> > 審査はどうなの!?プロミスのキャッシングで気になるポイント

審査はどうなの!?プロミスのキャッシングで気になるポイント

審査もそうだけど、プロミスはサラリーマン金融内ではどうなの?という意見が、インターネットでは良く見つかります。ですが、評価においては高いサラリーマン金融であるのは確かです。

ただ、金利や借入額を気にしている人が多いため、クチコミサイトでは内情を知ることができません。そこで、プロミスだけで徹底的なメリットの調査を行いました。

調査内容に関しては、各種の気になる部分についてでまとめられています。これからカードローン契約を組む予定の方は、調査結果を元にして借入の検討を進めてみてはどうでしょう。

プロミスは69歳までキャッシングの利用が可能

プロミスの借入について、「年齢はどうなの?」という質問が良く見つかります。

ですが、プロミスは他の業者より余裕があるので安心しても良いでしょう。プロミスはなんと69歳の人でも、キャッシングが組めるように配慮されているのです。

一般のカードローンではどうなの?という質問もありますので、そちらについても調査してありますが、一般のカードローンでは「65歳まで」のケースが多いです。

また、銀行のほうが長く貸してもらえると思っている人がいますが、「銀行のほうが年齢制限が厳しい」ので注意してください。

平均すると、銀行は62歳、サラリーマン金融は65歳という年齢制限になっています。「たったの3年の違い」と思うかも知れませんが、それでもサラリーマン金融の魅力であることは確かです。

年齢制限についてですが、65歳という場合は「65歳になるまでは契約が可能」という意味です。

これは銀行やサラリーマン金融に違いはないので気をつけてください。例えば、65歳になってからサラリーマン金融で審査を受けても、年齢制限に引っかかってしまうのです。

年齢制限のルールに関しては、金融業者で配慮が不足している場合が多いです。なので、高年齢でカードローン審査を受ける場合、「年齢に関してで相談をしておく」のも大事です。

サラリーマン金融はどこも審査が甘いわけではない

前述の要点をまとめると、サラリーマン金融は審査の時点でかなり甘い金融業者と思ってしまいます。

ですが、サラリーマン金融を全体で見た場合、プロミスのような大手以外はあまり審査が優しくありません。

下記のような悪い特徴が見られるサラリーマン金融も存在します。

  • 長期で借りられないカードローンのみ取り扱っている
  • 審査そのものに3日以上の期間が必要
  • 取立が厳しく一般の人から敬遠されている
  • 業者そのものの情報が曖昧で連絡がつかない場合がある
  • 金利が高く、職業によってはまともに審査をしてもらえない

このような特徴もあるので、「サラリーマン金融は全体的にどうなの?」という質問を受けた場合、「利用を控えたほうが良いです」としか回答できません。

基本的に一般的に評価されているサラリーマン金融というのは、「大手の5社のこと」だと思ってください。

大手の5社というのは、下記のような優良業者(サラリーマン金融)を主に言っています。

  • プロミス(三井住友銀行グループ)
  • レイク(新生銀行レイク)
  • モビット(三井住友銀行グループ)
  • アコム
  • アイフル

30日間無利息!安心して組めるキャッシングが魅力的

今では、キャッシングというと「無利息期間」を狙って利用している人が多いです。

無利息期間というのは、定められた期間内であれば利息が発生しないキャンペーンのことです。プロミスの場合、初回の契約時に適用されるようになっています。

キャンペーンなので、「複数回の利用も可能?」という質問を見かけることがありますが、「1回のみ」なので注意してください。

また、「あくまでも期間内のみ無利息なだけ」です。

そのため、以下のような使い方をされた場合、通常通りで利息が発生するので注意してください。

  • 期間を超えて利用してしまった場合、利息が利用日数分で発生する
  • 定められた金額を超えて利用された場合、通常と同じ金利で利用している扱いになる
  • その他の規定などを守らない利用者に対しても、無利息期間は発生しない

無利息期間ってどうなの?と思う人もいるかと思いますが、基本的な要項を守っていれば問題にはなりません。

また、借入額によっては利用できないということもありませんので、男性女性ともに楽しんで利用していただけます。ただ、キャンペーンなので期間終了の場合は対応していないこともあります。

プロミス、レイクといった大手サラリーマン金融の場合は、安定してキャンペーン対応しています。なので、今のところ借入経験がないという人は、プロミスやレイクを選択すると良いでしょう。
(⇒プロミスと他社カードローンを比較

プロミスは事前の相談も嫌がらない

銀行とサラリーマン金融の大きな違いですが、やはり対応の幅ではサラリーマン金融のほうが優位であると答えられます。

というのも、サラリーマン金融は「事前の相談」について対応してくれるからです。

銀行でも対応しているような・・・と思う人もおられるかと存じます。

ですが、銀行では「窓口相談」を行っているだけで、ローン全体の相談に関しては対応していません。大手銀行であれば対応可能な場合も存在するだけです。

それに対してサラリーマン金融では、電話からの相談にも対応していますし、小さな借入であっても相談を受け付けています。銀行の場合、最低借入額の都合で対応していないこともあるのです。

その証拠として、銀行では10万円以上からの借入が認められているのですが、サラリーマン金融では1万円未満でも認められます。このような違いも、借入未経験者にとっては役立つポイントとして評価されていることが多いです。

プロミスの在籍確認は他の業者より短い

次に在籍確認についてですが、こちらは銀行よりもサラリーマン金融のほうが圧倒的に優れていると評価できます。

実際に各業者でチェックしてみると、以下のような在籍確認時間のズレが確認できました。

  • サラリーマン金融:10分未満
  • 銀行:10分~30分
  • 信用金庫:10分~30分
  • 街金:10分~30分

比較するまでもなく、サラリーマン金融だけ在籍確認時間は短いことがわかります。

サラリーマン金融の場合、プロミスといった優良業者では「大まかな質問のみ」で構成されているので、あまり時間がかからずに済みます。

例えば、以下のような質問を受けることが多いのですが、基本的に対応できない人のほうが少ないでしょう。

1.カードローン申込者、本人かどうかの質問

銀行やサラリーマン金融の在籍確認で必ずチェックされる項目です。ただ、「はい」と答えるだけで対応としては問題ないため、時間がまったくかからない質問でもあります。

2.カードローン申込内容の確認に関する質問

サラリーマン金融の場合、本人確認の次にこの質問をされますが、最終的に問題ないと連絡するだけで良いです。申請に関して不服な部分があるかどうかの質問となっています。

3.質問を受け付けるための質問

最後に今までの話で疑問・質問がなかったかの最終確認が行われます。銀行とは違い、その後のローンに関する説明もないため、1分以内で連絡が完了するよう工夫されていたりします。

サラリーマン金融以外では、「カードローン内容の説明」だけで3・4分はかかると思っておきましょう。そのため、会社で在籍確認を受けている場合、周りの人に見られる時間が長くなりやすいです。

会社の同僚・上司にカードローンがバレるケースも、ダントツで電話時間の長さが原因とされています。なので、「大手企業」に勤めている場合は、なるべくサラリーマン金融のほうが良いです。

銀行の場合、そのまま「銀行からの連絡であることを明かす」ことさえあります。バレるのは絶対に困る・・・という場合も、業者選びではサラリーマン金融が無難となります。

在籍確認を簡潔にするテクニックまとめ

次に在籍確認そのものに関するテクニックを案内します。

在籍確認は、サラリーマン金融であれば無しにすることも可能なので、相談を事前にしておくのは重要です。

基本的に以下のような状況で申込みされている人の場合、サラリーマン金融であれば在籍確認無しとなりやすいです。

  • 過去に借入を行っていた時期があったことを明かしている
  • 厳格な会社のためカードローンがバレては困ると相談している
  • 会社の同僚や上司に疑い深い人がいるので、対人トラブルを避けたいと相談している

サラリーマン金融は、クチコミサイトなどでは「あんまり良い評価がないけどどうなの?」とカキコミされていることが多いです。

ですが、個人の都合によるカードローンに対してノウハウが深いです。そのため、近年では新生銀行レイクのように、審査部分を銀行ではなくサラリーマン金融が担当していたりします。

銀行では厳しい審査だから通りそうにない・・・という場合も、業者選びではサラリーマン金融一択がオススメです。

また、大手サラリーマン金融全体で在籍確認無しの対応をしてくれるわけではありません。主に「プロミス、モビット、アイフル」では対応の幅が広く、無しになることもあるというだけです。

フリーキャッシング商品情報

プロミスで販売されている「フリーキャッシング」に関する商品情報です。

フリーキャッシングとありますが、内容としてはカードローンと大差ないので、あまりその点は気にしないでも問題ないです。

業者によって、「○○キャッシング、○○カードローン」という呼称を用いているだけなので、商品内容に大きな違いが発生するわけではないのです。

業者名 プロミス 三井住友銀行グループ
商品名 フリーキャッシング
金利(年率) 4.5%~17.8%
融資限度額 500万円
審査基準 1.年齢20歳以上、69歳以下の方
2.安定した収入のある方(※)
※主婦、学生、パート、アルバイトの方でも安定した収入があれば審査可
遅延損害金 20.0%
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
担保・保証人 不要

補足となりますが、「現代のカードローンでは担保・保証人は原則として不要」です。

なぜ担保・保証人などがない場合でも、お金を借りられるのかというと「保証会社」で対応してくれるからです。

例えば、返済などで長く返済の遅延をされている場合、将来的に保証会社との間でお金のやりとりが発生します。つまり、返済に関しては保証会社で対応しているのです。

近年では、このような方法が銀行カードローンでも活かされています。新生銀行レイクでは、カードローンの管理・運営を新生銀行が行っていますが、審査などはレイクが行っています。

サラリーマン金融は、前述のとおりですが「ノウハウが非常に多い」です。そのため、現代のカードローンでは銀行がノウハウを買い、提携してカードローン販売しているケースが目立っているのです。

キャッシングとカードローンの違いを徹底検証

プロミスはフリーキャッシングとなっているが、契約の後の返済などはカードローンと比べてどうなの?という質問も見かけます。

先に回答から案内しますが、キャッシングとカードローンに関しては特に内容の違いはないです。

そのため、フリーキャッシングで借りた場合、カードローンで借りた場合で比較しても意味がありません。

主に以下のような内容に関しては、大きな違いもないと思っていただいて結構です。

  • 金利や利息計算に大きな違いはない
  • 借入期間・返済方法に大きな違いはない
  • 借入額や金利にも大きな違いはない

ただ、キャッシングの場合は「一括返済」に対応しているケースが多いです。なので、キャッシングで借りる際は、「間違って一括返済で申込していない」かチェックする必要があります。

近年では、「後からリボ払い」のような対応が増えているので、こちらに関してはあまり危惧されないで良いです。

後からリボ払いとは、後からリボルビング払いに切り替えられるサービスのことです。

例えば、「一括払いを定額払い」にすることが可能です。来月10万円の返済を後からリボ払いにした場合、来月の返済額は1万円と手数料に変更となります。

リボ払いの場合、1万円・2万円といった金額で返済額が切り替わり、自動的に必要な支払い回数・残債の計算が行われます。明細などで確認できるので、支払い回数などでは混乱しないで済みます。

注意点として、リボ払いは「限度額までのご利用が前提」となっています。そのため、すでに借入が限度額一杯になっている場合、「リボ払いの適用ができませんでした」と案内されます。

なので、リボ払いは一時的に支払いを後回しにできる程度・・・と、思っておいたほうが無難に利用できるでしょう。

このようなサービスをプロミスでは行っています。インターネットからサービスの利用、増額審査の依頼などを行えますので、基本的に店舗を訪問して申請する必要はありません。

ただし、インターネットに慣れていないと操作が難しい部分も御座います。インターネットに慣れていない人は、恥ずかしがらずに先にプロミスの方で相談をしておいたほうが良いでしょう。

プロミスでは、そのような人向けの相談窓口を、インターネット・電話などで用意しています。このような手心が多いため、サラリーマン金融でも1・2位を争うほどの人気となっているのです。

【参考ページはこちら】
プロミスの増額する裏技ってあるの?

新着記事
TOPICS