> > 条件を満たしているか?プロミスからお金を借りるには

条件を満たしているか?プロミスからお金を借りるには

金融機関でお金を借りる必要があるとき、まず何を気にするでしょうか。それは金利だという人も多いと思いますが、それは借り入れできるという前提の話です。もう少し前に気にしなければならないことも有るのは理解しているでしょうか。

例えば、ローンの前提になるのは審査に通ると言う事です。審査で気にしなければならないのは返済能力と信用能力ですが、自分の返済能力やかつての様々な支払い状況などを気にしたことがありますか。しかし気にしなければならないのはこれだけではありません。

ローンは申込みに条件が有り満たさなければ借入できない

実はプロミスに限った話ではなく、どのようなローンの申し込みでももっと基本的な話で気にする必要があることがあります。これを無視しているとローンの申込自体が難しくなり、プロミスの利用を門前払いされてしまう事も有るのです。

金融機関で提供されるローンは例えば最も借りやすいカードローンでも、最も審査が厳しくなる住宅ローンでも、誰もが申し込めると言う訳ではないのです。安易に申し込んでもあなたの相手はできませんと言われてしまうかもしれません。

ローンには申込条件が有る

では試しにプロミスの申込みについての詳細を確認してみてください。もし時間があるのであれば、別のところの申込条件も調べてみましょう。その中には必ず申込条件と言う項目があります。そこをよく読んでみましょう。

申込むための条件と言う事ですから、これ等の条件を満たさなければプロミスからお金を借りることはできません。つまりこの条件を満たさない人は満たせるようになるまではプロミスとしてお付き合いすることは出来ないと言う事になるのです。

それを知らん顔をして無理に申込んだとしても申込書や申込情報を送ることはできるでしょうが、審査では真っ先に落とされてしまう事になります。プロミスからお金を借りるための最低限の条件と言う事なのです。疎かに考えてはいけません。

金融機関毎に申込条件は異なっている

プロミス以外の金融機関の申込条件を確認した人にはわかると思いますが、この申込条件と言うものは各社各ローンで微妙な違いがあり、統一されているわけではありません。各社の考え方次第でお金を貸す相手の範囲が少しづつ違うと言う事です。

申込条件が違うと言う事はどういうことかと言えば、例えば他社のローンの申込みを断られたとしても、プロミスでは申込める可能性があるかもしれないと言う事です。もちろんこの反対の場合もあるでしょう。要は諦める必要は無いと言う事です。

ローンを申込むのであれば自分の条件に合うローンを探せばよいのです。もちろん条件によっては、各社とも同じような事を言っている場合もあるので、難しいことも有ります。お金を借りると言う事はそう簡単ではないのです。

カードローンの申込条件もそれぞれ異なっている

一般的なローンということで話を進めてきましたが、もちろんプロミスの場合はカードローンと言う事になります。プロミスは一般には審査はそれほど厳しくはなく借りやすいと言われ人気が高いですが、申込条件を満たさなければはじまりません。

したがって申込みの前には必ず申込み条件を確認しておく必要があります。もし条件を満たしていなければいくら人気が高いと言っても自分には利用できないということになります。その時は早めにプロミスの利用は諦めましょう。

その後とれる対応としては、まず1つ目は別のカードローンで自分が条件を満たすものを探すと言う事、2つ目はプロミスの申し込みができるように自分が申込条件を満たせるようになることです。どちらにするかは自分で決めてください。

同じ金融機関の中でも申込条件は違っている

申込条件と言うのは先ほども言いましたが各社各ローンで違います。この各ローンと言えばカードローンや住宅ローンのような様々なローンと言う意味もありますが、カードローンが複数ある場合にはそれぞれ違うという意味も含んでいます。

実は金融機関の中にはカードローンを1つではなく複数持っている場合があります。例えば地方銀行の中には5つも6つも持っている所もあります。これ等はそれぞれ申込条件が違うために、調べる場合にはすべて調べてみてください。

同じ金融機関の或るカードローンの申込み条件が合わないからと言って、別のカードローンも同じだろうと考えるのは早計で、或るカードローンの申込条件が厳しければ、別のものはそれを補完するように緩い条件の場合もあって、かえって狙い目のことも有ります。

プロミスのカードローンも2種類有る

そこでもう一度プロミスを確認してみましょう。実はプロミスにも2種類のカードローンが有るのです。たぶんホームページなどでざっと見ただけだと思いますから気が付かなかったと思いますが、実は一種類だけではないのです。

もちろんこの場合にも申込条件は異なっており、通常大勢の人が借入する一般向けのもので申込条件を満たさない場合であっても、もう一つの方のカードローンでは申込条件を満たしている可能性も有るのです。もう一度プロミスを調べてみてください。

プロミスを利用しようという場合、通常は一般向けを選びますし、多くの情報は一般向けを念頭に書かれているのですが、それが使えなくてももう一つの方は利用できる可能性もあるので、よく調べて自分に合ったものを選ぶようにしてください。

ローンの申込前には必ず申込条件の確認をしておこう

このようにカードローンやその他のローンを申込む場合にはまず気にしなければならないのは利用するときのことよりもそもそも自分が申し込めるのかと言う事になります。内容的にどれほどすぐれていても申込めないのでは何も始まりません。

ローンを申込もうという場合、やはり目的と言うものがあって、その目的が達成されなければ困るという状況だと思われます。したがって申込条件が合わないからと言って、仕方がないと諦めてはいられないのが普通です。そういう場合は諦めないで探してみましょう。

最も大切なのはローンの申込条件を満たし、さらに自分にとって利用し易いと言う事です。カードローンでいえばプロミスはたいへん借りやすくお勧めですが、それは一般論であって、やはり内容的に自分が条件を満たし使い勝手の要求を満たすのかを確認しましょう。

消費者金融は法的に利用する為の制限が有る

ただし消費者金融の場合この申込条件のほかにも申し込みを制限されてしまうような決まりがあります。しかもプロミスなどの金融機関の思惑など関係なく、あらゆる消費者金融とそのカードローンに当てはめられる制限があるのです。

これは法令による制限です。法令と言うものは罰則が有ろうがなかるが守らなければならないものですから、金融機関側もこれを守らないわけにはいきません。この法令の制限にかかる場合には申込みをしてもお金を借りることはできません。

消費者金融は貸金業法の縛りが有る

消費者金融業界は貸金業とも呼ばれており、この業界を管理するために制定されているのが貸金業法と言うものです。消費者金融の商売と言うのはこの貸金業法を無視してはやっていけません。もちろん申し込みも管理されることになります。

消費者金融と言うのはかつてを振り返るとサラリーマン金融と呼ばれていたもので、ある年齢以上の人はこの名前を聞くだけで拒絶反応を起こす人もいます。要は高金利で厳しい取り立てを行っているようなイメージを連想させるわけです。

サラリーマン金融と言うのはこういった商売のやり方をしていましたから貸金業法と言うのはきわめて管理と言うイメージが強く業者を縛るだけでなく利用者側の乱用を防ぐための条件も厳しく規定されているものです。しかも改正のたびに厳しくなっています。

最も大きなものは総量規制

この貸金業法の既定の中で最も利用者に影響が大きい規定は最近行われた改定によって設けられた総量規制と言う規定です。これによって消費者金融の融資の手足を縛りますし、利用者の方も借り入れがし難くなってしまったのは間違いありません。

具体的に言えば総量規制と言うのは原則として年収の3分の1までしか融資を行ってはいけないというものです。この規定の前はもっと多額の融資を行っていたり収入がなくても資産が有れば融資したりしていたのですがそれができなくなってしまいました。

もちろんそれでは借入できない人も出てくるので、その救済として専業主婦の特例とか50万円以内の場合の特例などは用意されています。しかし思うような借入ができなくなったことは確かでこの規定の影響も作用して消費者金融は経営に行き詰るところも出ました。

月々の収入についての規定はない

プロミスについての詳細を述べる前に法令の規定を知っている必要があるのでここではまず法令での規定について検討していきます。この総量規制は年収に関係した制限と言う事ですから法令的には月収に関係した規定と言うものは存在していません。

したがって月々安定して収入が入ってくるような人でなくても、たとえば法令的には有る時期に年収の大部分を稼ぎ出すというような人であっても融資を受けて良いと言う事になります。

しかし現実的に考えてみると、現在の金融機関のローンというものの返済は殆んどが毎月少しづつ返済するというものです。したがって年収額はあったとしても毎月毎月安定した収入が入って来ないような人の場合、返済しにくい仕掛けになっています。

法的に言えば収入が無くても借り入れはできる

先ほど特例の話をしましたが、この特例がある以上法令的にはたとえ収入がなかったとしても融資を禁じるような内容ではないのです。この特例の規定の範囲で融資を受けることは可能と言う事になります。

実際消費者金融では多かれ少なかれこの特例を利用して少額の融資を行う事で利用者を確保してます。自分は収入が少ないから殆んど借りられないという人も融資を受けるという点では法的にも可能ですから諦める必要はありません。

またこの特例の範囲であれば金額は小さいですから、それほど厳しい審査が行われることも有りません。ただしやはり低収入というリスクがありますから、金利が高いことは覚悟しなければなりません。

金融機関の問題は返済されるかどうか

ここで金融機関の本音を考えておきましょう。金融機関はプロミスも含めて法令を順守することはもちろんですが、それよりも気になるのが貸したお金を返済してもらえるかどうかと言う事です。返済されなければ大赤字と言う事になってしまいます。

返済がされて、尚且つそれに上乗せされる利息が入ってくるかどうかと言う事が最大の問題です。この利息こそが金融機関の商売上の利益と言う事になります。利益が上がらない会社は倒産してしまいますから、利息が入るか入らないかは大問題なのです。

したがって法令的には年収だけの規定でしたが、消費者金融としては月々収入が入ってくるのかどうか、そしてそれによって返済してくれるのかどうか、究極的にはそれによって月々利息を払ってくれるのかどうかを大変問題にするのです。

法令を包む形で各社の申込条件・審査基準が有る

もちろん貸金業法は法令ですからこれを守らないわけにはいきません。法令違反はそれ自体が商売をやっていけなくなる事にもなりかねません。しかしそれだけでは消費者金融も困ることが色々とでてくることは分かったと思います。

そこで法令の規定は規定として守ったうえで、それに加えて消費者金融側の守ってもらわなければ困るという条件を申込条件と言うような形で作っていると言う事になります。内容としては消費者金融それぞれの考え方次第です。

もちろん決められた申込条件は法令を満たしているものでなけれななりません。例えば法令に矛盾するような形で年収の半分までというような規定を設けたとしたら、利用者の方はどっちなの?と言う事になり混乱してしまう事になります。

プロミスを申し込むには年齢制限が有る

ではプロミスの申込条件を見ていきましょう。申込条件の中で最も分かりやすいのは年齢制限でしょう。プロミスは明記されている申込条件は少ないですが、やはり申込できる年齢と言うものは規定され、下限と上限が決まっています。

例えば誰でもわかると思いますがものの理解力はあったとしても小学生に万単位のお金を貸すような人はいないでしょうし、またもうすぐ100歳になろうという人に大きなお金はかしません。これは何故かと言えば返済の見込みがないか、返済が疑われるからです。

申し込みが出来る年齢の制限とは

ます申し込みができる年齢はどの程度が妥当なのかどのように決められているのかを考えておきましょう。法的にはどうかと言う事になりますが、法的には子供であっても融資はできます。ただし契約書は未成年の場合親の同意を得なければなりません。

もう一つ重要になるのが返済していける年齢の解釈です。返済はあくまで収入がある間で、収入と言うのは給与だけなのかそれとも自営業も可能なのか、収入には年金は含まないのかなど、返済のもとになる収入の解釈をどうするのかと言う事です。

この収入の解釈は各社各カードローンによって違います。年金は認めないという場合も有れば、年金も立派な収入だとみなしてくれる場合もあります。この収入の解釈は各社各様ですから申込条件もこの部分で大きく違ってくることになるのです。

プロミス申し込み可能下限年齢は20歳

そこでプロミスの申し込み年齢が実際にはどうなっているのか見ていくことにしましょう。まずは下限の方です。下限の年齢と言うのは先ほど説明したように親の承諾が必要と言う事になるとたいへん面倒ですので、この下限年齢に限っては各社横並びで20歳です。

以前は学生向けの学生ローンと言うようなものの場合18歳以上としているようなところも有ったことはあったのですが、やはり契約の問題で子供が契約してお金を借りた後、親の同意がなかったとして契約が無効になる問う事もありました。

金融機関としては貸した後契約が無効になってしまっては返済もままならないことになって商売上大きな不安があることになります。結局20歳未満に貸すというのは危なくて出来なくなってしまいました。したがって各社横並びと言う事になのです。

プロミス申し込み可能上限年齢は69歳

次に上限です。プロミスのカードローンの一つで最も一般的なフリーキャッシングの場合の上限年齢は69歳になっています。要するに70歳未満と言う事です。つまりフリーキャッシングの場合には年金収入でもよいが70歳以上になると返済が心配と言う事です。

しかし他の多くのカードローンを見ると65歳と言うところが多いので、フリーキャッシングの場合は、これでも高齢者にやさしいカードローンだと考えても間違いではありません。この上限年齢は60歳のところも有れば70歳としているところもあります。

このようにプロミスの69歳と言うのは色々な意見はあってもカードローンの中では上限年齢は比較的高い方ですので、退職後に借入が必要になった場合でも借入できますから、これで助かったという人も少なからずいるのではないかと思われます

自営業者向けの自営者カードローンは65歳まで

プロミスにはこのフリーキャッシングの他にもう一つ自営者カードローンと言うものがあります。こちらの自営者カードローンは残念ながら65歳までしか借入することができません。したがってこちらの場合には年金は収入とは認めていないと言う事になります。

自営者の場合、フリーキャッシングの借り入れも当然可能なのですが、こちらの自営者カードローンのほうが融資上限が低く審査がその分緩くなっているようなので、借りやすくなっています。しかしこの上限年齢にはちょっと疑問を感じます。

自営業者と言うのは退職と言うものはありません。したがって体調さえ崩さなければいつまでも仕事を続けることができます。高齢などあまり関係ないのです。したがって65歳を超えてもお金が必要になることも有るのです。

年齢制限に対する問題点

自営業者だけではなく年齢制限には問題があります。これは高齢化に伴うものです。日本は今では世界トップクラスの高齢社会を迎えています。しかも65歳などはいまや高齢者と言えるかどうかも疑わしくなるほど元気な人がいっぱいです。

このような世の中になってしまっては、比較的上限年齢で頑張っているプロミスではあるのですが、69歳と言うのはいまや足りなくなってしまって来ているのが実情です。今後多くの金融機関がこの問題に直面することになるのではないでしょうか。

要するに今後高齢化がさらに進めば、70歳を超えてもお金が必要になる人は増えていくことになります。こういう人にとってはお金を借りるのは至難の業で、今後社会不安を招くことになることも有るのではないでしょうか。

カードローン業界は年齢制限を見直すべき

はっきり言えば消費者金融業界だけではなく銀行も含めて高齢化社会に対して真正面から取り組んで、ある程度までは上限年齢を引き上げるべきです。社会問題化する前に様々な取り組みが必要なのではないでしょうか。

しかも平均寿命と言うものは毎年毎年伸びていますから、年齢を見直す場合にはこの平均寿命と言うものも考慮して、柔軟に変更していけるような仕掛けを用意しなければすぐにまた同じ問題に直面することになるでしょう。

場合によっては別のカードローンを用意して高齢者向けの条件で融資を行うようなことを考えてみるのも良いでしょう。今後必ず高齢者への対応と言うものが必要になるはずですので、いろいろ選択肢を検討して適切な対応を考えてほしいものです。

最も重要な条件は安定収入が有る事

では次に挙げられる申込条件は何でしょうか。それは収入についてです。金融機関が最も気にするのは先ほども言ったように返済が行われるかどうかです。そのもとになるのが収入と言う事になります。しかも金融機関の好むのは毎月の安定した収入です。

これについては金融機関と利用者の考え方には多少のずれがあります。利用者側は収入さえあればばらつきが有ろうがなかろうが気にすることはないとそれほど考える人もいます。しかし金融機関の考え方はもう少し厳しいものが有るので要注意です。

殆どのカードローンの申し込みには安定収入が必要

プロミスもそうですが大半のカードローンの申込条件に入っているのが安定収入があることという項目です。これがあるために申込めない人は大勢いるのです。例えば収入があったとしても短期アルバイトのように不安定なものでは審査には通りません。

もちろん法的な特例が有りますからその範囲であれば法的には借入できますし、収入の証明も必要がないので、無職であっても職場を偽って申込みをすることはできます。しかし世の中そんなに甘くはりません。虚偽はすぐにばれてしまいます。

カードローンの審査では職場に対して在籍確認と言うものが行われます。勤めていると言っている職場に電話したところが実際に働いていなかったことがばれてしまったら、以後もうその金融機関では借りられなくなってしまうかもしれません。

収入は利用限度額にも影響する

また安定収入と言うハードルをクリアしたとしてもそれによって希望する金額を借り入れできる保証にはなりません。先ほど説明した総量規制があるため、借り入れできる金額の上限は収入で決まってしまいます。希望どうりにはいかないのです。

金融機関は利用者の希望どうりに融資するのではなく、総量規制の範囲内でその利用者に融資する上限である利用限度額を決めます。最初はお付き合いの始まりと言う事もありそれほど大きく期待しても現実は厳しいものです。

このように総量規制がある以上、自分の収入により融資できる金額の上限は決まってしまいますから、それ以上に大きな借り入れと言うものはできません。大きなお金が必要ならまずは収入を増やすことを考えて長期計画で進めましょう。

希望しても審査によって減額される可能性がある

ただし、収入が大きく安定していたとしても、自分の信用状態によっては利用限度額というものは減額されてしまいます。したがってせっかく申込条件を満たしたとしても、審査によっては利用できる金額は大きく下がってくることになります。

ただし、この信用と言うものは金融機関とのお付き合いによって少しづつ変化していくものです。うまくお付き合いすれば最初は満足できる利用限度額ではなくても、後々大きな金額に増額できるようになるかもしれません。

利用限度額と言うのはこのように収入と信用力によって左右されることになります。申込条件を満たしたからといって安心しているといつまでたっても希望する金額の借り入れはできないかもしれません。計画的に収入と信用力を付けていきましょう。

収入を証明する必要がある場合

プロミスでは融資希望額によっては収入を証明する書類の提出を要求しています。これは申込条件とは言いませんが申込みの必要書類と言うことになります。まず50万円以上の融資を希望する場合に収入の証明が必要です。

もう一つは50万円未満であっても他社の借り入れが有って、合計して100万円を超える事になってしまう場合にはやはり収入を証明する必要が出てきます。いずれにしても申込みの時点で慌てないように予め用意しておくようにしてください。

この50万円とか100万円と言うのはプロミスの規定と言うよりも貸金業法のところで説明した総量規制の特例に規定された数字です。したがってこの規定はプロミスというよりも貸金業法による規定と言ってよいでしょう。

収入が有っても安定していない場合には審査に落とされる

では安定収入を満たさない時のことを考えてみましょう。たとえば平均すれば結構大きな月収になったとしても、毎月一定の収入がある人と大きく上下するような収入の人の場合、後者は安定収入とは言えませんのでプロミスの申込みは難しくなります。

アルバイトを考えてみましょう。先ほど短期アルバイトでは無理と言う話をしましたが、これは毎月毎月短期アルバイトを繰り返してもいつも同じように稼げるわけではないからです。したがって安定収入として見做されることはありません。

しかし長期アルバイトは違います。長期アルバイトは収入としては社員などと同じで毎月給料日に収入が入ることになります。もちろんアルバイト時間によっては収入額は上下しますが、プロミス等では安定収入として見てもらえます。

他社には安定収入を前提にしていないカードローンも有る

プロミスなど大部分のカードローンではこの安定収入を申込条件にしています。しかし思い出してください。総量規制に規定されているのは年収だけです。安定収入という規定は特にないのです。このため滅多にありませんが申込条件に安定収入が無い場合が有ります。

狙い目としては地方銀行です。地方銀行には月々の返済をなくしてしまい、随時返済だけのカードローンが有ったり、少額の融資においては安定収入と言う文言を敢えて取り払っている所が存在しています。ただしもう一度言っておきますが滅多にありません。

地方銀行の場合、いろいろと特徴を出している所が多いですから、もし興味が有れば自分の近くにある地方銀行を調べて見ても面白いかもしれません。プロミスもお勧めですが、いろいろと調べることは良いことです。

【参考ページはこちら】
プロミスを利用できる職業とは?

新着記事
TOPICS