> > プロミスは仕事してなくても借りれる?無職で借りる方法

プロミスは仕事してなくても借りれる?無職で借りる方法

お金が必要な時ってありますよね。

「仕事が見つからなくてお金が必要」「会社を辞めてしまって生活費が足りない」

いろんな立場の人がいますが、上記の理由であれば無職の人の方がお金を借りたいという気持ちが高まりそうですね。

そこでプロミスでは仕事してなくてもお金を借りれる?

無職でも借りる方法はある?

ここではプロミスなら仕事してなくてもお金を借りれるのか考えていきますね。

既に無職でお金に困っている人、無職になる予定の人、参考にしてください。

仕事していない人ってどんな人のこと?

仕事していない人と一言にいってもいろんな立場の人がいますよね。

  • 就職活動中で失業給付を受けている
  • 年金生活
  • 専業主婦
  • 収入が全くない無職

ここに例をあげただけでも様々な立場の人がいます。

プロミスで借りれる可能性がある人はいるのか利用条件と照らし合わせながら確認していきましょう。

プロミスでは安定した収入があれば借りれる!

プロミスの利用条件は以下のようになっています。

  • 20歳以上69歳以下
  • 本人に安定した収入がある
  • 主婦や学生でも本人に安定した収入があれば申込みOK

この利用条件に当てはまるのはどういう立場の人でしょうか?

失業給付を受けている場合は安定した収入になる?

会社を辞める時に雇用保険に入っている場合では失業給付を受け取ることができます。

もちろん失業給付を受け取るには条件があるので、条件を満たした人だけに限られています。

受け取れる金額も働いていた時の収入によって違いますし、勤続年数や年齢も関わってきます。

そして失業給付を受け取れる期間も決まっているので「失業中はずっと受け取れる」というものでもありません。

  • 在職中に雇用保険に入っていたら失業給付を受取れる可能性あり
  • 失業給付は在職中の給料・勤続年数・年齢によって金額が異なる
  • 失業給付が受け取れるのは期間限定

そのため安定した収入と見なす金融機関は少数ですね。

プロミスでもやはり安定した収入とは見なさないので、就職活動中で失業給付を受けている場合では審査に通る可能性は低いです。

年金は安定した収入?プロミスの判断は?

年金は年額の支給額が決まっていて安定した収入と言えますね。安定した収入と聞けばお金を借りれる気がしますよね。

けれど、年金は安定した収入と見なす金融機関と見なさない金融機関があるのです。

実はプロミスでは年金収入だけでの申し込みは審査に通る可能性は低くなっています。

年金収入に加えて短時間でもアルバイトやパートなどで収入があれば審査に通る可能性が高くなりますよ。

プロミスの判断 審査に通る可能性
年金収入だけ 低い
年金収入+アルバイト収入 高い

この事からプロミスは働いてい収入を得ているかどうかに焦点を当てていることが分かりますね。

安定した収入がない専業主婦がプロミスで借りれる可能性は?

主婦には専業主婦とパートなどで収入のある兼業主婦がありますね。

兼業主婦の場合はパートで本人に収入があるので借りれる可能性はありますよね。

けれど専業主婦の場合は収入がありません。

主婦 収入
兼業主婦 あり
専業主婦 なし

プロミスでは申込む本人に安定した収入があることを利用条件にしています。

そのため専業主婦がプロミスで借りれる可能性は非常に低いです。

プロミスに限らず総量規制が適用となっている消費者金融ではほとんどの金融機関で借入れはできません。

総量規制では本人の年収の1/3まで借入れ可能

専業主婦の年収は0円

つまり融資可能額は0円

ただし、専業主婦の場合では総量規制の例外があるのです。

このことについては後で詳しく述べますね。

収入が全くない無職ではプロミスでは借りれない?

さて仕事をしていない立場の人を見てきましたが、収入が全くない無職となるとプロミスで審査に通る可能性は低いですね。

先にも言いましたが、プロミスの利用条件は「安定した収入のある方」となります。

収入が全くない無職ではこの条件を満たしませんね。

無職で借りる方法はある?プロミスでは安定した収入が必要な理由

プロミスでは無職や失業中の方だと審査に通る可能性は低いです。

これはプロミスに限らず、ほとんどの金融機関では言えるコトですね。

ではなぜ無職や失業中の方だと審査に通らないのか?

理由はカンタンです。お金を返済できない可能性が高いからです。

プロミス 無職・失業中
審査 否決
理由 返済できない可能性が高い
プロミスはお金を貸して利息を受け取ることで利益を上げています。

そのため貸したお金+利息をキチンと払ってくれる人にしかお金を貸せません。

そこで安定した収入がある人が利用条件にあげられるのですね。

では、無職で収入のない人はどうしたら良いのか?

これは仕事を探すしかないですね。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • パート
  • アルバイト
  • 自営業

雇用形態は様々ですね。アルバイトでもパートでも何でも良いのです。

とにかく働いて毎月収入を得ることが大切なのです。

安定した収入があることが条件なので働いてすぐではお金を借りれる可能性は低いです。

少なくとも半年以上の収入が証明できると審査に通ることは難しくないでしょう。

ただし、自営業の場合は営業年数が半年では審査に通る可能性は低くなりますよ。

専業主婦なら仕事してなくても借りれる?総量規制の例外とは

これまでに以下のことを説明しましたね。

  • 専業主婦がプロミスで借りれる可能性は低い
  • 総量規制で年収0円→融資可能額0円
  • 専業主婦には総量規制の例外がある

ここでは総量規制の例外について触れておきますね。

総量規制には「配偶者貸付」という制度があります。

これは専業主婦の場合は配偶者の同意があれば配偶者の年収の1/3まで借入れすることができるというモノです。

そのため「専業主婦だから借入れできない」ということは無いのです。

専業主婦なら配偶者貸付で借入れができる!

「仕事してなくても配偶者貸付があるからプロミスが利用できる!」と思った専業主婦の方ゴメンナサイ。

実はプロミスでは配偶者貸付を行っていないのです。

そうなんです。この制度を利用できるかどうかは消費者金融がこの制度を取り扱っているかが重要なのです。

大手消費者金融では配偶者貸付制度を利用できるところはありません。

この制度を利用できるのは中堅・中小の消費者金融となります。

銀行カードローンなら専業主婦でもOK!

配偶者貸付が難しい場合は銀行カードローンもあります。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので専業主婦でも申込み可能となっていますよ。

思い切ってパートを始めてみると借りやすい!

専業主婦の場合では思い切ってパートを始めてみるのも一つの手ですよ。

そうすると兼業主婦になるのでプロミスでも借りることができます。

プロミスでは働いてい収入を得ていることが第一条件となっています。

「プロミスは仕事してなくても借りれる?」と聞かれると「残念ながら難しいです」としか答えようがないのです。

【参考ページはこちら】
プロミスで確実に借りられるのはどういう人?

新着記事
TOPICS