> > 即日振込も可能!プロミスでの申込から借り入れまでの流れ

即日振込も可能!プロミスでの申込から借り入れまでの流れ

生活をしていれば時としてお金が足りなくなるという事はよくある話です。あなたはこういう時どうしていますか。

以前であればお金を借りるにしても担保だの保証人だのが必要で簡単に借りられませんでしたが最近は事情が違ってきました。

いまでは銀行や消費者金融で無担保、無保証人でも借り入れができるカードローンがあります。

なかでも大手消費者金融といわれるところは長い歴史を持っており、誰でも簡単に申込めるようになっています。

プロミスもその一つで、もしお金が足りないというようなときには申込みを考えてみてください。

プロミスを申し込もう!ネット利用の申込方法を解説

カードローンと言えば銀行を思い出す人が多いですが、もともとは消費者金融のキャッシングローンが元になっています。

今でも銀行は消費者金融が長年培ったノウハウを利用してカードローンを提供しているのです。

したがって消費者金融というとひいてしまう人もいますが、長い歴史を持つため行き届いたサービスが期待できるのです。

プロミスはその中でも申込みやすく誰にでもお勧めできるものとして有名なカードローンです。

カードローンは手軽に申込めるところが魅力

消費者金融のカードローンと言うのは説明した通り銀行に比べて非常に長い歴史を持ちます。

この中では最初は窓口だけだったものが現在のネット対応まで申込方法も様々な方法が提供されてきました。

これらの方法というのはその時点で最先端の技術を使って非常に容易に行えるように工夫されたものです。

特に消費者金融は新しい技術の導入が早く、窓口での申し込み以外の方法も大変充実しています。

カードローンと言うのは簡単にお金を引き出せて大変便利ですが、これは借入れ時点だけではありません。

申込から借入れ返済まですべてがよく考えられて簡単に利用できるようになっているのです。

プロミスもいろいろな申し込み方法を提供している

ここで取り上げるプロミスも大手消費者金融の一角と言われるまでには長い歴史を持ち、申込方法もいろいろと提供されてきました。

それらの申し込み方法というのは新しいものが出現したとしてもそのまま提供され続け、利用者の便宜が図られています。

したがって現在の主流となったインターネット経由の申込みはできないという人も心配する必要はありません。

その時代時代で主流となっていた申込方法が現在でも用意されていますから、誰でもすぐに申し込むことができます。

消費者金融というとどうしても敬遠する人がいますが、そういう人は借りたいけれども店舗にはいきたくないと考えています。

プロミスを含めて消費者金融各社はそういった要望も踏まえて店舗に来なくても申し込める方法まで用意しているのです。

インターネット利用が最も人気のある申込方法

現在主流になっている申込方法はインターネット経由のものです。パソコン、携帯電話、スマートフォンが利用できます。

特に歴史は新しいですがスマートフォンは高機能な上に非常に普及していますので最近はこれを利用する人が急増しています。

たとえばスマートフォンを利用して申込むことを考えてみましょう。回線さえつながれば場所を選びません。

幾ら店舗が嫌いであっても全く問題にならないわけです。自宅からでも通勤中でも申込みができます。

ただしこういったものは使い慣れていないと申込みの途中で問題が発生したら対処ができませんからお勧めできない人もいます。

インターネットの利用に慣れていない人の場合には、自分が利用に問題のない方法を選ぶようにしてください。

申込みの前に流れを理解しておくことが大切

インターネットを利用して申込をする場合には、まずはホームページに目を通してどのような手順になるかを理解しておきましょう。

例えばプロミスの場合のスマートフォンからの申込みの場合次のような手順になります。

  • 申込み情報送信(年中無休)
  • 自動審査後契約可能額回答(9:00~21:00)
  • 正式な契約可能額決定後通知(自動審査の約30分後)
  • 契約(Web契約、来店契約、郵送契約から選択)
  • 契約完了(振込は即対応、カードは郵送或は店頭で引き渡し)

