> > 秘密厳守!プロミスの郵便物は社名なしで安心

秘密厳守!プロミスの郵便物は社名なしで安心

どうしてもお金が必要で借りなければならないコトってありますよね。

そんな時でもお金を借りることはできれば周りの人には知られたくないものですよね。

周囲にバレる原因としては郵便物や来店するところを見られるなどがあります。

もし、家族に内緒で借りようと思っているなら郵便物に注意する必要がありますね。

プロミスの郵便物はどのタイミングで、どんな差出人で届くのか。

不安をなくす為にもしっかり把握しておきましょう。

ここではプロミスの郵便物はどのタイミングで差出人は誰なのか見ていきますよ。

郵便物には差出人が不可欠!プロミスの差出人は誰?

プロミスなどの消費者金融では郵便物には社名を書かないことを聞いたことがありませんか。

そうなんです!プロミスも例外なく郵便物の封筒には社名を書きません。

けれど差出人の欄はどうなるのでしょうか?

情報を集めてみると以下のパターンがありましたよ。

  • 事務センター
  • 担当者の個人名
  • 白紙

消費者金融では「事務センター」が王道!

アコムなどの消費者金融では郵便物を送る時には差出人に「○○事務センター」という名称を使うところが多いです。
(⇒プロミスと他社カードローンの比較

情報を集めるとプロミスも該当していました。

プロミスと言う社名は書かず「事務センター」で届くので安心ですね。

担当者の個人名で届くので違和感なし!

他の情報を見ると「担当者の個人名」というのもありました。

差出人が担当者の個人名なので受取った人は知人からの郵便物だと思いますよね。

これなら疑われる心配もありません。

プロミスなら差出人は白紙で届く!

また、セロファンの窓のある真っ白な封筒に差出人は書かれず白紙で届くという情報もありました。

受取った人は差出人が書いてないと誰からなのか不思議に思いますが、プロミスからだとバレることはないですね。

誰からか聞かれた時に上手く答える必要はありますが、プロミスだと言わなければバレません。

いずれの情報にもプロミスからの郵便物には社名が書かれていないことは一致していますので安心できますね。

続いて、どのタイミングで郵便物が送られてくるのか見ていきましょう。

プロミスから郵便物が送られてくるのはどんな時?

プロミスから郵便物が届くのは以下の時になります。

  • 契約時
  • 提携ATM利用
  • 返済の遅延
  • 振込みキャッシング

さっそく詳しく見ていきましょう。

プロミスなら契約時に郵便物がある?

プロミスでは契約方法は以下の3種類となっています。

  • WEB契約
  • 来店契約
  • 郵送契約

この中でWEB契約と郵送契約の場合は郵便物が届くことになります。

この場合の郵便物は契約書類とカードになります。

郵便物が届くのを避けたいなら自動契約機やお客様サービスプラザなどへ来店して契約すると良いですね。

その場で契約するので契約書類やカードもその場で受け取れます。

プロミスの郵便物に社名が入っているのか不安になるよりは、郵便物そのものを無くした方が安心ですね。

提携ATMを利用すると郵便物が届く?

2010年に貸金業法の改正が行われましたね。その時に返済について詳細に記載した利用明細を渡すことが義務付けられました。

しかし提携ATMでは以下の情報が入っていません。

  • 元金充当額
  • 利息充当額
  • 取引後残高
  • 基本契約日
  • 最終変更契約日
  • 最終貸付日
  • 最終貸付後残高…等

上記の情報が入っている提携ATMでは利用明細書の郵便物がありません。

けれど、上記の情報が入っていないATMでは法律に基づいて利用明細書が郵送されることになっているのです。

それでは提携ATMは利用しない方が良いのか悩みますよね。

しかしプロミスでは利用明細書の郵送は避けることが可能になっています。

その方法はWEB明細になります。

このWEB明細については後で詳しく述べるので、ここでは郵便物が送られるタイミングの続きに戻りますね。

返済の遅延があるとすぐに郵便物が来る?

返済の遅延の場合の郵便物と言えば督促状ですね。

督促状はすぐに届くわけではありません。

督促状が届く原因は以下にあります。

  • 電話をしてもつながらない
  • 着信拒否
  • 電話に出ない

この場合は返済の意志を見せることで督促状の郵送を避けることができますよ。

ポイントはプロミスから電話がかかってくる前にプロミスに連絡しておくことです。

便利な振込みキャッシングは利用すると郵便物が届く?

振込みキャッシングはインターネットで借入れの手続きができるので来店する必要がなく便利ですよね。

それなのに振込みキャッシングを利用すると郵便物が届くとなると利用を躊躇したくなります。

この時に届く郵便物は利用明細書になります。

つまり、この場合もWEB明細を利用することで郵便物を避けることができるのです。

WEB明細を利用すると郵便物が届く確率が少なくなる!

プロミスでは社名なしの郵便物が届くので取りあえずは安心できるのですが、そもそも郵便物は届かない方が安心ですよね。

そこで郵便物を少なくする方法を利用すると良いのです。

プロミスでは利用明細書を郵送せずに会員ページへログインするとネット上で見ることができるサービスがあるのです。

それがWEB明細になります。

プロミス会員サービスにログイン

各種設定変更

利用明細を電子交付サービスに変更

これで利用明細書の郵送がなくなり、ネット上で利用明細を確認することになります。

他にもWEB明細ならホームページ上で取引履歴を確認できるので利用明細書が貯まって管理が大変ということがありません。

必要な時に必要な分だけ印刷すると良いので、すぐに欲しい情報を見ることができますね。

それでも手続きが面倒だという人は以下のATMを利用する場合では必要事項が書かれているため利用明細の郵送はありません。

  • プロミスATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM

郵便物を減らすために上記のATMを意識して利用するという方法もありますね。

お客様が書類の送付を希望した時でも封筒に社名なしで安心!

プロミスでは郵便物が届くのは以下の4種類だと紹介しましたね。

  • 契約時
  • 提携ATM利用
  • 返済の遅延
  • 振込みキャッシング

けれど、いずれの場合も郵便物を避けることができる事も紹介しました。

郵便物が届くパターン 郵便物を避ける方法
契約時 来店契約
提携ATM利用 WEB明細
返済の遅延 プロミスと連絡を取る
振込みキャッシング WEB明細

それでも郵便物を避けることができない時もありますよね。

それは利用者に書類が必要な時です。

利用者からプロミスに申請があって書類が必要な場合はプロミスが書類を送付することになります。

その場合でもプロミスでは社名なしの封筒で書類を郵送することになっています。

そのため万一内緒にしている家族の人が郵便物を受け取っても安心ですね。

【参考ページはこちら】
初心者でも安心!1から分かるプロミス借入方法

新着記事
TOPICS