> > 焦りは禁物!プロミスの増額ではどうして期間が空くの?

焦りは禁物!プロミスの増額ではどうして期間が空くの?

プロミスのカードローンは持っているだけで便利と言えますが、やはり出来るだけ限度額については多い方が好ましいですね。

例えば50万の限度額しか無いのに70万の入り用が出来てしまえば、その限度額だけでは足りずに増額もしないといけません。

こうした背景から、増額するならすぐに増やしてもらいたい…そう希望する人が多いですが、それは上手くいきません。

カードローンを増額したいのなら、長い目で見ていく事も必要になりますので、プロミスの増額に一定期間必要な理由を知っておきましょう。

増額には手続きが必要?どうすれば限度額を増やせるのか

プロミスで増額を行う場合、基本的に手続きが必要となります。放っておいても増額が成功する事はまずありません。

そこで、プロミスで増額を申請、実際に借入額が増えるまでをざっくりとまとめました。

プロミスに増額したい旨をサイト若しくは電話から伝える

プロミスはその連絡を受けて増額ができるかどうかをチェック

増額が可能ならば、その旨をこちらに連絡してくる

増額が完了すれば、最短でその日に限度額が増加する

融資関連の手続きというと昔は銀行に言って窓口であれこれ相談して…という印象がありましたが、今ではそれも大きく変化しています。

まず、インターネットがあれば外に出る事も無く、それこそ直接話す事も無く増額が終わる事があります。

さらに連絡手段及び増額手続きの効率化により、早ければその日にもカードローンの限度額がもっと増える事になります。

こうした事実から、プロミスの増額手続きというのは簡単で、その日にでも終わるくらい早いという事が分かりますね。

もちろん例外があれば増額が遅れる事もありますので、早く増やしたいなら以下の点に注意して手続きを開始しましょう。

  • 増額に必要な書類は要求されていないか?
  • プロミスの営業時間内であるか?
  • 審査内容に変更点がある場合は先に伝えているか?

増額にも審査は必須!どうすれば通過できるの?

プロミスの増額申請を開始したら、その基準に従って審査があります。増額申請すれば必ず増える…という事はまずあり得ません。

カードローンの増額を行う場合、最初の審査にて限度と設定された限度額を増やすので、再度見直しが必要になります。基本としては、最初の申し込みの審査とほぼ同等の基準となります。

最初の審査では希望限度額を記入して申し込みを行いますが、人によってはその限度額よりも少なくなったりする事があります。

その理由は「この人は30万円希望しているけど、審査基準と比較すると20万くらいの返済能力しかないから」というものです。

つまり、初回審査において20万円しか貸せないと判断しているのに、「50万円貸して!」と言うだけで増やすわけにはいきません。

50万円借りたいのなら、それを前提に審査を再度行い、それに通過できるようなら増額が成功するわけです。

では、最初の審査にも通じる増額審査基準について少し確認しておきましょう。

  • 年収
  • 職業
  • これまでの融資利用状況
  • 発行したカードローンの利用実績

年収と職業については、特に変更点がない場合は同様の審査結果になりますので、最初の課題は融資の利用状況です。
(⇒プロミスを利用できる職業とは?

利用状況と言っても簡単な事で、単純に『返済に遅れたり債権整理をしていないか』を見ていると思えば良いです。

今使っているプロミス自体のカードローンでもそうですが、他に組んだローンなどで延滞したりすれば論外です。

返済に遅れる人は、今の限度額でも返済が追いつかないと判断されますから、増額されない理由としては至極当然です。

カードローンの利用実績については利用状況と似ていますが、こちらは『実際にプロミスにとって上客かどうか』という感じになります。

増額において非常に大事な要素なので、この点については後半にて詳しく説明いたします。

増額審査は単純では無い?収入だけ増えても駄目なのか

どんな融資の審査であっても、返済に先立つものとして収入の数値は非常に重要視されます。

なのでもしも収入が増えたという場合、その旨をプロミスに報告しておくと、後々まで増額審査を受ける場合は影響するでしょう。

大体年一回の源泉徴収票などを見て報告すれば良いですが、仮に劇的に収入が増加した場合、それは増額審査に影響するのでしょうか?

例え話ですが、カードローンを作ってわずか3ヶ月程度で、個人事業主として独立、大きな成功を収めて年収が激増する可能性はあります。

そうした場合、収入が大きく増えた事を伝えて増額を希望すると、一見して増額の成功は約束されていそうに思えます。

ですが、実は短期間に収入が激増したとしても、プロミスは増額を認めてくれるとは限りません。

確かに収入は少ないよりも多い方が良いですし、似たような状況で実際に増額してもらえた例外が無いとは言いません。

しかし、増額というのは年収を見ているだけでなく、先に説明した基準通り、職業内容や今までの融資利用状況を見ています。

特に職業については重要で、以下のような関係があります。

☆増額に有利な職業
・公務員
・大企業の正社員

☆増額に不利な職業
・パートやアルバイトなどの非正規雇用
・個人法人問わず実績が少ない事業主
・水商売など所謂夜の仕事

例として挙げた個人事業主の場合は、会社員などに比較して収入の安定感に欠けると判断されて、収入に比較して審査は厳しいです。

さらに、今回のケースで言えば、『カードローンを作って3ヶ月目』というところにも問題があるのです。

増額は半年必要?増額に期間が必要な最大の理由とは

融資の増額は早めに行う方が遅いよりも良いですし、何より急に限度額以上のお金が必要になった時、遅くては困りますよね?

プロミスは最短でその日に増額もできるとはお伝えしましたが、それは『増額する為のお膳立てが整っていればすぐに増やせる』という事です。

プロミス以外の金融業者では大抵そうなのですが、増額するには前回申し込みから半年ほど空いている必要があるのです。

これこそが前述した例の『3ヶ月しか使っていないと増額は無理』とされる理由であり、プロミスでの増額に期間が欲しい理由です。

何故半年なのかと言うと、増額に申し込んだという記録が残るのが半年間だとされているからです。

融資の初回の申し込みでもそうですが、増額を希望すると信用情報機関などにも情報が記録され、金融業者は審査する場合のみチェックできます。

信用情報機関には種類があり、プロミスの場合は消費者金融向けの情報を保管している場所をチェックしています。

☆全国銀行個人信用情報センター
→銀行系の信用情報機関

☆株式会社シー・アイ・シー
→信販会社の信用情報機関

☆株式会社日本信用情報機構
→銀行・消費者金融系・信販会社系の信用情報機関

そこに前回申し込みの記録が残っていれば、原則として審査には落ちると思った方が良いでしょう。

補足としては『信用情報機関の情報次第で審査に落とすという決まりは無い』という事であり、仮に半年以内に申し込みがあっても、審査に通す事はあります。

しかし、それは本当に稀なケースなので、期待して申し込むにはリスクが高すぎるのです。

実績も時間が作り上げるからこそ増額に時間が必須?

最低でも半年、これは増額を希望する上で本当の最低ラインなのですが、逆説的に言えば『時間をかけているほど増額しやすくなる』と言えなくもありません。

実際のところ、増額審査において特に大切とされる信頼実績についても、時間が無ければ積み重ねる事はできません。

プロミスでの信頼実績とは何か、分かりやすく箇条書きにてまとめてみましょう。

  • カードローンをきちんと利用している
  • 利用をしても返済に遅れていない
  • 返済を可能な限り早く済ませる

カードローンの利用をしているのは当たり前ですし、それに加えて返済に遅れないというのも当たり前の事ですね。

しかし、プロミスにとっても一度も遅れずに返済しているという事は、疑いようもない実績の一つとして残ります。

実際、返済日にしょっちゅう遅れる人なら利用停止になりますが、返済日にうっかりミスで一日程度遅れる人は意外といます。

そんな中、一度も遅れない人は金銭管理をしっかりしていて、借金というどことなく良いイメージが無いサービスを活用出来る現代人として認められるわけです。

また、金利の事を考えると返済を長引かせる方がプロミスにとっては利益になります。

ですが、毎月の返済に加えて任意返済(カードローンならATMから随時行えます)を組み合わせて返せる人は、評価が高いです。

返済に遅れるのがマイナスだとしたら、返済を長引かせる人よりも返済に遅れない為にも早く返す人の方が、プロミスにとっては低リスクで利益に繋がります。

なので、急にお金に余裕ができて一括返済したという人の元には、プロミスの方から限度額の便宜について連絡してくる事もあるのです。

持ってるだけでは駄目!?カードローンは使わないと増えません

すでにここまでお読みになった方にとっては当然かもしれませんが、カードローンの増額をするにあたっての基礎をもう一つ説明しておきます。

カードローンというのはそもそも『必要ない時は使わず、急に何か入り用が発生した時だけ借りる』という使い方に向いています。

言わば自分の財布の予備的な立ち位置なので、基本は使わずに節約という思想は非常に大事で正鵠を射ております。

ですが、金融業者はカードローンを一切使っていない人に対して増額というのは、原則行いません。

先にも挙げた『カードローンをきちんと利用している』という点が当たり前すぎて、実はこの点について盲点だったと言う人は多いです。

「カードローンを無駄遣いせずに持っておくのも有効活用では?」という意見も分からないでもありません。

ですが、使ってくれない限りはプロミスの利益にはならないし、あまりにも長期間利用していない場合は連絡がいく事もあります。

連絡が来たからと言って強制される事は絶対にあり得ませんが、増額を将来的に目指しているのなら「ちょっと懐が心細いかも…」というくらいでたまに使うのも良いでしょう。

それに、ちょっとだけ借りて翌月に返済すれば、金利負担は微々たるものであり実績もちょっととは言え積み重ねができます。

例:金利18%で5万円借りて30日で完済した場合の利息
5万円×18.0%÷365日×30日=740円(小数点切り上げ)

千円以下の負担で財布に余裕を持たせ、さらには増額への実績積み重ねにもなると考えると、将来への投資としては十分有効ですね。

増額の例外?半年以内にカードローンで増額出来た実例

では、ここからは少しだけ『カードローン増額の例外』についてお話していきましょう。

増額というのは半年間は無難に利用しつつ待たないと増やす事は難しいと書きましたが、この増額の絶対と思えるルールに例外が潜みます。

例えばプロミスの方から「増額しませんか?」という声がけがあった場合、半年以内でも増やせたというケースがあります。

先ほどもお話しましたが、半年以内に作ったカードローンについては記録が残っていますが、それを参照しても増額するかどうかは金融業者側の裁量です。

極端な例で言えば自己破産したブラックな人であっても、融資や増額を金融業者が決断すれば可能となります。

もちろんそんな極端な例はほぼ無いし、プロミスとしても半年以内に増やしませんかと聞いてくるケースは少ないです。

ただ、カードローンの契約というのはなかなか柔軟な面もあり「まずはこれだけ貸しますから、ご希望の額はこれを完済出来たら検討します」みたいな契約になる事もあります。

これは住宅ローンみたいな慎重審査が求められる融資でも良くある事で、何か別のローンがある状態で審査を受けると、そのローン完済を契約の条件にする事があるのです。

従って、プロミスにおいても増額に例外があり、プロミス側が例外さえ認めればいつ限度額は増えてもおかしくないのです。

この点を踏まえていれば、ちょっと分の悪そうな増額希望であっても、交渉程度なら行う事ができ、後の増額の布石にできたりする場合があります。

急がない時は特に有効?増額の相手待ちは確実性が高い

この例外を踏まえると、増額についても新たなコツの一つが手に入ると言えます。

それは『もしも増額したいけど急ぎではないのなら、相手側からの連絡を待つ』というものです。

カードローンの増額希望者は多くとも、みんながすぐに欲しいというわけではありません。

  • 何年か後に長期の海外旅行を計画している
  • 今は独身だけど恋人と結婚する時までには増やしておきたい
  • 低金利にはしたいけど限度額は事足りている

カードローンを持っていてこのように考えているのなら、増額は急ぎではありませんので、一年以上の計画性を持って増やす事もできます。

それなら、必要に応じてカードローンを使うように意識しつつ、遅れない事、そして早く完済する事を考えながら利用していけば、プロミスから声かけがあるかもしれません。

当然ながら、自分から増額を希望するよりも、プロミスから申し出てきた方が増やしやすいのは自明の理というものです。

これは急ぎで増額したくない人だけの選択肢となりますが、より確実に、ゆっくりと増やすのなら是非とも意識しておいて下さい。

増額に焦りは不要!実績も期間も自然に満たしていくべし

プロミスでも無駄無く増額していくのなら、以下のようにまとめる事ができます。

  • 増額するなら最低半年は待つ
  • カードローンは利用していないと増やせない
  • 増額審査で一番大事なのは実績
  • 急がないなら増額の誘い待ちもアリ

どの要素についても時間が必要となり、ある程度の期間は待つ事が増額に繋がるのが分かりますよね?

早く増やしたいという状況になった場合はそんな悠長な事は言ってられませんが、そんな時に備えて預金なども併せて管理するのも、将来までカードローンを活用するコツの一つです。

それでもどうにもならない場合、フリーローンを使って別の金融業者から借入れるのも視野に入れましょう。

フリーローンの場合、カードローンと違って何度も利用する事ができない借りきりのローンとなっています。

プロミスのカードローンだけでは足りない場合、足りない分だけフリーローンで借りるようにしておけば、完済後は特に解約なども不要です。

そして完済すればプロミスをまたメインに使っていき、チャンスが訪れたら増額…このような具合で増やしていくと良いでしょう。

その他にも、クレジットカードを持っているならそちらのキャッシング枠を使う等、増額したくても出来ない場合の対処法はいくつかあります。

増額するなら期間をしっかり置き、増額したくでも時間がないのなら、その時の対策法を用意しておくと焦らずに済むでしょう。

どうしても増額出来ないケースに関わる総量規制とは?

最後に、どんなに期間を空けても増額出来ないケースである、総量規制について説明しておきます。

総量規制という決まりについては、以下のようになります。

総量規制とは貸金業者に課せられた法律で、カードローンなどの個人向け融資をする場合は年収の三分の一までしか貸せない事を意味します。

例えば一年間しっかりとお金を借りて、一度も遅れずに完済したとしましょう。これは実績としてはなかなかです。

しかしながら、すでにこの総量規制いっぱいの限度額を設定されている場合、どれくらい実績があっても融資は不可能です。

この状況を打破するには、以下の方法しかありません。

  • 収入が増えた事を報告する
  • 総量規制対象外の融資に乗り換える

一番良いのは、年収が増えているという事を報告する事です。年収の変化というのは、さすがのプロミスでもリアルタイム把握はできません。

年収が増えたという事実は報告しない限り、金融業者側が把握している情報とはなりません。

年に一回は昇給しているようならば、面倒でも毎年一回は報告しましょう。尚、増えた事を証明するには書類も必要になります。

そしてもう一つの方法は、総量規制の対象外のカードローンに乗り換えるというものです。

プロミスは消費者金融で貸金業者なので総量規制がありますが、銀行系のカードローンなら総量規制は存在しません。

なのでプロミスで設定された上限以上に借りられる可能性はありますが、銀行の審査は基本的に厳しく、プロミス以上に借りるのも楽ではありません。

そうなると、やはり理想としては年収が増えたなら報告して、順当にプロミスにて増額してもらう事です。

年収と一緒にカードローンの限度額も一緒に上げていく、そんな意識を持つとモチベーションに繋がりますね。

【参考ページはこちら】
プロミスで借りるなら増額は必要?

新着記事
TOPICS