要するに申込み情報を送信した後は審査が行われその結果を待って契約するという流れで、契約の形態として3つあるという事です。

もちろん審査に通らなければその時点から先には進みませんからその点は理解しておく必要があります。

契約形態によっては店頭に行くという選択肢はありますが、この場合にもWeb契約を選択すればすべてスマートフォンで済みます。

パソコンや携帯電話でも流れとしては同じになりますが、詳細についてはホームページを参照してください。

契約には3通りの方法が用意されている

契約方法については説明した通り3種類が用意されています。インターネット利用の申込みをする人は通常Web契約を選びます。

しかし契約というものは書類を交わす必要があるのでそれにこだわる人のためには郵送という方法が用意されています。

またカードローンは多くの場合ATMからの利用となりますのでそのためのカードを一刻も早受け取りたい人もいます。

そういう人の場合には郵送を待ってはいられませんから店舗に行って受け取れるように来店契約が用意されています。

ただどの方法でも契約が完了すれば振り込みによる融資は受けられますから、Web契約でも振り込み依頼で融資は受けられます。

必要があれば振り込み依頼をして、あとは自分のキャッシュカードでATMから引き出せば即日利用も可能です。

必要書類はあらかじめ準備しておこう

また契約時には本人確認書類と利用限度額によっては収入を証明する書類を提出する必要があることになっています。

これらの書類は申込の前に準備しておくことを勧めます。Web契約の場合には書類は画像データで送ることになります。

とりあえず申込んで審査が通ったら探せばよいというようなことは止めておいたほうが無難です。

審査に落ちることが前提なら構いませんが、通ってから書類が無いといって大騒ぎする様では困ります。
(⇒プロミスの審査基準とは?

また申込時点で入力した情報と書類の情報が食い違ってしまう事も無いとは言えませんから確認しながら入力した方が確実です。

もし情報が違っていた場合には契約できない場合もあるので十分注意しなければなりません。

即日でも借り入れできる?即日振込を希望する場合の注意

お金が必要になるとしても普通は予め分かっていて、それに合わせて借入等を考えますが、そういう事ばかりではありません。

場合によっては当日になってから急に大きなお金の入用に迫られることもないとは言えません。

以前であれば即日お金を用意しろと言われてもそんなことはとても無理なことでしたが、最近ではそうでもありません。

プロミスでも可能ですが現在のカードローンの一部には即日融資を可能にしているものがあります。

審査時間は問題がなければ30分程度

即日融資ができるかどうかは主に審査時間にかかっています。要するに貸してよいのかどうかを判断するための時間です。

この審査時間は以前は数日かかっていたのですが、技術の進歩とともに自動化が進んで徐々に短縮されて来ています。

最近では技術進歩が目覚ましいものがあり、最短では30分程度あれば終了するようになってきています。

もちろん審査中に問題があればそれを調べるためにさらに時間を要することもありますが、そういう事が無ければあっという間です。

審査さえクリアできればプロミスのほうでもできるだけ早く借りてもらったほうが儲かるわけですから即日融資もしてくれます。

これを利用すれば急な出費にもカードローンで対応できるという事になるわけです。便利になりましたね。

契約はWeb契約か来店契約になる

ただし即日融資には条件をクリアする必要があります。利用できるのは審査終了後ではなくて契約終了後という事に注意しましょう。

契約には3通りの方法があると言いましたが即日融資を利用するためには来店契約かWeb契約を利用することになります。

ATMを利用したいという事であればカードの引き渡しが入りますので来店契約を行ってカードを受け取るしかありません。

Web契約ではカードは書留による郵送となりますので到着まで数日を要するとみておかなければなりません。

振り込みによる利用であれば来店契約でもWeb契約でもどちらを利用しても即日融資の利用が可能です。

店舗に行くのが嫌なのであればWeb契約をして自分の銀行口座に振り込んでもらうのがもっともよい方法でしょう。

郵送契約の場合には即日利用は無理

もし郵送契約を利用したいという事になると、契約書のやり取りを郵送で行いますから即日融資は利用できません。

プロミスの方では契約書が届き次第契約完了の手続きをしてくれますが、それでも数日はかかると考えてよいでしょう。

店舗にはいきなくないという人で契約はインターネットで行うのが不安という場合には郵送契約しかありません。

そういう場合は融資までには時間的な余裕というものが必要という事を覚えておきましょう。

したがって郵送契約を選ぶ場合には、プロミスに対して即日融資を強要するようなことをしてはいけません。

ある程度の時間が必要という事を予め了解したうえで郵送契約を選ばなければならないことを最初に理解することが必要です。

店舗で契約する場合には即カードが発行される

申込方法として最初から行われているのが窓口での申し込みで、次に用意されたのが店頭にある自動契約機での申込みです。

これらを利用して申込み自体を店舗で行えばその時点でカードも発行されますので即日利用にはもってこいです。

申込をインターネト上から行っても結局契約に来店契約を選択するのであれば、各局店舗に行くことになる訳です。

ですから即日融資を利用するような場合で来店契約を選択するのであれば最初から店舗に行って申込むことを勧めます。

そのほうがその場でやりとりができますので、家で審査結果の連絡を待ってからというような面倒なことになりません。

また何かわからないことがあったとしてもその場で相談することもできるので実は窓口というのは申込には良い選択なのです。

Web契約の場合申込み時間によっては利用は翌日以降になる

Web契約の場合にはどこからでも利用でき慣れた人にとっては大変便利なものですがもちろん難点もあります。

一つは先ほどから説明しているようにカード到着まではATMから直接融資を引き出すことができないという事です。

しかしこれは振り込み依頼をして自分のキャッシュカードを使うことで面倒ですが解決できる問題です。

ただしこの振り込み依頼も万能ではありません。ATMは手数料さえ考慮すれば24時間利用できますが振込はそうはいきません。

誰でも知っているように振り込みができるのは銀行の営業時間内だけ、遅れれば翌営業日になってしまいます。

しかも振り込みはプロミスに対して振り込み依頼を出して、プロミス側が振り込み手続きを行わなければなりません。

したがってその時間も考慮が必要になるのです。このため当日中の振込を希望する場合は14時までに依頼しなければなりません。

インターネット上でお金を利用するのであればATMよりも便利だと思う人もいますがやはり使い勝手は今一つですね。

申込みが14時を過ぎてしまうと翌営業日になりますが、この翌営業日というのも気を付けなければなりません。

もし金曜日の14時を過ぎてしまった場合には、翌営業日というのは月曜日です。決して翌日と思っていてはいけません。

振り込みによる融資を利用する場合にはこういった振り込みというものの性質をよく理解しておかなければ思わぬ失敗をします。

利用する場合には十分注意しながら怪しい時間帯になってしまったときにはATMの利用と併用するなど利用方法を工夫しましょう。

