> > 利用限度額は増額できる!?プロミスの増額方法と注意点を確認!

利用限度額は増額できる!?プロミスの増額方法と注意点を確認!

カードローンが幾らまで利用できるのか、それは利用限度額で決められていて申込時の審査で利用者ごとに決まります。

プロミスの場合も同様ですがどこであっても通常この利用限度額は申込者の希望している額よりもかなり低めの設定になります。

このため利用者の中には、これでは足りず並行して他社のカードローンの利用を始めたりする人も出てきます。

しかしこの利用限度額というものは増額できるのです。そこで増額してもらうためにはどうすれば良いのかを探っていきましょう。

プロミスでも利用限度額の増額は可能です!さてその方法とは

プロミスの利用者を調べてみると、利用限度額についてもう少し利用できるのではないかと思っていたという人が大半です。

また自分はこんなに信用がないのかと嘆く人も多く、プロミスに対しても不信感を抱いてしまう人もいます。

しかしこの最初に設定される利用限度額というのは、実はプロミス側の様子見なのです。

金融機関はお付き合いの度合いから信用を評価します。最初はまったくお付き合いしていない状態ですから評価も何もないのです。

ですから少しお付き合いをして信用の評価ができるようになったところで、利用限度額の増額が検討されることになります。

カードローンの利用限度額に不満を持っている人は多い

このようなわけでプロミスに限らずカードローンの利用者というのは、自分の利用限度額というものに不満な人が多いのです。

自分は自分のことをよく知っていますから、もっととたくさん貸してもよいはずだと思うわけです。

もちろん少ない利用限度額の中で上手に利用することができる人もいます。

こういう人は後々を考えると早めに利用限度額の増額をしてもらえたりするかもしれません。

また最初から不満に思っている人の中には大きなお金を利用したくなって他社のカードローンにも手を出す人がいます。

こういう場合には、利用限度額の増額というのははるかかなただと思ってもらって良いでしょう。

利用限度額は審査により決定する

最初にも言いましたように利用限度額というのは審査で決定されます。では審査ではどのように決めているのでしょう。

もちろん一律に決めるというわけではありませんから申込者ごとに利用限度額は違ってきます。

審査ではまず返済能力を評価します。収入から考えて返済できる限界というものを考えるわけです。

次に信用力も評価します。過去に問題があれば融資自体を行うかどうかも微妙になるわけです。

しかし金融機関と初めてお付き合いをする場合、信用というものの評価ははっきり言えば0です。

社会的信用があろうがなかろうが金融機関はお付き合いの内容で評価します。したがって最初は信用力は0になるのです。

プロミスの場合も最初の利用限度額は極めて少額

プロミスの場合もこのあたりの考え方に違いはありません。はっきり言えば申込者を信用していません。

さて自分を考えてみてください、信用していない人にお金を貸すでしょうか。普通は貸す人はいないはずです。

しかしプロミスはお金を貸して利益を上げる会社ですから新しい利用者を開拓しなければなりません。

そこでまずは少しだけ利用してもらって様子を見るのです。これが様子見といった理由です。

こういう仕掛けになっている為、申込み直後に設定される利用限度額というのは低くなってしまうわけです。

理由が分かれば確かに自分でもそうするだろうと考える人もいるのではないでしょうか。

利用を続けることによって信用ができていく

この信用というものは金融機関とのお付き合いを重ねることによって大きくなっていくもので、いきなり大きくする事はできません。

ここでお付き合いというのはどういうことかと言えば、カードローンに限ればとにかく利用することです。

ですから利用限度額が少ないなどと言ってふてくされているのではなくて、利用してみることが意外に重要なのです。

利用すればするほどお付き合いが深まって信用というものが大きくなっていくことになるのです。

ただしここで言う利用というのは借り入れだけの話ではありません。返済も含めた話という事を忘れてはいけません。

借入したはいいが返済が滞ってしまったというような場合には信用は大きくなるどころかマイナスになってしまいます。

ある程度信用ができれば利用限度額は増額してもらえる

信用というものが大きくなれば先ほどから説明してきているように利用限度額を決定する評価というものも違ってきます。

金融機関のほうもこの利用者にはもう少し高額の利用をしてもらってもしっかり返してもらえると考えるようになるのです。

したがってある程度信用ができてきたところで利用限度額の増額を申込むことができるようになります。

申込方法は金融機関によって違いますから利用している金融機関に問い合わせてみてください。

信用できる人であれば金融機関のほうも利用限度額を増額して大きなお金を使ってもらったほうが利益につながります。

したがって信用力はもう十分だと考えている場合には増額の申込みをしてみてください。

プロミスも信用ができれば増額を申し込めるようになる

この話はプロミスの場合も全く同じで、借りては返すという適正利用をしばらく続けていれば信用の評価は上がります。

そうなればやはりプロミス側ももっと大きな金額を利用してほしいと思うようになりますから増額可能になるのです。

プロミスの場合の増額の申し込みはインターネット上からできるようになっているので非常に簡単です。

申込時と同じように手順がありますからまずはその手順を理解することから始めてください。

インターネットからの増額申し込み手順は次のようになっています。

  • 必要書類の準備
  • インターネット会員サービスにログイン
  • 限度額変更申込から申込み情報送信

書類が必要になるのは50万円以上を希望する場合あるいは他社と合わせて100万円以上になる場合です。

利用できる書類は次の中から1点です。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月、1年分の賞与明細書)

自分は増額できるのか?増額するために注意しなければならない点

いよいよ増額するという事にした場合、次に心配になるのが自分が増額してもらえるのかどうかという事でしょう。

要するにここまでの話からプロミスが自分に対して増額してもよい程度の信用があると考えているかどうかが心配になるのです。

プロミスを長く使っていれば、最初は増額が必要ではなかったとしても、次第に増額が必要になる人もいます。
(⇒プロミスの増額審査は時間がかかる?

したがって利用期間が長くなればなるほど増額したいと考える人の割合は増えていき、皆が心配になるというわけです。

増額するためにはそれなりの条件を満たす必要がある

増額に応じてもらうためには、プロミスが考える条件を満たしていなければなりません。それが説明してきたように信用です。

そのためにはある程度の長期にわたって適正利用を続ける必要があります。単調ですが借りては返すという事の繰返しです。

同じように長期間契約していたからと言ってこの間適正利用ができないような人は信用は大きくなりません。

また利用してはいても先ほど言ったように返済が遅れたりする場合にはやはり大きな信用はできません。

そこで必要なのはプロミスに対して自分は上手な利用ができていますという事を示すことです。

要するに自分の返済能力を把握し返済を滞らせないような借り方という事になり、それが信用力につながっていきます。

信用ができるまでには最低でも6か月程度の期間が必要

ではどの程度の期間適正利用を続けていれば、利用限度額の増額の申し込みができるようになるのでしょうか。

これは金融機関によっても違うのですが、プロミスの場合最低でも6か月と言われています。

利用状態にもよりますが最近ではどの金融機関もこの期間が徐々に長期化していて、金融機関によっては1年という場合もあります。

人によっては自分は大きな収入があるからそれほどの期間は必要ないだろうというような考えの人もいますが、そうではありません。

必要なのはお付き合いによる信用の構築なのです。しばらくは少額の利用限度額でも我慢するしかありません。

急がば回れと言いますが、まさにこの言葉が当てはまります。忍耐力が試されるところですね。

低調な利用では信用の構築はできない

ただし6か月以上の利用期間があったとしても利用頻度が著しく少ないというような場合には増額は難しくなります。

何も問題は起こしていないと言われそうですが、利用頻度が少なければ信用力の判断はできないからです。

使い過ぎはよくありませんが、ある程度の頻度で利用しなければプロミスのほうも判断ができないわけです。

この人なら大丈夫という事を示さなければ、返済についての不安がぬぐえず利用限度額を増額することはできないのです。

プロミスのほうは何度も借り入れをしてもらってそれがしっかり返済してもらえるかどうかを見たいと思っているのです。

それが示せた段階で信用というものの評価が上がってプロミスももっと借りてもらっても大丈夫だと考えることができます。

条件を満たしていると考えている場合には増額を申込める

大まかに言えばこの利用期間と利用頻度の2点の条件を満たして適正利用が行えていれば利用限度額の増額の申し込みはできます。

期間が達していなかったり、頻度が少なすぎる場合には更に何か月かは適正利用を行う必要があります。

自分で考えてこの2点を満たしていると考えるのであれば先ほどの方法で増額の申込みをしてみましょう。

ちょっと不安があるという場合には、無理な判断はせず、増額の申込みは先送りにすることを勧めます。

ただし自分は適正利用をしていると考えていても、この間滞納というようなことがあれば増額は難しいと思ってください。

1度や2度は大目に見てくれるだろうなどと自分の基準を作ってもそれは通用しません。要するに適正利用ではなかったのです。

増額にも審査を受ける必要がある

これで自分も増額できると安心するのはまだ早いです。あくまでまだ増額の申込みの段階で増額できるという事ではありません。

喜んだのもつかの間という事になりそうですが、まだまだ増額までの道は遠いのです。

利用限度額を増額するという事はその人にそれだけの信用があるかどうかを調べなければなりません。

要するにこの時点で最初の申し込み時と同じように審査を受けるという事になるのです。驚いた人もいるかもしれませんね。

ただし最初の申し込みから増額の申し込みまでの期間に自分に大きな変化がなければ特に心配する必要はありません。

審査基準に違いはありませんから、それほど心配するようなものではありません。信用さえ上がっていればまず大丈夫です。

当然誰でも審査に通るとは限らない

この増額審査では増額できるだけの返済能力と信用力があるかどうかが問われます。

消費者金融には貸金業法の総量規制が適用になりますから、増額するにはそれをクリアしなければなりません。

それが法的な返済能力という事になるわけですが利用限度額は年収の3分の1までとなっていますからそれ以上には増額できません。

総量規制の内容

規制の内容 融資可能額は年収の3分の1まで
例外規定1 融資額50万円以内あるいは他社の借り入れを含めて100万円以内は収入による制限無し
例外規定2 専業主婦の場合は配偶者の収入の枠内で配偶者の借り入れ分を含めて年収の3分の1まで

この返済能力と信用力のどちらが欠けていたとしても増額の審査には通りません。

自分では大丈夫と思って申込んだとしても、審査というものは必ず通るというものではありません。

必ず通らない人というのは出てきます。自分は大丈夫だというような根拠のない自信は禁物です。

増額申し込みは諸刃の剣!増額申し込みで減額になる事もある?

