> > ブラックでも実績が!少額融資ならプロミスも検討の価値あり

ブラックでも実績が!少額融資ならプロミスも検討の価値あり

自分はブラックだと自覚している方は、融資が必要になってもどこも貸してはくれないと思っていませんか?

確かに借り難くはなっていますが、絶対に借りれないわけではありません。しかも、大手のカードローンも検討の余地ありです。

皆さんご存知のプロミスも、ブラックな情報が残っている人への融資実績が多数見受けられるうちの1つ。

問題はどんなブラックなら審査通過にこぎつけることができるのかという点です。なんでもかんでもOKという訳にはいかないですから…

では、具体的にどういう人がプロミスから借りることに成功しているのかご紹介していきましょう。

取引に対する誠実な態度がプロミスからの融資を引き出す

タイトルにも書いてある通り、プロミスはブラックな情報を持っている人でも審査を通している実績があります。
(⇒ブラックリストでもプロミスは利用可能?

大手消費者金融のカードローン。それなりに審査は厳しいと予想されますが、条件が折り合えば審査通過も夢ではありません。

どんなブラックでもOKと言うわけではない

だからと言って、どんなブラックでも大丈夫とはいきません。内容がチェックされた上で「大丈夫だろう」と判断されればの話です。

では、どんな人が審査を通過しているのでしょう?ブラックの内容や登録されてからの期間などの傾向を探ってみました。

他社との取引で延滞など不誠実な過去がない

借入れの件数や金額がブラックではないかと自己分析されている方は、不誠実な取引をしていなかったかを振り返ってみて下さい。

もし、3ヶ月以上に渡る延滞を継続中か、返済後1年未満であれば、「延滞情報」がプロミス側で確認できます。

ローン取引で延滞が嫌われるのは考えるまでもありません。その延長線上には「踏み倒し」や「破産」などが待っているのですから…。

延滞の記憶はない。借りているからにはきちんと期日を守って何とか返済をしているという方は、審査通過の可能性が高まります。

借り過ぎで「総量規制」に引っ掛からないか

しかし、きちんと返済をしていても契約不可能な人はいます。代表的なのが総量規制を超えそうになっている人。

総量規制の解説は割愛しますが、消費者金融からの借入総額が年収の3分の1に達していたらアウトなのはご存知ですよね?

この総量規制は消費者金融であるプロミスの審査で大きな壁となります。法律上の壁なので、こればかりはどうすることもできません。

傾向を見ると、銀行のローンが多く消費者金融の利用は少ない。そのため、総量規制上限に余裕がある人が目立ちます。

少額融資で様子見のパターンが多い

無事に審査を通過したケースでも、限度額が5万~10万円と少額に収まっているパターンが多く見られます。

これは「まずは少額で取引をして、経過が良好であれば増額も考えていきましょう」というプロミスのスタンスでもあります。

少なからずブラックな情報を持っているわけですから、その点を軽視することはできません。そうなると少額で様子見というのも納得ですね。

プロミスにも「貸したいとき」がある

主観的な考えに立つと自分の状況だけで頭が一杯になるものですが、客観的に考えたときには相手側の状況も察する余裕が出てきます。

ここで言う相手側は、今回の場合プロミスを指します。融資の利息収入で収益を上げるのがメインな企業ということを考えてみましょう。

「貸し控え」と「積極融資」の両方がある

プロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスのホームページには、企業に関する情報が数多く記載されています。

その中には毎年の決算資料なども含まれ、毎年安定した貸付残高を維持していることが解ってくるんです。

銀行のカードローンが数多く出回っていることや専業主婦は申込対象外となっているなど、背景は決して良くない中でも順調な業績をキープ。

それができるのはリピーターが多く存在しているだけではなく、新たな借入れ契約を増やすことも重要な要素に含まれます。

つまり、貸付残高の管理が徹底できているということです。残高に応じて積極融資と貸し控えで調整するノウハウを持っているわけですね。

積極融資のときには審査も甘くなる?

残念なことに、消費者である我々がプロミスの「積極的なのか消極的なのか」を判断することは困難です。

しかし、運よくハマれば通常よりも審査が甘くなる可能性も望めることになります。

プロミスだけでなく、多くのカードローン審査はコンピュータによるスコアリングが最初に行なわれます。

論外の場合はその時点で終了ですが、審査担当者の目による判断となれば先ほどの「積極的か貸し控えか」によって結果は異なってくるでしょう。

運任せじゃ意味がないという声が聴こえてきそうですが、これも審査に影響する一因だという事は覚えておくといいでしょう。

任意整理の最中や完済後間もなくても実績はある

返済は遅れたことが無いけれど、任意整理をしてしまっていればかなり濃いブラックでしょ?とお悩みの方も大丈夫。

和解後間もない状態であれば無理ですが、その後も和解の約定どおりに返済を続け、数年の返済実績を作っていればチャンスはあります。

任意整理は完済まで+5年の長期に渡るブラック

任意整理は完済だけでブラックから解放されるものではありません。完済後も最長5年は「過去に任意整理あり」の情報が残ります。

仮に完済までに3年かかったとしたら、8年はブラックになります。これは破産(5~10年)並みかそれよりも長いんです。

そのため、任意整理については「数年の返済実績」や「返済が無事に終わっている」ということを評価して融資をしてくれることも。

情報は残りつつも、「一定期間やるべきことはきちんとやった」として、審査では大目に見ることがあるのです。

実際、プロミスの口コミには「任意整理中でも融資してもらえた」という情報を散見することができます。

当然、その間に収入がアップしたとか、独身から既婚になったとかの好材料が増えていれば、その分だけ借りやすくもなりますね。

破産や延滞…返済を放棄したブラックには厳しい

一方で、破産や延滞などの「返済ができません」と免責を受けたり、支払いを怠っているブラックについては厳しい目で審査をされます。

任意整理は「苦しいので返済を軽くしてもらえませんか?」というニュアンスですが、破産は「これ以上の返済は無理です」と表現できます。

この差は非常に大きいでしょう。「何とか返します」と「もう返せません」では、返済能力に差があると考えるのが妥当ですからね。

破産は登録期間が最も長いブラックの王様

破産は「キング・オブ・ブラック」と言っても過言ではない、重大な事故情報です。それは、情報の登録期間をみれば解ります。

破産情報の登録期間は5年~10年。主に消費者金融や信販会社が加盟している登録機関は5年を採用しています。

一方、銀行など金融機関が加盟している登録機関では最長10年と、他の事故情報よりも重い問題であるとして長期保管を行なっています。

破産の道を選んだ人は借金が帳消しになる分、信用を取り戻すまでにかかる時間は長くなるということですね。

プロミスも破産情報には厳しい

プロミスでも、破産後に情報が残っていながら借りることができたという話はごく僅かしか情報を集められません。

融資を受けられたケースも、破産から5年以上は経過している場合が多いのが特徴です。理由は簡単に想像できますが…。

破産をするということは、「もう資力が残っていません。」とギブアップをして、借金の帳消しをしてもらうこと。

つまり、生活の建て直しには何年もの時間を要することが明白になっているわけです。

確かに全ての返済が無くなれば、一気に楽になるのも事実ですが、だからと言って新たな融資を受けやすいことにはなりません。

破産で楽になるけれど…融資は難しい理由

お食事中の方には申し訳ない例えですが、食べ放題のお店で食べるだけ食べる。苦しくなったら洗面所で吐き出して、また食べる。

「絶対元を取るんだっ!」と言ってそれをやるのは自由ですが、常識では考えられない行動ですよね?

破産にも同じことが言えます。借金という「食べ物」を家計という名の「胃袋」に詰め込んで、苦しいからと吐き出す。

それで楽になったから「さあ、借りるぞぉ!」は常識では通用しませんし、誰も貸してはくれません。破産とはそういうものです。

目の前にある支払いの放棄…延滞にはもっと厳しい

破産と同様に審査で嫌われるのが「延滞」。先にも触れましたが、延滞は3ヶ月以上に渡る未払いで登録され、解消されるまでは消えません。

また、返済をした後も、「過去に延滞あり」として1年登録されます。返済をしていればまだ可愛い方ですが、延滞中は相当嫌われますよ。

延滞していても借りれたというのはごく稀なケース

プロミスの口コミ情報を集めていると、「他社で延滞していたけれど5万円で審査に通った」などという実績を見かけたりもします。

しかし、それはごく稀なケースだと考えましょう。プロミスに限らず、どこのカードローンも延滞中の人に対しては厳しい目でチェックを行なっています。

中小消費者金融のフリーローンでも、延滞は最も嫌われるタイプのブラック情報です。大手よりも厳しいと言っていいでしょう。

目の前にある返済すらできていないのに、新たな融資の返済などできるわけがない。そう考えるのは普通ですよね?

プロミスから融資を受けるには「返済への意欲」を見せる

もうお解りいただけたでしょうが、最後にプロミスがブラック情報を持っていても融資をしてくれるパターンをまとめてみましょう。

  • 返済を放棄していない
  • 延滞などの不誠実な取引をしていない
  • 総量規制の限度額(年収の1/3)に余裕がある
  • ブラックになってから数年の良好な実績がある

これらをクリアしてはじめて、5万円~10万円程度の融資を獲得することができます。

匿名で相談してみるのも作戦としては有効

プロミスは電話相談も行なっています。自分の状況でも申込む価値があるのか不安な方は、気軽に問い合わせをしてみてはいかがでしょう?

申込み前なので、名前も住所も必要ありません。まずは状況を伝えて、見込みはあるか確認だけでもしてみるといいですよ。

【参考ページはこちら】
ブラックでもプロミスなら審査に通過する可能性ある?

新着記事
TOPICS