> > 在籍確認の電話が怖い!プロミスは会社名を名乗る?

在籍確認の電話が怖い!プロミスは会社名を名乗る?

カードローンはプロミスなど大手消費者金融に加えて銀行が参入してきたことにによって競争が激化しています。

しかしこれは利用者には大変歓迎すべきことで、競争の激化によって利用者獲得競争になりさらに借りやすい環境になるからです。

カードローンは最近ではプロミスなどでは申込後最短30分で審査が終わりすぐに契約すれば即日借入することもできます。

ただし審査では在籍確認という職場への電話があってこれを敬遠して申込を躊躇する人も大勢います。

そこでここで在籍確認というものを正しく理解して、敬遠することなく積極的にプロミスを利用しましょう。

利用者にとっては恐怖?周囲にプロミス利用は知られてしまうのか

在籍確認が行われているのは何もプロミスだけという話ではなく、ごく一部を除いて殆どのカードローンで行われています。

これは審査の一環で行われることですから、金融機関のほうもこれが終わらなければ審査を終えることはできません。

つまりこの在籍確認が済まなければ契約することができず、お金を借りることができないわけで、利用者としては厄介な存在です。

在籍確認とは何が行われるのか

これまでカードローンを利用したことがない人もいるのではないかと思いますのでまず在籍確認について説明しておきます。

在籍確認は申込者本人の確認と申込み情報に虚偽がないかどうかを確認するために行われているものです。

具体的にはプロミスのほうから職場に電話がかかり、本人に対して質問が行われます。

たとえば別人の名前を使って申込みをしたような場合には、この時点で発覚してしまうことになります。

さらに名前は本人のものであっても審査を有利にするために勤務先に虚偽の情報をいれている場合もあります。

これも実際に勤務先に電話をすることによって、防ぐことができます。面倒ですがプロミスの方には必要な確認なのです。

在籍確認の目的

  • 本人であることの確認
  • 虚偽の申込み情報の洗い出し

在籍確認で聞かれる内容とは

しかし利用者の方では質問されるというと答えられないかもしれないと考える様になり、さらに憂鬱になってしまう場合もあります。

在籍確認だけなら電話に出ただけで良いだろうと思うかもしれませんが、それだけでは本人確認にならないのです。

ただしこの質問はそれ程気にするような内容ではありません。もちろん他人では答えに窮するものですが本人なら問題になりません。

例えば生年月日を聞かれることがありますが、これが答えられない人というのがいるでしょうか。まずいないでしょう。

そのほかの質問の内容も、申込み情報内に入力するような情報だけで本人なら問題なく回答できるものです。

一つ注意が必要なのは申込み情報と食い違ってしまった場合には確認になりませんから、その点だけは注意しなければなりません。

利用者から見れば周囲に知られてしまう可能性があり嫌がられる

さて質問もさることながら在籍確認で最も嫌がられる理由というのは職場に電話がかかるという事自体です。

職場への電話では自分が最初に受けるとは限りませんから、その時点でプロミスと名乗られたら周囲に利用がばれてしまいます。

利用したいができない人の話としては

職場に電話をされたりすれば、消費者金融を利用していることがばれてしまうことになる。

ただでさえ噂好きな同僚から何を言われるかわからないし、会社中に知れ渡り評価も下がってしまうかもしれない。

というようなものがあります。

確かに電話に出てプロミスと名乗れば誰でもカードローンのプロミスを連想してしまうのは間違いありません。

利用者がそこに恐怖を抱くのももっともな話で、特に消費者金融というものにはアレルギーがある人は多いはずです。

また日本人というのは他人に迷惑をかけるなと言われて育ってきました。お金を借りることを他人への迷惑だと考える人もいます。

貸す側は商売ですから借りてくれるのは大歓迎なのですが、あまり周囲に知られたくないという気持ちはよくわかります。

実際の在籍確認ではプロミスを名乗ることはない

しかしプロミスはそういう利用者の心理というものはよく研究していて、なるべく嫌われないようにしようと努力しているのです。

周囲に知られたくないのであれば知られないように電話をするにはどうすれば良いかという事を良く知っています。

プロミスは良い利用者を集めてお金を借りてもらって利息を払ってもらわなければ利益を上げることはできません。

申込みをしてくる人というのはプロミスにとってはお客様であって大歓迎なのです。

そこで現在在籍確認では個人名を使って電話をかけることになっています。個人名なら誰もプロミスを連想しませんよね。

かつては保険会社などを名乗っていたこともあるのですが、それも支障があったのか現在は個人名になっています。

自営業の場合には在宅確認になる

自分は会社員ではなく自営業だから在籍している組織がなく在籍確認はできないはずだと考えて安心している人はいませんか。(こちらもご参考に→プロミスの自営者ローンは即日融資できる?

当然ですが審査は公平に行われることになっていますから自営業でも在籍確認のようなものは行われます。

まず事務所等があればそちらの電話番号を入力することによって、そちらに在籍確認の電話をしてもらうことができます。

しかし自宅兼仕事場というような場合には自宅のほうに電話がかかります。この場合は在宅確認と言う事ができますね。

問題なのはプロミスの利用者の中には家族には内緒という人も相当数存在するという事です。

個人名でかかってきたとしても、家族の場合には「今のは誰?」というように聞いてくる可能性は排除できません。

周囲が在籍確認だと気が付くことはまずない

そこで在籍確認で周囲にばれてしまう事があるのかどうかを考えましょう。個人名の電話を取り次いだ経験を思い出してください。

そんな電話はすぐに忘れてしまうと思います。個人名ですから普通はプライベートの電話で、だれもその後追及などしません。

家族の場合だけは注意が必要ですが、プロミスからの電話という事はまず気づく人はいないでしょう。

経験者の場合一連のやり取りを見ていれば思い当たる人もいるかもしれませんが、それほどの暇人は職場にはいないでしょう。

要するに自分ではびくびくかもしれませんが、他人はそれほど周囲の人に興味を持つというようなことはないのです。

審査時間が短いので在籍確認も申込みの後すぐに行われるでしょう。その時に在籍していることに注意していればよいのです。

消費者金融は在籍確認を重視する!プロミスも例外ではない

このように在籍確認自体にそれほど心配する要素は無いのですが、やはり申込者にはかなり重圧になっているのは間違いありません。

こんなに嫌がられている在籍確認を金融機関はなぜ続けているのでしょうか。それが不思議だと考える人も多いはずです。

しかし金融機関側から考えてみれば、続けざるを得ないそれなりの理由というものがあるのです。

多くの金融機関はどんなに嫌がられても今後も在籍確認は必要と考えている筈で、避けては通ることはできません。

利用者からは煙たがれる在籍確認は消費者金融には大変重要

カードローンを提供している金融機関も会社です。資本主義社会における会社というのは利益を追求する存在です。

金融機関の利益というのはお金を貸して得られる利息が元になっています。もし返済が行われなかったらどうなるでしょうか。

その場合にはその債権は不良債権となって、金融機関は利益どころか元本分の損失になってしまいます。

そのためには審査をある程度厳しく行わなければならず、その一環で虚偽を排除するために在籍確認は重要なのです。

要するに虚偽で騙そうとするような人にお金を貸してしまう危険は犯したくないという事なのです。

このように金融機関側から考えれば在籍確認というものの必要性というものが見えてきます。

プロミスも例外ではなく在籍確認を重視する

このことはプロミスも例外ではありません。プロミスも他の金融機関と同じで在籍確認は必要だと考えています。

他の審査も重要ですが、実際に利用者を確認するための手段として大変重要な位置づけのにあるのです。

自分を考えれば良くわかると思いますが、全く知らない人にお金を貸すでしょうか。まず貸しませんね。

プロミスなど金融機関の場合はお金を貸すのが商売ですから初対面でも貸さなければなりません。

したがって貸しても良い人なのかどうか審査が大変重要で、その中で在籍確認は特に必要性があるのです。

したがって在籍確認というのは、今後形式は何かにとって代わる可能性が無いとは言いませんが続けられることは確実です。

在籍確認は審査の最後で行われるのが普通

在籍確認は金融機関によって考え方が違い、審査のどのあたりで行われるかはそれぞれの違うのですが、概ね審査の最後に行います。
(⇒プロミスは増額も在籍確認はあるの?

したがってそこまで審査が進むという事はそこまでの審査には特に問題のようなものはなかったという事になります。

プロミスでやはり同じで在籍確認は審査の最後に行われていて、これによって最終判断をしていると思われます。

途中で審査に問題があれば在籍確認までは行われません。しかし在籍確認が行われても審査に落ちたという人は珍しくはありません。

したがって在籍確認で何らかの問題が発覚する場合もあるという事がわかります。

つまり油断してはいけないという事です。在籍確認はまだ審査の内に入っていて落とされるかもしれないのです。

例えば虚偽を言っているつもりはなくても申込み情報の入力にミスがあれば質問の答えが食い違う可能性が出てきます。

そういう場合には本当に本人なのかと疑いをもたれることになって、再度確認作業が入ることになってしまいます。

場合によってはそういうことが原因で審査が通らないという事につながってしまう場合も有るでしょう。

したがって申込みから契約が済むまでは、どんなことであっても油断するわけにはいかないのです。

またプロミスではありませんが、別の消費者金融の中には在籍確認が済まなければ、次の審査に移らないというところもあります。

したがってこういう場合には在籍確認があったからと言って審査はまだほとんど終わっていないという事になります。

いい加減な対応をしてはいけない

したがって在籍確認の時点ではすでにほぼ審査は終了しているとしても安易な対応をしてはいけないという事を覚えておきましょう。

安易な対応をすればそれが電話で伝わり、この人は信用できないと判断されてしまうかもしれません。

どんなに簡単な質問であってもしっかり答えて、こっちは真剣なんだという態度を忘れてはいけないのです。

顔は見えなくても電話で相手の態度を感じることは誰でも経験がある筈です。そのことを忘れてはいけません。

もし仮に質問がピントをはずしていて、答えられないようなことであったならば、その時はどのように対応したらよいのでしょう。

もし答えが自分で分からないようなものは質問の問題点を指摘して分からないといったほうが良いと思います。

正直がもっとも重要!在籍確認の時に持つべき心構え

いろいろと気を付けなければならないような点を挙げましたが、実際の在籍確認というのは非常に簡単なもので5分もかかりません。

身構えたほうは拍子抜けするほど簡単なものですが、プロミス側はこの短時間の確認で十分目的を達することになります。

では在籍確認を受ける側はどのような心構えでこの電話に臨めばよいのでしょうか。

それは金融機関とのお付き合いをするときの鉄則を理解しておく必要があります。要はお付き合いできる人という事を示すことです。

金融機関に嘘は通用しない

金融機関というのは金融の専門家で、申込者のような素人が考える以上に多くの情報を持っています。

例えば自分ではすぐに忘れてしまうような各種の支払い状況なども把握して、ほぼ丸裸の状態だと思って間違いありません。

しかもこれらの情報は業界内で共有されているため、どこに行っても状況は変わりません。

したがってそういった情報の共有が進んでいなかった過去ならまだしも、現在では嘘を言ってもすぐにわかってしまいます。

ですから金融機関に対して嘘を言えば遅かれ早かればれてしまうという事をよく覚えておいてください。

これは申込み情報を送る時点から注意が必要です。自分をよく見せようなどと考えてはいけないのです。

嘘が発覚すると信用を大きく落とすことになる

世の中を上手に渡っていくためには嘘も方便といって上手に嘘をつく技術も時としては必要になるかもしれません。

しかし金融機関相手に嘘をつくことだけは絶対に避けてください。嘘も方便は通用しません。

これは先ほど言った金融機関とお付き合いをするときの鉄則が関係しています。その鉄則は信用というものです。

金融取引というのは相手を信用しているからこそできるもので、それがなくなれば金融取引は成り立ちません。

もし在籍確認で嘘が発覚したとしたらまず審査には通してくれませんし、悪質な場合には以後取引ができないかもしれません。

一度失った信用というものを取り戻すのは非常に時間がかかり、場合によっては取り戻せないこともあるのです。

カードローンの申込みでは情報は隠さず正直に申告

このためプロミスのカードローンを申込む際には、入力情報に嘘を入力するのは止めましょう。

確かに正直に書けば審査に不利な情報になるかもしれませんが、嘘を書いて後で発覚するよりもずっと印象は良いのです。

したがって不利になりそうな情報も隠さずに申告してあとはプロミス側の判断に任せることにしましょう。

プロミス側も鬼ではありませんから、そういう状況をよく考慮した審査をしてくれる事が期待できます。

対応としては無下に審査に落としてしまうのではなく、利用限度額を小さくして融資をしてくれるでしょう。

もしそこで嘘をついて自分を有利に見せようとすれば、すぐに分かってしまって審査は通らないはずです。

申込み情報と在籍確認の回答が食い違っては大変

ではもし申込み情報と在籍確認での情報が食い違ってしまった場合にはどういうことになるのでしょうか。

まずプロミス側はそのままでは審査に通すわけにはいきませんが、最初から落とすようなこともありません。

まずは申込み情報の入力ミスを疑います。そういった点を確認するため再度申込者に接触してくることもあります。

また申込者のほうも審査がなかなか終わらないようなら、問い合わせをしてどのような状態なのか確認して必要なら訂正しましょう。

ただし、プロミスも商売ですから、受け答えに悪意を感じれば、容赦なく審査には落とします。

ここでもミスはミスで正直に認めて、訂正をしたほうが審査はずっと早く終わるのではないかと思われます。

申込み情報に嘘を書くと在籍確認も不自然になる

中には申込み情報も在籍確認も最初から最後まで嘘で通せばよいと本気で考えている人も中にはいます。はっきり言えば詐欺です。

しかしこれはそう簡単なことではありません。先ほど言ったように金融機関は様々な情報を共有しているのです。

またこういう場合、申込み情報は考えながら入力するので嘘もかけるでしょうが、在籍確認の電話はどうでしょうか。

予め質問の予想はつきません。幾ら入力情報を覚えていても、人間というものは嘘をつくときは不自然な受け答えになるものです。

しかも相手はこういうことに経験豊富なプロミスです。不自然さを敏感に感じ取ってしまうのではないでしょうか。

そうなってしまうと、今度は鋭い質問が返ってくるかもしれません。嘘はすぐにばれてしまうものです。

在籍確認が不自然に感じられると審査が長期化する可能性もある

在籍確認を嘘で一応乗り切ったと考えていても、プロミスの方では何か不自然さなり疑問が残った場合には、審査はストップします。

そしてその不自然さが解消されない限り審査は通らなくなってしまいます。急いでいても対応は同じです。

この場合は先ほど説明したのと同じで、やはり不自然さを解消するために改めて申込者に接触してくるでしょう。

嘘をついたほうから接触するのは藪蛇と考えるのが普通ですから、申込者のほうから問い合わせはできないと思います。

なかなか接触してこなければ審査期間は徐々に長期化してきます。そうなったら諦めたほうが良いかもしれませんね。

安心してはいけない!在籍確認が有っても審査は落ちる可能性あり

よく言われる話で在籍確認が行われる時には審査はほとんど終わっているのでもう安心して良いという話があります。

先ほども触れましたが、ほとんど終わっているという話は金融機関によって違いますが、ほとんどの場合正解です。

しかし安心などとんでもない話という事は先ほどの説明で分かっていただけたはずです。

在宅確認があっても審査に落とされる例というものは珍しい話ではないのです。

審査というものは必ず落ちる人がいる

審査というものは融資するには返済能力或は信用力など金融機関にとってなにがしかの不安がある人を洗い出すために行います。

これには各金融機関独自の審査基準というものが使われ、この審査基準の違いで通る金融機関もあれば通らな金融機関も出てきます。

審査を行う以上どうしてもその金融機関としては見過ごしにできない人というものは出てくるものです。

プロミスの場合審査は比較的通り易いと言われていますが、通らないという人もいるわけです。

このように審査を行えば必ずその審査に落ちてしまうという人がいるのです。これはどの金融機関でも同じです。

したがって申込者各々もそういう危険性は常にあるという事を理解したうえで申込みをするようにしましょう。

在籍確認が来れば審査に通ったと考える風潮がある

審査というのはたくさんの審査項目があり、これをすべて通る必要があるので、何か一つ問題があれば先に進める必要はありません。

在籍確認は審査の最後に行う金融機関が多いので、そこまで到達するという事はそこまでの審査では問題がなかった事になります。

このためもあって在籍確認まで来ればもう安心してよいというようなことが言われ始めたのだと思われます。

インターネット上の解説を読んでみても、実際にそのように解説しているものがあります。

確かに審査の進捗からいえばほとんど終わっていると言えなくもないですが、それでなんで安心してよいのかよくわかりません。

どんな審査でも落ちる可能性があると言いましたが、審査が終わっていない以上安心していてはいけません。

在籍確認も審査の一環で行われていることを忘れてはいけない

どのような順番で審査を行ったとしても最後に残った一項目が駄目だったとしたら審査には通りません。

在籍確認は最後にもってきている場合が多いですが、それでも審査の一環で行っているという事を忘れてはいけません。

審査である以上、そこに問題があれば利益にかかわってくるのですから金融機関は見過ごすことはできません。

在籍確認を審査が終わってからの確認と位置付けている解説も見受けられますが、決してそうではなく審査の一つなのです。

したがって在籍確認が来たからもう大丈夫というような話を信じてはいけません。おとなしく審査結果を待ちましょう。

安心するのはそのあとで良いのです。在籍確認が来た後、審査は否決ということもあるのを忘れないようにしましょう。

審査結果の連絡を待つ

このように在籍確認は決して審査結果ではなく審査の一項目にすぎません。その時点で安心などとんでもないことです。

審査に通ったのか通らなかったのかは、すぐに連絡が来ることになります。慌てて判断する必要などないのです。

この審査結果の連絡が来るまでは審査が続いていると考えることがもっとも気を休めることにつながります。

審査結果で通ったのであれば、次のステップである契約に進みましょう。審査が通っても契約までは融資は受けられません。

もしこの段階で審査に落ちたとしたら、どうでしょう。在籍確認が来たからと言って安心していたら大きなショックになるでしょう。

しかしどうなるかは最後まで分からないと考えていればショックの度合いというものは小さくて済むでしょう。

そしてそのような場合の次のステップは借入をあきらめるか、再度どこかのカードローンを申し込むかの二者択一です。

もし再度申し込む場合にはすぐに申し込むと申込ブラックといってお金に困っているのではないかと疑われて審査には通りません。

したがって6か月程度は間を置いたうえで次の申込みを考えるようにしてください。そうすれば申込ブラックにはなりません。

契約が済むまでは気を緩めないようにしよう

さていよいよ在籍確認も無事通過して契約という段階に進むことができたとしましょう。しかし実はまだ安心はできないのです。

プロミスの場合本人確認のための書類と、利用限度額によっては収入を証明する書類が契約時に必要になります。

実は以前は申込の段階でこの2つの書類を提出していました。さてそれはどういうことなのでしょうか。

つまり審査でこの書類を使っていたという事です。現在では申込みのハードルを下げるために後回しになっているだけです。

しかしここで問題に気付かれたでしょうか。審査に通ったとしてもこの2つの書類の確認というものは済んでいないという事です。

このため契約時にこの2つの書類を確認することになります。要するに実質的にまだ審査は続いているのです。

この書類如何によってはまた在籍確認と同じことが言えるのです。申込み情報と食い違いが出ている可能性があるという事です。

もちろん食い違いがあればその点を指摘されることになりますから、契約は保留されてしまいます。

したがって、結局のところ契約が完了するまでは安心はできないという事になるわけです。難しい世界ですね。

【参考ページはこちら】
プロミスは所在確認がある?

新着記事
TOPICS