> > 諦める必要は無い!ブラックリストでのプロミス借り入れ方法とは

諦める必要は無い!ブラックリストでのプロミス借り入れ方法とは

金融機関は預かったお金や借入したお金を利用者に貸して利息分の差額を利益にするのが基本的な商売です。したがってどんどん貸して利益を上げたいのですが、返してもらわなければ利益どころか赤字になってしまうので誰にでも貸せるわけではありません。

そこで行われるのが審査と言うものですが、中には様々な理由からどうしても貸せないという人もいます。巷の噂ではこういった人の一覧表がブラックリストとして出回っていてそこに記載されるとどこも貸さなくなるという怖い話があります。

ブラックリストに記録が載ってしまうということ

お金が必要になった時に貯蓄などがなければどうしますか?通常はローンを組んで金融機関から借りるでしょう。しかし、ローンを申し込んだのに審査に落ちてしまったという話をよく聞きます。最近では自動車ローンなどが厳しいなどと言われていますね。

ところがこういう場合別の金融機関では貸してくれたという場合も有り、多くは何とかなっています。ところが、中には何度申し込みを繰り返しても、どこに行ってもどうしても審査に通らないという人もいます。こういう人がブラックリストあるいはブラックです。

ローンの審査では信用情報が参照される

ローン審査は金融機関それぞれで違いがあり、一般的に厳しいと言われる所もあれば、逆に緩いと言われる所もあります。大手消費者金融のプロミスの場合などはかなり緩いと言われて利用者には好評です。ではこの審査ではどのようなことが行われるのでしょうか。

金融機関は返してもらわなければ利益を上げられないわけですから返済能力と言う点をまず調べます。当然返済能力がなければどこも貸してはくれません。しかしこの基準は金融機関ごとに違いますから、横並びにはなりにくいはずです。

実は審査にはもう一つの側面があります。それは信用と言う事です。金融機関は銀行や消費者金融がそれぞれ共有して管理している信用情報データベースというものを持っています。実はこの中にブラックリストがあると噂されているのです。

ブラックという事の意味

では実際にはブラックと言うのはどのような状態なのでしょうか。表面的には説明したようにどこの金融機関に行ってもローンの申し込みが断られる状態ですが、金融機関の中では、実はやはり手順を踏んで審査はしているのです。
(⇒プロミスならブラックの人は借りられる?

審査の大体の手順としては、本人確認を行った後、返済能力の審査を行います。金融機関によってはこれを予備審査と言っている場合もあります。次に本審査として信用情報の審査を行っています。予備とか言っても本審査のサブセットという訳ではないのです。

ブラックの人の場合にはこの返済能力の審査はあまり関係がなくて、そのあとの信用情報のチェックにおいて断わられる人を指しています。ですから申込んだらもういきなりダメと言う事ではなくて、審査手順に従ってチェックした結果で断わられているのです。

実はブラックリストと言うものは無い

さてここで1つ本題に係わる話をしておきます。実は信用情報の中には噂されているようなブラックリストは存在しません。話しが違うだろうと言われそうですが、本当です。そこで問題になるのがではなぜ一律に審査が落ちるの?と言う疑問でしょう。

信用情報のデータベース構造はあくまで個人ごとに信用情報が格納される構造になっています。したがって審査の時点で参照されるのはブラックリストではなくて申込者本人個人の信用情報と言う事になります。つまり審査では別に特別視されるような点は無いのです。

このため審査基準の異なる金融機関が一律に貸出しを拒否すると言うのは、この信用情報中に金融機関が共通して嫌がる情報が入っていると言う事になります。ただし仕掛けを理解すれば分かりますが、一律と言うのは言い過ぎで細かい部分で違いがあると思われます。

プロミスでも借り入れすることはできるのか

先ほども言ったようにプロミスと言うのは大手消費者金融ではありますが、比較的審査が緩いと言われていて、利用者の中には助かったと思っている人も多いはずです。しかしやはりブラックと言うことになってくるとそう簡単には審査は通りません。

説明したようにブラックと言っても審査基準がそれぞれ違うわけですから、緩めの審査のプロミスであれば他の金融機関のブラックの解釈よりも範囲は狭くなる可能性は有りますから、自分は怪しいと思っている人はまずプロミスを試してみるのも良いでしょう。

ただし、プロミスであってもやはり他でブラックと判定されてしまうような場合には、多くの場合同じような判断にならざるを得ないと考えられます。つまりやはり信用情報を評価すれば金融機関のプロミスとしては貸し出すのにはリスクが高すぎると言う訳です。

まずは借入と言う視点を替えてみよう

このようにプロミスを含めて多少の範囲の違いは考えられますが、ブラックとなってしまうと殆んどの金融機関で借入することは難しいと考えられます。こうなった時には借りるという考え方から離れて別の視点を持たなければなりません。

何度も申込みを繰り返す人もいますが、正攻法で攻めても無理です。しかも申込みを繰り返していると申込ブラックというまた別種のブラックに陥ってしまう可能性もあるので、なるべく早く視点を切り替える事が必要です。プロミス利用はもう少し先です。

もしどうしても自分がブラックだと認められない場合には信用情報の自分の情報は申込めば参照することができますので、一度どの情報が原因になっているのかを確認してみることを勧めます。間違いなら訂正を申込む事も可能です。

生活に困る場合

もし借入できずに生活に困るような場合にまず行わなければならないことは節約です。自分の出費を抑えることは必須です。必要があれば生活レベルを下げることで、借入しなくても良くなる程度まで出費が抑えられるかもしれません。

もしもうぎりぎりまで抑え込んでいると言うのであれば、金融機関は貸してはくれませんから、頼れるのは肉親しかありません。しばらくの間肉親に頼ることも一つの選択ではあります。ただしこれはあくまでできる範囲と言う事です。

どうしても生活ができないという話になってくると、一度役所に行って相談してみることを勧めます。様々なアドバイスをしてくれるでしょう。場合によっては生活保護の申請を勧められるかもしれませんが、しばらくの間はそういう選択もあります。

ブラックという記録は一定期間で抹消される

ここまでの話ではブラックになってしまうともう夢も希望も無いように思う人もいるかもしれませんが、何事にも終わりと言うものが来ます。いくら問題があったとしても、その問題から何十年も経ってまだ問題視するのはナンセンスと言うものです。

またいつまで経ってもブラックのままでは本人も困りますし、そのことによって周囲にも大きな迷惑をかけていることになりますから、周囲も実際に困ることになります。したがってこういう点からもブラックという状態はいつか終わるのです。

信用情報に書き込まれる情報には期限が有る

信用情報の中には沢山の情報が書き込まれています。ローンを申込めば審査に通ろうが通るまいが申込んだという情報が残ります。公共料金の滞納状況なども確認することができます。考えてみれば大変怖い情報と言う事になりますね。

実はこのような情報にはそれぞれ決められた記載期間があります。つまりこの期間を過ぎれば信用情報中から当該情報は削除されてしまいます。そうなるとブラックの対象になっている情報がなくなってしまうことになり、ブラックでは無くなります。

このように信用情報と言うものは常に更新され古い情報は消えていき、また新しい情報が追加されます。ただしこれらの情報の記載期間と言うのは情報ごとに違っています。つまり重要な情報は長く、重要ではない情報は短い期間と言う事になっています。

ブラックとして扱われる情報とは

では実際にどの程度の期間ブラックなのかを調べていくことにしましょう。そこでどのような情報がブラックとして扱われるのでしょうか。まず挙げられるのが様々な支払いの滞納情報です。各種ローンばかりではなく公共料金の支払いでも同じ扱いになります。

次に支払に行き詰ってしまった人が行う債務整理が挙げられます。債務整理と言うのは当初の返済条件では返済できなくなり返済条件を変更することを金融機関との間で行うもので場合によっては裁判所にも入ってもらう事になります。最悪の場合は自己破産です。

以上が金融ブラックと言われるもので、もう一つがちょっと触れましたが申込ブラックというもので、短期間で申込みを繰り替えすとかなりお金に困っていると疑われ金融機関に敬遠されるます。ローンを断られたらついやってしまいそうですね。

ブラックになってしまう情報にも期限が有る

ではこれらの情報の信用情報への記載期間はどの程度になっているのかと言う問題になりますが、まず滞納情報の場合5年です。最近多いのは携帯電話料金の滞納で、学生時代に滞納してしまうと社会人をブラックで迎えることになってしまいます。

次に債務整理の場合ですがこの情報はたいへん重要なものとして扱われ10年間信用情報中に記載が残ります。したがって安易な借り入れで返済できなくなってしまうと、その後10年間はローンの借り入れに支障が出ることになってしまう訳です。

申込みブラックの場合には、それほど重要な情報と言う扱いではないため記載期間は6か月を超えない範囲となっており早い場合は1か月程度、概ね3か月程度で消えると言われています。さてブラックの人は自分の残り期間はどの程度か予想がつくでしょうか。

期限が過ぎればブラック扱いにはならない

さて実際にそれだけの期間が経過した後、記載された情報と言うのはどうなるのでしょうか。例えば期間と言うのは有効期限のようなもので記載自体は残ってしまったたのでは何時また参照されることになるか心配になってしまいますよね。

一度ブラックになってしまうと、そういったことが心配で仕方がないと考えてしまいがちですが、安心してください信用情報の記載と言うのは期限を過ぎれば完全に削除されてしまいます。したがってどの金融機関であっても参照することはできません。

このため期間をすぎれば2度と同じ情報を使ってブラック扱いをされることは有りません。ブラックの人の場合プロミスを利用しようという時には、しばらくの間待てば利用できる可能性が高くなるわけです。

プロミスでブラックになった場合は期間を過ぎても無理

ただし、これには一つの制約があります。それはブラックになった原因にあります。信用情報と言うものは返済に危険性のある人を他社と共有するために存在しています。しかし自社内で起こった場合は信用情報に有る無しは関係なく自社内情報に残ります。

この自社内の情報と言うのは信用情報のように消えてしまうと言う事はありません。自社の貸し出しで返済されなかったのであれば、それは自社に負債を負わせた人としてずっと記録が残ってしまいます。この場合期限がないことになります。

したがってプロミスで借りようという場合、以前プロミスで借入していて債務整理をしている人と言うのは、2度とプロミスでは借入することはできません。そのような点についても、ブラック後には注意しておく必要があります。

ブラックの間に考えなければいけない事

ブラックという状態は外面的にはあまり良い状態とは言えませんが、本人にとっては一つのチャンスかもしれません。借入のことを考えるのではなくて、何故ブラックと言うような状態になってしまったのかを考える良い機会なのです。

ブラックになる場合、人によっては同情すべき場合もありますが、多くは安易な判断で無理な借入をしてしまった事が原因になっている場合が多く、そういう人は同じような借り入れを繰り返す可能性が高いという統計があります。これはたいへん注意が必要な事です。

そこでお金が借りにくいブラックの状態の時点で、それまでの自分のお金の使い方や借り方について見直すことができるわけです。この期間を有効に使うも殺すも自分次第です。上手に利用してブラックを繰り返すことが無いようにしてほしいと思います。

借り入れしなくても生活できることが重要

では借入れについての考え方について話を進めていきます。まず借入と言うものは基本的に損をするものだと言う事を覚えておきましょう。もちろん借入を元手にして何かを始めるとかいう場合も考えられますので、別途大きな利益を導く可能性を否定はしません。

しかし借入自体を考えれば、返済には利息をつける必要がありますから、差引利息分の損と言う事になります。借入は生活のためだと言われそうですが、損をしながら生活のためと言うのはあまり納得できる説明にはなりませんよね。

借り入れしない生活の方が普通

最近生活費の補てん程度の借り入れはカードローンが出現して簡単にできるようになりましたが、まず考えなければならないのはどの程度の人がこのカードローンを利用しているのかと言う事ではないでしょうか。実は割合的にはそれほど多くないのです。

要するに一般的な人や家庭と言う場合には借金はしなくても何とか生活を維持している場合のほうが多いわけです。よく考えれば借金の返済も収入の中から行っているのですから、結局借りても借りなくても収入の範囲でやっていくしか無いわけです。

そこで考え方の第一歩は借金をしない方が普通だと言う事です。安易な借り入れを行って生活をつないでいくよりも、その都度やりくりして何とかしていけば借入して利息を支払う必要はないと言う事です。そっちの方が得だと考えても良いですね。

まずブラックになった原因を追究しよう

基本的な考え方を持って頂けたところでブラックにならないようにする方法を探っていくことにしましょう。そこでまずは自分がブラックになってしまった原因について追及することが必要です。原因があやふやではまた同じ事を繰り返していても分かりません。

原因がわかればそれに対する対策も立てやすくなります。例えば収入が少ないにもかかわらず借入してしまったのなら、そもそも借入は無理だったと言う事になり、収入は多いのに返済できなかったと言う事なら支出の方に問題があったと言う事になります。

そこで自分がブラックに至った原因について考えてみてください。人それぞれですが、表面的な理由だけではなく、自分の心理的な動きも考えてみましょう。どこかにいい加減な判断があったり、甘えが有ったりする部分がありお金の利用が荒くなっていたとかです。

支出を把握することが重要

精神面では自分で何とか対策するしかありませんが、一見返済できそうな収入なのに返済できない場合には、どのような理由があるにしろお金の使い過ぎと言う事になります。そこでそれに対する対策を考えてみることにしましょう。

まず肝心なのは自分の支出を把握することです。ブラックになった時の家計簿でもあれば良いのですが、ブラックになるような人の場合、そういうものはつけていない人が多いので、遅くはありませんからこれからでも家計簿をつけるようにしましょう。

数か月つければ自分あるいは自分の家庭がどのようなお金の使い方をしているのかが分かってくるようになります。ここで自分がいかにいい加減なお金の使い方をしていたかが分かってくる場合も多いので、まずはだまされたと思って家計簿をつけてみましょう。

不要不急の支出を止める

さてそこで支出の内容が把握できたらどの部分が無駄なのかも分かってきます。収支も把握できているはずですから、赤字になっているのであればその分をこういった無駄な支出をやめることで補えるかもしれません。まずは計算してみましょう。

それでも赤字が解消できなければ、支出中から不要不急の支出を洗い出してください。その部分の支出も部分的あるいは必要があれば全部を止めてしまいましょう。これで赤字は解消できたでしょうか。多くは赤字転じて黒字になるものです。

それでもだめだという場合は自分だけでは無理かもしれません。誰かに一緒に考えてもらって再度同じように検討してみてください。人間それぞれ価値観が違いますから、ほかの人が見ることによって必要でない部分が見えてくるかもしれません。

収入の範囲で生活できるようにしよう

こういったことは恐らく自由にお金が借りられるようになってしまうとまず行う事はないでしょう。したがってブラックだからこそできる生活の改善と言う事ができるのです。このチャンスを逃がす手はないのです。しっかり行ってください。

もしこのチャンスに生活の改善ができなければ多くのブラックの人と同じように再度ブラックに逆戻りしてしまうことになりかねません。よく考えながら同じ失敗を繰り返さないようにしてほしいものです。再度言いますがこれはチャンスなのです。

支出の見直しの目標は自分の収入内に抑えると言う事です。できれば多少余裕がった方が更に良いでしょう。必要なら生活レベルを下げることも必要なことです。最近では給与が下がって以前の収入で行っていた生活を維持するための借入も増えているのです。

精神的な問題で借入が抑えられない場合

最近では珍しくなりましたが、依存症と言うものがあります。買い物が止められなくなったり、パチンコが止められなくなったりするものです。以前は安易に借り入れできて社会問題にもなりました。こういう人はブラックになっても問題があります。

借りられなければ精神的に行き詰ってしまいます。依存症は病気です。そう簡単には治りません。したがってそういった感情が抑えきれないような場合には生活上にも支障が出てくることになります。家族も十分注意していなければなりません。

その場合には支出がどうのこうのと言うのではなくて病気としての治療が必要です。まずは心療内科に行って診察を受けましょう。本人が拒否する場合もありますが、そういう場合はまず家族が相談に行って、以後の対応について指導を受けてみてください。

ブラックでも貸してくれる金融機関が有る

しかしブラックだからといって緊急事態でどうしてもお金が必要になると言う事はあります。しかしここまで説明したように例えばプロミスでも借りられるようになるまではしばらく期間を置く必要があります。でもそれでは間に合わない場合どうすれば良いでしょう。

世の中には捨てる神あれば拾う神ありで、ブラックの人を救ってくれる金融機関と言うものがあります。本来はブラックの間は自分を見つめ直す期間と考えてほしいのですが、どうしてもと言う場合にはこういった金融機関の利用も考えなければなりません。

ブラック対応と言う消費者金融が有る

実は消費者金融業界は現在困った状況に置かれています。これはまず銀行がカードローンの分野に進出したことで利用者がそちらに流れたこと、次に貸金業法の改正で商売がしにくくなってしまったことです。このため利用者確保が至上命題になっています。

しかし銀行やプロミスのような大手消費者金融なら有名ですから利用者も確保できますが、中小以下の消費者金融の場合には普通に商売をしていたのでは利用者は集まってきません。そこで各消費者金融はそれぞれ独自の特徴を出して集客に必死になっています。

そこで一部の消費者金融が取った戦略がブラック対応です。要するにブラックの人に対しても融資しましょうと言っている消費者金融が有ると言う事です。試しにインターネット上でブラック対応と言うキーワードで検索してみてください。たくさん出てきます。

カードローンのような利用方法はできない

ただし、こういった中小の消費者金融の場合、銀行や大手の消費者金融などのようにカードローンを運営するほどの資本はありません。したがってカードを使ってATMからお金を借入するというような方法は利用できませんので利用には要注意です。

ではどのように利用するの?と言う人もいるかもしれませんが、ある程度の年齢以上になればよくわかると思いますが、窓口に行くか電話などで申込んで現金で受け取るか、指定口座に振込んで貰う事になります。昔ながらの消費者金融の利用方法と言う事です。

したがって中小の消費者金融に分類されるブラック対応の消費者金融も多くは振込みによる利用になります。カードローンのように必要になったら利用できると言う事ではありませんから利用する際にはいくら必要なのかをよく考えなければならないわけです。

借り入れ可能金額は大きくない

ただしブラックとして扱われた経験があればわかると思いますが、ブラックの人の信用力と言うのは大変低いものです。したがってブラック対応の消費者金融であっても、それほど大きな評価というものは得られているとは考えない方が無難です。

金融機関は融資が返済されなければ事業が成り立ちません。したがって信用力が低くなればなるほど金融機関側のリスクは上がっていきます。通常はリスクが高すぎるとブラックになるわけですが、その高すぎるブラックに貸すと言う事はかなり大きなリスクなのです。

したがって、たとえばプロミスなどでは収入がそれなりにあって信用力が伴っていれば800万円まで融資して貰えますが、ブラック対応の消費者金融の場合には、せいぜい10万円程度までと考えておいた方が無難です。それ以上はどうやっても出てきません。

必ず返済計画を立ててから借り入れしよう

ブラック対応の消費者金融を利用する場合で最も重要な点はしっかり返済する事です。ブラックの人と言うのは返済に対する考えが甘いものです。そのために本来は自分を見つめ直す時間が必要なのですが、それが取れない場合特に注意が必要です。

もし返済できなくなったら、一度ブラックになっているのですから、もう誰も助けてくれるような人は現れないでしょう。どうなってしまうかは分かりませんが、社会的信用はさらに悪くなってしまう事は間違いありません。他のブラック対応業者も無理でしょう。

そこでブラック対応業者を利用する場合には、他のローン以上に厳密な返済計画を立てる必要があります。返済期間の間収入の内から返済していくことができるのかどうかを借入前によく検証しておくことが必要です。いい加減な計画では意味がありません。

絶対に借り入れ出来るとは限らない

ブラックでも借りられる業者が有るんなら安心だと考えている人もいるかもしれませんが、それは早計です。こういったブラック対応業者でも審査は行われます。通常は返済能力と信用をチェックしますがこういった業者は信用のチェックが甘くなっているだけです。

したがって、ブラック対応と言っていても必ず審査に通ると考える方が無理があります。例えば比較的最近の情報である申込ブラックに限って言えば殆んどの業者は審査を通すことはありません。たいへん借りにくいブラックなのです。

もう一つ疎かに考えがちなのが返済能力です。返済能力については甘い審査とは限りませんから、それなりの収入が伴っていなければ審査は通りません。無職で収入がないというような状態ではどのような立場に置かれている人でも借入は極めて難しいと考えて下さい。

闇金と間違えないようにしよう

こういったブラック対応の中小の消費者金融には一つ大きな問題があります。それは闇金と見分けがつきにくいと言う事です。闇金と言うのは非正規の金融業者で裏では反社会的組織と繋がっており、高い金利であったり、暴力的な取立てをしている所もあります。

したがってブラック対応業者を選ぶ場合にはその業者が正規業者なのかどうかを確認してから利用するようにしましょう。最近ではインターネットの発達で業者は大概ホームページを持っていますが、超豪華ホームページでも非正規業者と言う事もあるので要注意です。

【参考ページはこちら】
無職でもプロミスでキャッシングできる?

新着記事
TOPICS