスの審査に落とされてしまうと、次に借り入れ出来る会社を探す人が多いでしょう。

しかし、すっかり自分の属性に対して自信を無くし、他の会社に申し込んでお審査に通らないのではないかと考える人が大半だと思います。

しかも早くお金を借りたい人にとっては審査に通るのか通らないのかという瀬戸際は本当に嫌なものだと思います。

どうしてもすぐにお金を借りたいと思っているのならば、プロミス等の大手の金融会社を敢えて狙わずに、ちょっと無名な金融会社を狙ってみてはいかがでしょうか。

大手とそんなに有名でない金融会社の決定的な違いは「借りやすさ」だと言えます。

大手の審査に通らなかったからあまり有名でなく、審査が甘いと言われている会社に申し込む人もとても多いはず。

つまりは審査が大手に比べて甘いというのが魅力的なんです。
プロミスの審査に落ちてしまった場合は、他社の大手でももしかしたら審査に通らない可能性があります。(こちらもご参考に→プロミスの審査は甘い?厳しい?

審査に落とされるたびに自分の信用情報に傷が付きますので、その傷を増やさないよう、出来るだけ審査に通りやすい金融会社に申し込む方が賢い選択と言える場合もありますので、その辺りはよく考えて申し込むようにしてください。

特にこんな人はお金を借り難いので要注意!

金融会社からしてみれば、お金を貸してきちんと返済をしてくれる人に貸付を行いたいのは当たり前です。

次に該当する人は返済してもらえる見込みが無いと判断され、審査に通り難い可能性があります。

  • 年収が極端に少ない人
  • 今現在、無職である人。
  • 他社の借り入れ件数が多い人。
  • 過去に何度も返済延滞したことがある人。
  • ここ数年の間に金融事故等を起こした人ある人。
  • (自己破産・債務整理等)

自分自身がこれらに該当していないかどうか今一度判断する必要があります。
また、上記に当てはまっていないのにもかかわらず、審査に落とされてしまう可能性もありますので、この辺りも正直、わからない混沌とした所でもあります。

借り入れ多数なら少し減らそう!プロミスと契約するコツ!

どうしてもプロミスで契約したいと考えている方、色々とコツを掴んでから申し込むようにしましょう。

他の会社に比べて審査が甘いとは言えない分、それを逆手に取れば審査に通る可能性だって否めません。

例えば、借り入れ件数が多い人、とても多いと思います。
そんな時は借り入れ件数をちょっとでも減らしてからプロミスに申し込むようにしてみましょう。

お金に困っているのだから、他社を完済出来るわけがないと今、現状が厳しい人はプロミスの審査に通る事は相当難しいかもしれません。

借り入れ件数が多いと、一月に返済する件数も総合計金額も相当大きなものとなります。

そうなってしまうと返済不可能とみなされてしまいますので、特に大手の金融会社は難しいと思っていたほうが無難だと言えます。

プロミスと契約したい場合は、借り入れの総合計が年収の3分の1以下であること、そして借り入れ件数を二件から三件程度に減らす必要があるでしょう。

他社の借り入れを返済してでも、プロミスと契約したいと思っている人はまず、自分の身辺整理から初めて、プロミスに申し込むようにしてみてください。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS