> > プロミスで借りるなら増額は必要?増額の利点と欠点を知る

プロミスで借りるなら増額は必要?増額の利点と欠点を知る

プロミスのカードローンを使うというのなら、一度は検討した事があるのが『融資限度額の増額』についてです。

カードローンの増額希望の理由で多いのが「限度額は少ないより多い方が良いから」というものです。

それは理由としては単純明快で良さそうに思えますが、はっきりとした使い道なども無いのに増額するというのは、本当に良いのでしょうか?

ただ単に多い方が良いからと増額するメリットとデメリットは何なのか、知っておくと不安無く申し込めるでしょう。

プロミスの増額ってどうするの?誰もがしないといけない申請方法

プロミスの増額にはまず申請が必要で、ほったらかしでも増額が成功するケースはあまりありません。

まずは増額したいという意思を、プロミスが指定する方法にて伝える事が増額の初期段階です。その方法は以下の二通りとなります。

  • プロミスのサイトの会員サービスから
  • プロミスコールに電話連絡から

どちらの方法であっても増額の意思を伝えられればそこから審査が始まり、OKが出ればより多くのお金を借りられるようになるでしょう。

どちらの方法を選んでも審査に影響はしないので、好きな方法を選んでしまっても良いですが、お勧めとしては電話からです。

電話からだと増額のメリットデメリットをプロの声から教えてもらえるし、不安があればその相談も可能です。

電話はちょっと…という人も多いのですが、プロミスは応対の良さにも定評があるので心配無用です。

むしろ、分からない事をそのままにして申し込む方が融資では後々問題になりやすいので、その点は注意が必要です。

無論、増額について不安も特にないというのなら、すぐにでも審査を受ける事が可能です。

増額の審査ってどうやってるの?その基準を解説!

融資審査があるのなら、当然一定の審査基準を設けており、それに従って審査をする事で金融業者は迅速な対応を実現しています。

プロミスの場合もそうですが、増額を行う場合は審査が発生しますので、その基準というのももちろんあります。
(⇒プロミスで増額したら理由を聞かれる?

そもそも、最初の融資審査でも大事な以下の点がまずは見られます。

  • 年収
  • 職業
  • 勤続年数

こうした点は初回融資から変化が無い場合、特にこちらからは何の報告をしなくとも審査を進めてくれます。

そして、特に増額審査で大事なのがこれから紹介している点です。

  • 定期的に融資を利用しているか
  • 返済に遅れた事は無いか

基本的に、増額というのはたくさん融資を利用してくれるお得意様向けのサービスの一環的な位置づけになっています。

それなのにカードローンを作っただけで利用をしていない人が申請しても「使わないのに何故増やすのか?」と疑問になってしまいます。

そうした定期的な利用をしていく上で大事なのが「返済には遅れていないか?」という事です。

融資を利用していても、返済に遅れる人は会社に打撃を与えるよう注意人物として、金融業者の記録に残っています。

返済に遅れる人に大金を貸し付けても、会社への損害が大きくなるだけなので、まず成立しません。

増額できる融資方法は何故限られる?出来る融資と出来ない融資

プロミスには複数の借入方法があり、借入方法によって増額が出来るかどうかの分岐点になっています。

以下の表に融資の条件、増額の可否をまとめました。

サービス名 限度額 金利 増額の可否
フリーキャッシング 最大500万円 4.5%~17.8% 可能
おまとめローン 最大300万円 6.3%~17.8% 不可
自営者カードローン 最大300万円 6.3%~17.8% 可能
目的ローン 最大300万円 6.3%~16.5% 不可

この表からお分かりのように『増額はカードを使ったカードローンにて行われる』という事が分かると思います。

増額は『限度額が設定された自由に使えるローン』で行えるものであり、お金を借りる度に契約、そして借入金額が変わる借り切りのローンでは増額というのはおかしいですね。

おまとめローンや目的ローンは用途によってはフリーキャッシングよりも便利ですが、借りる度に契約が必要です。

借入可能額は契約の度に審査を行い決定するという都合上、これらの融資でもっと借りたいなら、追加融資の相談をすべきでしょう。

基本的にメリットばかり?増額は良い事がたくさんです

以上の紹介したカードローンを増額する場合、基本的にメリットばかりとなっています。

特にカードローン利用において重要な限度額と金利が増額によってより使いやすくなるという点については無視ができません。

限度額についてですが、こちらはもう増えるというだけで十分なメリットが伝わりますね。

例えば50万の限度額で70万の入り用が発生すれば、残り20万は自己負担か別の金融業者から借入れる必要があります。

ですが、100万まで増額しておけば、70万の入り用であっても、さらに30万の余力があるので完済までに何かあっても安心です。

そして知らない人に意外と驚かれるのが、増額によってカードローンは低金利になる可能性がある、という事です。

これには上限金利が関係しており、一定金額以上の貸し付けでは一定以下の金利に設定しないといけないのです。詳しくは下記表をどうぞ。

借入額 上限金利
10万円未満 20%
10万円?100万円未満 18%
100万円以上 15%

プロミスのフリーキャッシングの金利も4.5%~17.8%とばらつきがあるように、最大限度額の500万円に近づくにつれて安くなるのです。

増額にデメリットなんてあるの?意識しておきたい増額の裏側

プロミスのカードローンは元々使いやすいという事を考えると、増額に関してはメリットが特に大きいと言っても過言ではありません。

そんな増額に、デメリットなんてあるのでしょうか?カードローンの使える枠が増えて利息負担が減る、それであると言われても理解できませんよね?

ですが、デメリットが無いわけではありません。メリットに比べると小さいかもしれませんが、主に以下が増額のデメリットになります。

  • 借り過ぎやすくなる
  • カードを紛失した時の被害が増えやすくなる

借りすぎるというのは、限度額いっぱいまで使うという事よりも『自分の返済能力を超えた融資を受ける可能性がある』というのが懸念です。

例えばプロミスで100万円を15%の金利で借りて12ヶ月で返済するとしたら、毎月90258円の返済となります。

なのに毎月80000万円の返済能力しか無いとしたら、返済出来ないか返済期間を延ばして大量の利息を払う事になります。

そうなると、融資の返済が生活に対して悪影響を及ぼしますから、限度額が決まっていても「実際はどれくらいが無理なく返せるか」という意識が必要です。

そして、限度額が豊富なカードを紛失すると、当然少ない限度額で紛失した時よりもリスクは大幅に増えてしまいます。

カードには暗証番号がありますし、親切な人が拾ったら交番などに届けてくれるでしょう。

しかし、現実には悪用をもくろみ、暗証番号を突破できる人間が存在しているのもまた事実です。

増額のデメリットというのは、総じてたくさん借りられるゆえのお金のトラブルに集約していると言えます。

増額のリスクは防ぎやすい?あまり気にならない理由を解説

増額にも欠点はありますし、そのリスクが嫌だから敢えて増やさない…そういう人も一定数存在しているのは本当の事です。

ただ、増額のデメリットに関しては、自分の注意や心がけで十分防げるから、メリットに比較すれば小さな物とも言えます。

例えば使い過ぎに関しては、今現在どれくらい使っているかをこまめにチェックしたり、一定額以上は借入れないとルールを作れば問題ありません。

こうした点については、普段から家計簿をつけている人はとりわけ有利になるといえるでしょう。返済にも家計簿は確実に役立ちます。

紛失に関しては、これこそ『注意するしか他は無い』としか言えないかもしれません。

カードの紛失が財布ごとかカードのみかは分かりませんが、そもそもお金に関わる大事なカードを忘れるというのは、あまりにも意識が足りません。

クレジットカードと違い、カードローンは不正利用時の損害補填がかなり心細く、不正利用されたけど返済は自分がした…という事が現にあります。

こうしたカードローンの便利さに潜む怖さを理解していれば、おいそれとカードを手放したりする事は無いでしょう。

カードローンの増額の利点と欠点を比較すると、正直言って欠点の方が比重としては小さな物になりやすいですね。

増額は積極的に!けれどもがっつくのは厳禁な理由

増額はメリットが大きくデメリットが小さいとなれば「増やせるのなら増やす方が良い」と言って差し支えありません。

限度額も金利も良くなるし、プロミスなら長く付き合うカードローンとしても優秀なので、チャンスがあるなら狙って構いません。

ただ、増額では審査があるので、その審査結果によっては逆にカードローンの限度額が下がったりする事があるという事実も知っておくべきです。

カードローンの増額審査の結果というのは、大きく分けて4つになります。

  • 審査に通り限度額が増えた
  • 審査に落ちて限度額はそのままだった
  • 審査に落ちて限度額が下げられた
  • 審査に落ちてそのまま利用停止になってしまった

増額審査で増える、落ちてしまって変わらないというのは、多くの人にとって理解の範疇でしょう。

しかしながら、限度額が引き下げられた、カードの利用自体が止まってしまった…こんな結果になってしまうというのは、あんまりだと思いませんか?

これに関しては融資審査の複雑というか基本的な仕組みに起因しており、増額審査で悪い結果となる原因は主に私たちにあります。

何で増額で悪くなる事がある?増額審査についてもう一度考える

増額に際しては審査を行うとすでに書きましたが、プロミスとて増額審査だからと簡略化しているわけではありません。

そもそも、初回の融資審査で設定された限度額は「この人の条件ならこれくらい貸せる」としているものなので、増額するならそれを見直さないといけません。

ここで知ってもらいたいのは『増額審査では増やすかどうかを見る』では無く『もう一度融資審査をして増やすかどうか、借入自体は可能かを見る』という事です。
(⇒プロミスから増額申請の電話かかってくる?

最初の融資審査では審査落ちにより使えないと判断される事もありますので、増額審査も同等の審査なら、契約解除という判断があってもおかしくありません。

とはいえ、一度は契約したお客様に対して厳しい判断をするのは、プロミスにも相当の理由があってこそです。

  • 何度か若しくは長期間返済に遅れた経験がある
  • あまりにも大きな増額を希望している
  • 短期間に何度も増額を希望している

返済に遅れてもすぐに契約解除をするかは分かりませんが「この人は遅れるのに大金を希望している…」となると、信頼性はがた落ちですよね?

また、希望する増額幅も非常に大きくするとそれだけ審査ハードルが上がり、落ちたり慎重な審査の結果、より厳しい判断をする事になります。

そして、増額というのは基本的には半年置きです。半年間の間にすでに増額したのにまた申し込むと、こちらも身の丈に合わない増額を希望していると思われます。

増額審査で厳しい結果が出る場合、私たちの考え方や態度も結果に影響するのは知っておきましょう。

現状維持も賢い?無理して増額をしない利点もあります

結局の所、増額というのは

  • 限度額が増えてより安定性が高くなる
  • 金利が下がる事で実質負担が減る

こうした部分から『増額が出来そうならしておく方がカードローンとしては良くなる』のでしておくべきでしょう。

しかし、

  • 借りすぎてしまって問題に発展する可能性がある
  • 審査結果次第では減額や利用停止と今より悪くなる事もある

という欠点があるのなら『実は増額希望を出さずに現状維持で使い続けるのも賢い』という答えが成り立ちます。

カードローンの限度額に特に不満も持たず、さらには金利負担も払える程度なら、以下の部分が利点になり得ます。

  • 限度額が下がったり停止されたりしない
  • 余計な手続きをする事なくカード一枚あればずっと使える

カードローンの増額にメリットを感じない、あるいは増額のデメリットが個人的に目立つと感じるなら、今のカードローンのまま使い続けてはいかがですか?

ただし、次項で説明する例外は除きます。

お誘いは乗るべき?プロミスからの増額申し出は受けよう!

融資額を増やすには自分から動かないといけないのは説明しましたが、そうした基本法則にも例外は存在しています。

プロミスなどの消費者金融は、もっと借りてほしい相手に対しては自ら増額を勧めてくる事も実例としていくつも存在しているのです。

良く大金を借りる人、さらには遅れずに任意返済を使って一括返済とかも良くする人というのは、プロミスからしても安心して返せて利益にもなる顧客です。

そういう人にさらに限度額を与えると、最小のリスクで最大の利益に繋がる為、ビジネスの視点で考えると当然の事ですよね?

また、相手からお誘いという都合上、当然ながら自分から申し込みをするよりも増額審査には通りやすくなります。

絶対安心とまでは言わないものの、プロミスも無差別に誰でもお勧めするわけではありませんから、確実性は段違いです。

こうした場合の増額審査では、落ちた場合にあり得るリスクが大きく軽減されていますから、増額を拒否する理由も少なくなります。

確実に増額がしやすくなっているタイミングなら、プロミスからの厚意という事で素直に受けるのも賢い選択なのです。

【参考ページはこちら】
プロミスで増額したい人必見!

新着記事
TOPICS