自分もできれば増額したいという気持ちは分かりますが、増額の申込みというものには注意すべき点があります。

手順のところを思い出していただきたいのですが、増額申込と言っていますが実際には限度額変更申込というものです。

よく見てくださいどこにも増額という文字は入っていません。これはどういうことなのでしょうか。

実はこの申込みというのは再度審査をしてもらう申込なのです。増額の可能性の反面、減額の可能性もあるのです。

審査は申込時と同じように行われる

増額の審査に何か特別なものがあるのかというとそういう事ではありません。再度評価を行うというだけです。

申込時も同じですが、この審査で利用限度額が決まるわけですから返済能力と信用が上がっていれば利用限度額も増額されるのです。

したがって審査項目というのは基本的に最初の申込時と同じです。もちろんこの間に審査項目が変更になっている可能性はあります。

とにかく最初と同じような審査が行われるわけです。結果が出るまでまた落ち着かなくなりそうですね。

しかし信用が増していればその分プロミス側の利用者に対するその点の評価というものは上がっていることは間違いありません。

しかしそれで安心してよいのかというとそう簡単なことではないのです。別の要因もあるのです。

当然利用限度額も改めて計算されることになる

審査を再度行うわけですから、当然利用限度額は再度計算されなおされます。これが増額の方向になるのが普通です。

しかし計算の結果逆の方向になる可能性もないとは言えず、そのような場合には利用限度額は減額されることになります。

最初の申込み以降に自分の状況というものがカードローンを適正利用したことの信用上昇だけならそれが反映されることになります。

この場合は信用の評価にもよりますが増額が望めます。悪くしても現状維持というところで収まるでしょう。

しかし世の中それほど甘くはありません。例えば利用開始から6か月経過しているとしましょう。その間何も変化なないでしょうか。

例えば景気が上がってきているとはいえ賃金は減少しているところはまだ多いのです。そういう変化も考慮しなければなりません。

返済能力と信用度が大きくなればそれだけ増額される

信用力が上がり賃金が増えて返済能力の評価も上がっていれば、文句なく利用限度額は増額されることが期待できます。

しかしこういう人ばかりとは限りません。色々な組み合わせが考えられそれぞれ結果は違ってきます。

例えば最初は極めて利用限度額は少ないはずですから信用度が上がっているだけでも利用限度額は増額されるでしょう

しかし自分では信用度が上がっているつもりでも、プロミスから見れば足りないと考える可能性もあります。

そういう場合にも増額は難しくなってくると言って良いでしょう。自分で自分を評価するのは難しいものです。

そういう意味では増額の申込みの前に、自分の収入と利用状況というものを冷静に確認する必要がありそうですね。

返済能力や信用度が大きくなっているとは限らない

このように6か月を経過して返済能力と信用力が上がっている保証はないのです。自分だけがそう思っているのかもしれません。

もし信用力の評価があまり上がっておらず、返済能力が下がってしまっている場合には、減額の可能性が高くなります。

もし先ほど触れたように滞納などが一度でもあれば信用はその時点で崩壊してしまっています。6か月経っても無理なのです。

こういう状態で増額の申込みをしたとしても良くて据え置き、悪くすればやはり減額になるでしょう。

もし自分にはそういう危険性があるという事が分かっているのであれば、増額の申込み自体を止めた方が良いでしょう。

このような時にはいかに自分を客観的に見ることができるかという事が大変重要ですのでそれを忘れないようにしましょう。

増額のつもりが審査をやり直した結果減額されることもある

ちょっと脅かしてしまいましたが、このように増額の申込みというものは必ずしも増額はつながらないという事です。

もっと言えば評価の内容によっては増額どころかかえって減額されてしまう可能性も十分有り得るという事です。

こういった点で増額の申込みというのは諸刃の剣と言って良いでしょう。自分の都合の良い方向に行く保証などないのです。

プロミスからいえば、増額してもらった方が大きな金額を利用してもらえて良いことなのです。

しかし大きな金額を融資した場合、もし不良債権化したら損失も大きくなってしまうことになります。

ですから申込時には利用者を大勢集めるために審査に通り易いかもしれませんが、増額審査ではそうはいかないのです。

他社の借り入れをしている場合には要注意

特に要注意なのが利用開始以降に他社からの借り入れを増やしている場合です。これはプロミスとしても見過ごせません。

利用者のほうは他社の借り入れなどプロミスには関係ないだろうと考えがちですがそんなことはありません。

1社増えればそれだけ返済額が増えるわけですから返済能力の評価にもろに響いてくることになります。

したがって評価は大きく下がってしまうでしょう。増額などとんでもない状況になってしまうのです。

最初の利用限度額が少ないので安易に他社に手を出してしまう人がいますが、こういうところに影響が出てくることになります。

もし大きなお金が必要で何件も申込みをしてしまったというような場合には減額どころか契約解除の可能性さえあるのです。

他社の申込みで安易に借入を増やしてよいか?長期の視点を持とう

このように他社の利用は増額に対しては大変大きな影響が出ますし、プロミスの信用評価においても良い影響はありません。