申込時は要注意!在籍確認というものが行われる

これだけを見ると申込から融資まで大変簡単に行われるように思いますが、ある意味そうなのですがそれだけでもないのです。

この申込み方法には問題点があるのがわかりますか。審査する情報というものはすべて利用者側から提供してくるものです。

もしこれだけで審査が行われているという事になると、誰か別人を騙って申込んだり、虚偽の内容で申し込んでも分かりません。

そこで実際の審査では申込者が嫌がるような確認も行われることになっています。そう甘くはないという事です。

審査では在籍確認が行われる

この嫌がるような確認というのは通常在籍確認と呼ばれているものです。これは職場のほうにプロミスから電話が入るものです。

これを初めて聞いた人はドキッとしたのではないでしょうか。なるべくなら消費者金融の利用は隠しておきたいからです。

とにかくこの在籍確認の電話をかけることによってプロミスは申込者本人が実際に在籍していることを確認します。

確認が取れなければ審査は中断するしかありません。場合によっては審査に落とすことになるかもしれません。

この電話では本人確認を確実にするため簡単な質問が行われることになります。質問に答えれば終了です。

質問があるというと申込者のほうは更に当惑してしまう事もあり、在籍確認はますます嫌われることになります。

在籍確認は何故行われるのか

この在籍確認では今お話ししたように周囲に消費者金融の利用が分かってしまうのではないかという事でたいへん嫌がられています。

しかしプロミスのほうはこの電話で実際にその職場に申込者が在籍していることを確かめなければ安心できないのです。

嘘で良ければ幾らでも一流企業に在籍していることにすればよいのですから、確認はどうしても必要です。

以前は実際に勤めてもいない会社に在籍しているというような人が結構な頻度でいたのです。

また別人を騙る人もいる為、本人確認の一部を行っているという考え方もできます。本人が出れば申込み情報の確認になる訳です。

もし別人を騙って申込みをして融資し、返済を別人のほうに行ったとしたら金融機関としたら大失態という事になります。

職場の周囲でプロミス利用が分かってしまう可能性

では申込者が在籍確認で心配する周囲に知られてしまうようなことがあるかという事を考えてみましょう。

もしプロミスを名乗って電話が来たら、自分が最初に電話に出ない限り分かってしまうことは間違いありません。

しかしプロミスのほうでもそんなことは百も承知で、絶対にプロミスとは名乗りません。電話は個人名でかかります。

プロミスは商売をしており利用者の望むことを行って利用者を増やしたいと考えているので嫌がることはできるだけ回避します。

そういう事ですからこういった個人名の電話一本で消費者金融だと分かってしまうことはまずあり得ないと考えてよいでしょう。

ただし経験者の場合には個人名の電話プラス質問への答えなどを聞いて連想する可能性はあるかもしれません。

在籍確認で行われる質問とは

次の問題としては質問があるという点です。何を聞かれるか分かりませんし答えられなければ困ると思うのが普通です。

しかしこれは面接試験ではありません。別人ならともかく本人が答えられないような質問は出てくることはありません。

内容として代表的なものは生年月日で、これを忘れてしまうような人はプロミスではなくて医者に行ったほうが良いかもしれません。

そのほかの質問にしても申込時点で入力する程度の内容のもので問題はないでしょう。ただし答えが食い違うと困ります。

万が一にもそういう事はないと思いますが、申込に入力した情報程度は覚えておきましょう。

食い違いが出るような質問はまず出ませんから、あまり気にしすぎて固くなる必要はありません。こちらはお客様なのです。

自営業の場合には在宅確認になる

会社員の場合には職場があるので職場の方への在籍確認になりますが、自営業者で職場兼自宅という場合にはどうなるのでしょうか。

事務所でも構えていればそちらの電話番号で在籍確認という事もありますが、そうでない場合には在籍確認はできません。

この場合には自宅のほうに電話があり、在籍確認ではなくて在宅確認が行われることになります。要は電話は掛るのです。

それは困ると考えた人も少ない数ではないのではないでしょう、借り入れが家族に内緒というのは珍しくありません。

在宅確認であってもやはり電話は個人名ですから、そう簡単にばれることはありませんが、家族の場合は要注意です。

自分以外が電話に出た場合を考えてみてください。個人名であっても誰なのか追究される可能性があるはずです。

申込んだら暫く在籍・在宅していることにしよう

最近は審査時間が短くなって最短30分などと言われています。したがって在籍確認も早く行われると考えて間違いありません。

通常審査の直後に行われますから、申込の後30分程度で在籍確認の電話があると思っておくべきです。

したがってプロミスを申し込んだらすぐに電話があると思っていたほうが良いと考えられます。

在籍確認の電話があった時に席をはずしていたら在籍確認ができません。それだけ利用までの時間が長引くことになります。

そこで申込みをした場合には在籍あるいは在宅電話があるまでは、職場に在籍しているか、在宅していましょう。

スムースに運べばそれだけ時間も短くなり、周囲に知られてしまうというような可能性もより小さくなります。

審査に落ちる可能性は?必ず通る審査というものはない

審査はなぜ行われるのでしょうか、金融機関はお金を貸すのが商売だからお客を選んではいけないと考える人もいるかもしれません。

しかし実際問題として問題のある利用者というものはいて、下手をすると金融機関にとっては不良債権になることもあるのです。

要するに金融機関はそういう人を審査というふるいにかけて、落とさなければ商売に影響する可能性も出てくるのです。

したがってこのような金融機関側から考えて融資するのは危険だと言う人は審査には通してくれません。

審査というものは絶対に通るという事はない

審査というものは金融機関が独自の判断で行っているものです。プロミスであればプロミスの判断で落とす人を決めるのです。

ただし銀行のカードローンは信用保証を消費者金融に委託するので消費者金融の判断も入ってくることになります。

そういう仕掛けになっていますので、審査に通るか通らないかということは金融機関によって違いが出ることになります。

A社に申し込んだら駄目だったのでB社に再度申込みをしたら通ったという事は良くある話です。

プロミスの場合には実際の申込者の話をまとめてみると比較的審査には通り易いと言われています。

ただしやはり誰でも通るという事ではなくて、審査に落とされたという人も少ない数ではないのです。

同じような収入がある場合も通る人がいれば落ちる人もいる

難しいのはどのようは判断がなされているのかわからないことで、自分がどうなるのかという予想がつきにくい訳です。

例えば外面的には同じ程度の収入があって甲乙つけがたい場合でも審査結果は違うことがあるという事はよくあるのです。

これは例えば片方の人には他からの借り入れがあって返済能力に違いがあるというようなことが考えられます。

また返済能力は備わっていても他社の借り入れが多数あればそれだけでも敬遠されることになってしまいます。

或は過去にローンの返済が滞ったことがあったり、各種料金の支払いが大きく遅れたというような場合も審査に影響します。

更に過去に債務整理などを行っていると、返済能力の有無にかかわらず審査では落とされます。

審査は審査基準で行われる

審査は各金融機関ごとに作っている審査基準によって行われます。これは共有されませんからそれぞれ審査結果が違うわけです。

たとえばプロミスにはプロミス独自の審査基準がありますが、これが表に出てくることは絶対にありません。

したがって申込者の状態によってこの審査基準と相性の良い場合もあれば相性が悪い場合もあることになります。

相性が良い場合には審査に通る可能性が高いですし、相性が悪い場合には審査に落とされる可能性が高くなります。

したがってこれを金融機関で考えてみれば落ちる金融機関があったとしても通る金融機関もあるという事です。

簡単に言えば一つ駄目だったとしても別の金融機関に行けば融資は受けられる可能性があるという事になります。

落ちたとしてもあまり気に病む必要はない

このように審査というものは金融機関と申込者の組み合わせによって審査結果に差が出てくるものだと考えて良いでしょう。

したがって人によって通り易い金融機関があれば、逆に通りにくい金融機関というものも有るという事になります。

このため申込先によっては通りにくいものにあたるかもしれないので、落とされたとしても必要以上に気に病むことはありません。

その金融機関は自分にとって相性が悪く通りにくい審査が行われたと考えて次を考えたほうが良いのです。

意外に別の金融機関のカードローンに申し込めば審査に通ることも十分考えられるので、慌てる必要はありません。

思い悩むならどこのカードローンが使い勝手が良いのかというようなことを考えたほうが有効な時間の使い方です。

落ちてすぐに次を申し込むと申込ブラックになる

ただし例えばプロミスの審査に落ちてすぐに別のカードローンを申し込んだとしてもまず審査は通してくれません。

言っていることが違うじゃないかといわれそうですが、この場合どこに行っても駄目で、融資はしてもらえません。

原因は返済能力のようなものではなくて申込んだという情報が信用情報中に書かれるためで、これがある限り融資は無理です。

この状態は申込ブラックという状態で、要するに申込みを繰り返すのはお金に困っていると疑われるためです。

もちろんこんな状態がずっと続くというようなことはありません。この情報は6か月を超えない範囲で消えることになります。

概ね3か月程度で消されているようですが、絶対ではないので心配なら6か月間空けて申込むようにしてください。

どうしても落ちる場合にはブラックという事も有り得る

再度申し込んでもやはり落とされるというような場合には、別に何か問題が隠れている可能性が高くなります。

自分でも気が付いていないような問題があって金融機関はそれを問題視していると考えることができます。

もちろん返済能力に問題があるという様な場合もありますが、かつての支払い状況などによっては金融ブラックの可能性もあります。

この場合には申込ブラックと違って長期間情報が消えませんから、暫くは融資は受けられません。

ここでブラックについてまとめておきます。

ブラックの種類 原因 期間
申込ブラック ローンの申込みで審査落ち 6か月を超えない期間
金融ブラック ローンの滞納
各種支払いの遅延
5年
金融ブラック 債務整理 10年

表を見れば分りますが金融ブラックになる原因は色々あります。債務整理をしたら忘れているのは考え難いので問題は支払でしょう。

例えばかつて携帯電話料金の支払いが大きく遅延したことなどないでしょうか。よく思い出してみてください。

【参考ページはこちら】
プロミスの返済はリボ払いしかない?

新着記事
TOPICS