> > 破産者に対して融資を行っている噂もあるプロミスの実態は?

破産者に対して融資を行っている噂もあるプロミスの実態は?

破産者に対して融資というのは、一般的には個人信用情報機関の加盟を第一に考えて検討しなければいけません。つまり、CIC、JICCなどの有名な機関を前提に考えないといけないのです。

銀行の場合、全銀協(KSC)に必ず加盟しているので、サラリーマン金融と銀行で取り扱っている信用情報は別物です。

そのため、破産者が5年以降でいきなり融資を受けられる話もあるのです。なるべく、5年以降、10年以降の境界線について知っておかないと、破産に関する融資は複雑怪奇なものになります。

破産者イコール借りられないという意味ではない

まず誤解を解くために、「破産者とは何なのか?」について触れていきます。

破産者とは、弁護士を介して破産の申告をされた人物を言います。つまり、記録に残った状態で破産している人を、主に破産者として取り扱っているのです。

破産者になってしまうと、以下のような面で借金関連では損をすると言われています。

  • ローンが組めなくなる
  • 信用に大きな傷がつく
  • 中々、信用そのものが回復しない
  • 生活において制限がかかる場合が存在する

このような仕組みになっているため、「破産者になってしまうと融資を受けられない」という誤解まで生まれています。

破産者は、永久的にお金が借りられなくなってしまっている人物ではありません。

正確には、「期限を設けてお金が借りられない状態の人物」です。そのため、一部の信販会社、サラリーマン金融では通常通りで借りられるケースが多く存在します。

また、銀行とサラリーマン金融では、銀行のほうが破産者に対して厳しいです。

プロミスなどのサラリーマン金融の場合、「ノウハウが多い」ために破産者も借りられることがあるのです。

ノウハウとは、主に債務者を前提としてお金の借入を許可されているかを表します。

ノウハウがある場合、多少の問題を抱えている個人であれば、サラリーマン金融であればお金が借りられるわけです。その多少の問題に、破産者も含まれると判断して問題ありません。

どうして破産者にまでお金を貸しているのか?についてですが、これには決まった理由は存在しません。

過去から現在にかけて、プロミスではそのような相手にも審査を行っているため、そのような見られ方もしているだけです。(こちらもご参考に→プロミスの審査基準とは?

好き好んで、プロミスがそのような相手に対してカードローン審査を行っているわけでもありません。ただ、銀行系ではそのような対応は行っていないのです。

弁済に応じている場合はクリーンなまま!

銀行でも、破産者にお金を貸すケースは存在するので、絶対に貸せないという訳でもないのです。

主に以下に該当する相手であれば、銀行カードローンで審査を受けられます。

  • 担保ありで一定額の融資を受ける
  • 銀行側の借金のみ過去に弁済している
  • 契約者を当人とは別の人で指定している

時折、破産をして苦しんでいる人が、「大手銀行でもカードローン契約が出来ました」とクチコミされているものを見かけます。

ですが、嘘の情報ではなく実際に条件を満たせる相手であれば、銀行でもカードローン契約を認めているのです。

逆に、以下のような相手の場合、どの銀行であってもカードローン契約を認めないようにもなっています。これはサラリーマン金融も同じなので注意してください。

1.素性・職業が不明な人物

最低限の本人確認が行えない人物の場合、銀行やサラリーマン金融ではカードローンを組めません。

もしくは、反社会的勢力(組織)に加担している人物の場合も、同じように公的機関・金融機関ではお金を借りられないのです。

2.多大な金銭トラブルでブラックリスト入りしている人物

銀行やサラリーマン金融では、「個人信用情報」を「個人信用情報機関」から得ています。つまり、個人信用情報が面白くない相手の場合、金融業者からお金を借りられないのです。

いきなりお金を借りることができなくなった・・・という人は、基本的に個人信用情報に問題が発生し借りられない場合が多いです。

銀行では信用を重んじているので注意!

先ほども案内しましたが、銀行はサラリーマン金融とは違い「信用に対して過敏」なところがあります。

そのため、カードローン契約そのものを軽率な態度で行っていると、評価そのものが大きく下がりやすい特徴があります。このケースでも、いきなり審査そのもので落ちやすくなってしまいます。

軽率な態度とはどのようなものなのか?と、疑問に思うかも知れません。

ですが、下記のような態度を主に言うので、大半の人は該当しない場合が多いです。

  • 返済のあてもなく借入を希望している人物
  • 常に借入希望額に対して大金を要求している人物
  • 近日中に審査落ちした人が間を空けずに審査を受けている
  • 誹謗中傷といった印象の面で評価が難しい人物
  • ローン返済の借金のみで審査の申請を行っている人物

銀行やサラリーマン金融は、破産者に対してのみ融資が厳しいわけではありません。態度が著しく悪い人物に対しても審査が厳しいのです。

このような評価を受けているかどうかについてですが、簡単に見抜く方法も存在します。

例えば、カードローン申込から10分としない内に、「審査に落ちた際の連絡通知(メール)」を受けるケースが該当します。

これほど素早く審査を行っている金融業者は稀です。・・・つまり、まともに審査されておらず、評価上で最初から審査の継続が図れない人物としてマークされているのです。

このように「まともに取り扱ってもらえない人物」のことを、金融業者では「ブラック」に指定しています。

個人信用情報機関には、有名な機関に「CIC、JICC」が存在しますが、機関に対して個人信用情報の開示を求めることでもわかります。

ブラックの場合、そのまま個人信用情報にブラックに関する情報が履歴として登録されているからです。ブラックの扱いを受けている場合、「1年~5年の間」で信用が回復しない場合が多いです。

実際のトラブルと信用回復までの年数についてですが、有名なケースでは以下のような年数で回復するとされています。

  • 長期の遅延損害を出している:1年以内
  • 債務整理のみで返済していない:5年以内
  • 多重債務者でブラック:5年以内
  • 自己破産者でブラック:5年以内

「5年以内」が目立つかと存じますが、金融業者は過去に迷惑をかけた人物に対して、同等の扱いをしている場合が多いです。

つまり、半端に借金が存在している場合、下手に債務整理を行うのではなく、「相談を行ってから返済」をされたほうが良いのです。

相談というのは、主に元金のみの返済に応じてくれるかの相談を言います。近年では、プロミスなどのサラリーマン金融でも、このような相談を受けていることが多いです。

やはり、10万円、20万円といった少額であっても、完済されているだけで評価は違ってくるのです。安易に責任を放棄すると、業者との関係にヒビが入って修正できなくなります。

銀行で融資を受けられない人は問題が多い人物?

銀行で何故か融資を受けられない人物が存在します。

そのような人物は、過去に銀行との間でトラブルを起こしている人が多いものです。

しかし、個人信用情報に関してはプライバシー保護の観点から、業者は教えてくれないようになっています。つまり、評価が低いと感じる場合は、自分から進んで対処をしないといけないのです。

主に以下のような人物は、銀行から低評価を受けている可能性が高いと判断したほうが良いでしょう。

  • 50万円以上の借入・増額が認められない
  • カードローン審査にかかる時間が異様に長い
  • 他の銀行やローンプランを勧められることが多い

前述では、破産者に対して融資が行われるケースも存在すると案内しました。ですが、問題が多い人物と判断されている場合、その可能性は0に等しいと考えたほうが良いです。

このような対応をされている人は、なるべく「相談を通じて状況を理解した」ほうが良いでしょう。

1.50万円以上の借入が許可されない場合の対処方法

銀行は借入件数が多い人物を「リスクが高い人物」として判断します。なので、小さな借金などは完済しておいたほうが、カードローン審査の評価が上がります。

借入額は1万円以下であっても、ローンが組まれているだけで「契約件数が1件分増加する」ので注意してください。

2.カードローン審査にかかる時間が異様に長い場合の対処方法

ネット審査を受けてみることをオススメします。店舗などで審査を受けた場合、先に他の審査が進められる場合が多いため、後回しにされることが多くなります。

もしくは、借入希望額を「最小に近い金額」で設定するのも良いです。判断が容易になるため、カードローン審査にかかる時間が従来より短くなりやすいです。

これは銀行やサラリーマン金融で大きな違いがありません。

3.他の銀行やローンプランを勧められることが多い場合の対処方法

簡素ではありますが、勧められた銀行やローンプランで検討されたほうが良いです。遠回しに「現在の要求には応えられない」という案内でもあるからです。

また、ローンプランをしきりに勧められる場合ですが、「借換・おまとめローンを希望」と連絡してみるのも効果的です。銀行の場合、借換などのローンを好ましく思っているため、比較的に審査で通りやすくなります。

破産していなくても融資を受けられないケースもある

破産者は融資を受けらないというのが、一般的なカードローンなどの認知でもあります。

ですが、カードローンというのは、それ以外のケースでも借りられないケースが多くあるので注意してください。

例えば、以下の条件に該当する人物は、基本的にカードローン契約の資格が無いと言われています。

  • 現在無職で仕事の(収入を得る)予定がない
  • 家族全体で借金に苦しんでいる
  • 専業主婦、学生など収入が不安定な人物

プロミスの場合、専業主婦や学生でもカードローンを認めています。その理由は、代替的な手段で返済を行えるようであれば、カードローンの資格が与えられるからです。

代替的な手段とは、主に保証人を付けてカードローン契約をする場合を言います。

返済は保証人側で行うため、無収入であってもカードローン契約が組めるのです。ただし、保証人側に何かしらの問題がある場合は、カードローン契約が難しいと判断されやすいです。

このような特殊なカードローンも存在するのですが、借入希望額は最大でも「10万円~50万円」までで制限されます。

将来的に増額される予定もないため、大きな借入との相性はあまり良くありません。あくまでもちょっとしたローンを目的としている場合、プロミスでは対応することも可能というだけです。

信用がない場合は貯める努力が必須!?

信用が低いとカードローン審査の突破は難しいです。

ですが、プロミスの場合はクレジットカードも取り扱っているので、それほどカードローン審査に通るのは難しくありません。

プロミスであれば、「一時的にクレジットカードで契約をする」だけでも評価が上がるからです。

これは、クレヒス(クレジットヒストリー)として良く紹介されているテクニックでもあります。

クレヒスとは、実際にローンの契約・返済を行うことで、評価が高まっていくことを言います。

これはカードローンでなければいけない・・・という決まりがありません。そのため、比較的に審査で通りやすいクレジットカードが人気を集めています。

プロミスでは、JCBと提携してクレジットカードの販売も行っています。「信用が微妙で迷っている」人は、先にクレジットカードの契約から始めるというのも、賢い手段と言えるでしょう。

絶対に借りられなくなるケースも存在するので注意

プロミスのようなノウハウが多い業者でも、絶対にカードローン審査で通らなくなってしまうケースは存在するので注意してください。

特に本人の悪意がなくても、評価が悪化してしまう申込が存在するので要注意です。

その申込方法ですが、「過去の情報を元にして申込みする」というものです。

人によっては、「それほど大きな変化がないから・・・」ということで、特に考えずに申込まれている人が多いのです。ですが、このような対応は最低の評価を受ける原因にもなります。

例えば、「現在の住所、勤務先が違っている」場合は、肝心の「在籍確認が取れない」ため、カードローン審査が進まなくなります。すると、自然とシステム上で審査落ちの扱いになるのです。

このような形で審査に落ちた場合、「情報に誤りがあったので審査落ちになりました」とは連絡してもらえません。

つまり、自分から進んで正確な情報をキャッチしておかなければいけないのです。

他にも、仕事そのものが完全に別種の職業になった際に、「年収、職業を過去のもの」にしている人もいます。このケースは、派遣社員として働かれている人で多く見られます。

派遣社員の場合、派遣先でカードローン申込をしなくても問題ありません。可能であれば、派遣元となっている会社のほうで、現在のお勤め先を申請するとトラブルもなく審査を受けられます。

また、「現在の借入額・借入件数」にも注意してください。

下記のようなローンも、借入額・借入件数に加算する必要があるので、あまり手抜きをしてしまうと評価が下がってしまいます。

  • 賃貸などの支払いをローンで支払っている場合は加算する
  • 自動車の購入費用をローンで支払っている場合は加算する
  • クレジットカードについても1件として加算する

悪徳業者が破産者をだます手口も知っておく

破産者に対して融資を行っている業者の中には、悪徳業者も含まれているので、なるべく甘い言葉には騙されないよう注意する必要があります。

主に以下のような勧誘に関しては、悪徳業者である可能性が非常に高いと判断してください。

1.すぐに貸せる、100万円以上でも融資可能

見かける場所は、電信柱などの広告で良く見かけます。ですが、肝心の住所や金利が伏せられているので、まともな業者ではないと判断したほうが良いでしょう。

このような業者は、一度連絡してしまうと連絡先が登録される場合もあります。すると、連絡を望んでいないにも関わらず、何度も営業の電話がかかってくるようになります。

最終的に迷惑を顧みず借入に関する電話がかかってくるようにもなるので、なるべく電話そのものの対応もしないほうが良いです。

2.担保・保証人なしで借りられる

これはカードローン未経験者を狙って出されている広告です。今では知られている人も多いのですが、そもそもカードローンは担保・保証人が不要です。

カードローン未経験者の場合、美味しい話に弱いというのを知っているため、このような広告も存在するのです。

また、破産者に対して融資が可能というキャッチコピーも存在します。未経験者以外を狙っている場合、すぐに貸せる、電話だけ・・・のような広告が目立つので注意してください。

基本的に破産者に対して融資を行うと書かれている広告は、よくわからない手数料を取られた後に電話が繋がらなくなります。しかも、その後も電話などがかかってくるため非常に面倒です。

美味しい話で騙されないためにも、先にプロミスといった大手サラリーマン金融などで相談をしておくと良いでしょう。このような悪徳業者に関する話でも、相談に乗ってくれる場合が多いので頼りになります。

【参考ページはこちら】
プロミスはブラックでも借りられるの?

新着記事
TOPICS