> > 海外旅行先でプロミスが使える!現地キャッシングの裏技教えます

海外旅行先でプロミスが使える!現地キャッシングの裏技教えます

海外旅行。慣れている方は護身術や金銭管理までを難なくこなすでしょうが、初めての方や出かける地域によっては不安がつきまとうものです。

特に治安の良し悪しは、現金や貴重品を持ち歩く上での重大な問題。置き引きや引ったくりなどには間違っても遭いたくないですよね?

その為には現金を持ち歩かないのが一番なのですが、では、現地でキャッシングをする方法はあるのでしょうか。

クレジットカードを持っていなくても、ちょっとした技の組み合わせで海外キャッシングができます。今回のテーマはこれがメインです。

プロミスのカードローンだけで海外キャッシングはできない

海外旅行で難しいのが現金の管理。昔は「腹巻や靴下の中に分けて持ち歩き、財布には少額しか入れるな」とも言われていました。

しかし、最近は現地でのキャッシングも不便なくできるようになってきた為、大金を持ち歩くことはまず無いでしょう。

クレジットカードとカードローンの決定的な違い

旅先での現金調達は、主にクレジットカードの「海外キャッシング枠」が使われます。基本的にカードローンは使えません。

クレジットカードとカードローンの決定的な違いは、国際ブランドの有無。これが海外でもキャッシングできる要因となっているんです。

国際ブランドとは、「VISA」「MasterCard」「JCB」といった、クレジットカードを使うときに確認するマークや名称です。

海外でATMを利用するときも、自分が持つクレジットカードの国際ブランドが対応しているかの確認が必要となっています。

プロミスは国際ブランドではない

念のために書いておきますが、「プロミス」は国際ブランドではありません。単純に消費者金融の商品名です。

ですから、現状ではプロミスのローンカードを使った海外キャッシングはできません。

「おいおい!タイトルと言ってることが違うぞ!?」とお叱りを受けそうですが、ここでお伝えするのはちょっとした裏技です。

プロミスと別の「あるアイテム」を利用して、現地でのキャッシングを可能にしようというお話なので、続けてお読み下さい。

無審査で擬似クレジットカード発行!デビットカードを作る

あまり引っ張らず、ズバッと書いてしまいますが、「あるアイテム」とはデビットカードのこと。

「デビットカードって何?」という方の為にざっくり説明すると、『自分の預金口座残額内でクレジット機能が利用できるカード』です。

皆さんよくご存知のクレジットカードは、預金残高に関係なくショッピングやキャッシングができる優秀なカードですよね?

しかし、その利用にはローン同様に審査があり、なかなか発行してもらえない人もいらっしゃいます。

デビットカードは審査なしで安全に利用できるのがメリット

それとは対照的に、デビットカードは一部を除き審査なしで発行してもらえるのが特徴。審査なしの理由は「自分の預金口座内でしか利用できないから」。

要するに、お買い物をするときの支払いが、預金口座から直接引落しになるカードなわけです。

しかも、利用額に応じてマイルやキャッシュバックなどの特典もあるので、クレジットカードが作れない方にはお勧めのサービスです。

海外キャッシングも預金の範囲内で利用可能!

今回のテーマである、「海外旅行先での現金調達」に絞ったお話しをすれば、クレジットカードの海外キャッシング枠と同様の利用が可能。

ただし、クレジットカードの海外キャッシングとは、以下のような違いがあります。

  • 【クレジットカード】
    ①限度額までの借入れができる
    ②口座預金の引き出しもできる
  • 【デビットカード】は口座預金の引き出しである

そう、クレジットカードは「借入れか引出しを選択」、デビットカードは「引出しのみ」と差があるわけですね。

自分の預金を引き出すだけですから、当然利息はかかりません。ただし、ATM手数料と海外取扱事務手数料が必要です。

デビットカードはどこで作れる?

「よし、仕組みは解った。で、デビットカードはどこで作れるの?」という疑問が沸いて来ますよね?その質問には一覧表でお答えしましょう。

国際ブランド 発行会社
VISA ・楽天銀行 ・スルガ銀行
・ジャパンネット銀行 ・りそな銀行
・あおぞら銀行 ・埼玉りそな銀行
・近畿大阪銀行 ・三菱東京UFJ銀行
・イオン銀行
MasterCard なし(詳しくは後述)
JCB ・楽天銀行 ・千葉銀行
・大垣共立銀行 ・北洋銀行

圧倒的にVISAが多く、MasterCardはデビットカードを発行している所がありません。かつて発行していたものも、全て廃止となっています。

上の表に掲げた銀行と取引が無くても口座開設が同時申込みできるので、新しい取引先として利用するのもありですよ。

カードレスで振込キャッシング!プロミスからの借入れ方法

さて、デビットカードについての概略は説明を終えました。次はプロミスからの借入れについてお話しをしていきましょう。

「カードローン」という位ですから、誰もが専用カードによるATMからの借入れをイメージできますよね?

しかし、ここ数年でカードローン業界もサービスがより充実しています。今では「カードの発行すらしないカードローン」もあるんですよ。

プロミスで利用できるキャッシングの方法

プロミスから借入れをする方法は大きく分けて2つ、細かくすると4つに分けることができます。では、その方法をご覧下さい。

    【その1:ネットで口座振込を依頼】

  • PC・携帯・スマホの公式サイトにアクセス
  • 会員サービスにログイン
  • 振込希望額などの入力
  • 最短10秒で指定口座へ振込み完了
    【その2:電話で口座振込を依頼】

  • プロミスコールへ電話(固定・携帯どちらも24時間OK)
  • オペレーターとの会話で希望金額や振込口座を伝える
    【その3:ATMでカード利用】

  • プロミス専用または提携ATMでカード出金
  • 専用ATMは7:00~24:00(一部例外あり)
  • 提携ATMは手数料がかかる
    【その4:店頭窓口へ来店】

  • 返済プランなど相談事があるときに利用
  • 平日の10:00~18:00

因みに、【その1】を利用した場合、受付時間によって目安となる振込時間も異なっています。

●三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を希望する場合

受付時間 振込時間(目安)
(月曜7:00~24:00)
(月曜以外の0:00~24:00)
受付から10秒程

※三井住友銀行の場合、日曜21:00~月曜7:00まで申込み不可
※元日は24時間申込み不可
※振込人名義を「プロミス」か「パルセンター」にしていない場合、上表とは時間帯が異なる

●その他の口座を希望する場合

受付時間 振込時間(目安)
(月~金)【0:00~9:00】 当日9:30頃
(月~金)【9:00~14:50】 受付から10秒程度
(月~金)【14:50~24:00】
(土日祝)【0:00~24:00】
翌営業日9:30頃

※毎週月曜の0:00~7:00と元日の24時間は申込み不可

細かな点はあるものの、概ね翌営業日の9:30までには入金されると考えておけば問題ないでしょう。

平日なら、銀行の締め切り時間ギリギリである14:50までならすぐに入金されるので、急ぎだけど手が離せない時などには便利ですね。

プロミスの振込キャッシングとデビットカードのW活用

ここまで真剣にお読み頂けた方は既にお解りになっているでしょうが、一応最後まで説明をしておきますね。

「海外旅行先でプロミスが使える」というのは、『デビットカードの口座に振込融資をしてもらい、現地で引き出しをする方法』なんです。

出発前に借りるもよし、現地から申込むもよし

この方法は、出国の前後を問わずに口座振込をしてもらうことができますから、現地で預金が不足したときにも役に立つこと間違いなしです。

ただし、時間帯(時差も考えなければいけない)と国際通話料または海外パケット代には充分な配慮が必要となります。

出国前に確認&手続きを!通信各社の海外利用方法

最後に、海外からプロミスへ申込みするための電話料金やパケット代金について、通信各社へのアプローチをご紹介します。

日本国内と同じ感覚で海外から電話やメール、ネットを利用すると、とんでもない金額になってしまう危険性大なので気をつけましょう。

通信会社 確認方法
NTTdocomo ホームページの「サービスと機能」を選択

「海外でつかう・海外へかける」を選択

機種や利用方法別に選択
au ホームページの「サイトマップ」を選択

サービス・機能内の「海外・国際サービス」を選択

「海外で使う」のページで各項目をチェック
SoftBank ホームページの「サイトマップ」を選択

サービス内の「国際サービス」を選択

「海外でつかう」の各項目をチェック
Y!mobile ホームページの「サービス」を選択

サービス内の「国際サービス」を選択

「国際ローミング」「国際電話」などの各項目をチェック

通信会社やお出かけになる地域によって、料金や手続き方法が異なっています。ご自分の状況に合わせたサービスを確実に選択して下さい。

見ても解らなければ、各社のサポートセンターに状況を伝えアドバイスを貰いましょう。これが一番手っ取り早く確実な方法ですね。

快適な海外旅行を満喫するための事前準備は手を抜かない

いかがだったでしょうか。クレジットカードを持っていなくても現地でキャッシングする方法はご理解いただけたでしょうか?

現金を持ち歩く不安をなくし、預金の範囲内で安全なキャッシング。不足分はプロミスから振込みをしてもらうことも可能。

国際電話や海外パケット代なども事前にしっかり手続きをしておけば、メールやネット、LINEもSNSも不安なく利用できます。

楽しい旅をするために、事前準備は完璧を目指しましょう。この記事を実践すれば、不足や盗難の確率は大幅に下げることができますよ。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS