> > 検証!プロミスから電話が掛かってくるのはこんな時!

検証!プロミスから電話が掛かってくるのはこんな時!

消費者金融を使っている、プロミスを使っているという人は多いですが、昔と今ではかなり違っています。

その一つが電話連絡で、電話連絡をするかしないか、どのようなことをしているかというのも変わっていると言われます。

今の時代と昔とどのように電話連絡というのが変わっているのか?プロミスはどうなっているのでしょうか。

過去と比べて今はどうなのか、それらを1つずつ検証してみたいと思います。

過去の経験が多い電話を含めた借金の体験談

まずひとつ絶対に覚えておきたいこととして、過去の経験について語っていることが多いということです。

過去の経験でも役に立つんじゃないの?と思われがちですが、消費者金融の場合はだいぶ違います。

実は消費者金融はだいぶ変わっていて電話というのはあまり使われなくなってきています。

昔は電話や手紙が当たり前だった消費者金融

例えば昔は消費者金融がたくさん電話をしてきた、怖い電話があったという話は聞きませんか?

結構消費者金融の口コミなんかでもそういう話が多いんですが、これは全てかなり昔のものと思ってもらっていいでしょう。
(⇒プロミスの評判ってどうなの?

昔は電話をたくさんする、怖い電話をする、請求書を何度も送りつけるといったことが当たり前だったのです。

そういうルールがなかったので好き放題にやっていたというのがほんとうのところなのです。

好き放題にやっていたのはほぼすべての消費者金融だったので、それがルール化されたのです。

法律で脅すような電話は罰則が設けられましたし、さらに訪問しても行けないというようになりました。

こうして電話というのはどんどん出来ないようになって行き、今ではほとんどされていません。

現在の法律で行っているプロミスの電話とは?

とはいえ全くプロミスにしても大手の消費者金融にしても、電話をしないというわけではありません。

ある程度は電話はしているんですが、それの内容が変わってきているのです。昔とは内容が違います。

現在
返済のために何度も脅迫まがいの電話をする 本人確認・在籍確認・返済の確認電話をする

今はこのような違いがあります。昔はどちらかと言うと返済のための電話ばかりがありました。

今では返済のための電話というのはあまりなく、どちらかと言うと借入の時に電話をするのです。

なぜプロミスは借入時に電話をするのか?

しかし昔はプロミスも返済のための電話というのを良くしていたと思いますが、今は変わっています。

もちろん法律によって出来なくなった、社会的な圧力が強くなったということも影響しているでしょう。

とは言えどうして借入の時に電話を良くするようになったのでしょうか?理由はいくつかあります。

理由の一つ目は借り方がネットを中心としたものに変わったというのが大きいでしょう。

昔は消費者金融は店頭に行って初めて借り入れが出来ましたが、今はネットが中心です。

ネットを使わない場合でもプロミスなら無人契約機を使って借り入れをする事が多いでしょう。

つまり対面せずに借り入れをするのです。これはかなり詐欺などのリスクが高くなる可能性があります。

だからこそ最低でも電話番号を聞いて、電話をしてちゃんと本人かどうか、申し込んだかどうかを確認するのです。

そうしてリスクを下げているということがあります。

次に電話をかけることによって借金をできる人かどうかを確認します。特にこれは在籍確認に求められていることです。

在籍確認でいちいち会社に電話してほしくないという人もいるでしょうが、今でもまだまだ電話が多いです。

これはそこの会社にちゃんと働いているかを確認していますが、働いていると返済できる人と考えられます。

逆にここで嘘をついてしまうような人はそもそも信用出来ないし、働いていないと返済のための稼ぎができなくなります。

だからこそ今でも電話をしているというわけです。ただ、最近は電話以外の方法も出てきてはいます。

電話にしても何でも、必ず確認をするということで危ない人に貸出をしないようになっているのです。

昔は入り口が広く、出口が狭かったのが消費者金融

今の消費者金融と昔の消費者金融を一言で行ってしまえば入り口の広さが違うということでしょう。

昔はそれこそブラックだろうがなんだろうか、無職でも貸出をする業者もいたくらいです。

しかしもちろん返済できるお金があるわけではないので、取り立てをしてお金を返済してもらう必要がありました。

昔は入り口が広かったために、こうやって出口の部分で怖いことをしていたとも言えます。

しかし今は入り口を絞っています。入り口を絞って変な人には課さないようになっています。

プロミスの場合であれば総量規制があるので無職の人や収入が少ない人にはそもそも貸し出しできません。

貸出できないだけでなく、貸して良い金額も絞られていますから、リスクが極端に少なくなっているのです。

ですので貸し倒れというのは少なくなっているのです。昔と今では入口が全く違う、というわけです。

電話連絡よりもメールや専用ページが使われる!

さて、そんな消費者金融が変わってきたという話ですが、今は電話が減ってきているのは事実です。

電話が減ってきていて、じゃあどういうふうに連絡をとっているのか?というと下記のような方法があります。

  • 会員専用ページ
  • メール
  • 電話
  • 郵送

といったところです。これらの連絡手段を使っているのですがプロミスの場合は専用ページが多いでしょう。

プロミスはと言っているように、基本的にどの業者がどのような手段を使うかはバラバラです。

プロミスの場合は専用の会員ページでできることが充実しており、そこでいろいろな情報がわかります。

残高も金利も分かりますし、追加融資をお願いするということもできるし返済までできるのです。

かなり便利なネットローンです。後はよほど返済が滞る場合には電話連絡があるでしょう。

中小の業者は会員専用ページがないので要注意

今や会員専用ページがあって、そこでいろいろなことができるのは当たり前になりつつあります。

プロミスを使っているという人もそれは当然となっていますが、これは一部でしか使えないことなのです。

あまり多くの人が意識していないことかもしれませんが、会員専用ページなんていうのは中小にはないのです。

中小の業者はそのようなシステムを作るだけのお金もないし、技術もないので出来ていません。

じゃあどうやっているのか?というと未だにメールのやり取りもしくは電話でのやりとりです。

残高などの明細についてはメールでもなく、郵送を使っているところがほとんどです。

実はプロミスのような大手では当たり前になっている方法ですが、ネットローンが使えるのはごく一部なのです。

ですからプロミスでネットローンができるというのはありがたいことでもある、というわけです。

プロミスは電話での借入などは出来ないの?

しかしこうやってプロミスでは電話と言うのはあまり使われていないというと電話で借り入れはできないのかと思うかもしれません。

しかし実はプロミスはその辺りのケアもしっかりとやっていて、電話を使った借入というのもできるようになっています。

電話を使った借入ができるというのは若い人たちだけではなく、年齢の高い人にも対応しているということです。

まだまだネットやスマートフォンを使った操作というのは苦手な人も多いものです。

若い人は得意かもしれませんが、中高年の人たちにとって見れば難しいものでもあります。

だからこそ、ネットやスマートフォンではなく電話で申込というのもできるようになっているのです。

これはネットが使えない人としてはありがたいでしょう。電話しか出来ないという人もプロミスなら安心です。

プロミスでネットが無理なら無人契約機がオススメ

もし電話でしかできないと思っているのであれば、ネットはオススメできませんが無人契約機はおすすめできます。

無人契約機を使ったことがない人は多いと思いますが、銀行のATMは使ったことがあると思います。

銀行のATMを使うのとプロミスの無人契約機を使うのとでは、おそらくプロミスの無人契約機の方が簡単です。

なぜかといえば電話でのフォローをしてくれるからです。どこをどうしたらいいのか、電話で教えてくれます。

ATMの場合は近くにいる銀行員の方や警備の方が教えてくれたりしますが、いないときもあります。

その時は画面の操作もわからないかもしれませんが、無人契約機は電話のフォローがあるのです。

ですからまずわからないということがないようにしてくれています。これは大きなメリットです。

電話で借入をしている、申込みをしたいという人も無人契約機を使うほうがいいでしょう、そのほうがメリットも大きいのです。

即日融資もできるし手続きも短いから無人契約機がいい

どうしてここまで電話ではなく、ネットが使えないなら無人契約機がいいと言うかですが、メリットが大きいからです。

まず一つ目が即日融資可能ということです。即日ローンカードを手にできるのは無人契約機だけです。

無人契約機はローンカードを発行するための機能が備わっているので、郵送で送られてくるのを待つ必要はありません。

ですから借入申込みをした当日に借入ができるのです。これは電話ではできないのでメリットとして大きいと思います。

もう一つが手続きが煩雑じゃないということです。電話や郵送を使うと手続きは煩雑になってしまいます。

しかし手続きがすぐに終わり、だいたい1時間もあればローンカードをもらえるくらいなのです。

このスピード感はネットでもできないくらいですから、非常にありがたいでしょう。

もちろん有人店舗でもいいですけれども、有人店舗よりも無人契約機の方が多いので可能性は高いのです。

なかなか無人契約機というのは使う機会が無いかもしれませんが、プロミスを使うなら便利なのでおすすめです。

少しでも消費者金融から電話されないための方法

以上のように電話というのはプロミスではあまり使われなくなってきているということです。

  • 本人確認の電話
  • 在籍確認の電話
  • 返済遅れの場合の電話

この三つくらいしかプロミスでは行われないということです。それ以外は専用ページがメインとなります。

しかし少しでも電話を受けたくないという人は若い人ほど多いかと思います。

ですので少しでも電話を受けないようにするためにはどうするか?というと2つあります。

  • 電話連絡はしてこないように依頼すること
  • 遅れがないようにきっちり返済をすること

この2つがポイントになります。

まず一つ目の電話連絡をしてこないように依頼するというのはプロミスの契約時に行ってください。

プロミスも場合によっては電話をしたいと思っています。例えば連休前に金利の優遇をする電話などです。

こういったものは今では拒否することができます。専用ページなどで見るようにするのです。

ちゃんと電話はしないでほしいと依頼をしておかないと、電話がある可能性もありますから注意してください。

もう一つはしっかりと返済をすることです。プロミスで一番電話があるとしたら、催促の電話でしょう。

催促の電話もむやみやたらにかけてはいけないことになっていますが、理由があれば可能です。

遅延が多いという時には電話をしても問題ないことになっていますから、減らしたいならきっちり返すことでしょう。

この2つを守っていれば、プロミスからの電話を極力減らすことができるでしょう。

ただし、本人確認と在籍確認についての電話は絶対に行われるのでこれは受け入れるようにしてください。

【参考ページはこちら】
プロミスから勤務先への電話なしで利用できる?

新着記事
TOPICS