> > 事業資金が足りない!プロミスなら法人融資も可能です!

事業資金が足りない!プロミスなら法人融資も可能です!

事業をしている人、個人でも法人でも結構ですがお金ってすごく重要ですよね。

いわゆる資金繰りが危なくなってきたら法人融資を使って何とか乗り切るというのは当然のことです。

もちろん消費者金融を使うという人もいるでしょうが、プロミスを使ったことがある人はいるでしょうか。

実はプロミスは法人融資もあるので、もし貸金業者で使おうと思っているならオススメなのです。

一般的な消費者金融の場合と法人融資の違いとは

まずプロミスもしていますが、一般的な消費者金融の借入というのはどういうものなのでしょうか。

プロミスやその他の消費者金融、銀行系カードローンなどもここに入るかと思います。

これらの普通に考えて「こうだろう」と思う貸出が一般的な貸出ですが、これは個人向けになっています。

個人向けで個人しか使うことが出来ません。もっと言えば社長さんが借りて会社のために使えないのです。

多くの消費者金融や銀行系カードローンでは「事業性資金を除く」というように書かれているのです。

これは事業性つまり借金を会社のビジネスに使ってはいけないというように言っているわけです。

もし借金を会社のビジネスに使ってしまうようであれば、契約違反なので即返済を求められるでしょう。

このように一般的に多くの人が知っているカードローンというのは、プロミスも含め個人向けなのです。

個人向けの貸出のために消費者金融は生まれた

しかしなぜビジネス向けに使ってはいけないのか、個人向けなのかというのは少し気になるところでもあるでしょう。

それは元々最初は銀行や信用金庫などが存在していたということが大きな理由です。

そもそも貸金業というのは銀行などよりも後から生まれたものです。銀行は個人よりも法人を優先します。

今でも預金などは個人向けですが、貸出となると法人向けのものばかりではないでしょうか。

そこで個人が借入をできるようにと出来たのが消費者金融なのです。消費者金融は最初から個人向けだったのです。

だからこそ法人向けは信用金庫や銀行に行って借りたらいい、そういう風に思っていたので今でも事業性資金を除くのです。

事業性資金を除くというのはそういった消費者金融の歴史からできていると思っていいでしょう。

プロミスの法人融資の条件について

さて、消費者金融の多くが法人向けの融資を行っていない中、プロミスは法人融資を行っています。(こちらもご参考に→プロミスでお金を借りたい方におすすめ

自営者ローンという名前で作られている商品ですが、基本的には事業性資金に使えます。

借入の限度額や金利なども気になるでしょう。今現在は下記のようになっています。

融資限度額 金利 返済期間・回数
300万円まで 6.3~17.8% 最長6年9ヶ月、1~80回払い

このようになっています。上記でも紹介したとおり、銀行とは完全に差別化されているのです。

実は銀行で法人向け融資を使ったことがある人ならわかりますが、限度額も高く金利も低く抑えられています。

有名な大手自動車会社等、世界的に活躍している企業であれば、借入金額は1000億円を超えます。

そして1000億円以上の借入の場合は、金利も非常に低くて1%を下回るようなものばかりです。

しかしそこまでの借り入れが出来ない自営業者や中小企業にとっては、プロミスの自営者ローンはありがたいでしょう。

自営者ローンは借入金額も低く、金利も高いので銀行のローンとは全く違い、条件がよくありません。

しかし条件が良くなくても自営者ローンは借りやすい、審査が楽といったメリットがあるのです。

だからこそ、プロミスの自営者ローンはすごく使えるローン商品だといえるのです。

事業性資金だけでなく、生活資金としても使える

実は事業性資金としても使える自営者ローンですが、それだけではなく別の用途にも使えるのです。

事業性資金に使えるのだから、それだけしか使えないと思っている人も多いかもしれません。

しかしよく読むと、事業性資金以外にも生活資金として使ってもいいというように書かれています。

つまり一般的な消費者金融と同じような使い方も出来ないことはないというわけです。

ビジネスにも使えるし生活資金にも使えるので、自営業者や中小企業経営者には一石二鳥と言えるでしょう。

ただし、ひとつ言えることは生活資金としては使えますが遊興費などには使えないという点です。

遊んだりするためのお金としても、一般的な消費者金融は使えますが、プロミスの自営者ローンでは出来ません。

この点だけは注意しておきましょう。それでもかなり使えるローンだと思います。

プロミスの法人融資を使うのがオススメな人は?

プロミスの法人融資は使える、銀行などの借入とは違うという点は上記の説明で十分だと思います。

この自営者カードローン、使うのであればどういう人がいいのでしょうか。使える人は多いですがおすすめはあります。

  • 中小企業の社長で、早く借入をして使いたい人
  • 生活費も売上も一つにしている自営業者
  • 銀行や信用金庫から借金ができない人

この三パターンの人たちにはオススメです。

スピーディーに借りられるのもプロミスのメリット

一つ目がスピーディーに借入をしたい中小企業の社長さんや自営業の方です。

一般的にはビジネスをしていれば、中小企業であれば特に銀行から借りたらいいのにと思うでしょう。

確かに融資を受けるなら銀行のほうがいいのは間違いありません。しかし必ずしも銀行が一番ではないのです。

銀行から借入をすれば、それだけ借金の条件は良くなりますがスピードはかなり遅くなります。

それこそ即日融資なんて言うのも消費者金融だと当たり前ですが、そんな銀行はありえません。

1週間以上かかるのが当然です。だから今すぐ欲しいという人には借りにくいというのが本音です。

借りにくいからこそ銀行ではなくプロミスの自営者カードローンを使うと、スピーディーに借りられます。

1日あれば借り入れが出来ますので、急いでいる人には特におすすめできる商品です。

生活費も一緒に借りたい自営業者にピッタリ

次に自営業者の方におすすめです。それも生活費も事業にも両方使いたいという人におすすめです。

自営業者というのはビジネスのお金と自分の生活のお金がごちゃごちゃになりやすい傾向にあります。

これはもう仕方なくて、口座を分けていたとしてもなってしまう可能性は高いでしょう。

そういう時に「どれだけお金が必要か」を生活費と事業用資金と2つ合わせて考えることになります。

事業向けだけに借入をしてもダメだし、生活費だけだと事業用に使えないということになります。

そこで使えるのがこの自営者ローンで、どちらで使っても問題なく利用できるのです。

自営者ローンを使えばどんぶり勘定の人でもかなり便利に借入ができるのでオススメできます。

銀行の審査が厳しいと感じる人に使いやすい!

最後が銀行の審査が厳しいと感じる人、銀行に断られた人にぴったりということです。

銀行の審査が厳しいと感じる人に使いやすいというのは、中小企業や自営業者なら必ず感じたことがあると思います。

ほとんどの人がビジネスをしていたら銀行から借りることは住宅ローンや自動車ローンくらいしか無いでしょう。

それらに比べて法人向けの融資というのは本当に厳しく、中小企業も自営業もなかなか通らないです。

審査に何度も落ちて何度も申し込みをするということは出来ないですから、そういう時にはプロミスの自営者ローンです。

プロミスの自営者カードローンはたしかにあまり金利も良くないし、限度額も高くないし、良い条件ではないかもしれません。

しかし条件が悪くても審査が楽に通りやすいという点については、非常にプラスになるかと思います。

審査が通らなかったという人も、プロミスの自営者カードローンであれば借りられる可能性は高いです。

もちろんスピーディーに借りられるし、金額はそこまで大きくはないですがいざというときに頼りになります。

信用が低いとわかっている人や銀行に断られた人などにはおすすめできるのです。

法人融資はビジネス資金調達の一歩として最適!

法人融資というのはこれだけ難しいということなんですが、資金調達の第一歩として自営者カードローンは使えます。

自営者カードローンが第一歩に何故いいかといえば、ビジネス資金調達の実績を作ることができるからです。

なかなか最初から借金をするというのは難しく、ましては法人融資は審査に通るのが難しいです。

銀行や信用金庫を使うとなると特にそれは難しいのです。だからまずこの自営者カードローンが第一歩になります。

自営者カードローンを使って借金をするハードルを下げます。そして借入を使ってどんどん事業を行うのです。

そうすれば返済もしっかりと行っている限り、返済実績がついてきて信用が増えていくでしょう。

信用が増えていけば借り入れできるきん額も増えていくし、金利も下がって借りやすくなります。

結局自分にとってプラスになるというわけです。これはビジネスで資金繰りを確保するのにプラスになります。

資金繰りは先に余裕を持っておいたほうがいい

資金繰りというのは最初の頃、あまりお金が必要ないという時にはみんな気にならないものです。

そしてお金が必要になってきたときに焦って資金繰りを何とかしないといけないと感じるのです。

しかしそうなってからでは遅くて、それこそプロミスの自営者カードローンも使えない可能性もあります。

そうなる前にまずはこの自営者カードローンを使って、資金繰りの余裕を作っておくのです。

枠を作ってしまっておけば、後々お金が必要になった時にでも借り入れすることは可能です。

後でお金がなくなってきてから借りようと思っても、それは出来ないので、先にやっておくべきなのです。

プロミスの法人融資から銀行の借入ができるように!

以上、プロミスの法人融資と言うのはこのような自営者カードローンを使うことが出来ます。

自営者カードローンの特徴はまとめると下記のようになるでしょう。

  • 事業性資金として利用できるし、生活資金としても利用できる
  • 銀行の借入よりも借りやすく、借金の審査に通りやすい
  • 資金繰りが危なくなる前に持っておくといざというときに便利

以上のようになっていると言えます。これに加えてひとつ言えるのは銀行の借入にも繋がるということです。

どういうことかというと、銀行も一応ちゃんと返済できるかどうかというのを見ているのです。

その事業の将来性や継続性なども見ているのですが、返済できるという証拠を示すのは大きなプラスです。

そのプラスになるのが、このプロミスで借りて、それを返済してきたという実績なのです。

信用調査などは必ずするので、そこで消費者金融を借りて返済してきたというのは返済実績になります。

こういうプロミスのような消費者金融でも返済実績が積み上がると、銀行でも借りやすくなるのです。

  • プロミスの自営者カードローンを使う
  • 自営者カードローンの返済を進めて実績を積み重ねる
  • 銀行や信用金庫の借入の武器になり、審査に通る

というようなことが起こりうるということです。おそらく普通に銀行に申し込みに行くよりかなり借りやすくなります。

借入自体は圧倒的に銀行よりもやりやすく、ハードルも低いのですから、プロミスの自営者カードローンは使いやすいでしょう。

もし事業用に一切融資を受けたことがないという人は、銀行はハードルが高過ぎると思います。

だから最初はビジネスカードローンの一つであるプロミスの自営者カードローンを使うことをおすすめします。

自営業者や中小零細企業の社長さんにはオススメできます。計画的に使ってください。

【参考ページはこちら】
プロミスって銀行系のカードローン?

新着記事
TOPICS