> > モビットで借り入れありでも、プロミスの審査に通る方法!

モビットで借り入れありでも、プロミスの審査に通る方法!

たいてい借金というのは他社借入が少なく無いと、借入審査に落ちてしまうと言われています。

消費者金融でもそうですし、銀行系カードローンでも同じです。他社借入は少ないほうがいいのです。

でもモビットも有名で使いたいし、プロミスも使いたいという人もいると思います。

実際にモビットで借入をしている人でもプロミスの審査に落ちない方法があるのでしょうか。

モビットで借入をしてプロミスの審査に落ちないためには

まずモビットで借入をしてプロミスの審査に落ちないためにはどうすればいいのか?です。

一番単純な方法はモビットでの借入をすべて返済してしまうという方法がいいでしょう。

そうすればプロミスでも審査に落ちないようにできるでしょう。モビットからプロミスに乗り換える形でも出来ます。

しかしおそらく多くの人はモビットを使いながらプロミスも使う、という方法がいいと思っているでしょう。

であれば、プロミスを使う前に準備をしておけばモビットと併用して使うことは可能です。

モビットの借入限度額と残高次第でプロミスも利用可能

見るべきポイントは2つあります。一つが借入限度額、もう一つが借入の残高がどれくらいあるかです。

例えばモビットを使っている人の中には借入限度額が非常に低い人もいるでしょう。

1万円から使えますから、1万円の人もいれば5万円、10万円くらいの人もいると思います。

こういう場合にはそもそも限度額が低いということで借入をしやすいように設定されています。

プロミスでも他の消費者金融でも銀行系カードローンでも借入は容易にできるでしょう。
(⇒プロミスでお金を借りたい方におすすめ

もう一つの借入残高は大きな限度額、できるだけ総量規制に近い限度額を持っている場合に関係してきます。

例えば年収210万円だと3分の1は70万円ですから、ここまで借り入れはできます。

仮にモビットで50万円の限度額をもらっていて、50万円まで利用していたという場合には審査は厳しくなります。

どうしてモビットで50万円中50万円使っていると厳しくなるかといえばそれは返済が厳しくなるからです。

プロミスは他の借入がどのくらいあるのかもわかりますので、結果的に借り過ぎだというように考えるのです。

ですので出来る限り借入金額は限度額が大きい場合には限度額を大きく下回るようにすべきなのです。

限度額が総量規制と同じ場合は借入不可に

それともう一つ、重要な事があります。総量規制と限度額が同じ場合にはプロミスは使えないでしょう。

モビットにしてもプロミスにしても総量規制に縛られているというのが前提になっています。

総量規制に縛られているので、総量規制を超えて貸出がモビットもプロミスも出来ないのです。

仮に総量規制が100万円とした場合、モビットが限度額100万円だとプロミスは限度額が設定できないのです。

つまり借入が出来ないということです。結局限度額が設定できないので審査にとおらないでしょう。

このように限度額いっぱいにまで設定している時には借りられないのでご注意ください。

銀行系カードローンならプロミスの審査通りやすい?

モビットを使いながらプロミスを使うとなった場合には、条件が必要なのは説明したとおりです。

しかしモビットもプロミスも使うとなった場合、モビットよりも銀行系カードローンがいいか?という疑問もあります。

つまり銀行系カードローンを使っていればプロミスの審査も通りやすくなるという話です。

これは一理あります。モビットよりも厳しい審査の銀行系カードローンに通っているという実績が強いのです。

この実績があれば、多少モビットよりも借りていたとしてもプロミスの審査が通ることもあります。

ただし、結局は総量規制の関係もありますから、借りられないことも多いというのも現実です。

モビットから銀行系カードローンは借りやすい?

では逆にモビットを使っていながら、そこからプロミスではなく銀行系カードローンならどうでしょうか。

銀行系カードローンもピンからキリまであり、地方銀行やメガバンクなどがあるのですべて同じとは言いません。

しかし同じような傾向があるというのは間違いないと思います。それはプロミスよりも厳しいということです。

残念ながら銀行系カードローンというのは消費者金融よりも審査が一般的に厳しいのです。

ですのでプロミスとモビットなら大丈夫でも、モビットと銀行系カードローンという組み合わせは難しいでしょう。

銀行系カードローンの審査が厳しい理由とは

補足として、銀行系カードローンの審査がどうして厳しいのか?という説明をしておきましょう。

そもそも銀行系カードローンというのは消費者金融の後に出てきたお金を借りられる業者です。

銀行系カードローンが出てきた背景には消費者金融だと総量規制で満足に借り入れが出来ないためなのです。

総量規制で満足に借りられない人は限度額が制限されていたり、そもそも借り入れが出来ない人たちです。

そこでそういった人たちをターゲットにして銀行系カードローンが出来たというのが歴史的な背景です。

つまり「たくさん借りたい人」及び「総量規制で借りられない人」に貸すために存在しているのです。

こういった人たちは審査を厳しくしておかないと、リスクが大きくなってしまいます。

たくさん貸している人が返せなくなる可能性は大きいでしょうからしっかり審査をします。

また消費者金融だと借りられない人はそもそも貸すのにリスクのある人ですから、考えないと行けません。

このような理由から、銀行系カードローンというのは少し借入が厳しいとされているのです。

実際にモビットとプロミスを併用している人はいる?

プロミスとモビットを併用するということは銀行系カードローンを使うよりは楽だということです。

ただ、楽とはいえどもそれだけの借り入れをするのはリスクも高いのでどうしても審査も厳しくなります。

ですから使っている人というのはそこまで多くないでしょう。使っている人は多くないですがいるにはいます。

モビットを使いながらプロミスでの審査に通った、もしくはその逆が出来たということです。

どうしてそのような方法ができたのか、実はいくつかのポイントがあるのです。

  • 希望額を2社に分けて借入をする
  • 最初はかなり少額からの借入で始める
  • 返済実績をしっかりつけてから借入をする

この3点を抑えている場合が多いでしょう。3点どれか一つでも抑えておけば、だいぶ違うのです。

一社目から希望額通り借りると複数借入は難しい

まず一つ目の特徴として、一社目は希望額を下回る借り入れをするという方法です。

この方法は簡単にいえばたくさん借りすぎないようにするという方法で、最初から二社目狙いにしているのです。

希望額は少なめにしておけば次のプロミスを使うときに審査に通りやすくなるのです。

具体的に言えば50万円欲しいと思っている時にはモビットで20万円の借り入れをします。

その後にプロミスで30万円の枠で借り入れをして、50万円の限度額を手に入れるというパターンです。

少額で始めて限度額を徐々に増やしていく

次に行える方法としては、少額で初めて限度額を徐々に増やしていくというものがあげられます。

少額で始めて限度額を徐々に増やしていくことで、必要な金額を借りるというパターンです。

最初は10万円くらいがいいと思いますが、10万円くらいをモビットとプロミスから借りるのです。

両方共に少額融資なら借りやすいでしょう。少額融資を使って限度額を上げていくのです。

一番借入をしやすい方法といえるかもしれません。その代わり、これは時間がかなり掛かるでしょう。

返済実績をしっかりつけてからプロミスも借りる

最後が返済実績で、これもかなり借入をしやすい方法だと言えます。返済実績は重要視されていますので。

返済実績を積むのは時間がかかりますし、かなり借入を繰り返さないといけないでしょう。

しかしそれをプロミスもちゃんと出来ているかどうか見ているので、遅れなどがなければ高く評価されます。

返済実績をつければ借り入れできるきん額も増えますし、総量規制いっぱいまで借りるためには必須です。

この方法を使って借入を増やしていくというのは、現実的な方法といえるでしょう。

借入金額に注意し、危ない時は一本化も必要

以上のような方法を使ってプロミスとモビットの両方を使っているという人がいるのは事実です。

しかし十分注意しなければならないの借入金額が増えた時なのです。増えすぎると返済がに困ります。

それは一社から同じだけの金額を借りている場合よりも、返済が厳しくなると思ってください。

例えばですが100万円を借りる場合には、100万円を1社から借りるのと2社から借りるのでは重みが違います。

1社であれば返済は月に1回です。月に1回でかつ金利も落としてもらえている場合が多いでしょう。

しかし2社借入をしている場合は月2回の返済日が待っていて、しかも金利も高めになってしまうのです。

だからこそ、できれば一社にまとめておいたほうがいいのです。苦しくなったらまとめることを考えましょう。

借金を一本化するならプロミスがオススメ!

もし借金をまとめる、おまとめローンや一本化ローンを使おうと考えるならプロミスはオススメできます。

実はプロミスというのは一本化のためのおまとめローンというのを用意している珍しい会社なのです。

なかなか消費者金融は一般的な貸出くらいしかしていないので、おまとめローンがあるのは珍しいと言えます。

そしてこのおまとめローンのいいところは、総量規制の対象外になっているというところです。

一般的に消費者金融は総量規制の対象で、プロミスもまさにその対象になっているにもかかわらずです。

つまり一般のプロミスでの借入は総量規制の対象ですが、おまとめローンについては対象外なのです。

だから借入の会社数を増やして厳しくなればプロミスはオススメというわけです。

ただしプロミスのおまとめローンはあくまでまとめるということだけに特化した商品になっています。

そこからさらに借入をするということは出来ないのでご注意ください。それはまた別の枠が必要になります。

プロミスもモビットもどちらか一つにするのがいい

結局モビットを使いながらプロミスを使っているという人もいますが、あまり多くないのは理由があるのです。

もちろん使っている人がいるのも理由はあります。しかし使っていない人が多いのはそれだけ損をしがちだからです。

一つだけを使い続けていれば、それだけ金利も下げてもらえるし限度額もあげてもらえるでしょう。

限度額が上がれば金利が下がり、そしてたくさん借入をすることができるようになります。

また返済についても返済日がなんどもやってこないということは大きなメリットです。

一本化してしまえば同じようなものではありますが、できればモビットもしくはプロミスにしておいたほうがいいでしょう。

そして一本にまとめてしまうなら、プロミスのほうがいいと思います。プロミスは一本化商品がありますから。

モビットの場合は特別におまとめローンをやっているわけではないので、まとめるのは大変でしょう。

一つにしておいたほうが圧倒的にいいのです。余程のことがない限りはやめておきましょう。

どうしても2社とも借入をしたいという人へ

しかしひとつにまとめろと行ってもどちらか一つは選べないという人もいるかもしれません。

プロミスもモビットも使いたいそれは分からないでもありませんが、使うなら注意が必要です。

使いすぎだけは注意してください。2つ借入をしていても総量規制以上の限度額にはなりません。

しかし1社で借入をしている金額と2社で借入をしている金額が同じでも、返済の負担は変わってきます。

返済が2回になり、金利も厳しくなりがちなのでよく管理しておかないといけません。

おそらく増額が難しい時などにモビットとプロミスの両方を借りたいと思うのではないかと思います。

その時は十分気をつけて使うようにしましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスと他社カードローンの比較!

新着記事
TOPICS