このような利用者に話を聞くとプロミスの利用限度額では足りないから他社とも契約するのは仕方がないという人もいます。

確かに大きなお金が必要なこともあるかもしれませんが、短絡的に借入先を増やすことには問題があります。

このようにして増額ができなくなってしまったとき、長期的に見れば大きな損失につながる可能性があるからです。

もっと借りたければ他社を利用しろという記事に注意

そこでインターネットでカードローンの増額についての記事を見てみてください。こういう記事は最近多いのですぐに見つかります。

ここで言っていることは何かというと、増額には時間がかかるし減額の可能性もあるので他社を利用しろということです。

こういう記事が最近多いので増額について理解していない人はこういう内容を信じ込んでしまう場合があります。

実はこれには裏があって、この記事からリンクを辿ると記事を書いた人に謝礼が出るのです。利用者を増やすための一種の広告です。

もちろん何社も借りれば月々の返済が増えますから、自分の首を絞めることにつながり、信用も落ちる原因になります。

しかも他人が儲けるのです。自分の首を絞めて他人を儲けさせる必要など全くありません。

増額するよりも簡単に借入額が大きくできる

たしかに手っ取り早く利用できる金額を増やすためにはもう一つ契約を増やせば、即日融資ですから簡単で早いでしょう。

増額など考えず、返済能力も高いという人には勝手にしてくれと言ってもよいのですが、決してお勧めはできません。

カードローンの場合概ね3社程度は契約することができます。それ以上になってくると返済能力があっても敬遠されます。

しかし他社を利用するという事は先ほど説明したように増額はまずできないという事につながります。

しかも3社全部で返済能力、信用ともに大きな評価が受けられず、増額につながることはありません。

それでも同じように大きな金額が利用できるから結局違いはないだろうという人もいますが、それは大間違いです。

増額だけを見ていてはいけない金利にも目を向けよう

増額というと利用限度額ばかりに目が行きますが増額の良いところはそこだけではないのです。別の部分の見直しもあるのです。

ここで原点に戻ってみてください。お金お借りるときに気になるのはどんなことでしょうか。

これはいかに有利の借りるかを考えますから金利という答えが一般的です。この金利は実は利用限度額に連動するのです。

利用限度額が小さければ金利は高く、利用限度額が大きければ金利は低くなります。ちょうど反比例のようですね。

したがって利用限度額の増額というのは利用限度額の大きさが変わるだけではないのです。一緒に金利が低下するのです。

つまり利用限度額が増額できなければずっと高い金利で計算した高い利息を支払うことになってしまうことになります。

金利の見直しのほうが重要

お金を借りる側から考えれば、利用限度額の増額も大切ですが、この金利の低下はもっと重要な意味を持ちます。

カードローンは他のローンと違って何度も何度も利用するものです。一回一回の利息は少なくてもトータルでは馬鹿になりません。

このためできるだけ金利は低いほうが良いのです。たとえば大きな借り入れはしないが増額申し込みはするという人がいます。

これは同じ金額を借りていたとしても金利が低くなって有利な借り入れができることを理解しているためです。

そんなことをよく考えもせずに、安易に借入先を増やして同じ金額が借り入れできればよいというような人は呆れてしまいます。

もう少し利用限度額とはどういうものかを研究して、どうするのがお得なのかを理解してください。

長期的にみると他社の利用は大きな損失につながる

そこで3社から1か月それぞれ金利15%で100万円ずつ借りる場合と1社から金利10%で300万円借りる場合を比較します。

3社からそれぞれ金利15%で100万円ずつ借りる場合の利息

元本100万円 × 金利(年利15%) × 期間1月(1÷12) = 1.25(万円) × 3社 = 3.75(万円)

1社から金利10%で300万円借りる場合の利息

元本300万円 × 金利(年利10%) × 期間1月(1÷12) = 2.5(万円)

つまり1月だけ借りたとしてもその差は1.25万円の損失という事になります。

これを長期間利用していたらどのような差になって表れてくるのでしょうか、大きな損失だという事は分かるでしょう。

これは一例ですが、増額というものは1度では終わらないことにも注目する必要があります。

さらに増額していけば金利の差というものは更に大きくなっていくことになり、損失はもっと大きくなるでしょう。

ですからお金を借りるという事はいかに有利に借入れできるかという視点を持たなければならないのです。

そういう視点で長期間の利用を想定しなければ、実は自分が大きな損失を被っていたとしても分からないままで終わるでしょう。

したがって他社の利用などは厳に慎むべきですし、それをあおるような記事は大変問題があると考えます。

これからカードローンを利用しようという人は、最初は利用限度額に不満があるでしょうが、適正利用を心がけてください。

今カードローンを利用していて、お金がもっと必要という人はまず増額できないかを考えてみてください。

まだ増額は無理だというときは、増額できるようになるまでやりくりすることを考えましょう。

安易に他社の利用をしてしまっては大きな損だという事を覚えておきましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS