> > 不動産担保融資はない!?プロミス取扱いの4つのローン商品とは

不動産担保融資はない!?プロミス取扱いの4つのローン商品とは

多くの人が利用しているプロミスのフリーキャッシングは、担保・保証人なしという手軽さが魅力です。

ただ、担保・保証人なしというスタイルではどうしても少額融資が基本になってしまいますよね。

プロミスが、高額融資を見込める不動産担保融資を取り扱っていれば利用してみたい!そう思う人もいるはずです。

しかし、プロミスは現在不動産担保融資を取り扱っていません。プロミスの4つのローン商品について紹介していきましょう。

プロミスには目的に応じて選べる4つのローンがある!

プロミスのローン商品はフリーキャッシングだけではありません。4つの取り扱い商品があります。

  • フリーキャッシング
  • おまとめローン
  • 自営者カードローン
  • 目的ローン

まずは、それぞれのローン商品の内容を比較してみましょう。

商品名 最高融資額 金利
フリーキャッシング 500万円まで 4.5%~17.8%
おまとめローン 300万円 6.3%~17.8%
自営者カードローン 300万円 6.3%~17.8%
目的ローン 300万円 6.3%~16.5%

最高融資額はフリーキャッシング以外は300万円までで、金利も大きくは変わりません。

フリーキャッシングは最高融資額が500万円までとなっている為、最低金利が他よりも低くなっていますね。

高額融資になればそれだけ信用があるということですから、低金利で利用することが出来るのです。(こちらもご参考に→プロミスでお金を借りたい方におすすめ

では、それぞれのローン商品の特徴をチェックしていきましょう。

フリーキャッシング

フリーキャッシングは、決められた限度額内で自由に借入をすることができるというものです。

20歳以上69歳以下で安定した収入があれば利用可能です。主婦や学生もパートやアルバイトで収入があればOKということですね。

担保も保証人が不要となっていて、運転免許証等の本人確認書類のみで申し込みが出来る手軽さも魅力です。

申し込みは24時間パソコン、ケータイ、スマートフォンから行う事が出来ます。

おまとめローン

複数他社からの借入をしている人におすすめの商品です。

複数の借入を今より低い金利で一本化することが出来れば、返済負担を減らすことが可能となります。

現在の借入先にはプロミスが全額返済し、その総額をプロミスから借入したとして返済していくことになります。

総額で数十万円減らすことも可能ですから、現在複数の借入がある人は一度プロミスに相談してみると良いでしょう。

プロミスのWEBサイトにある返済シミュレーションを使ってみても良いですね。

自営者カードローン

通常、フリーキャッシングでは事業資金目的での利用は出来ません。

しかし、自営者カードローンなら事業資金だけではなくプライベート目的の利用も可能となっているのです。

スピーディーな審査を売りにした商品となっており、最短で申し込み当日からの利用が可能です。

いざという時に、お金が必要になった時に素早く対応してもらえるため、自営者の大きな助けになる商品だと言えます。

ただし、申し込み時間によっては当日中の契約まで終了できない場合がありますから、できるだけ早い時間に申し込むようにしておきたいですね。

目的ローン

目的ローンは生計費目的で利用できる商品で、フリーキャッシングとの違いは融資を受けるのが1度だけという点です。

フリーキャッシングのように、限度額内で何度でも利用できるというものではなく、審査で決められた金額を1度で受け取ります。

あとは返済回数を指定する、もしくは毎月の返済金額を指定して返済していきます。

自分の収支に応じて、無理のない返済計画を立てることが可能です。

プロミスには4つのローン商品がある
それぞれの商品の特徴をチェックして
目的・用途に合った借入を選択しよう

不動産担保融資を取り扱っている消費者金融はない?

以前は消費者金融でも不動産担保融資を取り扱っているところはありました。プロミスもそうです。

しかし、現在消費者金融で不動産担保融資を取り扱っているのはアイフルのみとなっています。

それも個人の利用を対象としたものでは無く、法人もしくは個人事業主を対象とした事業サポートプランのみとなっています。

最高融資額は1億円という高額融資を可能とした商品で、個人事業主であれば最高限度額2,000万円のカードローンタイプの利用も出来ます。

不動産の担保だけでなく保証人も必要となっています。

プロミスには不動産担保融資がありませんが、先ほど紹介したように目的・用途に応じて選べる4つのローン商品があります。

消費者金融は取り扱うローン商品が1つ、2つというところも多い中、4つのローン商品があるというのはプロミスの特徴であると言えます。

消費者金融で不動産担保融資を取り扱っているのはアイフルのみ
現在プロミスに不動産担保融資はなく、4つのローン商品がある

不動産担保融資は総量規制の適用外

不動産担保融資は不動産を担保とするため高額な借入が可能となっています。

不動産価値の7割が相場と言われていますから、所有している不動産の価値が高ければそれだけ高額な借入が出来るというわけです。

でも高額借入になると総量規制に引っかかってしまうのでは!?その心配がありますよね。

大丈夫なんです。不動産担保融資は総量規制の適用外なんです。、

総量規制には適用除外というものがあります。

  • 住宅ローン・自動車ローン
  • 高額医療費目的の貸し付け
  • 不動産担保融資
  • 有価証券担保貸付

これらが総量規制の適用除外となっていますので、年収の3分の1を超える借入も可能となります。

高額融資が必要で、担保になるような不動産を持っているのであれば不動産担保融資が利用できるかもしれませんね。

プロミスのおまとめローンなら高額融資も可能!?

プロミスが取り扱っているローン商品の中で、最も高額な融資が可能な商品はフリーキャッシングの500万円です。

しかし、フリーキャッシングは総量規制の対象となっています。

つまり、この500万円の限度額を設定してもらうためには最低1,500万円の収入が必要となるのです。

プロミスの利用を希望している人の多くは、このハードルをクリアすることが出来ません。

100万円を超える限度額を設定してもらう事は、簡単ではないのです。

ですが、プロミスのおまとめローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える高額融資も可能なのです。

おまとめローンの最高融資額は300万円です。これをフリーキャッシングや目的別ローンで利用しようと思えば年収900万円以上が必要となります。

総量規制の心配をすることなく、高額融資を受けることが出来る可能性があるわけです。

ただ、融資金額を決定する際に審査があるのは当然ですから、収入の安定度や債務状況によっては希望金額の融資を受けられない事もあります。

審査をクリアして信用に見合った融資を受けるという点は、他のローンと同様なのです。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査に悪影響を与えるポイント

新着記事
TOPICS