> > プロミスの借入は三井住友銀行の住宅ローン審査に影響する?

プロミスの借入は三井住友銀行の住宅ローン審査に影響する?

ローンを利用した人は分かっていると思いますが、お金を借りるには審査を通らなければなりません。審査は金額が大きくなればなるほど詳細に行われる事になり、様々な点について確認が行われます。その間申込者はイライラしながら待つ事になります。

この審査は金融機関ごとに、決められた審査基準に則って行われます。そこで誰でも申込み前に自分でその審査基準でチェックしておけば少しは安心だろうと考えそうですが、実はこの審査基準はどこからも公開されてはいません。手の内は明かさないと言う事です。

三井住友銀行の住宅ローンの審査にプロミスが関係するのか

以前は銀行と消費者金融と言うのは両極端と言うか銀行は最も信用力の高い会社、それに対して消費者金融は高い金利で強引な取り立てをする最も信用できそうにない企業でした。もちろん両者に協力関係のようなものは銀行の融資以外は有りませんでした。

しかし現在ではこの両者間には様々な関係が構築されているらしく、銀行の業務に色々な点で消費者金融が絡んできています。大手消費者金融の多くは大手銀行の系列になっていることを見てもその関係の深さを伺い知ることができます。

銀行のカードローンは消費者金融が支えている

この関係は銀行がカードローンに参入したときから始まります。銀行はそれまでローンには担保と保証人を要求していました。これらの必要のない消費者金融のローンを異端視していたのです。しかしその隆盛をみて参入に踏み切ることになります。

しかし銀行には一つの問題があったのです。それまで担保や保証人で保証していたものを個人の信用保証と言う形を導入しなければならないのですが、その技術が銀行には欠如していたのです。それまで消費者金融を異端視していたのですから当然と言えば当然です。

そこで銀行はどうしたでしょう。あろうことか異端視していた消費者金融と提携したのです。銀行のカードローンの信用保証業務を消費者金融に委託したのです。このため現在も銀行のカードローンというのは陰で消費者金融が支える形になっています。

貸金業法の改正以降の銀行と消費者金融の関係

しかしこの関係もそう安泰ではありませんでした。この後貸金業法が改正になって消費者金融への締め付けが大きくなると、大手を含めて消費者金融の経営は急速に傾き始めました。この改正で実に消費者金融の半数が消えてしまったと言われています。

これに危機感を覚えたのは消費者金融だけではありませんでした。せっかく立ち上げたカードローンの陰の支えが無くなってしまう可能性が出てきてしまった訳ですから銀行もかなり焦ってしまいました。そこで消費者金融に対する支援策が練られることになりました。

結局この後、銀行は大手消費者金融を自分の系列に入れることで、経営を支えることになり、現在に至ります。この後銀行は系列を色々な面で利用しますから、現在のような金融機関の複雑な関係が出来上がっていくことになりました。

三井住友銀行のカードローンの信用保証はプロミスが行っている

さてそこで三井住友銀行についてみてみましょう。三井住友銀行も他行に合わせてカードローンに参入しています。この信用保証業務を担ったのが大手消費者金融のプロミスです。もちろん最初は系列関係ではなく業務委託という関係だけでした。

しかしやはりプロミスも貸金業法改正で経営に大きな打撃を受けることになりました。そこで三井住友銀行もプロミスを系列に入れることになります。この時点でプロミスはSMBCコンシュマーファイナンスと言う会社になります。プロミスはブランド名で残ります。

現在でも三井住友銀行のカードローンの信用保証業務はこのSMBCコンシュマーファイナンスが行っています。かつてのフロミスはフロミスというカードローンと三井住友銀行から委託される信用保証業務の大きく2つの商売をしていると言う事です。

住宅ローンの保証会社はSMBC信用保証

しかしプロミスの場合カードローンの個人の信用保証業務のノウハウは持っていますが、他のローンについての保証業務のノウハウを持っているわけではないため、住宅ローンについて信用保証を行うには無理があります。

このため三井住友銀行の住宅ローンの信用保証業務と言うのはまた別の系列企業であるSMBC信用保証と言う会社が行っています。もちろん系列企業ですから、これらの会社間で協力関係などがあるのかもしれませんが業務的には切り分けられています。

ですからプロミスは三井住友銀行の住宅ローンの審査業務については係わりを持っているわけではありません。インターネット上には関係があるような記述も見られますが、今のところ業務的にかかわっているようなことは無いようです。

プロミスの情報が住宅ローンの審査に影響することはない

では本題に移りますがプロミスの利用者情報が三井住友銀行の住宅ローンを利用した場合に、三井住友銀行側に伝わってしまう事があるのかについて考えてみましょう。業務的に関係していないですが系列と言うところがちょっと気になりますよね。
(⇒プロミスと三井住友のおもしろい関係

基本的には業務的に関係していませんので、プロミスの利用情報が直接三井住友銀行側に伝わるようなことはありません。したがってプロミスを利用していたとしても他の消費者金融を利用した場合とそれほど大きな違いは有りません。

ただし、プロミスから直接情報が伝わらなくても信用情報と言うものは参照されることになります。ですから、ここに書き込まれるような情報がある場合には、三井住友銀行側にも当然伝わってしまう事になりますので安心はできません。

不味い情報は共有されているので要注意

銀行が利用する信用情報と消費者金融が利用する信用情報は基本的には違いますが、こういった業界間で用いられる信用情報は金融機関にとって好ましくない情報、利用者側にとっては知られては不味い情報と言うのは、共有されることになります。

この信用情報に入っている情報にはそれぞれ保存期間が有り、場合によっては10年前の情報も残っている場合があります。したがっていくらプロミスは関係しないと言ってもこういった不味い情報がある場合には注意しなければなりません。

もしこういった情報が残っていればSMBC信用保証が審査を行う住宅ローンであっても審査に通すことはありません。そういう意味でプロミスは審査には関係しないとしても、以前の利用状態次第では、情報そのものが審査に影響することはあるのです。

銀行のローンを利用する場合には銀行と消費者金融の関係を確認要

今度はもう少し範囲を広げて考えてみましょう。人生には節目となるような事態が発生するものですが、その時には概ねお金を必要とするものです。銀行などの金融機関はそれに合わせて各種のローンを用意しているのです。

そういうローンを借りる場合には、現在の複雑になった金融機関の関係も多少考慮しておく必要があります。銀行のローンを借りる場合には関係する消費者金融も存在するかもしれないと言う事をよく考えておかなければなりません。

銀行のローンは住宅ローンだけではない

説明したように銀行のローンと言うものは、多くの人が人生の節目節目でうまく利用できるように住宅ローンだけではなく様々なローンが用意されています。こういったローンを上手に利用することで、より豊かな人生を送ることができるようになります。

このようなローンには例えば結婚費用向けのローンや子供の教育費用のローン、あるいは住宅ローンとは別にリフォームのためのローンを用意している銀行もあります。また地方の場合には生活必需品である自動車購入向けのローンも用意されています。

こういったローンというのは誰でも利用する可能性と言うより、何等かの形で必ず利用するものではないかと思います。これまで自分は利用したことがないという人でも、今後利用しないと言う人のほうが少ないのではないでしょうか。

様々なローンにはそれぞれ信用保証会社が有る

このように銀行には様々なローンが用意されていますが、以前はどんなローンにしろ担保や保証人を要求されていましたが、最近ではそんなに簡単に保証人など用意できませんから、住宅ローンを含めてほとんどのローンは担保や保証人を必要としません。

つまり多くのローンは信用保証と言う形で融資を受けることができます。もちろん中には敢えて保証人を用意する事によって自分では借入できないローンを借入するような例外的な場合もあります。例えば学生が親を保証人にして自動車ローンを組んだりすることです。

さてではそれぞれの信用保証業務はどうなっているのでしょうか。基本的には三井住友銀行と同じようなパターンで自分の系列企業に信用保証を業務とする会社を抱えています。何社もある場合も有れば、集約しているようなところも存在しています。

カードローンの信用保証会社と重なっている場合も有る

このため、三井住友銀行の場合にはカードローンの信用保証を行っているプロミスことSMBCコンシュマーファイナンスと住宅ローンの信用保証を行っているSMBC信用保証は別会社でいたが、他の銀行ではその保証はありません。

このためカードローンの信用保証を行っている会社が、住宅ローンの信用保障を行っている可能性もあるわけです。そういった場合には当然ですが住宅ローンの審査時にカードローンの利用状況についての詳細が分かってしまう事になります。

消費者金融の借り入れ状況が審査に影響するローンも考えられる

これらのローンと言うのはそれぞれ借りれ金額も違いますし、返済期間についても様々ですから、審査基準もそれぞれ違っており、ローンの内容によって厳しかったり緩かったりします。

大まかな傾向としては住宅ローンのような高額なローンの場合には審査は厳しく、金額が小さくなればなるほど、審査は緩くなりカードローンのような少額なものはローンの中では最も審査が緩いものと言え、カードローンか借りられても他はだめと言う事もあります。

これらのローンでの信用保証はそれぞれ担当する信用保証会社があるわけですが、ここまでに述べたように消費者金融が担当している場合もあるので、この消費者金融の持つ情報が審査に影響する可能性は否定することはできません。

借りる前に信用保証会社を調べておこう

ですから住宅ローンに限らずその他の様々なローンを借りる場合には、いくら借入できて、金利はどのくらいと言うような表面的な話を調べるだけではなく、その他のあらゆる情報について調べておいた方が無難と言う事ができるでしょう。

その中で自分にとって不利に働く要素については全て申込の前に調べて、できれば対策しておくようにしましょう。まずはローンの詳細について隅から隅まで説明資料に目を通すことから始めてみてください。知らないことも有ると思いますよ。

特に確認しておきたいのが、ここで説明しているように実際に審査を行っている信用保証会社がどこになっているかということです。利用中あるいは以前利用していた消費者金融と言う事になった場合には、利用状況について思い出して問題は無いか考えてみましょう。

影響しそうな場合には他の銀行の利用も選択肢になる

信用情報には掲載期限と言うものがありますから、この期間を過ぎていれば信用情報の方から断わられるような事にはなりません。ですから自分が利用したことのない会社が信用保証をしている場合には過去に問題があってもその期間後に申し込めば良い事になります。

しかし自分が利用した消費者金融が信用保証を行っている場合にはその社内で保管している情報については期限と言うものがありませんから、もし過去に問題があった場合には申込んでも審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

もしそういった問題があって審査に影響しそうな場合には、ローンの利用については他の銀行の利用を考えた方が良いかもしれません。自分の状態と言うものを正確に判断することもローンを利用する上では大変大切なことですから、十分考慮してください。

カードローン利用中は住宅ローンの審査に影響する

カードローンと言うものは利用してみればわかりますが、借入するのは良いですが、以後は返済が続くことになり、少なからず経済的な負担が出て来ます。もちろんカードローンの借り入れはそれほど大きなものではありませんから返済に困ることは少ないでしょう。

しかし、このような負担と言うものは自分の経済力の足を引っ張ることは間違いありません。この影響は普通は感じませんが、何か思わぬところで大きな影響が出てしまう事があるのです。極端な場合人生設計にまで影響することになります。

住宅ローンの審査では返済能力がはじき出される

そこで住宅ローンについて考えてみましょう。住宅ローンは普通の人にとって生涯で最も大きな借り入れになるはずで、自分の経済力の大きな部分を使って非常に長期に返済していかなければならなくなるものです。そこで銀行は返済能力を厳しくはじき出します。

各銀行はそれぞれ独自に申込者の収入から返済能力をはじき出す計算式を持っています。この計算式に収入と諸条件を入力すればその人が月々大きな無理をしなくても返済できる返済額が出てくるという仕掛けになっています。

住宅ローンの場合借入額と返済期間から実際に月々いくら返済しなければならないかと言う事がわかりますから、先ほど計算した返済可能額がこの実際の返済額を上回っていれば住宅ローンの返済は可能と言う事になります。もちろん逆なら返済できません。

返済能力の計算にはパラメーターが多い

返済能力の計算には先ほど説明したように諸条件が有ります。要するに計算式のは様々な要因のパラメーターが絡んでくるわけです。これらの要因によっては返済能力の値が代わってしまい、返済の可否の判断を左右する重要なカギを握ることになります。

これらの要因は人それぞれの状況によって違いますから、外面的な収入だけでは返済能力はなかなかわかりません。実際自分の状態を自分がすべて知っているというのも怪しいものです。自分には関係ないものが重大な意味を持っている可能性も有るのです。

このためその人の置かれている状況次第では全く同じ収入の人であっても、一方は審査に通り、一方は審査に落ちるというような事も特に珍しい状態と言う訳ではありません。当人にとっては何でと言う状況かもしれませんが、銀行にとっては有りがちなことです。

カードローンの利用も返済能力に影響する

この様々な要因の一つとして挙げられてくるのがカードローンの返済です。同じ収入の人の場合、カードローンを利用している人のほうが、カードローンを利用していない人より審査で落とされる可能性と言うものは高くなります。

これは先ほど言った自分の経済力の足を引っ張った結果と言う事ができます。つまり収入からはじき出す時にこの足を引っ張る分であるカードローンの返済額が差し引かれてしまうためです。普通なら借り入れできるところがカードローンのために借入できないのです。

借りていなくても契約自体が問題になる

しかも借りていなくても同じことがいえるところがカードローンの怖いところです。実際カードローンの場合現在利用していなくても利用していると判断される可能性すらあるのです。これはいったいどういうことなのでしょうか。

まずカードローンの場合契約していても全く利用していない時期と言う可能性があります。しかし金融機関としてはいつ借りるかわからないわけですから、契約がある以上常に返済があるものとして計算されることになってしまうのです。

またかつて利用していたけど今は利用していないから大丈夫と思っている場合も、カードローンの場合特に利用上の問題が無い場合には、利用可能年齢の上限を超えるまでは自動的に契約が更新されている可能性があります。つまり金融機関から見れば契約中なのです。

このためたまに利用しているならともかく、何年も前から利用しておらず自分では利用しているという意識が全くなくなってしまったカードローンが知らず知らずのうちに自分の足を引っ張っている事になるのです。実に怖いことではないでしょうか。

かつて借りていたものも調べる必要がある

そこで住宅ローンを借りる場合には、かつて利用したものを含めて自分が利用しているカードローンをすべて調べておく必要があります。特に契約状況がどうなっているかを確認しておきましょう。契約が残っていれば確実に住宅ローンの審査に影響します。

先ほども触れましたが自分の返済能力と言うものはなかなか自分では分からないものです。自分なりに考えて自分ならカードローンを利用していても住宅ローンの返済は可能だろうなどと安易な判断をしてはいけません。

自分の不利になるような可能性のあるものは全て調べ上げ対策しなければならないというのはこの点にも当てはまり、かつて利用していたカードローンを含めて、たとえ影響がないと判断したとしても、何等かの対策を講じておきましょう。

カードローンは解約してしまおう

そこで人生ではたいへん重要な節目になる住宅取得を成功させるためには住宅ローンの申込の前に、現在契約中のカードローンについては全て解約してしまいましょう。そうすればカードローンが足を引っ張るようなことは考えなくてよいことになります。

注意が必要なのは従来利用していたカードローンの抜けが出ないようにすることです。忘れるようなことはないとは思いますが、10年以上も前に利用していたものと言う事になると、記憶もはっきりしない場合も出てくるかもしれないのでよく思い出してください。

もし現在利用中のカードローンが一気に返済できないと言う事であれば、まずはカードローンの返済の方を優先して、カードローンの返済が終了して解約した後で住宅ローンの借入を考えるしかありませんので、せっかく見つけた物件であっても見合わせましょう。

カードローンは先を見越して利用しよう

何を行う場合であっても重要になるのが先を見通す目を持つことです。先を見通して先行投資をするなり、何らかの問題の対策をしておくなりすれば、全く用意をしてない場合に比べ利益になったり、損害をより少なくすることが可能になります。

ローンでもこれと同じことが言えます。先々を見通して、必要な時に的確なローンの利用ができるのか、あるいは行き当たりばったりで安易にローンを利用するのかによって様々な問題を事前に回避できるかどうかと言う事が決まってきます。

カードローンを安易に借り入れしてはいけない

カードローンと言うのは契約してしまえば必要な時にどこでも借りられるという特徴があり、たいへんお手軽に利用できるので利用者にとっては使い勝手が良く、先々のことも考えずに安易に借入してしまう人も多いでしょう。

しかしこのカードローンの利用が説明したように他のローンの審査の足を引っ張る形になると言うようなカードローンの利用だけからでは見えてこない思わぬ結果につながっていることも有るのです。知らなければ大変なことになりかねません。

そこでカードローンの利用と言うものは、安易に契約してしまうのではなくて、先を見通して、後々影響があるのかどうかを考えてから利用することが求められます。なかなかそのような計画性を持つのは難しいですが、気にかける必要性は分かると思います。

住宅取得のチャンスは急にやってくるかもしれない

住宅ローンについていえば、住宅と言うものはそう簡単に良い物件が見つかるとは限りません。場合によっては一生住むことになるのです。迷うことも有るでしょう。すぐにめぐり合うかもしれないし、何年も探すことになるかもしれません。

しかも良い物件と言うのは他の人が見ても良さそうに見える可能性が高く、見つかったらすぐに手を打たないとチャンスを逃してしまう可能性もあります。ですからそういったチャンスを生かせるように日頃から気を付けておかなければなりません。

住宅取得を予定している年代に差し掛かったら、そういうチャンスを逃さないようにするためにも住宅ローンに影響が出そうなカードローンの利用については十分注意しなければなりません。借入したとしてもすぐに返済できる金額にしておきましょう。

人生設計をしておこう

そこでこういった住宅取得の予定年代などの目安を付けるためにも一度人生設計をしてみてはいかがでしょうか。最初は大雑把なものを列挙するだけでも良いですから、何をどういう順番に実現させていくのかと言うようなことが分かるようにしてみましょう。

そのあとは徐々に詳細にして、たとえば住宅取得は大体この年齢でと言うように、それぞれについて順番だけではなく、実現させる大体の年代まで決めていくようにします。もちろん計画ですから、その通りになるかどうかは分かりませんが、目標にはなるでしょう。

このような目標が決まれば、それに向かって行わなければならないことの目的付けができるようになります。目的を持つと言う事はやる気も出てきて、人生も充実していくものです。そこで少し時間を取って人生設計をしてみることをお勧めします。

人生にはどうしても必要なローンがある

人生には住宅ローン以外にもお金が必要になる時期がいくつか存在します。そう言ったことについても人生設計をすれば大体どの年代でどのようなローンの借り入れが現実化してくるのかと言う事が分かってくることになります。

もちろんそういった様々なローンでも住宅ローンよりは小さなローンでしょうが多かれ少なかれ審査を受ければ返済能力が問われることになります。このためやはり住宅ローンと同じようにカードローンの借り入れが影響する場合も出てきます。

例えば最近銀行の自動車ローンの審査が厳しくなったと言われているのをご存知でしょうか、これは審査が厳しくなっていると言う面もありますが、カードローンの利用者が増えているため返済能力の判断が低くなってしまう事も原因があるのではないでしょうか。

重要なローンを逃してはいけない

しかしこういった比較的高額のローンを借りようという場合、後から考えれば人生の節目に当たっているような場合が多く、どうしても借りなければならないような内容のローンと考えられるのです。住宅ローンと同じで万全を期さなければなりません。

もしこういったローンの借入に失敗すると、この節目に当たるものが実現できなくなってしまいます。そうすると人生設計で設定した目標が実現できないわけですから、人生設計自体に狂いが生じてしまう事になります。

このためこういったローンは絶対に借りなければいけないのです。せっかく計画を立てたわけですから、その計画を実行していくためには何が必要になるのか、あるいは何をやってはいけないのかと言う事をよく考えながら進めなければなりません。

カードローンの利用時期も人生設計に合わせる必要がある

ここまで述べればカードローンというものの利用は決して安易であってはいけないと言う事が分かって頂けたと思います。人生設計に当て嵌め他のローンに影響が出ないように利用しなければなりません。

また利用においても不要不急の買い物のために利用するのも感心しません。何等かのローンの利用が表面化したときに、すぐにカードローンの利用が中止できるように、利用するときは本当に必要なものだけに絞ることも重要です。これは節約にもつながります。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS