> > 所在確認の有無を徹底解明!プロミスが行っている審査のまとめ

所在確認の有無を徹底解明!プロミスが行っている審査のまとめ

プロミスで行っているカードローン審査というのは、特に他のサラリーマン金融と違いがあるわけではありません。なので、シンプルに所在確認も完了するようになっています。

ただ、申込者の配慮が欠けている場合、サラリーマン金融の所在確認は厳しいものとなりやすいです。

そのため、今回は何が配慮では大事なのか案内していきます。これからカードローン審査において、スムーズに通りたいという人は良ければ参考にしてください。

こんなにもアッサリと済むプロミスの所在確認

所在確認というのは在籍確認のことです。法律上、銀行では所在確認が必須となっているため、人によっては面倒な対応を要求されることがあります。

しかし、プロミスなどのサラリーマン金融ではあまり厳しくありません。というのも、サラリーマン金融は全体的に、所在確認にはあまり力を入れていないからです。

昔は、「グレーゾーン金利」で運営されているサラリーマン金融が多かったため、信用を所在確認で細かくチェックしていました。

ですが、現代では「個人信用情報」がインターネットのみで確認できる時代です。そのため、システムによる判定で低評価でなければ、所在確認もスムーズに済む場合が多いのです。

近年では、「所在確認が1分以内」とさえ言われています。これは大げさな表現ではなく、サラリーマン金融であれば標準化しているサービスとして認識しても問題ありません。

また、「主婦などの職業は所在確認では不利」と言われていますが、あくまでもその可能性があるだけです。なので、あまり所在確認の前に不利かどうかを意識する必要もないのです。

所在確認には加点・減点がない

所在確認で良くある誤解ですが、所在確認を受けないと完全に不利になるというのは誤解でしかありません。

サラリーマン金融の広告や公式サイトを見ているとわかりますが、公式のほうですでに「所在確認無し」をアピールしていることもあります。
(⇒勤務先への連絡なしでプロミス使える?

なぜ、このようなアピールをしているのか?というと、所在確認に対して不安を感じている人が多いからです。実際に所在確認は「必要」なので対応しているだけです。

そのため、別に所在確認を受けなかったからと言って、特に加点・減点がされるわけではありません。

ただ、「銀行の場合は話が別」となります。銀行の場合、カードローン審査が長くなりやすいのですが、大きな理由は所在確認に力を入れているからです。

例えば、すでに借入が多いと判断されると、「お使いみち」について質問されることが多いです。つまり、利用者によって所在確認の内容が、銀行では変化しやすいという特徴があるのです。

サラリーマン金融の場合、このような面倒がないので初心者の方は気楽に対応しても問題ありません。

安易な対応で所在確認無しにする方法

インターネットで所在確認について調べていると、マル秘テクニックのように所在確認無しが案内されています。

ですが、所在確認無しはそれほど重要なテクニックでもありません。というのも、事情を説明するだけで所在確認無しになる業者が多いからです。

どうして所在確認無しにできるのかというと、前述した「個人信用情報」が存在するからです。

以前にカードローン契約や審査を申込んでいた場合、その際の申込に関する情報は個人信用情報機関に登録されているのです。

個人信用情報機関とは、CIC(シー・アイ・シー)といった信用情報を取り扱っている機関です。

銀行やサラリーマン金融は、今では「個人信用情報機関に加盟している状態」で運営がされています。つまり、申込に関する情報において嘘は絶対に通用しないのです。

このような仕組みになっているのですが、サラリーマン金融は個人信用情報を重んじてもいます。つまり、「良い人物として評価されている」場合、別に所在確認無しにしても問題ないのです。

個人信用情報機関は複数存在しますが、基本的に有名な機関でサラリーマン金融は加盟をしています。

よくわからない場合は、サラリーマン金融に質問するか、もしくは公式サイトの概要ページで確認してみると良いでしょう。

最後に、主立った所在確認無しにする方法ですが、以下のような対応だけでも所在確認は無しにすることができます。

  • 所在確認無しを希望と伝える
  • 会社が厳格なためお金の貸し借りを嫌っていると伝える
  • 家族や会社の同僚にカードローンを疑われていると伝える

昔と違い、現代のサラリーマン金融は「新規顧客獲得」に励んでいます。そのため、なるべく親身になって欲しいと伝えるだけでも、所在確認などの対応は緩くなりやすいのです。

所在確認無しは一部で対応可能なサービス

注意点がありますが、所在確認無しというのは大手サラリーマン金融以外では対応していないことが多いです。

その理由ですが、「過去にトラブルがあったため」という理由があるからです。

大手サラリーマン金融であれば、一部の利用者との間でトラブルがあっても些細な問題です。しかし、中小サラリーマン金融にとっては話は別です。

そのような利用者に対しては、今では厳しい対応をとっているため、あまり所在確認無しにはしてくれなくなっています。

大手サラリーマン金融で所在確認無しの対応が可能なのは、以下の3社くらいだと思っておいたほうが良いでしょう。

  • プロミス
  • モビット
  • アイフル

上記の3社は、所在確認無しの対応だけでなく、「カードローン審査が甘い」ことでも有名です。

なので、これからカードローン審査を安心して受けたい・・・という人は、なるべく上記の3社を選んだほうが無難です。

大手サラリーマン金融というのは、大手というだけあって「ノウハウがしっかりしている」場合が多いです。なので、安易に諦めずに相談のみ先ずは行ってみてください。

カードローン審査の基本はスコアリング審査

所在確認もそうですが、カードローン審査は受からないと意味がないので、審査方法についても知っておく必要があります。

ただ、現代のカードローン審査は「スコアリング審査」を重要視しています。

スコアリング審査とは、加点・減点を行い審査を属性別で進めていく審査方法です。

属性とは、「年齢などの個人や家庭に関する情報」をカテゴライズしたものです。属性に関する評価では、基本的に普通以上を多くしておくことが重要です。

下の表では、スコアリング審査で判定される属性についてまとめてあります。自身のスコアリングを行いたい方は、下の表で簡易的な自己チェックを行ってみましょう。

属性 評価:高い 評価:普通 評価:低い
年齢 20代 30代 40代以上
年収 500万円以上 200万円以上 200万円未満
職業 公務員、大手企業勤務 中小企業勤務 その他
勤務年数 2年以上 1年以上 1年未満

補足となりますが、全て低評価であっても「審査に受かることはある」ので安心してください。

プロミスの場合、「現在までの返済でトラブルが多かったかどうか」を重要視しています。後は、あまり高すぎない希望借入額で申込みすることで、審査に通りやすい状態を作れます。

返済に関する信用を前倒しするのも重要

カードローン返済には、随時返済という返済そのものに関するサービスも用意されているので、信用を貯めたい場合は利用してみると良いです。

随時返済は一括返済のことではありません。

例えば、返済日(返済の約定日)前に5000円や1万円といった金額で返済できる場合、随時返済をATMから行っておくと、信用が上がりやすくなる場合が多いです。

ATMからの返済は、「実店舗に設置されているATM」か、もしくは「コンビニに設置されているATM」で行えます。金額に関しては特に規定がありませんので、気軽に返済ができるという特徴があります。

なぜ、このような小さな金額でも評価されるのか?というと、それは「返済実績」が登録されるからです。

サラリーマン金融といった金融業者では、返済実績を重んじることが多いため、些細な返済であっても評価されやすいのです。

しかも、このような対応をされていると「優良」という扱いまで受けられることがあります。つまり、将来的に多くの業者で所在確認が無しになるといった優遇措置もありえるのです。

自営業の場合は所在確認が簡単

今のところ、「下請けでもあるし、自営業でもある」という状態でお仕事をされている場合、なるべく「自営業で申込みすると良い」です。
(⇒自営者カードローンは即日融資できる?

その理由は、自営業の場合は自宅に電話がかかってくるだけで、所在確認については完了するよう配慮されているからです。

下請けの場合、あまり最近において下請けの仕事をもらっていない・・・という場合、基本的に「所在確認が取れない」ことが多いです。

実際のカードローントラブルでも、下記のようなトラブルが存在するので、あまり下請けという立場は利用しないほうが良いでしょう。

1.下請けというだけで対応が天地の差

下請けでカードローン審査を受けた場合、所在確認が上手く取れない場合は、「何度も電話がかかってくる」結果になりやすいです。

下請け側が確認のために電話をかけてきたり、もしくはカードローン業者から再度の電話がかかってくるのです。これでは、素早くカードローン審査を終えることができません。

また、下請けとしてカードローン審査を申込んだ場合、「関連している業者の連絡先」まで伝えないといけないのです。つまり、通常よりも多くの記入を行わないと審査を行ってもらえません。

2.カードローン申込をしたことが稀にバレることもある

あくまでも稀なのですが、カードローン申込をサラリーマン金融経由で行っても、下請けとして働いているとバレることが多いです。

というのも、「電話の受付が転送サービスを行っていない」ことが多いからです。このようなケースでは、何度も下請け業者側で電話連絡に関する報告が行われます。

そのような場合、「なぜ電話が下請け業者側にかかってきたのか」聞かれることがあります。下手に嘘をついてもバレやすく、しかも信用を失う恐れがあるので、あまり対応としては面白くありません。

サラリーマン金融は、申込者を気づかって「実名で連絡しない」というサービスを心がけています。

そのため、所在確認を企業側に対して行う際は、「付き合いのある人物(個人名)」で電話をかけてくれるのです。

しかし、何度も電話がかかってくる状態では、色々と下請け側から聞かれることが多くなりやすくなります。やはり、下請けか自営業で選択できる場合は、なるべく自営業で申込んだほうが良いでしょう。

無職の場合でも所在確認を受けられる方法はある

無職だと所在確認が行えないと考えている人もいますが、特に所在確認には制限が設けられていません。

設けられているのは、銀行のような厳格な対応を第一としている業者のみです。サラリーマン金融の場合、「無職でも申込可能」と明確に案内をしています。

なぜ収入がない無職でも審査を受けられるのか?というと、それは下記のような条件に該当する無職の人もいるからです。

  • 配偶者がカードローン契約を代わりに行ってくれる
  • 最近になって就職先(内定)が見つかった
  • 不動産収入など副収入で生活している
  • 兼業農家のように業種が不安定な人もいる

このような事情を抱えている人もいます。しかし、所在確認を行うことで実態が明らかになるので、サラリーマン金融では所在確認を無職の人であっても対応してくれるのです。

このような例は「無職の女性」にも言えます。

例えば、「専業主婦」ではあるが配偶者が代わってカードローン審査を受けてくれるケースがそうです。

近年では、専業主婦でも20万円以上借りられるケースがありますが、所在確認を受けられる方であれば問題はないということです。ただ、配偶者に収入がない場合は審査に落ちてしまいます。

このような対応を、プロミスなどのサラリーマン金融では行っているのです。そのため、「自分はカードローンを持てるの?」と思った場合はサラリーマン金融を選んだほうが良いでしょう。

銀行の場合、「100万円以上の年収、200万円以上の年収」という条件が存在するため審査に通るのは厳しいです。また、配偶者ありでも「借入は10万円未満」といった制限を受けることもあります。

所在確認をさらに軽くする方法

どうしても所在確認無しのほうが気が楽・・・という場合、安易にカードローンだけで業者選びを進めなくても良いです。

というのも、最近では「サラリーマン金融とクレジットカード会社」が提携しているケースまであるからです。

要するに、楽に所在確認を終えて審査も甘い状態で進めたい場合は、クレジットカードでキャッシングの利用をすれば良いわけです。

プロミスの場合、JCB(クレジットカードのブランド)と提携しています。また、クレジットカードの審査において、所在確認はあまり重要視されていません。

その理由ですが、前述した個人信用情報を重んじているからです。そのため、「借入希望額が小さい」場合は、年収100万円未満の低収入者でも審査に合格しています。

後、クレジットカード契約を組む際に、良くあるFAQについても掲載しておきます。もし、クレジットカードに興味を持たれた場合、良ければ下記も参考にしていただけると幸いです。

Q.カードローンですでに契約していても、クレジットカードの審査を受けられる?

A.受けられます。

クレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外です。総量規制は、「年収に対して借入の規制が発生する」という規制です。

そのため、カードローンの借入額がそれほど大きい金額でない場合は、特に審査において悪い評価が付くこともありません。つまり、クレジットカードのキャッシングに申込むチャンスもあるのです。

Q.クレジットカードも、カードローンのようにインターネット経由で審査を受けられる?

A.受けられます。

基本的に対応していないクレジットカード会社は存在しません。ただ、クレジットカードの審査結果は「1日~14日の間」となっています。

早い段階で審査結果が出ないので、クレジットカードと同時にカードローン審査を受けるのも良いでしょう。

Q.クレジットカードは借入であまり融通されないと聞きますが?

A.過去と現在で借入額の融通に違いがあります。

クレジットカードは、簡単に持てるカードで有名ですが、それは融通を効かせてくれる業者が多いからです。ショッピング枠のみであれば30万円前後で契約を組めるでしょう。

ただ、キャッシング枠は「総量規制の対象」なので、年収が100万円ほどだと20万円以内で制限がかかりやすいです。ショッピング枠を少なくしても、キャッシング枠は大きくなりません。

このようなデメリットもありますが、ショッピングやネット利用でカードを用いられる場合は、事足りるというクチコミが多いです。特に融通の面で規制がかかっているわけではありません。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS