> > 小口融資は何故必要?プロミスが千円単位で借入出来る理由

小口融資は何故必要?プロミスが千円単位で借入出来る理由

融資を受ける…そう聞いた時、皆さんならどれくらいの金額を借入れるか想像しますか?100万や1000万単位で想像した人が多いでしょう。

確かに、一般的にローンと呼ばれる住宅ローンや車ローンに関しては、それくらいの単位でお金を借入れる事になります。

しかし、プロミスみたいな消費者金融では、小口融資を積極的に行っているとされています。

小口融資…つまりそこまで大きく無いお金の借入なんて必要なのでしょうか?千円単位の融資になるまで説明をしていきます。

プロミスってどれくらい借りられるの?限度額と利用額について

まず、プロミスの融資ではどれくらい用意してもらえるのか、そこから見ていきましょう。最小の借入をするなら最大額も知っておくべきです。

サービス名 限度額 使い道
フリーキャッシング 最大500万円 カードローン(事業費以外用途自由)
おまとめローン 最大300万円 他社借入の返済
自営者カードローン 最大300万円 カードローン(事業費も含めて用途自由)
目的ローン 最大300万円 結婚式や入院などの特定の決まった目的

この中で今回はカードローンであり、多くの人が使う事になるフリーキャッシングをメインとして説明していく事になります。

まずカードローンというのは限度額内ならいっぱいまで借りてもちょっとだけ借りても構いません。

例えば給料日前で飲み会が発生したら一万円もあれば何とかなりますし、怪我をして入院するなら十万以上使う事もあります。

その限度額が100万であれ10万であれ、それは変わりません。限度額内ならどれくらいでも自分の裁量で借入可能で、まさに小口融資にもうってつけなのです。

では、それを踏まえてプロミスの『最小借入単位』について説明します。

プロミスは千円単位から借入可能!?最小借入単位の意味とは

最小借入単位というのは『その金融業者から一度に貸し付けられる最低の金額』というものです。

プロミスのこの最小借入単位ですが、1000円単位にて借入れる事が可能となっています。

1000円単位にて借りられると、以下のような違いがあります。

☆10000円単位でしか借りられない時に希望額が155000円の場合
→160000円借りないといけないし、余分なお金は断れない

☆1000円単位で借りられるプロミスで155000円借りる場合
→155000円かっきり借りられるので無駄は無い

こうした違いがあり、どんなカードローンでも最小借入単位が低い方が使い勝手としては当然上で、選択の幅が広まるのですね。

カードローンと言えばATMからお金を引き出すのですが、この1000円単位の融資を受ける場合、ATM側が対応している必要があります。

プロミスの場合は幸いな事に専用ATM以外のATMでも1000円単位での融資に対応しておりますので、他の金融業者と比べてより一層小口融資に向いていると言えます。

ただ、元々融資はそうした細かいお金よりも大きめのお金を借りる事が多いので、小口融資の必要性自体を疑問視する人も居ます。

「大きな金額以外に借入出来る事に意味なんてあるの?」…これを読んでいる方の中にも、多少はそうした疑念があるのでは無いでしょうか?

消費者金融はむしろ小口融資が得意?その存在意義とは

小口融資に疑問を感じている人に対し、まずはその疑問をすっきりさせる為にはっきりと申し上げておきます。

小口の融資というのは必要だからこそ用意されており、むしろプロミスなどの消費者金融は、金融業界でも小口融資をメインに担当しているのです。

住宅ローンを例に見れば分かると思いますが、ほとんど担当しているのは銀行となっています。

銀行というのは豊富な資金力があり、大きめのお金を貸して長く返済してもらう事でも十分な利益が出せるからこそ…なのです。

しかしそれに対して消費者金融は、銀行に比べると資金力としては小さく、そもそも銀行の傘下企業として働いているケースばかりです。

それなのに真っ向から大口融資ばかりで銀行と張り合うよりも、小口融資を希望する人たちにラインナップを充実させる方が賢いですね。

他にも信販会社と呼ばれる借入先もあり、以下のような役割分担があると言えます。

☆銀行
主に住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど大口の融資を担当。近年は消費者金融と提携する事でカードローンにも積極参入。

☆消費者金融
主にカードローンやフリーローンと言った用途自由の小回りの利く現金融資を担当。おまとめローンなどバリエーションが多い業者もある。

☆信販会社
主にクレジットカードや分割ローンを担当。融資では通常のカードローンかクレジットキャッシングかの二択である事がほとんど。

こうした点から、小口融資は消費者金融かもしくは信販会社から受ける事が多そうですが、銀行も扱っていないわけでは無いのが分かりますね。

そもそもいくらが小口融資?融資額の定義を調べる

ここまでで言えば『千円単位でも借りられる融資』が小口融資である事は分かりましたが、金融業者はどれくらいを小口融資としているのでしょうか?

やはり金融業者の規模によりけりですが、基本としては100万円以下は小口融資の範疇に入ると言われています。

100万円というのは、恐らく一般市民からすると大金であるのは間違いありませんし、それを小口融資とは感じにくいでしょう。

しかし世の中にはひと月で100万どころか、1000万くらいのお金を動かす人もいるわけで、それで考えれば確かに小口でしょう。

金融業者からすると、100万円というのは大きいとは言いにくい部分があり、特に銀行に関しては100万円から慎重審査を開始すると言われています。

尚、消費者金融の場合はそれよりも小口融資の定義が違っており、ほとんどが50万円までが小口融資と言える対応をしています。

プロミスの例で見てみると、50万円以上の以上の融資では以下の書類を事前に集めなくてはいけません。

  • 本人確認書類(50万円以下でも必須)
  • 収入証明書類(50万以上若しくは他社からの借入合計100万以上で必須)

50万以上では収入が本当にあるのか審査する為に別途書類が必要なので、これは『いつもより厳しく見ている』事の実証と言えるでしょう。

つまりそれ以下ならあまり大きな金額ではない、所謂再三説明させていただいている小口融資に該当するのです。

小口融資のメリットとは?具体的な使い道を恩恵を紹介!

さて、小口融資の定義についてはここまででしっかりご理解いただけたと思いますが「そもそも小口融資のメリットは何?」とそろそろ気になるでしょう。

では、小口融資の明確なメリットについてをご説明いたします。これらは主に二つに分かれていると言えますね。

  • 無駄な借入防止
  • 金利をお得にする

以上のようになります。一つずつ見ていきましょう。

最初に無駄な借入防止についてですが、これは出来るだけ無駄な現金が手元に来ないようにする為の工夫の一つです。

例えば2000円必要なのに10000円からしか借りられないと「8000円も余るから残りで遊ぼう!」みたいな思考に陥りやすいです。

そんな事は無いと多くの人は口では否定しますが、余分な現金を持つと気が大きくなるというのは、統計的にも立証されています。

次に金利をお得にする仕組みですが、『融資の金利は元金に日割りにて計算されている』というのがポイントです。

最小借入額のみで融資を絞り込むと、利息は元金に対して発生する都合上、無駄な借入が少ないほど実質的な負担も減っていくのです。

千円単位でも借りられる小口融資の利点に関しては、こうしたところが挙げられるでしょう。

勿体ないは気にしない!大金を借りずともお得なカードローン

カードローンにて限度額が豊富になると、ついその限度額を出来るだけ使って色々してみたい…そう考えるでしょう。(こちらもご参考に→利用限度額って増額できるの?

それは間違った思考ではありませんし、返済出来る範囲で無理無く色々するのはカードローンの利点ですね。

しかし、カードローンを小口融資として必要最低限で借りていると、主に節約方面にて相当役立つ事になります。

多めに借りて無駄遣いをするのも、たくさん借りて利息発生分を増やすというのも、利用目的が無い場合は単なる無駄にしかなりません。

プロミスのように千円単位でも可能な小口融資を活用して無駄無く借入れると、そうしたお金の出費を抑える事ができます。

金融業者にとっては、返せる範囲で私たちが無駄に使う方が利益になるというのは事実でしょう。

しかし、金融業者にとって利益が大きくても、私たちの負担が増えていると、いつかはそのツケを払う事になります。

だから金融業者というのは、融資の無駄遣いをまず推奨しませんし、あくまで『ご利用は計画的に』の精神を大事にしています。

気になるなら、プロミスに一度相談してみましょう。無駄に多くお金を借りたいと言ったら、確実に見直す事を勧められるでしょう。

金融業者ですら節約をお勧めするのですから、小口融資というのは相手の為にも、そして自分の為でもあるというのは身に染みて分かるでしょうね。

千円単位で無い場合も?プロミス以外を使うなら注意したい事

プロミスはATMに依らず千円単位で借りられるほど小口融資が得意なのですが、全ての消費者金融がそうであるとは限りません。

消費者金融によっては一万円単位でしか借入出来ない所もあれば、ATMによっては一万円単位しか対応できない場合もあります。

一万円単位でも十分使いやすいのですが、前述した小口融資ならではの節約をしたいという場合、この制限というのは若干面倒です。

一万円単位でしかお金を借りられない場合、多少面倒でも先に借りすぎた分だけ返しておくと、無駄無く融資を受ける事ができます。

例えば5000円で十分なのに10000円が最小借入額の場合、その場で5000円だけ返済しておくと、翌日以降の利息発生分が抑えられます。

どうせなら5000円も何かに使った方が…と考えてしまいやすいのですが、それはぐっと我慢すべきです。

自分の5000円で何かを買っても利息は不要ですが、金融業者のお金で買うと利息分だけ多めに支払う事になりますからね。

カードローンは便利なのですが、自分のお金ではない事、そして使いすぎるほど余分な支払が増えてしまう事は良く考えましょう。

プロミス以外ならどこ?千円単位で融資する業者をチェック!

最後に、プロミス以外で千円単位で貸し出してくれる、優秀な金融業者を紹介します。

表にまとめておきますので、気に入った所があれば是非チェックしてみましょう。

尚、複数の融資プランがある会社の場合、最も使いやすいカードローンで千円単位の融資が可能な物を記載しています。

業者名 限度額 金利 備考
アイフル 最大500万円 4.5?18.0% 専用ATM以外は一万円単位の融資
アコム 最大500万円 4.7?18.0% 一部のコンビニATMでは一万円単位の融資
モビット 最大500万円 4.8?18.0% コンビニATMでは一万円単位の融資

こうして見ると、金利と限度額に関してはどこもプロミスと同等であり、どこを選んでも基本条件では差異は感じないかもしれません。

しかしながら、千円単位での融資を受ける時、プロミスは対応ATM全てにて可能なのに対し、他社は若干の制限があります。

真の意味で小口融資が得意な金融業者となると、やはりプロミスに軍配が上がるというのが正直な感想ですね。

可能な限り無駄無く、どこでも確実に節約したいというのなら、是非ともプロミスを検討されてみて下さいね。

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS